【ONE PIECE】悪魔の実の正体とは?【考察まとめ】

スポンサーリンク

(ONE PIECE1巻 尾田栄一郎/集英社)

面白いバトル漫画『ONE PIECE』核を握るのが「悪魔の実(あくまのみ)」と呼ばれるもの。ONE PIECE1話目から登場し、主人公・ルフィが悪魔の実(ゴムゴムの実)を食べたことでゴム人間になったことは誰もが記憶に残っているはず。

そこでかなり今更感はあるものの、今回は「悪魔の実」に関して私ドルジ露瓶尊が徹底的に考察・解説したいと思います。何故悪魔の実は何種類あるのか?能力者が死ぬと悪魔の実はどうなってしまうのか?是非ワンピース考察にあたって参考にしてみて下さい。

記事をパクったらぶっころし。

悪魔の実とはそもそも何なのか?

まず悪魔の実とは一体何なのかを改めて解説。

端的にまとめると、悪魔の実を食べると「様々な能力が開花」する謎の果実のこと。

例えばゴム人間や糸人間になったり、火や雪といった自然現象を操ることも可能。ワンピースの中では「海の秘宝」とも呼ばれるなど希少価値はかなり高く、簡単には手にはいらない禁断の果実。

ただ悪魔の実を食べると体の中に「一匹悪魔に宿す」という迷信があるため、これが悪魔の実の名前の由来なのかも。そのため反動や副作用も大きく、悪魔の実を食べると「泳げなくなる」のが最大のデメリットとして挙げられます。

厳密には「海水に触れると力が問答無用で抜けてしまう」という特色なんですが、『ワンピース』に登場する海賊たちにとってはまさに両刃の剣。基本的に海の上で戦うことは稀なので、問題ないっちゃ問題ないんですが(笑)

○悪魔の実の種類は3パターン存在する!

この悪魔の実の種類には、ざっくり「3パターン」に大別・カテゴライズされます。

それが「超人パラミシア系」の悪魔の実「動物ゾオン系」の悪魔の実。そして「自然ロギア系」の悪魔の実の合計三種類。

超人パラミシア系は、自分の体を様々に変化させる悪魔の実。主人公・ルフィのゴムゴムの実も、この超人パラミシア系に属します。他だと泡や石、お城化する悪魔の実などが存在します。

動物ゾオン系は、そのまま動物に変身することが可能。まさに名前の通りの悪魔の実。動物以外にも虫にも変身可能。主に「肉体の強化」がメイン。

自然ロギア系は、超人パラミシアと同様に自分の体を変形させるんですが、それが自然物に関するもの。例えば光や煙、闇など。物理攻撃が効かないなど、悪魔の実の中では強く、更に希少価値が高い悪魔の実とされています。

悪魔の実は同じ種類のものは存在しない!

このように悪魔の実は多種多様に存在しますが、それぞれの悪魔の実は唯一無二の存在。つまり世の中には同じ悪魔の実は2つたりとも存在しないのが特徴。

一応、厳密には動物ゾオン系は同じ悪魔の実は存在するものの、モデルが別個。例えば同じイヌイヌの実でも「狼モデル」や「ジャッカルモデル」「ダックスフンドモデル」など細かく分かれている様子。

(ONE PIECE71巻 尾田栄一郎/集英社)

そのため悪魔の実のデザインも奇抜そのもの。

画像はメラメラの実ですが、しっかり中身と合ったオリジナリティに溢れたデザインになってることが伺えます。だから説明書もないのに一体何の悪魔の実か分かるのかよ?と疑っちゃいますが、おそらく見た目である程度が判断できるっぽい。

○悪魔の実は一人一個が原則

また悪魔の実は、基本的に一人一房しか食べることはできないのも特徴。要するに、たとえ複数の悪魔の実を食べても複数の能力を同時に保持することは不可能ということ。そもそも食べると副作用で死んじゃう可能性も?

冒頭でも触れたように能力者は「体内に一匹の悪魔を宿す」と考えられており、もし複数の悪魔の実を食べると複数の悪魔が体内でケンカするからではないか?…と一説では言われています。正確な根拠は不明。

ただし、例外のワンピースキャラクターも存在します。

それが四皇メンバーの一人である「黒ひげ(マーシャル・D・ティーチ)」という小汚い海賊。この黒ひげは2つの悪魔の実(ヤミヤミの実とグラグラの実)を食べており、現状は両者の能力を使える。

能力者は悪魔に「自身の心臓」を捧げることで、様々な能力が使えるのではないかという考察がもっぱら。そのため黒ひげは「2つ以上の心臓」を持っているのではないかと考察されてる。

黒ひげは「体の構造が異形」とマルコによって指摘されてるため、おそらくこの考察の確度は高そう。確かに肉体的な犠牲を払っているからこそ、悪魔の実の能力者は泳げなくなるのかも知れない。

そのため黒ひげのこういった特徴から推察すると能力者の臓器そのものが悪魔の実化している可能性があり、つまり心臓こそが悪魔の実化しているのではないか?と私ドルジ露瓶尊は考察してみる。

悪魔の実の能力者が死ぬとどうなるの?

そこで気になるのは、能力者が亡くなった場合の「悪魔の実」の扱いでしょう。

何故なら、前述のように悪魔の実は世界に一つだけしか存在しない。もし能力者の死後と共に悪魔の実も消えるのであれば、ただでさえ希少な悪魔の実はすぐ絶滅してしまうではありませんか。

(ONE PIECE71巻 尾田栄一郎/集英社)

ただ結論から解説すると、「悪魔の実の能力者が亡くなると再びその悪魔の実は世界のどこかに復活する」とのこと。実際、前述のメラメラの実がまさにそう。メラメラの実を食べたエースの死後、どこかしらでメラメラの実が復活してる。

でも、さすがに情報がフワフワと曖昧模糊してませんか?そこで私ドルジ露瓶尊が能力者の死後、悪魔の実がどうなるのか更なる考察を展開したいと思います。

○死後、悪魔の実は体外へそのまま排出される

結論から私ドルジ露瓶尊の予想を書くと、悪魔の実の能力者が死ねば悪魔の実が体外へそのまま排出されるんだと思います。

例えば涙や血としてどういったカタチで排出されるのかは不明ですが、少なくとも「悪魔の実」とは表現されているものの、どこかの土地や畑で実を結ぶ野菜や果物のようなものではないということ。

メラメラの実の場合、エースが亡くなったマリンフォード頂上決戦に王下七武海メンバーとして参加したドフラミンゴが「エースから排出されたメラメラの実を拾った」と考察することが可能。

多少強引な予想ではあるものの、海軍たちは負傷した海兵の手当をしており、また他の海賊たちは逃げ惑うだけで精一杯。エースの遺体には誰も目をくれていなかった可能性が高い。少なくとも何故ドフラミンゴがピンポイントでメラメラの実を所有していた謎と経緯には合点がいくはず。

他にも黒ひげが白ひげの悪魔の実を継承した場面。

黒ひげが白ひげの遺体にマントで隠して一緒の中に入った後、黒ひげはグラグラの実を扱えるようになった。でも黒ひげも白ひげも、肉体的な変化は何一つなかった。この理由は「白ひげの体から悪魔の実が排出」される場面を隠したかったからではないのか?

だから、先程の私ドルジ露瓶尊の「心臓=悪魔の実化」説はおそらく間違いか。もし心臓説が正しいと仮定すると、白ひげのグラグラの実が即座に移譲された理由と矛盾するから。また白ひげの体に異常が見られなかったのもポイント。

○ワンピースキャラが死ななかった理由こそ「悪魔の実」にあり!

どのみち死後の悪魔の実は能力者の体外に排出される可能性は高いはず。

だから『ワンピース』のキャラクターはほとんど死んでなかった理由も悪魔の実の謎が関係してるはず。何故ならもし悪魔の実の能力者が亡くなってしまうと、そこで何らかのカタチで悪魔の実が排出されてしまうから。

そのためバトル漫画として批判もありましたが、ルフィがボス敵キャラを倒しても大半は生き延びたままだったのもちゃんと理由があり、何故エースだけが唐突な死を迎えたのかを考えると、まさに私ドルジ露瓶尊の考察がドンピシャなのではないか?