【ハンタ】クラピカ 念能力まとめ完全版【画像あり】

スポンサーリンク

ようやく!!ようやくですよ奥さん!そうです!!

『ハンターハンター(HUNTERXHUNTER)』のクラピカの念能力が全て明らかになったんですよ!え?今までクラピカの念能力って判明してなかったっけ?そうなんです。覚えてる方は多いかは知りませんが、クラピカの念能力で唯一不明だったのが人差し指。

ただこの度、『ハンターハンター』35巻の分のストーリーで明らかになりました。そこで今回は今更ながらではありますが、改めてクラピカの念能力について徹底的にまとめてみました。小指から順番にクラピカの念能力を解説したいと思います。

ちなみに一応クラピカの正式なアルファベット表記は「Curarpikt」になるらしいんですが、この記事では分かりやすいようにURLを「Kurapika(クラピカ)」表記にしてます。

クラピカの念能力のベースは鎖

まずクラピカの念能力の内容を改めて解説しておきたいと思います。

クラピカの念能力のベースは「右手で鎖(クサリ)を具現化させる能力」が全ての大元になります。この鎖を使って相手を攻撃したり拘束したり、またダメージを治癒するなど様々なことが可能。

主に「幻影旅団」相手に使うことを想定してる念能力。そのためクラピカは全てのことを一人で対応しようとした結果、能力が多岐に渡ってしまった。そこでクラピカは能力を発動しやすいように、右手の指ごとに「能力」を一つ一つ割り振った。

つまり今回はクラピカの五本の指にそれぞれ充てられた念能力を解説するのがメインになります。薬指はどんな能力で、人差し指はどんな能力で、みたいなこと。

最初はまずはクラピカの小指の念能力「ジャッジメントチェーン」から解説してきたいと思います。