【ワンピース】革命家ドラゴンの「能力」がヤバすぎると判明!!【ルフィの父親】【風神の悪魔の実】

おすすめバトル漫画『ONE PIECE』には主に3つの勢力が存在します。それが「海賊」「海軍」「革命軍」。

海賊は四皇王下七武海といった勢力がいるものの、それぞれ個別の海賊団が好き勝手に活動してる。一方、海軍は赤犬・サカズキや黄猿・ボルサリーノなど海軍大将や海軍元帥をトップとして統率が取れた軍隊。

6fc5d7f5ce614020a8f833d601494119 313x370

(ONE PIECE45巻 尾田栄一郎/集英社)

そこで今回ドル漫では未だに謎多き革命軍の「ドラゴン」の能力や強さについて徹底的に考察してみようと思います。いよいよ革命軍と海軍大将がぶつかったらしく、そろそろドラゴンの正体も発覚するはず。

【解説まとめ】ドラゴンの正体は「革命軍リーダー」

まず「ドラゴンの正体」について現在判明してる情報をおさらい。

ドラゴンは革命軍の総司令官。簡単に言えば、エンポリオ・イワンコフやサボやコアラなどを統率する革命軍のリーダー。

だから革命軍はドラゴンを頂点とした強固な組織であり、さしずめ革命軍は海賊と海軍の中間的な位置付けと解釈することも可能か。

ただドラゴンの正体は未だに謎が多い。例えば、革命軍の幹部のイワンコフですらドラゴンの過去や生い立ちを詳しく知らないほど。

まあ、実社会でも上司の詳細な過去を知ってる部下も稀有だと思いますが、敢えて自らの出自を黙ってるだけなのか、単なる寡黙な性格なのか知りませんが、少なくともドラゴンの素性は非常に秘密主義的な人物像が想起されます。

そして、8年前の世界会議(レヴェリー)で「世界最悪の犯罪者」と警戒されるなど、ドラゴンの存在は国家単位どころか、世界全体に対して脅威を及ぼすほど。そのため革命家・ドラゴンの名前を知らない者は『ONE PIECE』の世界にいないとされているらしい。

じゃあ、何故ドラゴンは世界政府や海軍にここまで警戒されているのか?

○【違い】革命軍と海賊が目指すそれぞれの社会とは?

答えはシンプル。

革命軍の狙いは「世界政府の転覆」にあるから。更にドル漫で考察しておくと、ドラゴンたちはラフテル空白の100年などの天竜人の過去の秘密を暴こうとしていると表現するのが正確か。

そのため革命軍は世界各地で反乱を起こし、実際、既にいくつもの王国が倒れてるらしい。現状判明してる革命軍のキャラから考察すると、ベロ・ベティの悪魔の実などを使って武装蜂起したりしたのでしょう。

だから海賊の目当てが「お宝」であるのに対して、革命軍の目当ては「まさに社会を変える革命」にある。つまり、海賊は海軍政府に直接敵意が向かうことは少ないものの、革命軍の敵意はまさに海軍政府や天竜人にのみ向けられてる。

あくまで海賊はある地域の治安を乱すだけですが、革命軍は世界の治安を根幹から覆そうとしてる。そして、この革命軍を立ち上げたリーダーこそが、まさに今回の記事の主役であるドラゴン。

だから革命軍を立ち上げた理由や成り立ちを考えれば、そのままドラゴンの過去の直接行き着く可能性がある。要するに、ドラゴンはかつて世界政府に何かされて強い恨みがあるのではないかとも考察されます。

○ドラゴンが革命軍を立ち上げたのはロジャーの死後?

ただし、ドラゴンは8年前の世界会議でようやく危険視されたことを踏まえると、革命軍を立ち上げた時期そのものはそこまで大昔ではなさそうです。ルフィの年齢などを考えれば、おそらく15~20年前か。

つまり、ドラゴンが革命軍を立ち上げた時期はちょうど海賊王のゴールド・ロジャーが海軍に処刑されたタイミングと重なる気も。

実際、シキのスピンオフ漫画(劇場版アニメの映画パンフレット?)を読むと「ロジャー処刑時にドラゴンもその場に居合わせてる」ことが描かれてる。もちろん、この時点でドラゴンが革命軍を立ち上げていたかは不明。

それでも、ロジャーの処刑は即ち「Dの一族の敗北」も意味しており、ドラゴンにとって本来は倒すべき海軍・政府が更に力をつけた裏返し。ロジャーの死がドラゴンに強い決意をもたらしたのは確実か。

【本名】ドラゴンは「Dの一族」であり、ルフィの父親

こんな正体不明のドラゴンですが、一応、本名(フルネーム)は判明しております。その本名とは「モンキー・D・ドラゴン」

9d4d0be04109461fd13dc33e8f879852 358x370

(ONE PIECE82巻 尾田栄一郎/集英社)

つまり、ドラゴンは『ONE PIECE』の主人公であるモンキー・D・ルフィの父親

だから、ドラゴンの出身地も「東の海のゴア王国」。サボの出身地は全く同じ。ドラゴンも同様に貴族である可能性があり、だからこそドラゴンは何か思うことがあってサボを革命軍に引き取ったのかも。

実際、バーソロミュー・くまの正体がソルベ王国の元国王でした。もしドラゴンは貴族として腐った王政に嫌気が差して、この原因の根底にある「天竜人の存在」に気が付けば、まさにドラゴンが革命軍を立ち上げる理屈や理由としては非常に合点が行く。

○ドラゴンは「平等」、ルフィは「自由」を目指す!

ただし、革命軍と海賊の違いも既に考察しましたが、おそらくドラゴンとルフィが各々目指す社会や世界の方向性は似てるようで微妙に異なるはず。

具体的に考察すると、ドラゴンは「差別がない平等な社会」を目指しているのに対して、ルフィは「誰もが楽しめる自由な社会」を目指しているとドル漫では見た。

もちろん目指すという表現はルフィの性格上いささか不釣り合いだとは思いますが、さしずめドラゴンは「格差がない世界」、ルフィは「誰にも縛られない世界」を望んでる可能性が高い。

実際、ルフィは赤髪シャンクスに対しては強い憧れを見せているものの、ドラゴンの存在を知ってもほぼ関心を示していない。どっちも似たような大きな夢を持つものの、ルフィがドラゴンに憧れを抱かないのは二人が目指す方向性が違うからでありましょう。

そのためドラゴンも同じくDの一族ですが、ルフィが目指している先にドラゴンはおらず、二人の未来に待っている「D(夜明け)」はおそらく別のもの。ドラゴンとルフィの思想の違いも含めて、今後ワンピースでは対比的に深く描写されていくに違いない。

【ドル漫考察】ドラゴンは「ガープの息子」ではない?

だからドラゴンは伝説のロックス海賊団を壊滅させた海軍中将・ガープの息子でもある。【漫画】おすすめジジイキャラまとめもご参照。

ただガープとドラゴンはあまり似ておらず、そもそも考えてみるとルフィとドラゴンも似てない。実際、ルフィですら父親・ドラゴンの写真を見て「あんま似てねーな」と発言するなど、確かに血の繋がりは薄い印象も拭えない。

一方、ルフィとガープには「寝ながら(食べる or 殴る)」というクセや豪放磊落で明るい性格など実に共通点が多い。例えば、キャラ名もルフィが「堕天使のルシファー」に対して、ガープも「ガープ(別名トプ)」という悪魔が由来なのではないかと考察する人も。

でもドラゴンは二人とは違って、非常に性格はクール。見た目も野性味溢れる昭和風のハンサム親父。もちろん「隔世遺伝」の可能性が最も高いとは思うんですが、どこか伏線の匂いもプンプン。

○【考察】ドラゴンは「ガープ」の婿養子だった説

だから、そこでドラゴンはガープの直接の実子などではなく、「ガープの娘に嫁いできた婿養子」という可能性をドル漫では考察してみる。

例えば、ゴア王国のしがない貴族だったドラゴンがロックス海賊団を倒した英雄・ガープの娘(同じくどこかの貴族?)に婿養子として婿入りした可能性。この考察であれば、ルフィは母親の血筋を色濃く引き継いでいるから結果的にガープと性格が似ており、逆にドラゴンとあまりに似てなかったとしても不自然ではない。

ただ問題があるとすれば、「D」というミドルネーム。もしドラゴンがガープの実子ではないと仮定すれば、普通はミドルネームまでは受け継がれないはず。婿養子は結婚後にファーストネームは変わるだけ。

だから色々と考察はしてみましたが、素直にドラゴンは「ガープの息子」と考えるのが自然か。

実際、世界経済新聞社長のモルガンズもゴア王国のことを「平和な田舎の国にして極悪人共を輩出している」とドラゴンの名前をガープやルフィと共に出している。ルフィの出生は意外と秘密が多いものの、全員ゴア王国で生まれたと考えるべきでしょう。

【強さ予想】ドラゴンの「悪魔の実」は一体何なのか?

続いては「ドラゴンの強さ」を考察していこうと思います。

結論から書くと、モンキー・D・ドラゴンはめちゃんこ強いはず。

やはりロックス海賊団を撃破したガープの息子して、既に四皇に匹敵するルフィの父親。ましてや革命軍は海賊一味や海軍たちと比肩する一大勢力のリーダーが弱いはずがない。ドラゴンは天性の強さを持つサボを直接鍛え上げてることから、基本的に戦闘力は高いはず。

ちなみに、サボの懸賞金は6億ベリー台。革命軍は海軍に匹敵する戦力を持つと仮定すると、また海軍大将と対峙するにはやや物足りない数字。そのためドラゴンが革命軍の中で頭5個分ぐらい飛び抜けて強い可能性もありそう。

でも革命軍本部・バルティゴが黒ひげ海賊団に壊滅させられるなど、ドラゴンの強さに疑問符が残るのも確か。意図的に撤退したのか、黒ひげ海賊団と真正面で戦った上で遁走したのかで、ドラゴンの強さも随分と評価は変わりそう。

とりあえず、ドラゴンの戦闘スタイルや悪魔の実など能力の詳細はほぼ全てが不明。でも実は既に、ワンピース作中でドラゴンの能力は描写されているらしい。

そこで続いてはドラゴンの「悪魔の実」の詳細を考察していこうと思います。

○「ドラゴン」に変身する悪魔の実説は消えた

まず最初のドラゴンの悪魔の実候補は、やはり動物ゾオン系悪魔の実の「ドラゴン(龍)」。

要はドラゴンというキャラ名から、そのまま龍(ドラゴン)に変身できる悪魔の実を考察する人は少なくない。正直ベタすぎる考察ではありますが、だからこそ『ワンピース』という漫画では有り得そうとドル漫では思ってました。

ただ残念ながら、「龍(ドラゴン)」の悪魔の実説は現時点では可能性はゼロに近いです。

fcb5dd3dd94f0ed53b3a7d630c6c408f 480x322

(ONE PIECE921話 尾田栄一郎/集英社)

何故なら、四皇・カイドウの悪魔の実が「ドラゴン」であることが発覚したから。既にカイドウがドラゴンに変身できる以上、今更ドラゴンがドラゴンに変身したとしても驚きは皆無でありましょう。

もちろん「龍のカイドウを倒すためには同じく龍に変身するしかない」という考え方もできますが、これだと漫画的な面白味はなく、発想やアイデアの点でもやや貧困とは言えそうなのでドル漫的には却下しておきます。

ちなみに「ドラゴン」の悪魔の実の詳細については、【ワンピース考察】カイドウの正体&能力強さまとめも併せて参照ください。カイドウの悪魔の実は「ドラドラの実(モデル:ヤマタノオロチ)」説をドル漫では考察しております。

○ドラゴンの能力は「風(突風)」の可能性が大!!

ということで本題。じゃあドラゴンの悪魔の実の正体は何なのか?

8289bd0e96249fb2b9494663eff41200 480x237

(ONE PIECE12巻 尾田栄一郎/集英社)

結論から書くと、ドラゴンの能力は「風」になります。正確には「突風」や「暴風」「嵐」の類いか。

例えば、ドラゴンが初めて登場したシーンを読むと、「海軍たちが吹き飛ばされるほどの突風」が吹いた直後、ドラゴンが不敵な笑みを浮かべながらルフィを逃してたりする。この突風を意図的にドラゴンは起こしたんじゃないか?ってこと。

もちろん、ここだけだとドラゴンの悪魔の実が「風」に関連するかは不透明。実際、自分も単なる嵐がやって来ただけ or ドラゴンの存在を演出するための暴風雨だと思ってた。

c07ba2a499878c892bde4ab89a16e0b7 310x370

(ONE PIECE60巻 尾田栄一郎/集英社)

でも、ドラゴンはかつてゴア王国に舞い戻った時にも炎上したグレイ・ターミナルで同様に風を巻き起こして火に囲まれた住民たちを救出し、その後ドラゴンは画像の住民たちを革命軍に引き入れている。

かつてイワンコフに指摘されていましたが、風に吹かれるときに「故郷がある東を向くクセ」があるらしいので、そのためドラゴンの能力はあくまで「風を読む力」程度に留まる可能性もあります。

それでも現状の状況証拠だけで考察すると、ドラゴンは能力は「風に関する悪魔の実」を持つ可能性が最も高そうです。

○【他候補まとめ】悪魔の実の名前は「カゼカゼ」か?

続いてはドラゴンの「悪魔の実の名前」を考察してみようと思います。『ONE PIECE』では能力の詳細は判明してるものの、意外と悪魔の実の名前まで判明してないケースも少なくない。

まず最初の候補は「カゼカゼの実」。風の能力だから「カゼ」と最もセオリーな名前。ニュアンス的にはモネの「ユキユキ」や黒ひげ(マーシャル・D・ティーチ)の「ヤミヤミ」などに近い。

ちなみに、もしドラゴンの能力の正体が「風」であれば、おそらく自然ロギア系悪魔の実に該当するはず。

他にも風関連で考察すると、Air(空気)から「エアエア」、Wind(風)から「ウィンウィン」なども考察できるか。仮にドラゴン自身の口から「風を吹いてる」と仮定すると、「フキフキ」という可能性も。

また「カゼカゼ」という語感から想像すると、台風クラスの強い風が想像できるかと言えば、やや微妙な印象も拭えない。そのためドル漫では、突風(とっぷう)から「トプトプの実」もあわせて予想しておきます。

また「メラメラの実」「ゴロゴロの実」がオノマトペが由来だったように、ドラゴンも同様に風の能力ではあったとすれば、「ビュウビュウの実」といった悪魔の実の名前でも面白い気がします。

ネット上ではドラゴンは暴風だけではなく、もし天候全般まで操れるパターンまで考察して、「ウェザウェザ(Weather)」や「テンテン(天候)」という名前の候補を上げる人も。ただ他の悪魔の実と被る部分も多く、あまりにチートすぎるのでドル漫的には無し。

以上、ドラゴンの悪魔の実の名前候補をまとめておくと、「カゼカゼ」「ビュウビュウ」「エアエア」「トプトプ」「フキフキ」の順番で可能性が高いと思います。

○ドラゴンの悪魔の実は「風神」に変身できる?

ただドラゴンの悪魔の実が「突風を起こせる」だけでは少し面白くない。もちろん台風クラスの暴風を巻き起こせれば強力ですが、いささか目に見えない風は絵的に地味な印象は拭えない。

そこでドラゴンの悪魔の実が「風」だとすれば、他にどんな能力が可能性もドル漫では考察しておきます。

結論から書くと、最たる例が「ドラゴンの風神化」でありましょう。

例えば、雷の悪魔の実を持つエネルは既に雷神に変身済み。他にも、最悪の世代バジル・ホーキンスは藁の能力を使用するんですが、謎の巨大な藁の化物に変身しております。風の能力を扱えるドラゴンが「風神化」してもおかしくはない。

ドラゴンが風の巨大な化け物に変身すれば、あたりの周囲の家屋は簡単に巻き上げられて破壊。当然、人間ごときは為す術もなく風の威力で潰される。2018年夏に巨大台風がやって来ましたが巨大なビルが揺れたほどでした。スナスナなどと違って弱点もなし。

まさに革命軍のリーダー・ドラゴンらしい最強クラスの悪魔の実なのではないか。

ちなみに【最強】悪魔の実強さランキングまとめなども併せてご参照ください。ドラゴンの悪魔の実も考察していくと、やはり自然ロギア系が強い。

【現在】革命軍たちは聖地マリージョアに潜入中!

思ったより長々と考察してしまいましたが、最後は「ドラゴンの現在と今後の展開」を考察して記事を終わりたいと思います。

まずドラゴンの現在の位置を確認しておくと「聖地マリージョア」。元々は革命軍本部・バルティゴにドラゴンたちは隠れてたんですが、前述のように黒ひげ海賊団に壊滅させられた。そのためカマバッカ王国に仮移転。

1a00dc3fee50438f08202b2ddcfe6f1f

(ONE PIECE90巻 尾田栄一郎/集英社)

ただ、その後は元革命軍のメンバーだったバーソロミュー・くまを奪還するために、ドラゴンはサボやコアラなどと共に世界会議(レヴェリー)にこっそりと潜入。サボ曰く、「天竜人へ宣戦布告」とのこと。

ドラゴンの口ぶりからも考えると、随分と前から世界会議に乗り込む作戦は綿密に予定されていたらしい。天竜人にケンカを売る行為は死に等しいため、まさに聖地マリージョアで革命軍の存亡を掛けた最終決戦が始まろうとしている。

詳細は「バーソロミュー・くまとジュエリー・ボニーの関係性まとめ」などもご参照。

○ドラゴンは海軍大将・藤虎や緑牛と交戦中!

現在、『ONE PIECE』はワノ国編の真っ最中のため、ドラゴンたちは聖地マリージョアで何をやってるかその後の展開が分かってなかったんですが、どうやら既に革命軍は海軍大将の緑牛や藤虎と本格的に戦いが勃発したとのこと。

まだ詳細は判明してないものの、聖地マリージョアには海軍大将以外にも天竜人を守るCP0などが配属されていることも考慮すると、革命軍は割と不利な戦いを強いられているのかも知れない。なにせ黒ひげ相手に遁走したぐらいですから。

ただ一方で、聖地マリージョアには麦わら一味傘下のサイやレオなども国の護衛として世界会議に参加済み。そのためドルトンなども含めて、ドラゴンの指揮のもと革命軍とタッグを組んでる可能性も。

おそらく革命軍が再登場する際には海軍大将たちとの戦いが決着してる可能性もありますが、いよいよドラゴンが本領発揮する日も近いのか。

ちなみに【強さ】革命軍最強ランキングまとめ【ONE PIECE】懸賞金高額ランキングまとめなども併せてご参照。黒ひげの金額を考えると、ドラゴンの懸賞金額はおそらく20億ベリー後半でも少ないぐらいか。