【2019】ワンピース懸賞金高額ランキングTOP115徹底考察まとめ【最新完全版】【賞金首一覧】【ONEPIECE】

ONE PIECE』で気になるランクが「懸賞金ランキング」。

それぞれのキャラの強さの基準は曖昧ですが、懸賞金だけは作者によって「数字」で明確化されてる基準。賞金首の手配書に具体的な懸賞金額が明記され、一般的に懸賞金額が高いほどその海賊は強いとされます。

aba1ccc7ff2229e4bc66c75af9fc186d 467x370

(ONE PIECE45巻 尾田栄一郎/集英社)

そこで今回ドル漫では「ワンピース懸賞金高額ランキング」の最新完全版をまとめてみたいと思います。数百ベリーのモブキャラから10億ベリー超えのキャラまで、ONE PIECE全キャラクターの懸賞金を完全網羅。

そして、四皇の懸賞金額がついに判明!ドル漫の予想を大きく超えるものばかりで驚愕。完全に時代が動きやがりました。端的に言っちゃうと、ワンピース懸賞金TOP5がほぼ今回で確定したカタチです。

ただし、ロックス、七武海や黒ひげ海賊団、エネル、レイリーなどはまだ判明してないため、そういう未判明キャラクターの懸賞金額は記事最後に予想してるのでお楽しみください。

目次

【英語】REWARDSとBOUNTYに意味の違いはあるか?

ちなみに、懸賞金は一般的に英語で「BOUNTY(賞金)」と訳されます。一方、最近のONE PIECEを読むと、懸賞金は「REWARD(報奨)」と英語表記されてる様子。

そのためネット上で「BOUNTY」と「REWARD」を使い分けるのは深い意味が隠されてる、とドヤ顔で考察する人もいます。例えば、前者は海軍が賭けた懸賞金に対して、後者は四皇など海賊側が賭けた懸賞金なのではないか等。

でも結論から書くと、両者に特に大きな違いはないとドル漫では考えます。

何故なら、公式ファンブックの『ONE PIECE magazine』の懸賞金ランキングを見ても、カタクリの懸賞金は他のワンピースキャラの数字とわけ隔てなくまとめて列挙されてるから。冷静に考察するまでもなく、わざわざ海賊同士で懸賞金を掛ける必要性は乏しい。

『ONE PIECE』序盤を読むと、各々のキャラクター懸賞金額はそのまま漢字の「懸賞金」で表記されることが多かった。それがカタクリ登場あたりから英語表記が多用されるようになったただけの話だと思います。

トニートニー・チョッパー(100)…ONE PIECE懸賞金ランキング115位

少し話はズレましたが本題。

まずワンピース懸賞金高額ランク最下位は「トニートニー・チョッパー」で100ベリー。麦わらの一味の船医。

思わず五度見ぐらいしてしまうほど低い懸賞金ですが、当初は更に金額が低い50ベリーだったのは内緒。安倍政権が消費税を10%に増税しましたが、チョッパーの懸賞金はまさかのジュース一本も買えない金額。遠足のお菓子代にもならない。

チョッパーの懸賞金が低い理由は、おそらく「ペット扱い」されてるから。麦わらの一味では船医を務めるものの、海軍にはほとんどチョッパーの情報が伝わってない様子。7種類に変身できる動物ゾオン系と知れば、もっと懸賞金額は跳ね上がっても良さそう。

ましてや、麦わらの一味のメンバー総額の懸賞金額は20億を優に超えてる。いくらペットとは言っても、懸賞金が低い。さすがに100ベリーでは賞金首として狙う価値がないですやん。明らかに捕縛する出費の方がかさむ。

おそらくチョッパーは「永遠のワンピース懸賞金額最低キャラ」として最終回まで設定が貫かれそう。

ベポ(500)…ONE PIECE懸賞金ランキング114位

続いてのワンピース懸賞金高額ランクは「ベポ」で500ベリー。チョッパー同様にワンコイン。またしても桁数を間違えてしまうほど金額が低いキャラ。

ベポはローが率いるハートの海賊団の航海士。ミンク族のため戦闘力は高いはずですが、やはりチョッパーと同様の扱いを受けてるものと考察されます。ハンコックに獣扱いされて凹むなどメンタル面の弱さが懸賞金にも反映?

ちなみに、後述するペドロも同じくミンク族ですが、懸賞金が億超えのキャラクター。ミンク族だからといって、一概に懸賞金が低く設定されてるということはなさそう。

Mr.4(320万)…ONE PIECE懸賞金ランキング113位

続いてのワンピース懸賞金高額ランクは「Mr.4(ベーブ)」で320万ベリー

Mr.4は元バロックワークスの戦闘員。非常に喋り方がゆっくりなおかっぱデブ。超早口のミス・メリークリスマスと常にコンビを組まされ、ラッスー(犬の銃)が放つ大量の高速弾を打ち返す攻撃スタイル。

「Mr.4」という名前からも分かるように、バロックワークスでは幹部に近いキャラ。その割に懸賞金は500万ベリー割れ。七武海に入った時点で懸賞金はストップするものの、何故クロコダイルは仲間に引き入れたか疑問なレベル。

ポルシェーミ(340万)…ワンピース懸賞金高額ランク112位

続いての懸賞金高額ランクは「ポルシェーミ」の340万ベリー

ポルシェーミはブルージャム海賊団の船員。東の海・グレイターミナルを根城にしていたキャラクター。性格は見るからに非道。幼きルフィを棘付きグローブでフルボッコにした過去も。身長も3メートルを超える。

ただし、最終的には幼きエースとサボに倒されてしまう。

アルビダ(500万)…ONE PIECE懸賞金ランキング111位

続いての懸賞金高額ランクは「アルビダ」で500万ベリールフィの母親とするアホな考察もあるキャラクター。

アルビダは後に海軍大佐となるコビーを雑用係としてこき使っていた女海賊。ワンピースで初めて登場した敵キャラ。醜悪なオバサンでしたが、悪魔の実(スベスベの実)を食べたことで美女に変身を遂げる。

現在、アルビダは王下七武海となったバギーと一緒に行動中。そのため現在アルビダの懸賞金も500万ベリーで止まってる。能力的にはアルビダの現在の懸賞金額は9500万ベリー前後とドル漫では予想してみる。

チュウ(550万)…ONE PIECE懸賞金ランキング110位

続いてのワンピース懸賞金高額ランクは「チュウ」で550万ベリー

チュウは元アーロン一味の幹部。キスの魚人だけあって、分厚い唇が特徴。口に含んだ水を弾丸のように飛ばして攻撃してくる。口に大量の水を含めば、大砲並の巨大な水の塊を飛ばすことも可能。

魚人の圧倒的な身体能力に加え、中距離戦にも対応できる武器を持つことを考えたら、チュウの懸賞金額は少ない印象。ましてや元タイヨウの海賊団という点も踏まえると…。

他のキャラの懸賞金とのバランスを考えての判断だと思いますが、アーロン一味を『ワンピース』のストーリー序盤に出しすぎた弊害か。ちなみに懸賞金ランキング序盤は懐かしのワンピースキャラクターが続きます。

d-manga.net

ミス・バレンタイン(750万)…ONE PIECE懸賞金ランキング109位

続いてのワンピース懸賞金高額ランクは「ミス・バレンタイン(ミキータ)」で750万ベリー

ミス・バレンタインは元バロックワークスの戦闘員。後述するMr.5と常に行動を共にするミニスカ女子。キロキロの実の能力者で、自身の体重を1kg~1万kgまで自在に変化させられる敵。割と使い勝手に優れる。

七武海に入ったことで懸賞金は止まってたものの、さすがに非能力者の女山賊などに負ける金額は少ないと言わざるを得ない。

カーリー・ダダン(780万)…ONE PIECE懸賞金ランキング108位

続いてのワンピース懸賞金高額ランクは「カーリー・ダダン」で780万ベリー

ダダンは東の海のゴア王国・コルボ山一帯を仕切ってる女山賊。海軍中将ガープと顔見知りで、かつて半ば強引に押し付けられる形で、親代わりとして幼少期のルフィやエースを育てた過去も。

『ONE PIECE』の途中から登場したモブキャラですが、意外と重要な役割を担っていたオバちゃん。そのためただの肝っ玉母さんかと思いきや、まさかの懸賞金は凶悪な魚人族超え。意外と腕っぷしも相当か。

もしかすると海賊王・ロジャーと革命家・ドラゴンの子供を育てたことが多少影響してる可能性もありますが、意外と山賊も侮れない。

ヒグマ(800万)…ONE PIECE懸賞金ランキング106位タイ

続いての懸賞金高額ランクは「ヒグマ」で800万ベリー

ヒグマは『ワンピース』一話目で登場した幼少期のルフィを痛めつけた山賊。その後、赤髪シャンクスにフルボッコされる前に、海王類に食われて死亡してしまったのは懐かしい思い出。

だから賞金首は海賊だけとは限らない。山賊は土着的な存在。海賊のように国境をまたぐ可能性は低いと思うので、国や市民に与える被害は知れてるはず。そう考えると、ヒグマやダダンの懸賞金は意外と高い部類に入るのかも?

はっちゃん(800万)…ONE PIECE懸賞金ランキング106位タイ

続いてのワンピース懸賞金高額ランクは「はっちゃん」で800万ベリー。ちなみに本名がはっちゃんで、あだ名がハチ。ややこしや。

はっちゃんは元アーロン一味の魚人。タコの魚人だけあって6本の腕を使って六刀流の攻撃を展開。序盤でゾロに負けたこともあってか、懸賞金額は少なめ。

ただ元タイヨウの海賊団という事実も合わせると、魚人の海賊が人間の並以下の海賊団と同じ懸賞金ってどうなん?

ジャンゴ(900万)…ONE PIECE懸賞金ランキング104位タイ

続いての懸賞金高額ランクは「ジャンゴ」の900万ベリー

ジャンゴはキャプテン・クロに命じられて、クロネコ海賊団の代理船長を務めていた男。催眠術が得意なんですが、ちょくちょく自分自身も暗示がかかってしまうお茶目なメガネ野郎。現在は改心し、海軍兵士として活動中。

そのため現在の懸賞金額は「ゼロ」と表現するのが正確か。他にもクロネコ海賊団にはニャーバン兄弟(700万ベリー)などもおりました。

クロオビ(900万)…ONE PIECE懸賞金ランキング104位タイ

続いての懸賞金高額ランクは「クロオビ」で900万ベリー

クロオビは元アーロン一味の幹部。エイの魚人。腕のヒジ部分がエイヒレのように発達し、カマのように攻撃することが可能。また魚人空手40段の使い手。最終的にサンジに倒されてしまった敵キャラ。

元アーロン一味のNo.2という実力にして、人間よりも強い魚人族という種族も踏まえると、クロオビの懸賞金額は少ない印象。後述するクリーク海賊団のNo.2・ギンの懸賞金額が1200万ベリーですからね。

Mr.5(1000万)…ONE PIECE懸賞金ランキング103位

続いてのワンピース懸賞金高額ランクは「Mr.5(ジェム)」で1000万ベリー。七武海に入る前の懸賞金額のため少ない。

Mr.5(ジェム)は元バロックワークスの戦闘員。ボムボムの実の能力者のアフロヘアー男。あらゆるものを爆破可能。鼻クソを飛ばして攻撃したり、あらゆる火薬類の攻撃も無効化できる。任務成功率も100%を誇ると自負。

マッハ・バイス(1100万)…懸賞金高額ランク102位

続いての懸賞金高額ランクは「マッハ・バイス」の1100万ベリー。ドフラミンゴファミリーの一人。ディアマンテ軍の幹部。アメリカのプロレスラーのような汚らしい風貌が特徴。

マッハ・バイスは「トントンの実」の能力者。自らの肉体を万㌧単位で操作することが可能。前述のキロキロの実の上位互換。巨大な巨人族ですら踏み潰すほどの威力を持つ。最終的に巨人族のハイルディンに敗北。

やはり七武海に入る前の懸賞金額だけあって金額は低め。ミス・バレンタインの懸賞金が750万ベリーに合わせた数字なのでしょうが…。

ギン(1200万)…ONE PIECE懸賞金ランキング101位

続いてのワンピース懸賞金高額ランクは「ギン」で1200万ベリー

ギンはクリーク海賊団の戦闘総隊長。さしずめ副船長と考えていいか。トンファーのような武器を使い、サンジも苦しめられた過去が。鬼人という異名を持つが、意外と義理堅い一面も。

だからギンの懸賞金だけ見ると、普通にバロックワークスでも通用するレベルの強さ。むしろグランドラインに足を踏み入れただけ引き返さざるを得ないほど弱いか?

ちなみに一時期ネットではアホな考察がはびこってましたが、ドル漫の考察通りギンの正体はキラーではありませんでした。

ミス・メリークリスマス(1400万)…ONE PIECE懸賞金ランキング100位

続いてのワンピース懸賞金高額ランクは「ミス・メリークリスマス(ドロフィー)」で1400万ベリー

ミス・メリークリスマスは元バロックワークスの戦闘員。前述のMr.4とコンビを組むパーマヘアスタイルの早口オバちゃん。

ミス・メリークリスマスはモグモグの実の動物系ゾオン能力者。地中内を自由自在に動き回り、敵の足音で位置も把握可能。意外と強かったものの、七武海に入る前の懸賞金額だけあって低い。

それでも後述するバギーとほぼ同金額。「50代女性」という不利な属性を考慮しても、意外と健闘はしているか。

ブルージャム(1430万)…ワンピース懸賞金高額ランク99位

続いての懸賞金高額ランクは「ブルージャム」の1430万ベリー。

ブルージャムはブルージャム海賊団の船長。東の海・グレイターミナルを支配していた、しがない海賊。覚えてるワンピース読者も少なそうですが、ルフィやサボ、エースの幼少期が描かれた過去編に登場したキャラクター。

ただし、ブルージャムは最終的には幼いエースに敗北し、ゴア王国の貴族たちにも見捨てられる。後述するアーロンの懸賞金が2000万ベリーってことを考えたら、東の海で1430万の懸賞金はめちゃくちゃ高い。

デリンジャー(1500万)…懸賞金高額ランク97位タイ

続いての懸賞金高額ランクは「デリンジャー」。ドフラミンゴファミリーの一人。ディアマンテ軍に所属する半魚人(闘魚×人間)。オカマっぽい男の娘。

デリンジャーは悪魔の実の能力者ではないものの、身体能力が高く、長いスラッとした足から繰り出されるケリは強力。また「闘魚」モードでは鋭い角と牙で攻撃。

しかも、0歳の時にはドフラミンゴファミリーに参加し、既に戦闘に参加していた強者。あくまでドフラミンゴが七武海入りする前の懸賞金額ではあるものの、さすがに少ないか。

バギー(1500万)…ONE PIECE懸賞金ランキング97位タイ

続いての懸賞金高額ランクは「バギー」の1500万ベリー

バギーはワンピース初期に登場したボスキャラの一人。「道化のバギー」という異名を持ち、初っ端からギャグ展開が多かった敵キャラ。ただし、超人パラミシア系悪魔の実「バラバラの実」には意外とルフィが苦戦するなど、意外と強さを見せる場面も。

現在、バギーは王下七武海メンバーとしてすっかり定着。ウソップ方式で考えても、意外と現在の懸賞金はバカにできないはず。バギーが率いる海賊団の強さも考慮すると、バギーの現在の懸賞金は億は確実に超えてるはず。

考えてみると、バギーは元ロジャー海賊団のメンバー。赤髪シャンクスの存在も考えると、いくら見習い船員だったとはいえ、バギーの初期の懸賞金額は実はあまりに低い印象も否めない。

ちなみに、バギーの側近だったカバジとモージ(飼いライオンのリッチ)は懸賞金額は不明。それでもバギーの懸賞金を考えると1000万ベリー以下は確定か。

クロ(1600万)…ONE PIECE懸賞金ランキング96位

続いての懸賞金高額ランクは「クロ」の1600万ベリー

クロネコ海賊団の元船長。頭がキレる敵海賊。ジャンゴの催眠術を使って、海軍に死を偽装してウソップが好きだったカヤの遺産目当てで執事として潜入。手当たりしだいに攻撃を繰り出す「杓死」も脅威でした。

ただし、あくまで3年前の懸賞金額。失踪前にキャプテン・クロが海軍大佐のモーガンをフルボッコするなど、本来の強さから考えるとクロの懸賞金はもっと高額でも良さそう。

クリーク(1700万)…ONE PIECE懸賞金ランキング94位タイ

続いての懸賞金高額ランクは「クリーク」の1700万ベリー

クリークはクリーク海賊団の船長。あらゆる凶悪な武器を使用し、東の海では「最強最悪の海賊」という噂も轟く。実際、50隻の大艦隊を率いるなど海賊団の勢力も相当デカイ規模を誇ります。

1700万ベリー足らずの懸賞金額ではグランドラインで返り討ちにあうのも納得ですが、後述するキャラクターの懸賞金額を踏まえると、さすがに「クリークが手も足も出ず全滅させられた」というのは大げさだったか。

ラキューバ(1700万)…ワンピース懸賞金高額ランク94位タイ

続いての懸賞金高額ランクは「ラキューバ」の1700万ベリー。

ラキューバはシャボンディ諸島で奴隷オークションにかけられた海賊。計略家でありながら、鍛え抜かれた肉体も自慢とか。完全なモブキャラでワンピースマニアでも覚えてる人は少ないでしょうが、クリークを意識した懸賞金額だったのでしょう。

アーロン(2000万)…ONE PIECE懸賞金ランキング91位タイ

続いての懸賞金高額ランクは「アーロン」の2000万ベリー

アーロンはナミが育ったココヤシ村を支配していた凶悪な魚人。魚人というだけでフィジカルは人間を優に超え、アーロンは中でも凶悪なサメ系の種族だった。特にアーロンの「噛み付く力」は最強。

ただ今から振り返ると、たかだか懸賞金額2000万ベリー程度で「世界はおれの帝国となる」とか吠えてたなお前…と思ったのは内緒。実際、アーロンは魚人島から東の海に流れ着くまでに海軍大将の黄猿にフルボッコされたことがコンプレックスの原因か。

ロックとスコッチ(2000万)…懸賞金ランク91位タイ

続いての懸賞金高額ランクは「ロック」と「スコッチ」でそれぞれ2000万ベリー。通称「イエティ COOL BROTHERS」。

パンクハザード島で登場した謎の巨人族の二人。身長はまさかの42.5メートル。白ひげ海賊団のリトルオーズJr.ですら身長38メートルだったことを考えると、実はワンピース随一の巨大さ。

しかも、ロックとスコッチは殺し屋。ほぼ大砲並の長銃を使って攻撃すれば、どんな敵も倒せると豪語。だから意外と寒さに弱い一面を見せるものの、新世界でさすがに懸賞金2000万ベリーは安すぎる印象。

d-manga.net

ジーザス・バージェス(2000万)…ONE PIECE懸賞金ランキング91位タイ

続いてのワンピース懸賞金高額ランクは「ジーザス・バージェス」で2000万ベリー

ジーザス・バージェスは黒ひげ海賊団の1番船船長。家屋を投げ飛ばすなど怪力プロレスラー。ただし、ドレスローザではメラメラの実を食べた革命軍参謀・サボにフルボッコされて敗北済み。

バージェスのIQはそこまで高くないこともあってか、黒ひげ海賊団の中で懸賞金額は最も低い水準。この金額は「七武海脱退直後」のマリンフォード頂上戦争時における数字。七武海に入る前は懸賞金は設定されてなかったことも影響。

とはいえ、やっぱり懸賞金は低い。

マシラ(2300万)…ONE PIECE懸賞金ランキング90位

続いての懸賞金高額ランクは「マシラ」の2300万ベリー

マシラはマシラ海賊団の園長。空島に行く直前に登場したサルベージ船のリーダー。見た目がまんま猿そのもの。口癖も「ウッキーキー」。マシラの語源も「猿(ましら)」。

マシラは圧倒的な肺活量を誇り、沈没船を浮き上がらせるほどの大量の空気を送り込める。海王類も一撃で仕留めるほどの腕力があり、後述するショウジョウと共にモンブラン・クリケットに師事。

フォクシー(2400万)…ONE PIECE懸賞金ランキング87位タイ

続いての懸賞金高額ランクは「フォクシー」の2400万ベリー。

フォクシーはルフィと「デービーバックファイト」を行った海賊。いかにもモブキャラ全開のブサイクなルックスでしたが、超人パラミシア系悪魔の実の「ノロノロの実」の能力に意外にもルフィは苦戦しました。

フォクシーから発射されるノロマ光子は、人間や物体全ての動きを30秒間遅くするという能力。今から考えても意外と攻防の両面で使えるほど汎用性は高く、もう少し懸賞金額をアップさせても良かったかも。

Mr.3(2400万)…ONE PIECE懸賞金ランキング87位タイ

続いてのワンピース懸賞金高額ランクは「Mr.3(ギャルディーノ)」で2400万ベリー

Mr.3は元バロックワークスの戦闘員。髪型も「3」のカタチにバッチリと決めてるのが特徴。ドルドルの実の能力者。ロウを体から大量に生み出し、バトル面だけではなく状況打開に役立つ。

Mr.3は王下七武海・バギーの仲間に加入しており、今後も『ONE PIECE』で活躍しそう。

シャーロット・ローラ(2400万)…ワンピース懸賞金高額ランク87位タイ

続いての懸賞金高額ランクは「シャーロット・ローラ」の2400万ベリー。

シャーロット・ローラは元ビッグマム海賊団のメンバー。ビッグマムが取り持った政略結婚を破談させた罪からトットランドを追われ、その後はローリング海賊団の船長として活動。

しかしながら、ひょんなことをキッカケにゲッコー・モリアに影を奪われ、イボイノシシのゾンビ状態を強いられる。スリラーバークではナミと親友になり、そこでビッグマムのビブルカードを渡す。現在はウォーターセブンにいるとか。

いくら四皇のビッグマム海賊団のメンバーだったとは言え、モリアごときに不覚を取る始末。2400万という懸賞金は妥当な数字。

モンブラン・クリケット(2500万)…ONE PIECE懸賞金ランキング86位

続いてのワンピース懸賞金高額ランクは「モンブラン・クリケット」で2500万ベリー

モンブラン・クリケットはノーランドの子孫。かつてノーランドが遺した「山のような黄金は海に沈んだ」という伝記を信じ、マシラやショウジョウと共に日夜海底を探索し続けていたオッサン。

見た目的に老人だと思ってたんですが、まだ年齢が43歳だった事実に驚いたのは内緒。ショウジョウあたりの懸賞金額が少ないのは、ノーランドの痕跡を求めて早めに海賊を引退したことが影響か。

デマロ・ブラック(2600万)…ONE PIECE懸賞金ランキング85位

続いての懸賞金高額ランクはデマロ・ブラック」の2600万ベリー

デマロ・ブラックは、いわゆる「偽ルフィ」として新世界編突入直後に登場した海賊。そのため扱いは完全な噛ませ犬キャラクターであり、戦桃丸にフルボッコされたのは懐かしい思い出。

とはいえ、懸賞金額は2600万ベリーとそこそこ健闘。アーロンたちより数字的には強い。

ミス・ゴールデンウィーク(2900万)…ONE PIECE懸賞金ランキング84位

続いてのワンピース懸賞金高額ランクは「ミス・ゴールデンウィーク(マリアンヌ)」で2900万ベリー

ミス・ゴールデンウィークは元バロックワークスの戦闘員。一見すると、身長150cmにも満たない小柄な少女。Mr.3と常に行動を共にする。

「カラーズトラップ」と呼ばれる能力を持ち、各々の色に合わせた感情を敵に刻印することが可能。どんな強敵でも回避不能なまでに暗示能力は強力。

ただし、意外と勘違いされがちですが、これは悪魔の実による能力ではないらしい。CP9が使用していた六式みたいな技か。

グラディウス(3100万)…懸賞金高額ランク83位

続いての懸賞金高額ランクは「グラディウス」の3100万ベリー。ドフラミンゴファミリーの一人。ピーカ軍の幹部。

グラディウスの能力は「パムパムの実」。どんな物質でも膨らませて破裂させることが可能。この能力と掛けて、見た目はかなりパンクロッカー風でした。

その割に意外と緻密な計画を立てるなど軍将っぷりを発揮。ただし、計画が少しでも狂うと怒るなど、ややアスペルガー障害風の一面も。ドレスローザではバトルロメオに敗北。

Mr2 ことボン・クレー(3200万)…ONE PIECE懸賞金ランキング81位

続いての懸賞金高額ランクは「Mr.2(ボン・クレー)」の3200万ベリー

Mr.2ことボン・クレーはもともとバロックワークスの社員として、元七武海・クロコダイルの下で働いていたオカマの戦闘員。どんな顔にでも済ませる悪魔の実を持ち、オカマ拳法の使い手。

ただ義理堅い性格からか、途中からルフィの味方として活動が増える。

例えば、ルフィがインペルダウンを脱獄する際には、自らが犠牲となるカタチで監獄署長・マゼランと対峙。そして現在ボン・クレーはエンポリオ・イワンコフの跡を継いでインペルダウンのニューカマーランドの新女王として君臨する。

そのためこれまでの大胆不敵な犯行を加味すると、現在のボン・クレーの懸賞金額は億超えもありえそうです。ちなみにエンポリオ・イワンコフの懸賞金額は不明ですが、革命軍幹部という実力を考えると間違いなく億ベリーを超えるでしょう。

ミス・ダブルフィンガー(3500万)…ONE PIECE懸賞金ランキング81位

続いてのワンピース懸賞金高額ランクは「ミス・ダブルフィンガー(ザラ)」で3500万ベリー

ミス・ダブルフィンガーは元バロックワークスの戦闘員。モデル風美女。Mr.1とペアを組むなど、スパイ活動も得意。バロックワークス内では重要な役割を果たしていた。

悪魔の実はトゲトゲの実。全身から大小さまざまなトゲを出して、守りにも活かす。またトゲをツボに刺すことで自身の肉体を強化できるなど使い勝手は良い。

懸賞金額的には妥当だと思いますが、コイツを倒したナミの懸賞金はもっとアップしてても良かったか。

ボビー・ファング(3600万)…ワンピース懸賞金高額ランク79位タイ

続いての懸賞金高額ランクは「ボビー・ファング」の3600万ベリー。モガロ王国の暗殺者であるファング兄弟の弟。ドレスローザのコロシアムに登場したテンガロンハットの大柄な男。

ボビー・ファングは右肩には大きなタトゥーを彫られているものの、性格は意外と大人しい。

ただし、武装色の覇気をまとった斧を弾き返すほど肉体は頑強。おそらくボビー自体も覇気を使えて良さそうですが、ワンピースの公式発表では使えないとか。どんだけ~。

しかも、「ジャケジャケの実」を使用した兄・ケリーを身にまとうことで、更に肉体が強化される。あくまでバトルの主体は兄・ケリーであるためか、懸賞金額はやや低めに設定。

ショウジョウ(3600万)…ONE PIECE懸賞金ランキング79位タイ

続いての懸賞金高額ランクは「ショウジョウ」の3600万ベリー

ショウジョウはショウジョウ海賊団の大園長。マシラとライバル関係にあり、仲間。やはりサルベージを主に行う。ジャイアン並の大声は船をも壊すほど。

ショウジョウたちが師事するモンブラン・クリケットは懸賞金額は判明してないものの、サンジと良い勝負してたことも考慮すると、おそらくモンブラン・クリケットは8000~9000万ベリーの範囲に収まるか。

ちなみに、「ミカヅキ」というウォーターセブンで登場したモブ海賊も同懸賞金額。

ボア姉妹(4000万)…ONE PIECE懸賞金ランキング78位

続いてのワンピース懸賞金高額ランクは「ボア・マリーゴールド」と「ボア・サンダソニア」で4000万ベリー。一般的にゴルゴン三姉妹と呼ばれますが、今記事ではボア姉妹と便宜上呼びます。

ボア姉妹はボア・ハンコックの妹。もともとは聖地マリージョアに住まう天竜人たちの奴隷だった。どちらもヘビヘビの実の能力者。この懸賞金クラスでは珍しく、見聞色の覇気や武装色の覇気も使用可能。

だから天竜人に背いた過去なども踏まえると金額が低いようにも思えますが、あくまで長女のハンコックが王下七武海入りした時点の懸賞金額。そのため現時点での懸賞金額はもっと跳ね上がってる可能性は高そう。

ラフィット(4220万)…ONE PIECE懸賞金ランキング76位

続いてのワンピース懸賞金高額ランクは「ラフィット」で4220万ベリー

ラフィットは黒ひげ海賊団の5番船船長。そして航海士。西の海出身で鬼の保安官と恐れられた鬼畜。一方で、船長ティーチに絶大な信頼を寄せている。

ラフィットは催眠術などを操り、悪魔の実はどうやら超希少なトリトリの実。頭も切れるため、黒ひげ海賊団ではさながら参謀的な役割も務める強キャラ。そのためこの懸賞金もマリンフォード頂上戦争時における話。

それでも懸賞金額はかなり低い印象は否めませんが、黒ひげ海賊団の懸賞金予想は後半。

d-manga.net

ケリー・ファング(5700万)…ワンピース懸賞金高額ランク76位

続いての懸賞金高額ランクは「ケリー・ファング」の5700万ベリー。モガロ王国の暗殺者であり、前述のボビー・ファングの兄。ドレスローザのコロシアムに登場した小柄な男。

ケリーの悪魔の実は「ジャケジャケの実」。自らを服のジャケットのように変化させることで、それを羽織った人間の意志を奪って、なおかつ戦闘力を高めることができる能力者。

名うての殺し屋ではあるものの、ドフラミンゴにルフィを売りつけようとするなど意外と小狡い性格。ただコロシアムではそこそこ強かったことを考えると、懸賞金はやや低め。1億ベリー以下の連中が戦って盛り上がるのか。

セニョール・ピンク(5800万)…懸賞金高額ランク75位

続いての懸賞金高額ランキングは「セニョール・ピンク」で5800万ベリー。ドフラミンゴファミリーの一人。ディアマンテ軍の幹部。

オシャブリを咥えるなど赤ちゃん風のコスプレが特徴のグラサン男。

かつて息子と奥さんがいたものの、自らの過ちで死亡させてしまった悲しきハードボイルド。見た目は通報事案そのものだが、仲間思いの性格と影がある哀愁が周りの女子を無意識に惚れさせる。

スイスイの実の能力者で、地面や建物をスイスイと泳ぐことが可能。目立つ見た目とは裏腹に暗殺などが得意の海賊。ただし、最終的に麦わらの一味・フランキーに敗北済み。

ラオG(6100万)…懸賞金高額ランク74位

続いての懸賞金高額ランキングは「ラオG」の6100万ベリー。ドフラミンゴファミリーの一人にして、ディアマンテ軍の幹部。

ラオGは悪魔の実も持たず、また覇気なども使えないものの、幼少期から鍛えた拳法の使い手。とりわけ肉体が老いるほど強くなる「地翁拳」の使い手。

普通は高齢になるほど弱くなるものの、自然の摂理と逆行するようにラオGは強くなる。ただし、寿命を延ばすことまではできず、戦闘中に天寿を全うしそうになることも。

最終的に麦わら傘下のサイに敗北。

ヴァン・オーガー(6400万)…ONE PIECE懸賞金ランキング73位

続いてのワンピース懸賞金高額ランクは「ヴァン・オーガー」で6400万ベリー。ただし、マリンフォード頂上戦争時の懸賞金のため以下同文。

ヴァン・オーガーは黒ひげ海賊団3番船船長。そして狙撃手。愛銃・先陸で狙撃できる距離は数kmレベル。しかも正確無比の速射の名人。異名も「音越」。

どうやら能力者ではなさそうですが、赤髪海賊団のベン・ベックマンを彷彿。超遠距離から狙撃できる強みは見逃せない。見聞色の覇気の相当な使い手の可能性。

ナミ(6600万)…ONE PIECE懸賞金ランキング72位

続いての懸賞金高額ランクは「ナミ」の6600万ベリー

0fe0cd396de6f41e9be292e193e097fc 321x370

(ONE PIECE81巻 尾田栄一郎/集英社)

ナミの手配書は、何故か無駄にセクシィ。そのため育て親のゲンはナミの手配書を見て、いつも色んな意味でハラハライライラ。海軍に抗議するほど。きっとナミは親の心子知らず。

ナミの懸賞金額は1600万→6600万と推移。いきなり跳ね上がったようにも思えますが、既に「ワンピース』が90巻発売されてることも考えると、実はかなり低めのキャラクターであることが分かります。

ナミはクリマ・タクトという武器で意外と活躍するものの、基本的にチョッパーと同様に「戦闘員ではない」ということが影響か。

とはいえ、ナミは麦わらの一味における「頭脳」。ルフィの暴走が目立つものの、最後はナミが全て丸く収めることも少なくない。そういったことも考慮すると、15億ベリー超えの船長が率いる海賊団のメンバーとしては低すぎる懸賞金。

ガンビア(6700万)…ワンピース懸賞金高額ランク70位タイ

続いての懸賞金高額ランクは「ガンビア」の6700万ベリー。

ガンビアは海賊団バルトクラブの参謀。バルトロメオの部下。見た目は完全にオラついたヤンキーですが、異名は「宣教師ガンビア」。ドレスローザのコロシアムでは海軍中将・キャップマンにフルボッコされる。

ワンピースの扉絵シリーズではバルトロメオと共演するなど、いずれワンピースで再登場するか。

スレイマン(6700万)…ワンピース懸賞金高額ランク70位タイ

続いての懸賞金高額ランクは「スレイマン」の6700万ベリー。キャベンディッシュの美しき海賊団のメンバーであり、麦わら海賊団傘下の海賊の一人。だから今後いずれ再登場しそう。

スレイマンの剣技は天下一品。ディアス海戦と呼ばれる戦争で活躍した愛国ヒーローではあるものの、国に裏切られた失望感から裏社会で暗躍することに。結果、「首はねスレイマン」として世間から恐れられる。

さながら愛国左翼。

ただ正直これまでの過去を考えると懸賞金は少ないようにも思えますし、今後麦わら一味の仲間に入るのってどうなん?とは個人的に思ってます。

ドクQ(7200万)…ONE PIECE懸賞金ランキング69位

続いてのワンピース懸賞金高額ランクは「ドクQ」で7200万ベリー。ただし、頂上戦争時における金額のため以下同文。

ドクQは黒ひげ海賊団9番船船長。そして船医。愛馬・ストロンガーに乗って常に移動するものの、生まれつきの虚弱体質。それにも関わらず、懸賞金額は黒ひげ海賊団トップクラス。

どうやらドクQは悪魔の実の正体を独自で解明したキャラクター。おそらく頭脳的にはベガパンクに匹敵するレベルかも。だからバトル面での強さよりも、「世界政府に脅威を与える」という点が高額な金額に反映か。

d-manga.net

Mr.1(7500万)…ONE PIECE懸賞金ランキング68位

続いてのワンピース懸賞金高額ランクは「Mr.1(ダズ・ボーネス)」で7500万ベリー

ダズ・ボーネスは元バロックワークスの戦闘員。スパスパの実の能力者。全身刃物人間。懸賞金を見ても分かるように、バロックワークス内では無類の強さを誇った。

ダズ・ボーネスはクロコダイルに忠誠を誓い、バロックワークス解体後も、クロコダイルの右腕として活動。クロコダイルもダズ・ボーネスの強さに全幅の信頼を寄せている様子。

そのため現時点の懸賞金額は数億ベリー程度とドル漫では予想してみる。

ただコイツに勝利した直後の、ゾロの懸賞金が当時6000万ベリーだったことを考えると少なすぎね?と今更ながらに思ったのは内緒。

ゾロの懸賞金は司法の島・エニエス・ロビー編後に1億を超えたんですが、アラバスタ編の時点で既に1億を超えててもおかしくなかったはず。

ニコ・オルビア(7900万)…懸賞金ランク67位

続いての懸賞金高額ランクは「ニコ・オルビア」で7900万ベリー。名前からも分かるように、麦わらの一味のニコ・ロビンの母親。

ニコ・オルビアは戦闘力は全く皆無ではあるものの、やはりポーネグリフの解読を試みようとしていたことが高額の懸賞金額に反映。クローバー曰く、オルビアは天才的な頭脳を持ち合わせていた。

オルビアの夫もポーネグリフの解読を試みるなど、オハラの探索チーム全体の危険度も反映か。ただし、22年前のバスターコールで既に死亡済み。

d-manga.net

ボア・ハンコック(8000万)…ONE PIECE懸賞金ランキング66位

続いての懸賞金高額ランクは「ボア・ハンコック」の8000万ベリー

ボア・ハンコックは九蛇海賊団を率いる船長。そして、一貫して王下七武海の一角を担う。七武海は四皇や海軍本部に匹敵する勢力とされてる。

またボア・ハンコックは悪魔の実(メロメロの実)は自らの美貌も手伝って、あらゆる対象を石化。また覇王色の覇気や武装色の覇気も使えるなど、ボア・ハンコックは肉弾戦でも強みを見せる。

ただし、王下七武海に入る前の懸賞金額ではあるため、数字的にはかなり低め。前述のナミや黒ひげ海賊団たちの懸賞金額の少なさは、ボア・ハンコックを意識しての数字か。現在のボア・ハンコックの懸賞金額は最低でも8億ベリー程度は欲しい。

茶ひげ(8060万)…ONE PIECE懸賞金ランキング65位

続いての懸賞金高額ランクは「茶ひげ」の8060万ベリー

茶ひげは茶ひげ海賊団の船長。白ひげ死亡後に白ひげの縄張りだった国を支配するものの、後にバジル・ホーキンスに奪い返されてフルボッコ。

満身創痍のままパンクハザードに逃げるものの、そこではシーザー・クラウンに利用されるという不運オンパレードだった可愛そうなオッサン。

だから経歴だけを辿ると非常に弱いものの、懸賞金額だけで見れば王下七武海の数字を上回っており、前述の魚人・アーロンの4倍。そのため扱いは雑魚キャラ風でしたが、意外とバカに出来ないキャラだったと言えそう。

ただし現在は海軍に自首しており、茶ひげの懸賞金額が今後アップすることはなさそう。

d-manga.net

クロコダイル(8100万)…ONE PIECE懸賞金ランキング64位

続いての懸賞金高額ランクは「サー・クロコダイル」の8100万ベリー

クロコダイルは王下七武海の一角を担い、バロックワークスを率いていたワンピースを代表する悪役キャラ。自然ロギア系のスナスナの実の前では誰も為す術がなく、また頭の回転も早いため苦戦しました。

ただ当初は誰もがブルったものの、やはり七武海として少なすぎる印象。ましてや、クロコダイルは自然ロギア系悪魔の実の能力者だった。

後述するカリブーの懸賞金額が億を超えてる事実も踏まえると、作者・尾田栄一郎的には失敗したと思ってそう。改めて、茶ひげがどんだけ強かってんという話。

ブルック(8300万)…ONE PIECE懸賞金ランキング63位

続いての懸賞金高額ランクは「ブルック」の8300万ベリー

ブルックは麦わらの一味の最後発のメンバー。ヨミヨミの実で一度死後の世界から蘇ったものの、現在はホネホネロック。ただ意外と剣術の達人であり、悪魔の実と組み合わせた攻撃も強み。

ブルックの得体の知れない恐怖感や不気味な見た目も相まって、懸賞金額はもっと高額でも良さそうですが、そこまでバトル面で貢献してないのが影響か。

リップ・サービス・ドウティ(8800万)…懸賞金高額ランク62位

続いての懸賞金高額ランクは「リップ・サービス・ドウティ」の8800万ベリー。

キャラ名通り、唇が特徴の海賊。シャボンディ諸島に集結した海賊の一人。典型的なモブキャラですが、新世界前ということで懸賞金が設定。

ゴッティ(9000万)…ワンピース懸賞金高額ランク61位

続いての懸賞金高額ランクは「ゴッティ」の9000万ベリー。

ゴッティはファイアタンク海賊団の戦闘員。仲間思いのハゲ。右腕をガトリングガンに改造済み。ただし、ゴッティの右腕は他にもランチャーなどに変えることも可能。麦わらの一味でいうところのフランキー的なキャラか。

ちなみに、船長のカポネ・ベッジの奥さん・シフォンには逆らえない模様。

深手のアルビオン(9200万)…懸賞金高額ランク60位

続いての懸賞金高額ランクは「深手のアルビオン」の9200万ベリー。

ターバンヘアの面長の海賊。やはりシャボンディ諸島に集結したモブ海賊。懸賞金額的には四皇海賊団にいてもおかしくないレベルか。

フランキー(9400万)…ONE PIECE懸賞金ランキング58位タイ

続いての懸賞金高額ランクは「フランキー」の9400万ベリー

フランキーも同様に麦わらの一味のメンバー。

船大工として入団するものの、肉体は改造しまくった結果、謎の戦闘力の高さを見せる。しかも、ベガパンクの技術を勝手に拝借した新世界編以降のフランキーに至っては、もはや人間の原型をとどめてないのは内緒。完全にSFロボット漫画の世界観。

そのためバトルシーンでは意外と活躍するため、やはりフランキーの懸賞金額ももっと高額でも良さそう。とりわけフランキーは古代兵器プルトンの設計図を長年持っていたことなども加味すると、海軍政府にとってめちゃくちゃ脅威ではないのか?という強い疑問も。

個人的にはフランキーの懸賞金額は6億超えでもおかしくないと考えます。

d-manga.net

ロックスター(9400万)…ONE PIECE懸賞金ランキング58位タイ

続いての懸賞金高額ランクは「ロックスター」の9400万ベリー

ロックスターは赤髪海賊団のメンバー。船長シャンクスから預かった言伝を白ひげ(エドワード・ニューゲート)に届けたものの、一切相手にされなかった可哀想なキャラクター。

ただシャンクスから引き抜かれたほどですから、それなりに強そう。そのためロックスターの初登場時はモブキャラっぽい扱いだったものの、最新のワンピースの扉絵などを見ると意外と再登場する可能性も高そう。

d-manga.net

ヴィト(9500万)…ワンピース懸賞金高額ランク57位

続いての懸賞金高額ランクは「ヴィト」の9500万ベリー。

ヴィトはファイアタンク海賊団の相談役。立場的には副船長か。異名は「怪銃ヴィト」。語尾は「ロレロ」。おそらく種族は手の平グローブ並みにデカい族。

一時期はビッグマム海賊団の傘下だったファイアタンク海賊団ですが、船長・カポネ・ベッジはまだ死亡してないので、いずれONE PIECEで再登場しそうなキャラクターの一人。

トレーボル(9900万)…懸賞金高額ランク54位タイ

続いての懸賞金高額ランキングは「トレーボル」の9900万ベリー。ドフラミンゴファミリーの一人にして最高幹部。常に鼻水を垂らし、『世紀末リーダー伝たけし』に登場しそうな風貌のキャラ。

トレーボルは「ベタベタの実」の能力者。粘着性の高い液体を操って相手の動きを制限し、また液体は可燃性が高いため爆発させて攻撃することも可能。

ただし、武装色の覇気や見聞色の覇気は体得してるものの、トレーボルの肉体は非常に華奢。最終的にはルフィたちに敗北するなど、意外と「素の戦闘力」は知れてるのかも知れない。

トレーボルは幼少期のドフラミンゴに悪魔の実を与えるなど、ドンキホーテ海賊団結成に強く関与したことが懸賞金額に反映か。

ピーカ(9900万)…懸賞金高額ランク54位タイ

続いての懸賞金高額ランキングは「ピーカ」の9900万ベリー。ドフラミンゴファミリーの一人にして最高幹部。身長470cmを超える巨漢ですが、ソプラノ歌手並に声が高い男。

ピーカの能力は「イシイシの実」。自然の岩石だけではなく、石材で建てられた建築物と同化できるなど能力の範囲に際限がないため、街全体と同化することも可能。

またピーカは武装色の覇気の使い手でもあるため、最終的にゾロに倒されはしたものの、ドフラミンゴファミリーの中で最も倒すのが大変そうなキャラか。

強さ的には懸賞金3億ベリー程度でもおかしくはないでしょう。

ディアマンテ(9900万)…懸賞金高額ランク54位タイ

続いての懸賞金高額ランキングは「ディアマンテ」の9900万ベリー。ドフラミンゴファミリーの一人にして最高幹部。従えてる部下の数を考えると、ディアマンテが立場的には最も上か。

見た目は売れないボーカリストそのもの(個人的にはモブキャラ臭全開であまり記憶に残ってない)だが、ディアマンテはドレスローザのコロシアムで絶対的な英雄として君臨。

他の最高幹部たちと同様に武装色の覇気、見聞色の覇気が使用可能。

ヒラヒラの実は、あらゆる鋼鉄をヒラヒラとはためかせることができる。鋼鉄の板もマントのように鎧として活用し、剣はムチのようにしならせて攻撃することも可能。地味だが強い。

ドリー&ブロギー(1億)…ONE PIECE懸賞金ランキング53位

続いての懸賞金高額ランクは「ドリー」と「ブロギー」の1億ベリー

ドリーとブロギーは元巨兵海賊団の船長。「青鬼のドリー」と「赤鬼のブロギー」と恐れられたエルバフの元戦士。しかし、あることをキッカケにリトルガーデンという島で100年以上も争いを続けていた。

そのため懸賞金額は100年前の数字。もしかすると現時点では懸賞金が変動している可能性は高そう。低額になってるか高額になってるかは不明。果たして、彼等は未だにリトルガーデンで戯れているんでしょうか。

ということで、ここからはいよいよ懸賞金が1億の大台に乗ります。順位を見ても分かるように、現在のワンピースでは懸賞金1億超えのキャラクターは40名以上にも上る。

ボビン(1億550万)…ONE PIECE懸賞金ランキング52位

続いての懸賞金高額ランクは「ボビン」の1億550万ベリー

ボビンはビッグマム海賊団の戦闘員。素顔を布で隠しているものの、エラがはみ出るほど顔がデカイ。そして、何故か顔をゆらゆらと動かすなど、もしかすると催眠術系の技を持っている可能性も。

能力の詳細などは不明ですが、ボビンはサンジにフルボッコされた後、最終的にカポネ・ベッジ率いるファイアタンク海賊団に倒されました。そのため、言ってもザコ専門の戦闘員と考察されます。

とはいえ四皇の一角を担う海賊団のメンバーだけあって、割と末端の戦闘員ですら懸賞金は1億超え。そう考察すると麦わらの一味たちの懸賞金の低さがやはり目立ちます。

ウルージ(1億800万)…ONE PIECE懸賞金ランキング51位

続いての懸賞金高額ランクは「ウルージ」の1億800万ベリー。最悪の世代の一人。

ウルージは破戒僧海賊団の船長。空島出身だけあって、背中には羽が生えてるのが特徴。この懸賞金は初登場時から変化せず。実は空島出身の人間は月の古代都市からやって来た子孫だったとか。

でも、既にウルージは四皇・ビッグマム海賊団のシャーロット・スナック(懸賞金6億)を撃破済み。そのため現在のウルージの懸賞金額は「8億ベリー前後」まで跳ね上がってるとドル漫では見ております。

d-manga.net

シャーロット・モンドール(1億2000万)…ワンピース懸賞金高額ランク50位

続いての懸賞金高額ランクは「シャーロット・モンドール」の1億2000万ベリー。

モンドールはビッグマム海賊団の19男。白い顔面と魔女のような赤い鼻が特徴。一見するとモブキャラですが、ブクブクの実は本で足場を作って空中に浮かんだり、本に戦況など記録できるなど汎用性が高い。

またビッグマムが愛用する珍獣コレクションもモンドールの「本の世界」に引きずり込む能力。尾田栄一郎も太鼓判を押すほど強く、一昔前だと完全にボスキャラの実力とか。そう考えたら1億2000万の懸賞金額は少ないような気もしますが、ビッグマム海賊団の中では割と上位ランクに入りそう。

ニコ・ロビン(1億3000万)…ONE PIECE懸賞金ランキング49位

続いての懸賞金高額ランクは「ニコ・ロビン」の1億3000万ベリー。7900万→8000万→1億3000万に推移。

ニコ・ロビンは麦わらの一味のメンバー。オハラ出身のためワンピースでは数少ないポーネグリフを解読できるキャラクター。そのためニコ・ロビンは最終地点・ラフテルに到達するためにもきっと欠かせないはず。

ただ幼い頃からポーネグリフを解読できため、ニコ・ロビンはわずか9歳の時点で懸賞金額は7900万ベリーだった。また悪魔の実(ハナハナの実)も意外と戦闘力が高く、要所要所のシーンでは活躍多数。

そういった事実も踏まえると、ニコ・ロビンの現在の懸賞金は相対的に少なく見えてしまうのは内緒。ルフィたちとあんだけ海軍に歯向かってきておいて、まだ懸賞金は子供時代から倍にもなってませんからね。

やはり世界政府にとっての「脅威」という点も考察すると、ニコ・ロビンの懸賞金額は10億ベリーでもくだらないでしょう。最近の懸賞金額は純粋な戦闘力のみが加味されており、そこらへんの差別化が弱含んでる印象。

d-manga.net

ジュエリー・ボニー(1億4000万)…ONE PIECE懸賞金ランク48位

続いての懸賞金高額ランクは「ジュエリー・ボニー」の1億4000万ベリー

ジュエリー・ボニーはボニー海賊団の船長。前述のウルージと同様に、最悪の世代の中ではやや懸賞金額が低い部類。ボニーの悪魔の実も「年齢を変える」程度の能力しかなく、実際そこまで強くはなさそう。

そう考察するとウルージより懸賞金が高い理由も解せないんですが、どうやらジュエリー・ボニーは海軍に保護されるなど実はソルベ王国の女王かお姫様だった可能性。ボニーが生まれた背景や国家事情が懸賞金をそこそこ高額にしてる理由かも。

d-manga.net

オオロンブス(1億4800万)…ワンピース懸賞金高額ランク47位

続いての懸賞金高額ランクは「オオロンブス」の1億4800万ベリー。4300名56隻の大艦隊・ヨンタマリア大船団の提督にして、オオロンブスは麦わら大船団7番船船長。

オオロンブスは人間をボーリングのボールのように簡単に投げ飛ばせるのが特徴。身長も480cmと非常に大柄。ただし、巨人族ではありません。赤犬サカズキや黄猿ボルサリーノも身長5メートル前後ですからね。

そして、オオロンブスの強みは「4000人以上の部下」。

これまで登場した海賊団の中でも特筆すべき多さ。ちょっとした村の人口。ここまでの大勢力があれば懸賞金額はもっと上位でも良さそうですが、前述のクリーク海賊団が5000人。

そう考えると、『ワンピース』の中では海賊団の構成員の数と懸賞金の多さはそこまで連動しない模様。

ベラミー(1億9500万)…ONE PIECE懸賞金ランキング46位

続いての懸賞金高額ランクは「ベラミー」の1億9500万ベリー

ベラミーの性格は非常に好戦的。またバネバネの実による無差別攻撃も非常に強力だった。初登場時は5500万ベリーだったんですが、ルフィに遅れて空島に到達して以降は怒涛の高額化。

しかしながら、ルフィに敗北後はめっきり常識人化し、最終的にはドフラミンゴの配下に。七武海傘下というブランドも相まって、ベラミーの懸賞金はきっと2億近くまで膨れたのかも知れない。

ただし、懸賞金の高さの割にドフラミンゴに良いようにこき使われるなど、晩年のベラミーの扱いは散々なものでしたΩ\ζ°)チーン…って、まだ死んでないか。とはいえ、ベラミーが再登場する可能性は低そう。

ちなみに、元ベラミー海賊団の副船長だったビッグナイフ・サーキースの懸賞金額は3800万ベリー。

バルトロメオ(2億)…ONE PIECE懸賞金ランキング43位タイ

続いての懸賞金高額ランクは「バルトロメオ」の2億ベリー

バルトロメオはバルトクラブの船長であり、麦わらの一味の傘下。「バリバリの実」は四皇を倒せるほどのパンチすら弾き返すほどの絶対防御を誇る悪魔の実。

そのため億超えの懸賞金に恥じないほど強く、バルトロメオの出身地はルフィと同じく東の海なんですが、もしルフィがいなければロジャーに次ぐ名声を得ていたかも知れない。

ちなみに、当初の懸賞金額は5000万ベリーほど少なかったものの、麦わらの一味の傘下に入って以降は高額化。だから傘下の海賊団ですら+5000万ベリーも増額してるんだから、本家の麦わらの一味の懸賞金をもっと高くしてやれよ…とやはり思ってしまうのが心情。

ウソップ(2億)…ONE PIECE懸賞金ランキング43位タイ

続いての懸賞金高額ランクは「ウソップ」の2億ベリー。3000万→2億ベリーと増額した経緯。

ウソップは麦わらの一味のメンバーですが、戦闘力的には下位の部類。赤髪海賊団に入る父・ヤソップの血を引くこともあって狙撃の天才ではあるものの、悪魔の実の能力者ではないなどナミよりせいぜい強い程度。

ただ得意のハッタリと悪運を活かして、七武海・ドフラミンゴに支配されていたドレスローザ解放の一躍を担う。そこからトンタッタ族などを筆頭に「ゴッド・ウソップ」と崇められるなど、事件の首謀者として認識されたことが高額な懸賞金額に反映されております。

一応、この時にウソップは見聞色の覇気も開眼済みらしい。今後、ウソップが活躍する機会はそれなりに多そうですが、年々人気が下降気味なのが気になる所。

キラー(2億)…ONE PIECE懸賞金ランキング43位タイ

続いての懸賞金高額ランクはキラー」の2億ベリー。最悪の世代の一人。

キラーはキッド海賊団の戦闘員。副船長ではないようですが、常にキッドの隣りにいて戦略面でもサポートするなど地味に頭脳派キャラ。それでも最悪の世代と恐れられた割に懸賞金額は意外とフツー。

キラーはSMILE(人造悪魔の実)を食べさせられ、キッドと同様にワノ国で囚われの身になるものの現在は脱獄。ゾロにフルボッコされるなど妥当な数字。

カリブー(2億1000万)…ONE PIECE懸賞金ランキング40位タイ

780ef5ff214613ff633616fb442445b1

(ONE PIECE61巻 尾田栄一郎/集英社)

続いての懸賞金高額ランクは「カリブー」の2億1000万ベリー

カリブーは魚人島編で登場した自然ロギア系悪魔の実の「ヌマヌマの実」の使い手。「濡れ髪のカリブー」という異名通り、ルックスはワンピースキャラクターでも最低レベルですが、海兵を何人もあやめてきた残酷さが懸賞金額にも反映。

ただし、後述する動物ゾオン系のペコムズに一発で倒され、最悪の世代のディエス・ドレークにも囚われるなど戦績は散々。いずれワノ国編でも再登場しそうですが、このナゾに高額な懸賞金額は自然ロギア系が評価されただけか。

ちなみに、弟のコリブーの懸賞金額は1億9000万。そう考えたら、同じく自然ロギア系のクロコダイルの懸賞金8100万ベリーの低さったらない。

スクアード(2億1000万)…ONE PIECE懸賞金ランキング40位タイ

続いてのワンピース懸賞金高額ランクは「スクアード」で2億1000万ベリー

白ひげ海賊団傘下の大渦蜘蛛海賊団の船長。かつてロジャー海賊団によって仲間が全滅した過去を持つなど、そこらへんの経歴が懸賞金にも反映か。

そのため白ひげに対する忠誠心は人一倍だったが、ロジャーの息子だったことを知ると絶望。結果的に海軍大将・赤犬に踊らされただけだったんですが、裏切られたと感じたスクアードは白ひげの腹部を突き刺す。

d-manga.net

サイ(2億1000万)…ワンピース懸賞金高額ランク40位タイ

続いての懸賞金高額ランクは「サイ」の2億1000万ベリー。サイは八宝水軍の棟梁。そして、麦わら大船団の3番船船長。現在は世界会議(レヴェリー)に花ノ国の王族の護衛として同行中。

サイは懸賞金5億ベリー超えのチンジャオの孫として生まれだけあって、武装色の覇気の使い手。「錐龍錐釘」と呼ばれる足を武装色で硬化させた蹴り技はチンジャオすら舌を巻くほど。

懸賞金5億超えのチンジャオの孫という点も、サイの高額の懸賞金額に反映か。それだけ花ノ国で継承されている「八衝拳」の強さなんかも裏腹に読み取れます。

麦わら大船団の中では懸賞金額は上から2番目。今後ワンピースでは活躍するに違いない。

ディエス・ドレーク(2億2200万)…ONE PIECE懸賞金ランク39位

続いての懸賞金高額ランクは「ディエス・ドレーク」の2億2200万ベリー

ディエス・ドレークはドレーク海賊団の船長。海軍出身という異色の経歴を持つ最悪の世代メンバーの一人。他にも恐竜(古代種)の動物ゾオン系悪魔の実を持つなど、ワンピースの中では割とレア度がわりと高い設定のキャラ。

新世界編後、ドレークは百獣海賊団に傘下に入って、飛び六胞の幹部メンバーに昇進。しかしながら、ドレークの正体は海軍海軍機密組織「SWORD」のリーダーだったことが判明。コビーを部下に従えるなど能力は高そう。

能ある鷹は爪隠すではないですが、この懸賞金額もドレークが能力を抑えた上での数字か。もしドレークが本気を出せば懸賞金10億20億ベリーの強さを発揮できるか。

d-manga.net

フィッシャー・タイガー(2億3000万)…ONE PIECE懸賞金ランク38位

続いての懸賞金高額ランクは「フィッシャー・タイガー」の2億3000万ベリー

フィッシャー・タイガーは初代のタイヨウの海賊団船長。後に王下七武海にまで上り詰めるジンベエすら頭が上がらないなど、実力も人望も兼ね備えた魚人。

また地力で聖地マリージョアまでレッドラインの巨大な崖を這い上がり、天竜人たちをフルボッコして苦しめられている奴隷たちを解放。こういった数々の経歴が懸賞金額に反映されてるはず。

ただ四皇クラスでもやらないぶっ飛んだエピソード故に、個人的にフィッシャー・タイガーの懸賞金は10億超えぐらいでも良かったはず。とはいえ直後に死亡したため、結果的に懸賞金額には反映されなかったと考えるのが自然か。

バーソロミュー・くま(2億9600万)…ONE PIECE懸賞金ランク37位

続いての懸賞金高額ランクは「バーソロミュー・くま」の2億9600万ベリー

バーソロミュー・くまは王下七武海の一人。体躯は巨漢そのもので、悪魔の実(ニキュニキュの実)は攻防の両面で活躍できる汎用性の高さを誇る。また元革命軍メンバーということも懸賞金を高額にさせた理由か。

ただし、ベガパンクの手によって完全なるサイボーグになったことで、バーソロミュー・くまは人間時代の記憶が完全に消滅。そして、現在は天竜人のペットとして聖地マリージョアで奴隷のようにこき使われてる。

実は、バーソロミュー・くまはソルベ王国の元国王。どうやら自らが犠牲を払う(七武海に入って海軍に貢献)ことで、国民の命や生活を守ったらしい。暴君という異名を持つものの、まさに正反対のキャラクター。

d-manga.net

カポネ・ベッジ(3億)…ONE PIECE懸賞金ランキング33位タイ

8f6fc0d4f2d5abd78f8b583d2a5ace31 277x370

(ONE PIECE81巻 尾田栄一郎/集英社)

続いての懸賞金高額ランクは「カポネ・ベッジ」の3億ベリー

カポネ・ベッジはファイアタンク海賊団を率いる船長。最悪の世代の一人で、元々の懸賞金は1億3800万ベリーと月次な金額。しかし、その後、自らビッグマム海賊団傘下に入ることで倍以上に懸賞金が増額された模様。

悪魔の実(シロシロの実)は使い勝手が良く、カポネ・ベッジも頭が非常に回る打算的な立ち回りができるのが強み。まさに「強すぎず弱すぎず」という最も妥当と思える懸賞金額と言えそう。

ただビッグマム海賊団を盛大に裏切ったことを考えると、現在はもっと懸賞金額が跳ね上がってる可能性は高そう。

シーザー・クラウン(3億)…ONE PIECE懸賞金ランク33位タイ

続いての懸賞金高額ランクは「シーザー・クラウン」の3億ベリー

シーザー・クラウンは海賊ではないものの、元海軍の科学者。いわゆる「マッドサイエンティスト」と呼ばれるキャラクターで、自分の科学的好奇心のためならあらゆる人的な犠牲もいとわない。

そのためかつての同僚・ベガパンクと衝突後、パンクハザード島で爆発事故を起こした結果、シーザーは海軍を追われるハメになる。そう考えると、初っ端から3億ベリーの懸賞金はいかにも破格と言えそう。

だから海軍的にも「ずっとコイツ危ないやつやん」とシーザーをマークしていたのかも知れない。

シャーロット・オーブン(3億)…ワンピース懸賞金高額ランク33位タイ

続いての懸賞金高額ランクは「シャーロット・オーブン」の3億ベリー。

オーブンはビッグマム海賊団の4男。カタクリと同じ三つ子。身長は429cmとガタイの良さに恵まれ、フィジカルの強さはダイフク以上。髪型は特徴的なオレンジヘアー。一見するとジェルマ66のようなヒーロー的な雰囲気も。

オーブンの「ネツネツの実」はあらゆるものを熱し、天敵である海水すらも辺り一帯を沸騰させるほど。さながら青雉クザンのヒエヒエの実の逆バージョン。

オーブンは武装色も見聞色も使いこなせるなどスキはない。長男・ペロスペローや将星と肩を並べる強さとされ、カタクリと同じ三つ子という点も考えると懸賞金3億ベリーはやや低い印象も否めない。

シャーロット・ダイフク(3億)…ワンピース懸賞金高額ランク33位タイ

続いての懸賞金高額ランクは「シャーロット・ダイフク」の3億ベリー。

ダイフクはビッグマム海賊団の3男。やはりカタクリと同じ三つ子。身長は489cmとガタイの良さに恵まれ、スキンヘッドの風貌とピアス姿は完全に清原和博。性格も粗暴そのものだが、カタクリの尊敬の念は忘れない。

ダイフクのホヤホヤの実は「ランプの精」を出す能力。ランプの精は船一籍並に巨大サイズのため、斬撃の威力は強烈。ただし、ホヤホヤの実は超人パラミシア系だけあって、能力の範囲は意外と狭そうな雰囲気も。

懸賞金額の印象はオーブンと以下同文ですが、スイート4将星の懸賞金が抜きん出て高いとされたため、おそらく最低額の6億のスナックを意識した上での懸賞金なのでしょう。とはいえ個人的に4.5億ベリー前後で良かった気もします。

ゲッコー・モリア(3億2000万)…ONE PIECE懸賞金ランク30位タイ

続いての懸賞金高額ランクは「ゲッコー・モリア」の3億2000万ベリー

ゲッコー・モリアは元王下七武海。かつて四皇・カイドウと渡り合ったとされますが、マリンフォード頂上戦争後は七武海のドフラミンゴにアッサリとフルボッコされたのは懐かしい思い出。

その後、ゲッコー・モリアはアブサロムに救出され、一緒に行動を共にしていたものの、今度は黒ひげ海賊団のカタリーナ・デボンにアブサロムを倒されるという不遇の人生を歩む。

ただし、ゲッコー・モリアのカゲカゲの実は意外と使い勝手が良く、中遠距離攻撃だけではなく自らの肉体強化を図るなど汎用性に長ける。とはいえ、懸賞金3億ベリー程度でやはりカイドウに勝つるはずがない

ルフィですらカイドウに完敗した事実を考えると、本当にゲッコー・モリアがカイドウと渡り合ったのか非常に疑わしいぐらい。ベラミーのように今後も噛ませ犬として生きていく公算が高そう。

…と思ってたら、どうやら黒ひげ海賊団の一味として今後は活動するっぽい。ただ最終的にカイドウと再戦するものの泣かされる敗北フラグは既にびんびんで、いずれカゲカゲの実も奪われそう。

d-manga.net

バジル・ホーキンス(3億2000万)…ONE PIECE懸賞金ランク30位タイ

続いての懸賞金高額ランクはバジル・ホーキンス」の3億2000万ベリー

バジル・ホーキンスはホーキンス海賊団の船長にして、最悪の世代の一人。新世界編前は2億4900万ベリーだったものの前述の茶ひげをフルボッコしたり、キッドなどと手を組むなどして懸賞金が増額。

しかしながら四皇・カイドウに敗北し、現在は百獣海賊団の傘下に入る。ほぼ同じ境遇のディエス・ドレークと比べると、1億ベリーほど懸賞金額は高額。そのため実力的にもバジル・ホーキンスが上かも。

ただし、悪魔の実の能力の詳細やキャラの扱いなどを考える限り、これ以上は特に懸賞金額に大きな伸びはなさそう。

ロロノア・ゾロ(3億2000万)…ONE PIECE懸賞金ランキング30位タイ

続いての懸賞金高額ランクは「ロロノア・ゾロ」の3億2000万ベリー

ロロノア・ゾロは麦わらの一味の戦闘員。またルフィと同様に最悪の世代の一人。悪魔の実の能力者ではないものの、武装色の覇気を使いこなす三刀流の剣士。ドフラミンゴ撃破後、懸賞金額は1億2000万ベリーから3億2000万ベリーに跳ね上がる。

ただズニーシャに上陸していたため、ゾロはビッグマム編には参戦しておらず。そのため懸賞金はストップしたままなので、ワノ国編後はゾロの懸賞金は確実にアップしそう。でもゾロの立場は戦闘員ですから、やっぱり元々の懸賞金が低すぎる印象。

キャベンディッシュ(3億3000万)…ONE PIECE懸賞金ランク27位タイ

続いての懸賞金高額ランクは「キャベンディッシュ」の3億3000万ベリー

キャベンディッシュは美しき海賊団の船長。ワンピース一の美男子で、常に白馬で移動するほどの王子キャラ。そして、剣術の達人と一見すると弱点がない。

ただし、キャベンディッシュは二重人格。眠ると「ハクバ」という残虐な人格を乗っ取り、悪役キャラとして暴走。でも、このハクバのモード時は剣の腕前が更に向上するというメリットも。

当初の懸賞金は2億8000万ベリーだったものの、麦わら傘下に入ったことで+5000万まで跳ね上がる。麦わら傘下の海賊団の成長っぷりを考えると、やはり最悪の世代キャラの懸賞金額の低額さが際立つ。

ペコムズ(3億3000万)…ONE PIECE懸賞金ランク27位タイ

続いての懸賞金高額ランクは「ペコムズ」の3億3000万ベリー

ペコムズはビッグマム海賊団の戦闘員。ライオンのミンク族だが、悪魔の実は「亀」の動物ゾオン系。武装色の覇気を使いこなし、前述の自然ロギア系のカリブーも一発で倒したほどの強者。

ビッグマム海賊団の強さを演出するためか、各海賊団の船長並みの割と高額の懸賞金額に設定されてる印象。この後ももっと高額のキャラが登場しますが、ペコムズを筆頭に懸賞金だけ見れば四皇のメンバーは一人ひとりが王下七武海クラス

ちなみにルフィに故郷ズニーシャを救われた恩義を感じ、どうやらペコムズは最終的にビッグマム海賊団を裏切って仲間に入りそうな雰囲気も。

d-manga.net

ヴィンスモーク・サンジ(3億3000万)…ONE PIECE懸賞金ランク27位タイ

続いての懸賞金高額ランクは「ヴィンスモーク・サンジ」は3億3000万ベリー

可哀想な似顔絵の手配書でおなじみのサンジは、ヴィンスモーク家に生まれた王子。ただし先天的な能力が劣っていたため父親・ジャッジに捨てられ、何やかんやで麦わらの一味のコックとなった過去が。

サンジはコックではあるものの、非常に足技が強力。悪魔の実の能力者ではないものの、数々の難敵を倒してきた。既に六式や武装色の覇気などはあらかた体得済み。

ヴィンスモーク家の血筋を結果的に引いていたこともあってか、肉弾戦においては最強クラスと考察できるか。特にサンジは「不屈の根性」が見もの。

サンジの懸賞金の推移は7700万ベリー→1億7700万ベリー→3億3000万ベリーと続く。サンジはゾロをライバル視しており、わずか1000万ベリーではあるものの、ゾロを上回って小踊りしてたのは恥ずかしい思い出。

ただビッグマム海賊団に大ダメージを与えた功績など、サンジのこれまでの結果と上昇額を比べるとやはり懸賞金額のパンチ不足感や物足りなさは否めない。

ドンキホーテ・ドフラミンゴ(3億4000万)…ONE PIECE懸賞金ランク26位

続いての懸賞金高額ランクは「ドンキホーテ・ドフラミンゴ」で3億4000万ベリー。ただし、七武海に入る前の懸賞金っぽい。そのためドフラミンゴの強さを考えると、この限りではなさそう。

ドフラミンゴは元天竜人という異色の経歴を持つ王下七武海。ただし、主人公・ルフィのギア4の前に敗れ去って、現在はインペルダウンLEVEL6の更に厳重な地下に幽閉されているらしい。

またドフラミンゴは聖地マリージョアに隠された麦わら帽子のナゾも知っており、どうやらイム様の寝首をかける重大な事実も知っている様子。そのこともあってか裏でCP0すら動かせる権力を握っていた。

実際、ドフラミンゴは強い。例えば、イトイトの実は半径1km単位の強力な鳥かごを作ることも可能。その糸の強度は海軍大将すら斬れないほど固い。そして、ワンピースで数少ない悪魔の実が覚醒しており、ドフラミンゴの糸の前に何人敗れ去ったかは数知れず。

四皇カイドウの使いっ走りをさせられるなど「悪のカリスマ」という異名からは程遠い扱いも受けてるものの、それでもドフラミンゴの懸賞金額は今後飛躍的に伸びる可能性が高そうです。最低でも現在の懸賞金は10億ベリーは欲しい。

d-manga.net

スクラッチメン・アプー(3億5000万)…ONE PIECE懸賞金ランク25位

続いての懸賞金高額ランクはスクラッチメン・アプー」の3億5000万ベリー最悪の世代の一人。

スクラッチメン・アプーはオンエア海賊団の船長。当初は1億9800万ベリーだったんですが、新世界編以降は顕著に激増。一見するとコメディーキャラですが、最悪の世代の中だと一貫してトップクラスの懸賞金額を誇る。

アプーの悪魔の実は自身の肉体を楽器のように操り、この音色による攻撃は海軍大将・黄猿ボルサリーノにも当たるほど。覚醒しなくても自然ロギア系にも通じる攻撃は、良い意味で未知数。

既にドフラミンゴの懸賞金を超えてる点から意外にも相当な強キャラ。実際、百獣海賊団でも飛び六胞に属する幹部キャラクターだったことが判明。現在の懸賞金はもっと高額と予想されます。

ペドロ(3億8200万)…ONE PIECE懸賞金ランキング24位

続いての懸賞金高額ランクは「ペドロ」の3億8200万ベリー

ペドロはミンク族だけで結成したノックス海賊団の元船長。当初のメンバーには前述のペコムズたちもいたりするなど、この懸賞金額は妥当。ただし、最終的に四皇・ビッグマムに敗北して壊滅。そこで寿命の大半を奪われてしまう。

その後、再びルフィたちと共にビッグマム海賊団と対峙するが、ルフィたちを助けるために犠牲となる。ペドロ生存説はネット上で見られますが、既にビッグマムに寿命が奪われてる点などから素直に死亡したと考えるべきでしょう。

タマゴ男爵(4億2900万)…ONE PIECE懸賞金ランキング23位

続いての懸賞金高額ランクは「タマゴ男爵」の4億2900万ベリー

タマゴ男爵はビッグマム海賊団の戦闘員。足長族の変態紳士。常にペコムズと一緒に行動してるものの、懸賞金の違いを見ても分かるように二人の上下関係は明白か。

まだバトルシーンは描写されていないものの、特に「タマタマの実」が割と最強っぽい。敗北する度に「タマゴ→鶏→タマゴ…」と繰り返し、どんどん強くなっていく様子。そのため不死身?

ただ現在のタマゴ男爵はペドロ相手に勝利したものの、この戦いで左目を失う。二人の実力的なことを考えれば、この懸賞金額は妥当でしょう。ただし、ジンベエ相手に素直に勝つるかはやや微妙か。

ジンベエ(4億3800万)…ONE PIECE懸賞金ランキング22位

続いての懸賞金高額ランクはジンベエ」の4億3800万ベリー。懸賞金の推移は7600万→2億5000万とアップしてきており、最近判明した4億3800万ベリーという懸賞金額は七武海脱退後の金額。

ジンベエは元タイヨウの海賊団の2代目船長。その後、五老星のはからいによって魚人初の王下七武海に選出。ジンベエは兄貴肌な性格で人望が厚く、ルフィから何度も誘われるなど麦わらの一味の10人目の仲間の正体もジンベエだった模様。

ジンベエは魚人空手の使い手で、ビッグマム相手の恫喝にビビることもなく、一撃で思いっきり吹き飛ばしたこともある。とりわけ魚人だけあって水中での戦闘は最強クラス。ただ元七武海という立場、ワンピース全体でも20位以下というランクを考えると…微妙。

ユースタス・キッド(4億7000万)…ONE PIECE懸賞金ランク21位

続いての懸賞金高額ランクはユースタス・キッド」の4億7000万ベリー

ユースタス・キッドはキッド海賊団の船長で、最悪の世代の一人。当初の懸賞金は3億1500万ベリーとルフィを上回っていたほどの逸材。キッドそのものの強さより、主に残虐な性格が懸賞金に反映されてる印象。

当初は「定番のキャラデザ+悪役キャラ」という雰囲気から噛ませ犬感も強かった。実際、カイドウに簡単に倒されるなど案の定の結果。ただ最近になって覇王色の覇気が使えることが判明。

またルフィと同様にカイドウに抗い続けるなど、どうやら反骨精神や折れない心を見せつけてくれちゃってる。懸賞金ランキングでも上位である点も考慮すると、今後キッドが再活躍することは間違いなし。

d-manga.net

エドワード・ウィーブル(4億8000万)…ONE PIECE懸賞金ランク20位

続いての懸賞金高額ランクは「エドワード・ウィーブル」の4億8700万ベリー

エドワード・ウィーブルは王下七武海の一人。白ひげ(エドワード・ニューゲート)の息子を自称しているが、真偽は不明。ただ海軍大将・黄猿曰く、白ひげに匹敵する強さを実際に持つとのこと。

ウィーブルの知能は非常に低そうではあるものの、そこは母親のミス・バッキンがサポートするはず。未だに多くの謎に包まれているものの、エドワード・ウィーブルが懸賞金額的にも王下七武海最強クラスであることは間違いない。

d-manga.net

トラファルガー・D・ロー(5億)…ONE PIECE懸賞金ランキング19位

続いての懸賞金高額ランクは「トラファルガー・D・ロー」の5億ベリー

トラファルガー・ローはハートの海賊団船長。途中からDの一族であることが発覚するなど、最悪の世代でも破格に出世したキャラクター。懸賞金の推移も2億ベリー→4億4000万→5億ベリー。

ローの悪魔の実は「オペオペの実」。球体状の空間にいる人間や物体を切断したり、逆にくっつけたりできる。相手の動きを問答無用で封じるにも関わらず、非常に広範囲。

また武装色の覇気の強さは海軍中将クラス。既にストーリーで必要な重要なキャラクターになっており、今後ワノ国編でも絡んでくることを考えると、いずれローの懸賞金額は10億ベリーを超えてくることは間違いない。

チンジャオ(5億4200万)…ONE PIECE懸賞金ランキング18位

続いての懸賞金高額ランクは「チンジャオ」の5億4200万ベリー

ただし、あくまで最大値。そのため現在のチンジャオの懸賞金はもっと低そう。ということで、ここからはいよいよ「懸賞金5億ベリー」の大台に入ります。

チンジャオは花ノ国の八宝水軍の元リーダー。孫のサイは麦わら傘下に入ったが、チンジャオはかつて若かりし頃にルフィの祖父・ガープにフルボッコされたことをずっと根に持っていた。

チンジャオは武装色の覇気の使い手。『ちびまる子ちゃん』の永沢君ばりに尖った頭に覇気をまとって攻撃すると、その威力は大地すら引き裂くほど。

おそらく現時点でチンジャオの懸賞金額が「非能力者で最も高額」と考察されます。

d-manga.net

ポートガス・D・エース(5億5000万)…ONE PIECE懸賞金ランク16位

続いての懸賞金高額ランクは「ポートガス・D・エース」の5億5000万ベリー

ポートガス・D・エースは白ひげ海賊団メンバーの2番隊隊長。自然ロギア系悪魔の実を所有し、メラメラの実の業火は全てを焼き尽くす。

そして、エースは海賊王ゴールド・ロジャーの息子。そのため海軍政府に目をつけられたが、そこは四皇だった白ひげが傘下に収めることが結果的にエースを庇護したカタチ。

エースは海賊団結成時に王下七武海への誘いもあったらしく、仮に実現していればエースが七武海最強だったことは、今回の懸賞金額を見れば一目瞭然か。

ただ同じく四皇のビッグマム海賊団と比べると、いささかナンバー2という立ち位置にしては懸賞金額が低すぎる印象。しかも海賊王ロジャーの息子(血縁者)という設定も加味すると、本来なら10億ベリー超えでもおかしくない。

d-manga.net

リトルオーズJr(5億5000万)…ONE PIECE懸賞金ランキング16位

続いてのワンピース懸賞金高額ランクは「リトルオーズJr」で5億5000万ベリー

リトルオーズJrは白ひげ海賊団傘下のリトル海賊団の船長。魔人オーズの血を引く古代巨人族。身長は30メートルを優に超え、海軍の巨大戦艦を投げ飛ばすほど。

そのため伝説の巨人・ドリーとブロギーの懸賞金も高額だったことを考えると、やはり巨人族というだけで世界政府や海軍にとって脅威であることが懸賞金から読み取れます。

シャーロット・スナック(6億)…ONE PIECE懸賞金ランク15位

続いての懸賞金高額ランクは「シャーロット・スナック」の6億ベリー

シャーロット・スナックはビッグマム海賊団のメンバー。当初はスイート四将星というグループに属する強キャラだったが、前述のウルージに敗北後は将星から外されてしまう悲しきキャラ。

しかもアニメ版『ワンピース』ではスナックのバトルが詳細に描写されたようですが、残念ながら漫画版では一切の描写がなし。

サボ(6億0200万)…ONE PIECE懸賞金ランキング14位

続いての懸賞金高額ランクは「サボ」の6億0200万ベリー

サボは革命軍メンバーの参謀。革命軍リーダー・ドラゴンに次ぐ地位で、元々はゴア王国の王子でルフィやエースと幼少期を過ごしていた。

サボの握撃力は凄まじく強く、人間の頭蓋骨も簡単に潰せるほど。武装色の覇気もマスターするなど、元貴族という立場ながら天性の格闘センスも見せる。そして、現在はエースのメラメラの実を受け継ぐ。

そもそも世界政府が最も恐れる革命軍のナンバー2にしては、懸賞金6億ベリーはあまりに安すぎる気がします。

そのため現在サボの懸賞金額は10億ベリーを超えている可能性も高そう。懸賞金の水準としては、あくまで四皇クラスの海賊団のいちメンバー程度に過ぎないですからね。もし10億すら超えてないようであれば、海軍大将の緑牛あたりには勝てないはず。

d-manga.net

シャーロット・ペロスペロー(7億)…ONE PIECE懸賞金ランク13位

続いての懸賞金高額ランクは「シャーロット・ペロスペロー」の7億ベリー

シャーロット・ペロスペローはビッグマム海賊団メンバーであり、母ビッグマムの長男。肉体からキャンディーを生み出し、飴細工のように硬度が高い武具も作ってしまう。

長男らしく統率力に長け、ビッグマム海賊団ではリーダー的な重要な役割を果たすものの、フィジカルも7億に相応しい強さも併せ持つ。現在はペドロの自爆によって右手を欠損している。

シャーロット・クラッカー(8億6000万)…ONE PIECE懸賞金ランク12位

続いての懸賞金高額ランクは「シャーロット・クラッカー」の8億6000万ベリー

シャーロット・クラッカーはビッグマム海賊団の一人。後述するカタクリたちと共に三将星の一角を担う。手を叩くとビスケットを無限に生み出すことができる悪魔の実を持つ。

このビスケットはあらゆる物体に変形できるため、普段クラッカーはビスケットの兵士で対応。ただ、このビスケット兵はそれ自体が非常に強く、ルフィですら苦戦したほど。

しかも、このビスケット兵はいくらでも量産できるため、さながらシロシロの実やカゲカゲの実の上位互換的な悪魔の実。実際、ルフィとの戦いは11時間に及ぶ超持久戦だったほど。

だから他の上位陣と比較するともっと懸賞金は高くても良さそう。ただビスケット兵は水分に弱い点なども考慮しての水準か。

シャーロット・スムージー(9億3200万)…ONE PIECE懸賞金ランク11位

続いての懸賞金高額ランクは「シャーロット・スムージー」は9億3200万ベリー

シャーロット・スムージーはビッグマム海賊団の一人。身長は4メートルを超える足長族のハーフ。モノクロの紙面だと分かりづらいですが、実は褐色美人らしい。ハイレグの角度はきっと作者の好み。

シボシボの実という悪魔の実は、あらゆる人間の体液を搾り取ることが可能。スムージーはその体液を飲むのが習慣らしいですが、逆に水分を大量に取り込んで肉体を更に巨大化させることも。

ただスムージーのバトルシーンが少ないため、正直クラッカーと比べて懸賞金額ほど強さに違いがあるかは不明。それでもスイート三将星ですから弱いとは考えにくく、懸賞金額だけ見てみると、改めてビッグマム海賊団の層の厚さが伺えます。

ジャック(10億)…ONE PIECE懸賞金ランキング10位

続いての懸賞金高額ランクはジャック」の10億ベリー

ジャックは四皇・カイドウが率いる百獣海賊団の一人であり、マンモス号の船長。しかも、たった3名しか存在しない「大看板」を務めるだけあって、懸賞金額は初の10億ベリーを突破したキャラ。

もとからウォータンと呼ばれる巨人と魚人のハーフだけあって、ジャックは肉体的に恵まれてるにも関わらず、「マンモス」という古代種の動物ゾオン系能力者。スペック的には10億ベリーも納得のチートっぷり。

ただミンク族に返り討ちにされるなど、マンモス号のメンバーも含めてジャックの強さは正直微妙な点も。

シャーロット・カタクリ(10億5700万)…ONE PIECE懸賞金ランク9位

続いての懸賞金高額ランクは「シャーロット・カタクリ」の10億5700万ベリー

シャーロット・カタクリはビッグマム海賊団の一人で、ビッグマムの次兄。スイート三将星でも最も強いキャラクター。身長5メートルという圧倒的なフィジカルに加えて、モチモチの実は覚醒済み。

またモチモチの実は腕を飛ばしたり、肉体を餅のように変形して避けられるなど汎用性は高く、ゴムゴムの実の上位互換とも言える能力にルフィも苦戦。そして、なにより見聞色の覇気も極めており、半ば未来予知的なことも可能と来たもんだ。

ルフィ vs カタクリ戦もワンピース随一の壮絶な戦いを見せてくれるなど、誰もが納得の懸賞金額10億ベリー超え。この時にルフィとの友情が芽生えるなど、今後カタクリがワンピースで再登場する可能性も。

d-manga.net

クイーン(13億2000万)…ONE PIECE懸賞金ランキング8位

33558b8650e14a8ef94535bf1edd4b6b 480x222

(ONE PIECE935話 尾田栄一郎/集英社)

続いてのワンピース懸賞金高額ランクはクイーン」で13億2000万ベリー

クイーンは四皇・百獣海賊団の大看板。わずか3名しかいない大幹部の一人。前述の懸賞金10億のジャックが頭が上がらないほどなので、実際には懸賞金以上の強さを見せる可能性。

ただし、現時点でクイーンの能力は不明。詳細は個別記事を優先的に加筆していく予定。おそらく百獣海賊団で最も強いキングの懸賞金は、クイーンの数字を少なくとも上回るはず。

d-manga.net

モンキー・D・ルフィ(15億)…ONE PIECE懸賞金ランキング7位

839d1f8f961b9bed29d39d97602e8f7b 317x370

(ONE PIECE90巻 尾田栄一郎/集英社)

続いての懸賞金高額ランクは「モンキー・D・ルフィ」の15億ベリー

ルフィは『ワンピース』の主人公。麦わらの一味を率いる船長で、懸賞金額数億超えの船長を率いる麦わら大船団の総督でもある。革命軍のリーダー・ドラゴンを父に持つなど、ルフィの家系がチートすぎるのは内緒。

ルフィの懸賞金の推移は3000万→1億→3億→4億→5億と細かく数字を刻んできたものの、前述のカタクリ戦後は一気に15億ベリーにまで跳ね上がった。カタクリ撃破の功績が評価されたんだと思いますが、それにしても極端(笑)

この懸賞金15億の船長が率いる海賊団のメンバーが、やはりちょくちょく1億を切ってる事実は無茶苦茶。そのため他の麦わらの一味の懸賞金も、何やかんやで今後は目に見えてアップすると見た。

d-manga.net

マーシャル・D・ティーチ(22億4760万)…ONE PIECE懸賞金ランク6位

cb4400b388f8fab38c2b1b570fbbac01 395x370

(ONE PIECE926話 尾田栄一郎/集英社)

続いての懸賞金高額ランクは「マーシャル・D・ティーチ」の22億4760万ベリー。四皇の一人。

マーシャル・D・ティーチは黒ひげ海賊団の提督。通称・黒ひげ。黒ひげは非常に狡猾。目的のためなら元海軍大将の青キジと手を組んだり、仲間殺しは当たり前にあらゆる手段を講じる男。

黒ひげは「ヤミヤミの実」と「グラグラの実」を複数所有するだけではなく、それぞれの悪魔の実の威力が最大級にして最強クラス。七武海→四皇と最速で駆け上がってきた功績も考慮すると、あまりに妥当過ぎる懸賞金額。

ワンピースのラスボスであるイム様に狙われるのも納得。だから、黒ひげの懸賞金額がむしろ少ないぐらい。ルフィと7億ベリー差で本当にいいの?ルフィを「五皇」と変に定義付けてしまったため、結果的に黒ひげの懸賞金が抑えられたのか。

d-manga.net

赤髪のシャンクス(40億4890万ベリー)…懸賞金高額ランク5位

1b5f0b8b643d7a1214557a2bfc7208cc 437x430

(ONE PIECE957話 尾田栄一郎/集英社)

続いての懸賞金高額ランクは「赤髪のシャンクス」の40億4890万ベリー。四皇の一人。

シャンクスは赤髪海賊団の船長。元ロジャー海賊団のメンバーだったこともあり、ルフィにロジャーの麦わら帽子を授けた恩人。その時に左腕を喪失したものの、シャンクスは隻腕海賊として四皇に未だに君臨し続ける。

他の四皇と違って大きなハンディキャップを考えると、シャンクスの強さは意外と底が計り知れない。またシャンクスは敵であるはずの五老星に信頼されるなど、未だに謎が多いワンピースキャラ。

当初ドル漫では天竜人との繋がりからシャンクスの懸賞金を低く見積もってましたが、結果はまさかの40億ベリー超え。それでも他の四皇キャラと比べて懸賞金が低いのは、世界に脅威を与えないシャンクスの温厚な性格が考慮されてることは間違いないか。

d-manga.net

ビッグマム(43億8800万ベリー)…懸賞金高額ランク4位

3eba5eaea5e40cc8ade7dc62f7da0a83 441x430

(ONE PIECE957話 尾田栄一郎/集英社)

続いての懸賞金高額ランクは「ビッグマム(シャーロット・リンリン)」の43億8800万ベリー。四皇の一人。

ビッグマムはビッグマム海賊団の船長。年齢は68歳ですが未だに現役。最近まで子供を何人も出産してたBBA。圧倒的なフィジカルの秘密は不明ですが、わずか5歳にして巨人族の英雄をなぎ飛ばした実力は本物。

そのため幼少期にして既に懸賞金5億ベリーだったとか。

ソルソルの実の能力そのものに威力はないものの、その悪魔の実で非常に強力な武器(ホーミーズ)を作ることが可能。元来備わった腕力と組み合わせることで、戦闘力は純粋に倍加。また空腹時の暴走はヤバみ。

「意外とメンタル面での穴があるため黒ひげと懸賞金額は大差なさそう」と当初予想したものの、結果は大外れ。ビッグマム本来の強さに加え、これまでの残虐行為も合わせると納得の43億ベリー。

ただビッグマムの暴虐な性格を考えると、温厚なシャンクスとの懸賞金はあまり違いが少なそうにも見える。そう考えたら、シャンクスの強さはビッグマムを余裕で超えてくるのか。もしかするとロジャーの悪魔の実を継承してたりして。

d-manga.net

百獣のカイドウ(46億1100万ベリー)…懸賞金高額ランク3位

3aafb2c25013b4e7e464ed4a9fde3f4f 500x425

(ONE PIECE957話 尾田栄一郎/集英社)

続いての懸賞金高額ランクは「百獣のカイドウ」の46億1100万ベリー。四皇の一人。

カイドウは百獣海賊団の提督。四皇の中でも無類の強さを誇る巨人。龍(ドラゴン)に変身できる幻獣種の悪魔の実を持つ。そのためカイドウは更に超巨大化した上で空も飛べるし、巨大な火球も放出できる。まさに無敵キャラ。

当初ドル漫ではカイドウの懸賞金は35億ベリーと正直冗談まじりに吹かしていたものの、いざフタを開けてみるとまさかの40億ベリーを大きく超える懸賞金。「おだっち…無茶しやがって…」と思ったのは内緒。

ただし、既に『ワンピース』がここまで終盤戦に突入済み。

全体のバランスを考えたら46億ベリーというカイドウの抜きん出た懸賞金額は妥当。これまでのチマチマした数字の更新度合いを見てると、ここまで一気に踏み込んでくるとは個人的に完全予想外でした。

しかも、カイドウの懸賞金を軽く超えるワンピースキャラがゴロゴロといるってんだから草不可避です。カイドウの強さはワンピース最強of最強だと思うので、やはり懸賞金額は純粋な強さ以外も反映されてる可能性が高そう。

ここまでカイドウが抜きん出て強いと、例えば百獣海賊団のメンバーだと火災のキングは20億ベリー付近に匹敵する可能性も。ナンバーズの懸賞金も10億ベリー台後半と予想してみる。

d-manga.net

白ひげ(50億4600万)…懸賞金高額ランク2位

c802e9cc9a1a27290a1c0be89d7c42d0 500x382

(ONE PIECE957話 尾田栄一郎/集英社)

続いての懸賞金高額ランクは「白ひげ(エドワード・ニューゲート)」の50億4600万ベリー。やはり四皇の一人。

白ひげ(エドワード・ニューゲート)は白ひげ海賊団の船長。白ひげは人望が厚く、傘下の海賊団も多数。かつてはライバルの海賊王・ロジャーと肩を並べる強さを誇り、世界を滅ぼすと言われるグラグラの実の威力は災害クラス。

また白ひげは海賊王を一貫して目指してはおらず、世界政府にとってそこまで現実的な脅威ではなかったはず。晩年は病気なども手伝って、実際には懸賞金額ほどの強さはなかったと考えられますが、やはり白ひげ。傘下の海賊団の多さも考慮されたのか。

ちなみに当初、ドル漫では白ひげを倒した黒ひげの懸賞金額22億ベリーから「現在は17億18億程度(全盛期の懸賞金の最大値は40億ベリー)」と予想してました。

だから、相対的に黒ひげの懸賞金額の少なさが際立つ。ましてや黒ひげは白ひげの「グラグラの実」を入手してる状態。でも、黒ひげは七武海に入る前の懸賞金はゼロ。おそらく「今後懸賞金の伸びしろ」が最も演出されるのでしょう。

d-manga.net

ゴール・D・ロジャー(55億6480万)…懸賞金高額ランク1位

67a3e144d77d672f5a1e9bdaf39f4709 500x412

(ONE PIECE957話 尾田栄一郎/集英社)

続いての懸賞金高額ランクはゴール・D・ロジャー」の55億6480万ベリー。四皇の一人にして、ラフテルに唯一辿り着いた海賊王。

ロジャーの正体はまだそこまで判明してないものの、白ひげに匹敵する戦闘力の高さ。ガープと共に当時世界最強のロックスを倒した戦績。そして、ルフィと同じく万物の声を聞こえる謎能力など、どうやらオールラウンドに最強。

ラフテルに到達した当時のロジャーは病気だったものの、やはり「空白の100年の秘密」を知った事実は重いのでしょう。ニコ・ロビンが9歳にして7900万ベリーの懸賞金がかけられたように、実際に到達してしまったロジャーが50億を超えるのも納得。

ただし、ラフテルに到達してない白ひげとの懸賞金額の差はわずか5億ベリー止まり。そう考えたら純粋な戦闘力では白ひげに軍配か。

d-manga.net

まだ懸賞金額未判明・未設定のキャラクター予想

以上、ワンピース懸賞金高額ランキング最新版でした。冒頭でも言ったように、ワンピース懸賞金上位5名のキャラクターはほぼ彼らで確定でしょう。これ以上の数字を上回るワンピースキャラは今後まず出てこないはず。

7a562b7373b09b73d8d7ec3a5eb884ad 500x268

(ONE PIECE957話 尾田栄一郎/集英社)

ただし、カイドウとビッグマムは手を組んだことで更に懸賞金が伸びること間違いなし。ブランニュー中将の発言がいかにも伏線。考えてみるまでもなく、既に死亡したキャラがランク1位2位を占めるなど言語道断。

他にも敢えて言えば、ロックス・D・ジーベックやエネルも高額の懸賞金が予想されます。そこで最後は「未だに判明してないキャラの懸賞金額」を予想考察してみたいと思います。

d-manga.net

○ロックスの懸賞金額は60億を超える?

まずは「ロックス・D・ジーベック」の懸賞金額予想。

ロックスはロジャー以前に猛威を奮った最強の海賊。Dの一族だったものの、非常に気性が荒かった。前述のカイドウやビッグマムも部下に従えるなど、40年以上前は「世界最強」をほしいままにした四皇。

実際、海軍中将・ガープと後の海賊王・ロジャーが結託してようやくロックスを倒せたほど。もちろんロジャーは当時から懸賞金が50億を超えてたわけではないものの、センゴク曰く、「ロジャーにとっても最初にして最強の敵」と表現。

そこでロックスの懸賞金額は「69億4000万ベリー」とドル漫では予想してみる。理由は「694(ろっくす)」だから。ここに来てまさかの根拠ゼロ。

ただし、前述のブランニューは「海賊史上この二人を超える懸賞金額はありません」と断言してるため、ロックスの懸賞金は白ひげの50億以下。例えば、ロックスの懸賞金は40億ベリー台と考察するのが妥当でしょう。

d-manga.net

○七武海の懸賞金額は10億ベリー前後か?

続いては「王下七武海」の懸賞金額予想。

既に七武海制度は撤廃されており、脱退後も未判明のキャラクターも含めると、ボア・ハンコック、ジュラキュール・ミホーク、エドワード・ウィーブル、クロコダイル、バギー、バーソロミュー・くま、モリアなどの現在の懸賞金が分かってない。

ただし、多くの七武海の懸賞金は15億ベリー以下と予想できそう。何故なら、もし懸賞金15億ベリー前後の七武海が多いと仮定すると、既に五皇と位置付けられているルフィは「八武海」と呼ばれてるはずだから。

そのため元七武海キャラクターの現在の懸賞金は「高くても10億ベリー前後」と考察されます。実際、ジンベエやローなどの懸賞金は七武海脱退後も10億以下に留まっており、現時点では多くて10億超と予想するのが自然。

ただし、四皇の懸賞金額が思った以上に高額だったことを踏まえると、そこまで厳格に考えなくてもいいのかも知れない。

例えば、かつて四皇シャンクスと肩を並べたとされるミホークの懸賞金額は「20億ベリーから最大で30億ベリー」に匹敵する可能性も。

男キャラに無類の強さを誇るボア・ハンコックの懸賞金もルフィ並みの「15億ベリーから10億ベリー台後半」だったとしても不思議ではない。

d-manga.net

○黒ひげ海賊団の懸賞金額は平均20億ベリー台か?

続いては「黒ひげ海賊団の懸賞金額」を予想。

結論から書くと、黒ひげ海賊団メンバーの懸賞金額は「おおむね20億ベリー台」と考察できそう。つまり、シリュウアバロ・ピサロカタリーナ・デボンなどは提督である黒ひげ・ティーチとほぼ同額の懸賞金。

やはり他の四皇と比べると、黒ひげの懸賞金は約半分以下に留まってるのは疑問。海賊団を含めた全体のバランス・勢力図を考えても、10名の船長メンバーが同等の20億ベリー台の懸賞金がかけられてないと釣り合わない。

そうすると黒ひげ・ティーチが黒ひげ海賊団を本当に率いることができるのか疑問ですが、黒ひげは「あくまで過小評価されてるだけ」と考えられます。実際、次期海賊王の伏線を読み解く限り、黒ひげが海賊王になりそうな気配がプンプン。

黒ひげのやや少ない懸賞金額も、今後「次期海賊王」になるにあたっての伸びしろと考えれば合点がいきます。現時点の黒ひげの懸賞金額は「まだ始まり」に過ぎない。父親・ロックスの69億ベリーに最終的に到達?

d-manga.net

○エネルの懸賞金額は30億ベリー台か

続いては「神エネル」の懸賞金額を予想。

エネルはワンピース中盤あたりでルフィに敗北してしまったボスキャラクター。でも、エネルのゴロゴロの実は自然ロギア系でも最強クラスの威力を誇る。たまたまルフィが雷の弱点とされるゴム人間だったから倒せただけに過ぎない。

エネルの攻撃範囲は数kmに及び、ゴロゴロの実のカミナリは一発で大地を溶かすほど。雷の移動速度はすさまじく早く、またエネルは見聞色の覇気をマスター。相手の心すら読めるため、まさに為す術がない。

海軍政府は空島の事情に疎かったのかも知れませんが、エネルの実力はほぼ四皇クラス。海賊団を所有してないのが金額的にマイナスに働きそうですが、エネルの懸賞金額は30億ベリー以上を超えてくるか。

現状のワンピースでは10億台、20億台、40億台、50億台といった懸賞金額は見られるものの、何故か「30億ベリー台のキャラ」がいない。そういう意味でも、どこにも所属しないエネルに相応しい金額と言えそう。

d-manga.net

○シルバーズ・レイリーの懸賞金額は40億ベリー前後か

続いては「シルバーズ・レイリー」の懸賞金額予想。

結論から書くと、シルバーズ・レイリーの懸賞金は40億ベリー前後と予想。

レイリーの年齢は80歳近い高齢者ですが、黄猿・ボルサリーノの一撃を食い止めるなど実力は現役バリバリ。シャボンディ諸島ではシャッキー(シャクヤク)が「ボウヤたちの100倍強いから」と断言。

やはりロジャー海賊団の副船長という肩書きも伊達ではない。船長のロジャーの懸賞金が50億ベリー超えだったと判明した今、レイリーの懸賞金は40億ベリー前後になりそうか。

当初ドル漫ではレイリーの懸賞金を10億ベリー台後半か20億ベリー前後と予想してたんですが、どうやらそこまで低くなさそう。ただし、40億ベリーは赤髪のシャンクスとほぼ同額。そのためレイリーの懸賞金は30億ベリー台に留まる可能性も大いにあるか。

とりあえず、これら超高額キャラを目指してルフィの懸賞金額も増えていくに違いない。

d-manga.net

コメント

  1. 匿名 より:

    七武海になった時点で賞金首ではなくなるからバギーもミホークもウィーブルも現在の賞金額は”0”です

  2. ドルジロビンソン より:

    コメントどうも。
    一応、「当時の懸賞金」「元の懸賞金」という体で紹介してます。

    でも四皇の懸賞金は変わらず設定されてるのに、
    何故七武海だけ海軍から指名手配されなくなって、
    懸賞金がチャラになってしまうんでしょうね。

    ここらへんは海軍大将・藤虎が七武海制度の廃止を目論む最大の理由の一つなのかも知れませんが。

  3. 匿名 より:

    そもそも王下七武海の制度は政府に収益の一部を納める代わりに略奪を許された海賊です。政府公認の海賊ということですね。なので、懸賞金がゼロになるのです。また、七武海及びその海賊団のメンバーたちは懸賞金がゼロになり脱退しない限り上がることはないので、現在の懸賞金という概念は存在しませんね。実力的にどの程度と推測するのは良いですけども笑 なので、クロコダイルやハンコックの元懸賞金が低いというのはマイナスなものではなく、むしろ早い段階から政府に目をつけられるほどのポテンシャルを持っていると考えられプラス方向に働く要素です。
    四皇は世間が勝手に呼んでるだけなので懸賞金が変わらないのはあたりまえですよね笑

  4. 匿名 より:

    ワンピースの懸賞金は強さではなく危険度ですよ。確かに反政府の強い奴は危険と判断されるでしょうが、やらかした事の大きさなど強さ以外の要素もあります。
    同じ強さでも民間人や海兵などを殺しまくっている奴と特に暴れない奴、どっちが危険か考えればわかるかと

  5. より:

    トータルバウンティという表現がまだ使われてるしなぁ。REWEADは10億超えの四皇幹部だけ。考察がされてもおかしくないしどや顔とかアホな煽りしている方が愚か。