【ジェルマ66】ヴィンスモーク家メンバー一覧まとめ!その後どうなったかの現在がヤバすぎたw【ワンピース考察】

5bb64c2244ee46638cd69afa81209236 422x370

(ONE PIECE84巻 尾田栄一郎/集英社)

今回ドル漫では「ヴィンスモーク家」のメンバー一覧を徹底的に考察したいと思います。

このヴィンスモーク家はサンジの実の家族であり、一方で「ジェルマ66」とも呼ばれたりしてる。ややこしいって程でもありませんが、比較的分かりやすくまとめてみたのでワンピースの考察にお役立てください。

記事後半には「ヴィンスモーク家登場」の伏線となった扉絵やジェルマ66のその後どうなったのかの現在も考察してます。

d-manga.net

そもそもヴィンスモーク家とは「北の海を支配した王族」

まず簡単に「ヴィンスモーク家の正体」を解説。

ヴィンスモーク家とは、かつて北の海(ノースブルー)全域を武力で徹底的に支配したことがある武闘派の王族のこと。プロデンス王国の凶悪版と考察すると分かりやすいか。

ヴィンスモーク家はまさに「悪の代名詞」として広く轟いていたのも宜なるかな。

例えば、北の海出身の百獣海賊団のディエス・ドレークバジル・ホーキンスだけではなく、50年以上も前に死亡していた麦わらの一味のブルックですら、ヴィンスモーク家の存在を知っているほど。

だから、ヴィンスモーク家は数百年以上前から名を馳せているような王族たちなのかも知れません。

d-manga.net

○国土を持たないものの世界会議の参加資格を有していた

ただし、ヴィンスモーク家はその後他国によって転覆させられたのか、現在は国土を持たずに何十隻もの船を連ねることで「ジェルマ王国」を樹立し、いわば「海遊国家」を形成してるような状態。

例えば、王下七武海メンバーだったゲッコーモリアのスリラーバークの更なる巨大バージョンを考察すると分かりやすいか。

それでもヴィンスモーク家は世界会議(レヴェリー)に参加資格を持つなど、まさに国家並の影響力を保持していた。それだけ過去ヴィンスモーク家は北の海で荒ぶっていたのかの裏返しか。

ちなみにビッグマム編後は、ヴィンスモーク家の世界会議への参加資格は剥奪されております。剥奪覚悟でサンジとプリンの政略結婚(四皇の庇護を受けよう)に臨んだものの、まさに踏んだり蹴ったりのヴィンスモーク家。

○ジェルマの名前の由来は?

ジェルマ(Germa)の名前の由来を考察。

ジェルマの名前は、かつて「ガラマ」と呼ばれる首都がモチーフではないかと考察されます。西暦200年頃、ガラマンティアン王国と呼ばれる現在のリビア(サハラ砂漠北東)に存在した国があった。

ガラマは北方のローマ帝国と何度も衝突を繰り返すなど、北の海を武力で支配したヴィンスモーク家と類似する点は多そう。後述する「ジェルマ66」の由来は不吉な数字の666をモチーフにしている可能性が高そう。

ただし、66をサンジの3で割ると「22」。指で22を表現するとダブルピース。なにかしらハッピーエンドも彷彿とさせるため、何故サンジだけがヴィンスモーク家の落ちこぼれだったのかも含めて伏線が込められてそう。

傭兵集団「ジェルマ66」を率いるのがヴィンスモーク家

じゃあ、何故ヴィンスモーク家が世界会議の参加資格を持っていたのか?

593d9c2788e28303e9c642ee59030d55 500x387

(ONE PIECE86巻 尾田栄一郎/集英社)

この最たる理由が国家名と同じ名前の「ジェルマ66(じぇるまだぶるしっくす)」と呼ばれる科学戦闘部隊

戦闘部隊とは言ってもヴィンスモーク家は武闘派王族だけあって、基本的には自らが戦闘に参加してくるのが面白いですが、このジェルマ66がとにかく圧倒的な武力と戦闘能力の高さを誇る傭兵集団。

画像はさながらヒーロー戦隊もの風ですが、それを象徴するようにジェルマ66は飛んだり跳ねたりはお手の物。電撃攻撃や毒攻撃など、まさにジェルマ66は科学力を駆使してなんでもやっちゃう集団。

○ジェルマ66の別名は「戦争屋」

だから、ジェルマ66の別名は「戦争屋」。

ジェルマ66はお金さえ払えば戦争に参加し、次々と勝利に導き終結させてきた。ジェルマの国家予算はジェルマ66の傭兵代で賄われており、世界政府はジェルマ66の軍事力に一目を置いてる状態。

d02823186c7adcab14e98246dcdbd0d0 348x370

(ONE PIECE82巻 尾田栄一郎/集英社)

実際、ビッグマム海賊団の四皇・ビッグマムもジェルマ66の軍事力が欲しいがために、サンジとプリンの政略結婚を目論んだほど。

だからヴィンスモーク家やジェルマ66は王族というより、立ち位置的には「闇の勢力」に解釈するのが自然か。ドンキホーテ・ドフラミンゴの弟・コラソンも発言していたように、「北の海の闇」とやらはヴィンスモーク家が関わっている可能性も。

ネット上の考察では「ジェルマ66が武器製造の黒幕」とも指摘されております。

○ジェルマ王国の「大量のクローン兵士」がヤバイ

このジェルマ66の強さは言うまでもなく「驚異的な科学力」。

改めてヴィンスモーク家メンバーの能力や強さは後述しますが、最たる例が大量の「クローン兵士」

ジェルマ王国の地下施設には「大量のクローン人間」が培養され、20歳の屈強な兵士を作るのにわずか5年で生育可能。毎日のように鍛錬を続けさせるため、兵士としての実力は折り紙付き。

しかも脳には思想プログラムが施され、恐怖心がなく死ぬまで戦い続ける。

当然、ヴィンスモーク家のメンバーの命令に全て従い、時には自爆し、時には身を挺して守らせるなど人権無視。ジェルマ66には最強の人造兵士たちが数百数千人も存在し、そりゃ脅威ですわって話。

261a389b5ac9592493665e09f876eee2 321x370

(ONE PIECE84巻 尾田栄一郎/集英社)

中でもヴィンスモーク家の子供たちは「血統因子(DNA)」なるものを操作されて生まれ、とりわけ戦闘力の高さを誇る。ビッグマム海賊団のメンバー相手に互角の戦いを繰り広げるほど。

ということで、ヴィンスモーク家(ジェルマ66)のメンバー一覧を解説してきたいと思います。

ヴィンスモーク・ジャッジ(父)…ジェルマ66の総裁

まずヴィンスモーク・ジャッジから解説。

fd4e7870f9ae605cbfff2b70722af45b 361x430

(ONE PIECE84巻 尾田栄一郎/集英社)

ヴィンスモーク・ジャッジはジェルマ王国の国王であり、同時にジェルマ66の総帥。そして、サンジの真のお父ちゃん。

いかにも雷親父の見た目からも分かるように、性格は高圧的で怖い。それを象徴するようにジャッジは肉弾戦にも長け、「ガルーダ(怪鳥)」と下位の兵士たちから尊敬の念を抱かれるほど。ただトリトリの実とかではないはず。

一方、ジャッジはかつては優秀な科学者だった。

例えば、ジェルマ66が使用するレイドスーツや形状記憶アーマーといった様々な武器や兵器を開発してるのもジャッジ。レイドスーツは一切の炎を通さないなど、ピカイチの科学水準もジャッジの頭脳がなせるわざ。

しかもジャッジは『ワンピース』では未だに謎が多い「ベガパンク」とも一緒に兵器などの研究をやっていた仲。

例えば、「血統因子」もどうやらベガパンクが元々発見したもので、ジャッジはそれを改良しただけ。ただし、サンジの母親・ソラはそれに抵抗して劇薬を飲んだため、結果的に死亡済み。

d-manga.net

○ヴィンスモーク・ジャッジはかつての栄華を取り戻したいんや

ジャッジは何故ジェルマ66を設立し、ジェルマ王国の富国強兵政策を取り続けてるのかと言うと、「北の海のその他の国々への復讐」を考えているから。

そのことからヴィンスモーク家は北の海の国々の蜂起にあって没落し、現在の海遊国家に至ったと考察されます。そのためジャッジの「強さ」に対する執念はすさまじい。

ジャッジがサンジを生贄にビッグマムとの政略結婚の話に乗ったのも、、普通の子供として生まれてきたサンジに対して「お前は将来戦士として役に立たない。お前は一族の恥」と痛烈に蔑み続けてきたのも、こういった野望からだと考察されます。

しかしながら敢えなくビッグマムに裏切られてしまった結果、ジャッジの夢であったジェルマ帝国の再興は失敗に終わるものの、最後は父親らしく息子・サンジたちのためにビッグマムに反旗を翻した場面は印象的でした。

ちなみにヴィンスモーク家とジェルマ66の「その後どうなったかの現在」は最後に後述。

イチジとニジ…ヴィンスモーク家の長男と次男

続いてはヴィンスモーク家の長男と次男を考察。

d59a8a44548f39bd51952c82f3c24308 429x430

(ONE PIECE83巻 尾田栄一郎/集英社)

長男は「ヴィンスモーク・イチジ」次男は「ヴィンスモーク・ニジ」

ネーミングセンスは安直ですが、言うまでもなく三男・サンジの名前をもじったキャラ名。作者・尾田栄一郎がワンピースの当初から考えていたかは不明ですが、なんとなく後付けっぽい気はします。

ちなみに、ヴィンスモーク家の息子たちは「四つ子」であるため、サンジも含めて年齢は全員同じ21歳。

そしてサンジと同様に、イチジもニジも「ぐるぐる眉毛」が特徴。父・ジャッジは仮面を被ってるので判別できませんが、母親・ソラの眉毛は普通だったのでぐるぐる眉毛がヴィンスモーク・ジャッジの遺伝子が強く現れてるはず。

ただし、ヴィンスモーク・イチジもニジもクローン培養された影響が強いのか、感情の起伏はほとんどない。ビッグマムの反撃にあった時もヘラヘラ笑うなど、周囲の状況と表情が一致しないこともしばしば。

○イチジはスパーキングレッド、ニジはデンゲキブルー

aeba4f564f218a5e6fd35394184dd1ef 346x430

(ONE PIECE89巻 尾田栄一郎/集英社)

ジェルマ66ではそれぞれの兄妹に異名が割り当てられ、ヴィンスモーク・イチジは「スパーキングレッド」と呼ばれてる。スパーキングという言葉からも分かるように、イチジの能力は光の火花を飛ばすことが得意。

一方、次男のヴィンスモーク・ニジの異名は「デンゲキブルー」。あえて解説する必要もないと思いますが、電撃攻撃が得意なジェルマ66。また電気の力を利用して高速移動することも可能。

さながらエネル的な能力も使える。

おそらく強さ的には「イチジ>ニジ」と生まれた順番になりそう。

d-manga.net

サンジ…ヴィンスモーク家の三男

続いては三男の「ヴィンスモーク・サンジ」。麦わらの一味のメンバーであり、今更多くは語りますまい。本名が判明したあとも、基本的にヴィンスモークの名字で呼ばれることはほぼ皆無です。

ただし、ヴィンスモーク家視点で考察を深めると、ジェルマ王国に生まれたサンジも当然にして血統因子を操作されていた。でもイチジやニジなどと違って、何故かサンジは身体能力の高さを一切発揮できない。

もちろん現在既にめっちゃ強いことはさておき、どうやら作者・尾田栄一郎曰く、サンジの肉体の無変化は「ジェルマの科学に原因」があるとのこと。

この理由は判明してませんが、だからサンジは他の兄弟とは違って冷酷無比にはなりきれず、優しい人間らしい一面を持ち合わせる。でも、そこが気に食わなかった父・ジャッジは幼きサンジを幽閉してしまう。

d-manga.net

○ヴィンスモーク・サンジが東の海にいた理由とは?

ただ、ここまで読んだら分かるように、サンジは北の海(ノースブルー)のジェルマ王国に生まれてる。でも、何故サンジは東の海(イーストブルー)にいたのか?

簡単に言えば、ジェルマ王国が東の海の戦争に加担したから。

ヴィンスモーク・ジャッジは巨大なレッドラインをカタツムリみたいな乗り物で登って、半ば無理やり海の壁を超えた。ただジャッジはジェルマ王国の厳しい鍛錬に付いてこれない、「ただの人間」のサンジを忌み嫌っていた。

そこで姉・レイジュの助けも借りるカタチで、サンジは東の海に逃げ出した。

父・ジャッジはサンジ脱獄の場面に出くわしていたものの、最後の言葉は「頼むからヴィンスモーク家の子供であることを口にしてくれるな。お前は一家の恥だから」。あまりにヒドいセリフ。

ゼフとの過去も含めて、サンジの幼少期って悲惨すぎるやん。だから多少スケベな性格ぐらい許してやってください(T_T)

fef7000c749647f9ba49a244ff0aabf3

ちなみにサンジは現在、ジェルマ66が開発した「ステルスブラック」を預かり、ワノ国編では透明化の能力をゲット。ずっと欲しかったスケスケの実を代替的に得たことでハッスル中。

d-manga.net

ヨンジ…ヴィンスモーク家の四男

続いてはヴィンスモーク家の四男。

93e8c2008796f6cac3ef5fa5c428e864 354x370

(ONE PIECE82巻 尾田栄一郎/集英社)

これまでの法則を考えると明白ですが、四男は「ヴィンスモーク・ヨンジ」

イチジやニジと違ってグラサンは掛けておらず、どこか風貌もサンジに似ている雰囲気。チョッパーなどは「眉毛ぐるぐるなのに別人!?」と驚愕したほど。やはり感情はゼロですが、ヨンジの性格もそこそこスケベでナミにメロリンキュー。

ただし、父ジャッジ曰く、「ヨンジは相当強い」とのこと。

ヨンジの異名は「ウィンチグリーン」。手足がロボットのように改造されており、圧倒的な握力は一度掴んだ獲物は離さない。そして、そのまま腕をグルングルンと回して地面に叩きつける攻撃は強烈。

一方で、サンジの蹴りで一撃粉砕された過去があるなど鈍くさい一面を見せるものの、サンジのケリで顔が歪んだ場面でトンカチで整形し直すなど、ヴィンスモーク家でも「肉体改造」が一番進んでるのかも。

d-manga.net

レイジュ…ヴィンスモーク家の長女

ラストはヴィンスモーク家の長女。

8375d74505791d828d8514f9582d1322 287x370

(ONE PIECE82巻 尾田栄一郎/集英社)

続いては、長女の「ヴィンスモーク・レイジュ」

このレイジュは唯一四つ子ではなく、3年早く生まれたお姉さん。そのためヴィンスモーク家の法則的には、どうやら「0(零)」という名前が付く。

レイジュは他のヴィンスモーク兄妹と違って、同じく身体の改造には成功しているものの、楽しみや悲しみといった「感情」を持ち合わせる稀有なメンバー。そのため父や他の兄弟とは距離を置いてるのが特徴。

強さ的には他の兄弟より見劣りするため、レイジュはサンジのイジメに表面上は加担していたものの幼少時代にサンジと別れる場面では大泣きするなど、若干ツンデレ体質は見せるもののレイジュの弟愛は割と深い。

○レイジュはワンピース最強の毒キャラ?

レイジュは「ポイズンピンク」という異名を持つだけあって、毒物に対して完全な耐性を持つのが強み。巨人族ですら即死の毒ですら「大好物」と言って平らげるほど。しかも毒物の吸い出し方がキス。

結果的にルフィが救われた場面を見た時には、全国の男性読者が俺の白い体液もs…ゴホンゴホン。もしかすると自分のブログを読んでる人に女性もいるかも知れないので止めておきましょう。

だから、レイジュが得意とするのも「毒攻撃」。おそらく毒系のキャラクターではワンピース最強クラスに近そう。是非マゼランあたりとヴィンスモーク・レイジュと戦わせてみたいところです。

d-manga.net

ヴィンスモーク家やジェルマ66の伏線となった扉絵がある?

このヴィンスモーク家・ジェルマ66の登場には「大きな伏線」となった扉絵があった。

54f78cd529ed33ab841a823c0fe8abb0 430x336

(ONE PIECE58巻 尾田栄一郎/集英社)

それが『ワンピース』58巻のとある扉絵。

まず「BATTLE FRUITS NINE」という戦隊ヒーローに扮した麦わらの一味たちに目が行きます。この戦隊ヒーローがまさにジェルマ66を意味してる伏線。またフルーツをモチーフにしてる点も、スイーツ好きのビッグマムを意味する伏線とドルジ露瓶尊は考察してみる。

また上部のコマに注目すると、ルフィ、チョッパー、ブルック、ナミとサンジが描かれてることが分かるはず。

このメンバーは、まさにサンジを救出するためにホイールケーキアイランドに行ったメンバーそのもの。画像だと見にくいですがテレビ画面では、ナミがサンジを救ってる状況が描写されており、更にサンジ奪還の伏線である信憑性を高めてくれるはず。

d-manga.net

○ジェルマ66の海賊船が電伝虫そのもの

そして、このテレビ画面を映してる「電伝虫」も実は伏線になります。

db794004bc9db55dd90cdd6a63a0c43c 326x370

(ONE PIECE82巻 尾田栄一郎/集英社)

何故ならジェルマ66が乗る船のデザインがまさに電伝虫そのものだから。

他にも伏線と思しき扉絵では数字の「6」と「9」だけが存在しない。ちなみにルフィの数字は1と表示されてます。あとはもう何も言わなくても分かるよな?そうジェルマ66のことを暗に醸し出してる伏線。

その後のジェルマ66はビッグマムに敗北して死亡?

最後は「ジェルマ66の現在」を考察して終わりたいと思います。ビッグマムを裏切ったその後、ジェルマ66はどうなったのか?既に『ワンピース』はワノ国編に突入してますが、その後どうなったか曖昧なまま。

b223c8553dab6704ae515e6c3280c3fb 500x309

(ONE PIECE89巻 尾田栄一郎/集英社)

まずおさらいしておくと、ジェルマ66はビッグマムを裏切って麦わらの一味側に付く。サンジがプリンの結婚が破談に終わるなど、まさに散々な状況。ビッグマムも正攻法の手段を諦め、ジェルマ66の技術を強硬に奪おうと目論む。

結果、ヴィンスモーク・イチジの「奇遇だなサンジ…おれたちも一泡吹かせたいと思ってた」という発言に繋がる。

64f545769ede56e68566ae39b33d2ddf 449x430

(ONE PIECE89巻 尾田栄一郎/集英社)

ただし、ジェルマ66の敗北フラグはビンビン。ビッグマムがサンジのウェディングケーキを食べた直後、既にジェルマ66は劣勢状態。ヴィンスモーク・ジャッジはビッグマム25男のフライ大臣と対峙してましたが、勝つる気配はゼロ。

ba42d79789bfdc3dc83dce3370bf1cdb

(ONE PIECE89巻 尾田栄一郎/集英社)

ビッグマム海賊団のオーブン曰く、「ジェルマに効く弾を運び込んだ」と語っており、この武器がジェルマにとって致命的だったのかも知れない。

どういった弾なのかは不明ですが、もし血統因子を無効化する弾だった場合、ジャッジの過去を思い返すとベガパンクがビッグマムに協力した?

d-manga.net

○ヴィンスモーク家の現在は「巨人薬の開発」をさせられてる?

だから、ジェルマ66のその後の現在は絶望的。普通に考えたらビッグマムに殺されて、ヴィンスモーク家は死亡・絶滅している可能性が考えられます。

でもビッグマムはジェルマ66を追い詰めていく状況で、「みんな幸せ平和な世界♪どんな種族も拒まない♪出ていくんなら殺すけど♪」と亡きマザー・カルメルに語りかけてる。

この伏線めいた発言の意味を考察すると、「ジェルマ66が拒まない限り、おれは殺さない」と解釈できる。つまり、ビッグマムはヴィンスモーク家・ジェルマ66を生きたまま捕えてる可能性が考えられる。

実際、ヴィンスモーク家は非常に優秀な科学国家。イチジやニジなどクローン人間を大量に製造する技術を持ってる以上、「巨人が欲しい夢」を持つビッグマムは何とか利用しようとするのではないか?

ましてやシーザーの抜けた穴を考えると、現在ヴィンスモーク家はWCI内で「巨人薬の開発」を行っている可能性が導き出されると思います。ヴィンスモーク・ジャッジも夢半ばで潔く死亡するとも考えにくい。

d-manga.net

【現在】ジェルマ66は無事逃亡し再登場する可能性大?

とドル漫ではいろいろ考察をこねくり回してみましたが、ワンピースをよく読むとジェルマ66の現在がしっかり描写されてました。

31aa5df50cf60d1d95a50c2aca6c612f 500x324

(ONE PIECE90巻 尾田栄一郎/集英社)

最初はビッグマム海賊団にフルボッコされたのかと思ったんですが、ジェルマ66は「撤退・逃亡」していた模様。ルフィの懸賞金が15億ベリーと判明し、革命軍聖地マリージョアに乗り込む直前の場面。

だからヴィンスモーク家は全員生存しており、再びジェルマ66は登場する可能性が高そう。やはりジェルマ66の科学技術は捨てがたい。サンジとほぼ和解した状況ですので、それらが活躍する可能性は高い。

またベガパンクも登場する際、ヴィンスモーク・ジャッジとのやり取りが展開される可能性もありそうです。

d-manga.net