【ワンピース】ヴィンスモーク家一覧まとめ【ジェルマ66】【サンジの家族】

(ONE PIECE84巻 尾田栄一郎/集英社)

今回のONE PIECE考察記事は「ヴィンスモーク家」のメンバー一覧をドル漫では取り上げたいと思います。このヴィンスモーク家はサンジの本当の家族であり、また一方で「ジェルマ66」とも呼ばれたりしております。

ややこしいって程でもありませんが、筆者ドルジ露瓶尊が比較的分かりやすくまとめてみたのでワンピースの考察にお役立てください。記事後半には「ヴィンスモーク家登場」の伏線となった扉絵なども考察してるのでお楽しみにどうぞ。

そもそもヴィンスモーク家とは?

まず簡単に「ヴィンスモーク家の正体」を筆者が解説してみたいと思います。

ヴィンスモーク家は、かつて北の海(ノースブルー)を武力で徹底的に支配したことがある武闘派の王族のこと。どこに北の海が存在するのかなどは「ワンピースの世界地理」をご参照。

「悪の代名詞」としてヴィンスモークの名前が轟いたことがあり、麦わらの一味・ブルックもヴィンスモーク家の存在を知っているほど。ヴィンスモーク家は数百年以上前から名を馳せているような王族たちなのかも知れません。プロデンス王国の更に強烈版と考えると分かりやすいか。

ただ現在のヴィンスモーク家は結果的に他国に倒されたのか、現在は国土を持たず何十隻もの船を連ねることで「ジェルマ王国」を形成してる海遊国家を形成してる。王下七武海メンバーだったゲッコーモリアのスリラーバークの更なる巨大バージョンを想像すれば分かりやすいか。

それでも世界会議(レヴェリー)に参加資格を持つなど、ヴィンスモーク家は一定の勢力や影響力を現在でも保持します。その最たる理由が「ジェルマ66(じぇるまだぶるしっくす)」と呼ばれる武装組織。

ちなみに四皇ビッグマム編後は、ヴィンスモーク家の世界会議への参加資格は剥奪されております。それを覚悟でサンジとプリンの政略結婚に臨んだものの、まさに踏んだり蹴ったりのヴィンスモーク家。

ジェルマ66の頂点に君臨するのがヴィンスモーク家

(ONE PIECE86巻 尾田栄一郎/集英社)

ヴィンスモーク家はかなり武闘派な王族だけあって、現在は「ジェルマ66(だぶるしっくす)」という科学戦闘部隊を率いてる。圧倒的な武力と戦闘能力の高さを誇る、いわば傭兵集団。

画像はさながらヒーロー戦隊もの風。割と飛んだり跳ねたりはお手の物。手足に電気を発生させるものを組み込んで電撃攻撃も組み合わせたり、まさにジェルマ66は科学力を駆使してなんでもやっちゃう集団。

だからジェルマ66はお金で雇われて各国の戦争に参加しては、戦争を終結させている過去を持つ。そのため世界からは今でも恐れられている「軍事国家」とも表現することが可能でしょう。

(ONE PIECE82巻 尾田栄一郎/集英社)

ビッグマム海賊団の四皇・ビッグマムもジェルマ66が欲しいがために、サンジとプリンの政略結婚を目論むぐらい。つまりヴィンスモーク家やジェルマ66は王族というより、どちらかと言えば立ち位置的には「闇の勢力」に解釈するのが自然か。

そのためドンキホーテ・ドフラミンゴの弟・コラソンなども発言していましたが、「北の海の闇」とやらはヴィンスモーク家が関わっている可能性もありそうです。ネット上の考察では武器製造の黒幕と指摘されております。

○ジェルマ王国には大量のクローン兵士

ジェルマ66の強さは「圧倒的な科学力」にあると言えます。

例えば、最たる例が大量の「クローン兵士」でありましょう。

ジェルマ王国の地下施設には人間が大量に培養され、20歳の兵士を作るのにわずか5年で可能という驚異的な科学力を誇示。毎日のように鍛錬を続けさせるため、兵士としてはまさに屈強。

しかも脳は思想プログラムが施され、死を恐れずに戦い続ける。ヴィンスモーク家のメンバーの命令に全て従い、時には自爆し、時には身を挺して守らせる。ジェルマ66にはこんな人造兵士たちが数百数千人も存在する。そりゃ脅威ですわ。

(ONE PIECE84巻 尾田栄一郎/集英社)

中でもヴィンスモーク家の子供たちは「血統因子(DNA)」なるものを操作されて生まれており、とりわけ他のモブ兵士とは違って戦闘力の高さを誇る。ビッグマム海賊団のメンバー相手に互角の戦いを繰り広げるほど。

ってことで、ようやく本題。ここからヴィンスモーク家(ジェルマ66)のメンバー一覧を解説してきたいと思います。それぞれの息子たちの能力なども筆者が徹底的に考察してるのでお楽しみに。

ヴィンスモーク・ジャッジ(父)…ジェルマ66の総裁

まずヴィンスモーク家の父親・ジャッジから解説。

(ONE PIECE84巻 尾田栄一郎/集英社)

ヴィンスモーク・ジャッジはジェルマ王国の国王であり、同時にジェルマ66の総帥。サンジの真のお父ちゃん。

ジャッジはかつては優秀な科学者。ジェルマ66で使用されるレイドスーツや形状記憶アーマーといった様々な武器や兵器を開発してるのも、このジャッジ。一切の炎を通さないなど、ジェルマの科学水準はピカイチっぽい。

ただジャッジは肉弾戦にも長け、「ガルーダ(怪鳥)」と呼ばれるオトコの戦闘に下位の兵士たちから尊敬の念を抱かれるほど。しかもジャッジは『ワンピース』では未だに謎が多いベガパンク」とも一緒に兵器などの研究をやっていた仲。

そして、どうやらベガパンクが発見した「血統因子」に改良を改良を重ねて、ジャッジは生まれ持っての強化戦士として育てるため息子たちを産んだ。ただサンジの母親・ソラはそれに抵抗して劇薬を飲んだため、結果的に死亡してしまったらしい。

○ヴィンスモーク・ジャッジはかつての栄華を取り戻したいんや

ジャッジはこれまで「北の海の国々への復讐」を糧に、ジェルマ王国の富国強兵策を取り続けてきた。そのことからやはりヴィンスモーク家は北の海の国々の蜂起もあってか、かつて凋落した過去があると考察されます。

そのためジャッジの「強さ」に対する執念はすさまじく、普通の子供として生まれてきたサンジに対して「お前は将来戦士として役に立たない。お前は一族の恥」と痛烈に蔑み続けてきた過去を持つ。

そういった野望があったジャッジは、サンジを生贄にビッグマムとの政略結婚の話に乗る。しかしながら敢えなくビッグマムに裏切られてしまった結果、ジャッジの夢であったジェルマ帝国の再興は失敗に終わる。

しかしながら息子・サンジたちのためにビッグマムに反旗を翻す。

イチジとニジ…ヴィンスモーク家の長男と次男

続いてはヴィンスモーク家の長男と次男。

(ONE PIECE83巻 尾田栄一郎/集英社)

その名も「イチジ」と「ニジ」。作者・尾田栄一郎がワンピースの当初から考えていたかは不明ですが、サンジという名前をもじった名前。ただ四つ子であるため、サンジと年齢は同じ21歳。

○ヴィンスモーク家の特徴はぐるぐる眉毛

やはりサンジと同様に、イチジもニジも「ぐるぐる眉毛」が特徴。

そのため父・ジャッジは仮面を被ってるので判別できませんが、きっとジャッジもぐるぐる眉毛のはず。もしジャッジが普通の眉毛だとすると、おそらく母親のぐるぐる眉毛がヴィンスモーク兄弟に遺伝してるものと考察されます。

おそらく強さ的にはイチジ>ニジと生まれた順番になりそう。イチジもニジも感情は一切持たず、ビッグマムの襲撃にあった時もヘラヘラしていたほど。

ジェルマ66では役名みたいなんがあるらしく、ヴィンスモーク・イチジは「スパーキングレッド」。ヴィンスモーク・ニジは「デンゲキブルー」という異名を持ちます。

サンジ…ヴィンスモーク家の三男

続いてはヴィンスモーク家の三男・サンジ。麦わらの一味のメンバーであり、今更サンジに関して多くは語りますまい。

ただヴィンスモーク家に関する情報だけ考察しておくと、ジェルマ王国に生まれたサンジは、当然にして血統因子を操作されていた。

でもイチジやニジなどとは違って、何故かサンジは身体能力の高さを一切発揮できない。作者・尾田栄一郎曰く、サンジの肉体の無変化は「ジェルマの科学に原因」があるとのこと。

だから他の兄弟とは違って冷酷無比にはなりきれず、サンジは優しい人間らしい一面を持ち合わせる「ただの人間」だった。当然、サンジはジェルマ王国の厳しい鍛錬に一切付いてこれなかった。

言うまでもなく、父・ジャッジはそれが当然気に食わない。そのため他の子供たちを「最愛の子達」と愛して止まなかったものの、サンジだけはとことん嫌っていた。結果、サンジを死んだことにして地下に幽閉させるほど。

○ヴィンスモーク・サンジが東の海にいた理由とは?

でも、サンジは北の海(ノースブルー)のジェルマ王国に生まれたはず。じゃあ何故ルフィと仲間になった時に、サンジは東の海(イーストブルー)にいたのか?

そこで簡単にサンジが東の海にやって来た経緯を解説しておきたいと思います。

簡単に言えば、ジェルマ王国が東の海の戦争に加担したから。そのため巨大なレッドラインをカタツムリみたいな乗り物で無理やり移動してきた。ただサンジは姉・レイジュの助けも借りるカタチで、東の海に逃げ出した。

父・ジャッジはその場面に出くわしていたものの、サンジにかけた最後の言葉は「頼むからヴィンスモーク家の子供であることを口にしてくれるな。お前は一家の恥だから」。あまりにヒドいセリフ。

ゼフとの過去も含めて、サンジの幼少期って悲惨すぎるやん。だから多少スケベな性格ぐらい許してやってください(T_T)

○ジェルマ66の名前の由来はサンジにあり?

唐突ですが「ジェルマ66」の名前の由来は何なのかドルジ露瓶尊なりに考察してみました。

結露から書くと、もしかするとサンジに関係があるのかも知れない。何故なら、66を3で割ると「22」。指で22を表現するとダブルピース。なにかハッピーエンドを彷彿とさせる名前に変換される。

サンジにとってヴィンスモーク家は、言っても唯一無二の血が繋がった家族。また優しいサンジだからこそ、それでも見捨てられない「深い愛」みたいなもんが込められている名前なのかも知れない。

ヨンジ…ヴィンスモーク家の四男

続いてはヴィンスモーク家の四男。

(ONE PIECE82巻 尾田栄一郎/集英社)

ヴィンスモークメンバーの法則を考えると一目瞭然ですが、四男は「ヨンジ」。

イチジやニジと違ってグラサンは掛けておらず、どこか風貌もサンジに似ている雰囲気。そのためチョッパーなどは「眉毛ぐるぐるなのに別人!?」と驚愕したほど。実際ヨンジの性格もそこそこスケベで、ナミにメロリンキュー。

父ジャッジ曰く、「ヨンジは相当強い」とのことですが、サンジに一撃で粉砕された過去を持ちます。ヨンジはサンジのケリで顔が歪んだものの、その時にトンカチで整形されており、マジで身体は一体何でできてるん?と問いたくなるほど。

基本的に人間ではあるもののジェルマ66の筆頭メンバーだけあって、ヨンジ以外のメンバーも身体はかなり改造されている様子。やはりヨンジも感情はゼロ。ちなみにヨンジの異名は「ウィンチグリーン」とのこと。

レイジュ…ヴィンスモーク家の長女

ラストはヴィンスモーク家の長女。

(ONE PIECE82巻 尾田栄一郎/集英社)

今までのヴィンスモークメンバーの法則に囚われるとパッとは思いつきませんが、長女の名前は「レイジュ」

レイジュは四つ子ではなく3年早く生まれたお姉さんであるため、どうやら「0(零)」という名前が付くらしい。ゼロよりはレイの方が女の子の名前っぽい、という作者・尾田栄一郎の判断があるものと思います。

レイジュは他のメンバーと違って、同じく身体の改造には成功しているものの、楽しいや悲しいといった「感情」を持ち合わせる稀有なメンバー。そのため父や他の兄弟とは距離を置いており、どこか悲哀の感情を持つ。

強さ的には他の兄弟より見劣りするため、レイジュはサンジのイジメに表面上は加担していたものの幼少時代にサンジと別れる場面では大泣きするなど、若干ツンデレ体質は見せるもののレイジュの弟愛は割と深い。

○レイジュはワンピース最強の毒キャラ?

レイジュは「ポイズンピンク」という異名を持つだけあって、毒物に対して完全な耐性を持つ。巨人族ですら即死の毒ですら「大好物」と言って平らげるほど。しかも毒物の吸い出し方がキス。

結果的にルフィが救われた場面を見た時には、全国の男性読者が俺の白い体液もs…ゴホンゴホン。もしかすると自分のブログを読んでる人に女性もいるかも知れないので止めておきましょう。

レイジュは毒攻撃も可能。おそらく毒系のキャラクターではワンピース最強に近そう。是非マゼランあたりとヴィンスモーク・レイジュと戦わせてみたいところです。

ヴィンスモーク家やジェルマ66の伏線となった扉絵がある?

ワンピースの扉絵の伏線まとめ」という考察記事もドルジ露瓶尊は書いたことがありますが、実はヴィンスモーク家に関する伏線となった扉絵もあるらしい。

(ONE PIECE58巻 尾田栄一郎/集英社)

それが『ワンピース』58巻のとある扉絵。

まず「BATTLE FRUITS NINE」という戦隊ヒーローに扮した麦わらの一味たちに目が行きます。この戦隊ヒーローがまさにジェルマ66を意味してる伏線。またフルーツをモチーフにしてる点も、スイーツ好きのビッグマムを意味する伏線とドルジ露瓶尊は考察してみる。

また上部のコマに注目すると、ルフィ、チョッパー、ブルック、ナミとサンジが描かれてることが分かるはず。

このメンバーは、まさにサンジを救出するためにホイールケーキアイランドに行ったメンバーそのもの。画像だと見にくいですがテレビ画面では、ナミがサンジを救ってる状況が描写されており、更にサンジ奪還の伏線である信憑性を高めてくれるはず。

○ジェルマ66の海賊船が電伝虫そのもの

そして、このテレビ画面を映してる「電伝虫」も実は伏線になります。

(ONE PIECE82巻 尾田栄一郎/集英社)

何故ならジェルマ66が乗る船のデザインがまさに電伝虫そのものだから。

他にも伏線と思しき扉絵では数字の「6」と「9」だけが存在しない。ちなみにルフィの数字は1と表示されてます。あとはもう何も言わなくても分かるよな?そうジェルマ66のことを暗に醸し出してる伏線なんや、これは。

せやろ?工藤!ほなな!