【ワンピース】殺戮武人キラーの「正体」が人斬り鎌ぞうと判明!【能力強さ】【ギン説まとめ】

おすすめバトル漫画の『ONE PIECE』は現在ワノ国編に突入。

このワノ国では主人公・ルフィを筆頭とした最悪の世代(超新星)の海賊たちが数多く登場してる。

1x1.trans

(ONE PIECE51巻 尾田栄一郎/集英社)

そこで今回ドル漫で考察するキャラクターが「殺戮武人キラー」。

キラーは非常に物々しい異名を持つものの、これまで『ワンピース』では登場機会はさほど多くありません。それでも「キラーには重大な伏線が隠されている」とネット上ではもっぱら評判。

ただ結論から答えておくと、やっぱりネットの情報は的外れが多いなぁ~…という印象。

【解説まとめ】殺戮武人・キラーとは?

まずは現在判明しているキラーの正体や情報について簡単に解説。

d-manga.net

キラーとはユースタス・キッドが船長を務めるキッド海賊団の戦闘員。またキラーは最悪の世代の一人。麦わらの一味で例えると、キラーはゾロのような立ち位置のキャラクターと考えると分かりやすいです。

キラーの出身地は南の海。

キラーの特徴は何と言っても顔全体を覆う「マスク」。顔全体がガチガチに固められており、マスクにはあちこちに空気を通す穴が空いているものの、人によっては閉所恐怖症で耐えられないレベルのはず。

食事中ですらキラーはマスクを着用し、例えばスパゲッティを食う場合、仮面の小さな穴からチマチマと面をすすっている模様。キラーがマスクを被っている理由は後述しますが、バトル面ではマスクが敵の攻撃も防いでくれる強力な防具になりそう。

○実際どこまでキラーは強いのか?

1x1.trans

(ONE PIECE51巻 尾田栄一郎/集英社)

キラーの戦闘スタイルは「トンファー+鎌」のような両手武器を使うのが特徴。キラーの身体能力は高く、非常に軽快かつしなやかに動く。まさに「海賊団の戦闘員」と呼べるキャラクター。

一方、覇気を使える可能性は高そうですが、キラーが悪魔の実の能力者である可能性は微妙。キラーのバトルシーンは少ないので確たる証拠はないものの、おそらくゾロのようにゴリゴリの肉弾戦で戦うキャラクターと考察されます。

ただ「殺戮武人」という異名の割に、キラーの残虐な一面はこれまでほぼ確認できず。むしろ赤髪海賊団のベン・ベックマンのように、キラーは冷静沈着で頭脳派の一面をのぞかせることが多い。

また船長のキッドの懸賞金が約5億超えにも関わらず、キラーの懸賞金額はわずか2億ベリー。ルフィ5億、ゾロ3億という関係性を考えたら、キラーとキッドの間にはちょっと差がありすぎる。

そのためキラーは意外と異名ほど性格は残虐でもなく、そこまでゴリゴリに強くもない可能性も高いと考察されます。ジュエリー・ボニーよりは強いと思いますが、せいぜい悪魔の実の能力者のバジル・ホーキンス並か。

d-manga.net

【考察】キラーの正体がギンとされる理由とは?

ということで「キラーの正体」について迫っていこうと思います。まずネット上の噂が真実かどうか考察。

1x1.trans

(ONE PIECE6巻 尾田栄一郎/集英社)

結論から書くと、キラーの正体は「ギン」とネット上ではもっぱら考察されております。ギンとはクリーク海賊団の戦闘員。『ワンピース』のかなり初期に登場したものの、特徴的な目の下のクマなど覚えてる読者は多いはず。

ギンは当初は優しそうな男に思えたものの、クリーク海賊団では「敵が泣こうがわめこうが容赦なくなぶり殺す情のかけらもない男」として、船長・クリークがギンの強さを買っていたことは有名な話。

○キラーとギンの戦闘スタイルは酷似してる?

じゃあ、何故「キラー≒ギン」と考察されているのか?

1x1.trans

(ONE PIECE7巻 尾田栄一郎/集英社)

この最大の理由がギンの「戦闘スタイル」にあります。前述のキラーの戦闘スタイルと見比べても分かるように、両者は共通して「トンファーのような両手武器」を使用していることが確認されます。

またギンの異名は「鬼人」。キラーの異名である「武人」と似通ってるフシがある。他にもギンはルフィたちとの最後別れ際に「グランドラインで会おう」とサンジに述べており、いかにもな伏線。

ここまで両者に共通点が存在し、なおかつ、キラーがかたくなに「顔をマスクで隠す理由」を考察すれば、そこには確かに大きな意味があるとしか考えられない。つまり、「キラー=ギン」の可能性は高いのか?

○【結論】キラーの「正体」がギンではない4つの理由

ただ冒頭でも既に答えてますが、結論から書くと「キラー=ギン説は間違い」とドル漫では考察しております。何故なら、キラーとの共通点の多さよりも「相違点の多さ」の方が目立つから。

例えば、「出身地」の違い。

クリーク海賊団の戦闘員だったことから、ギンの出身地も東の海のはず。でも、前述のようにキラーの出身は「南の海」。もちろんギンもヴィンスモーク家のサンジのように何かしらの経緯を経て東の海に流れ着いた可能性はある。

d-manga.net

ただ、ワンピースの世界観を考えても、レッドラインを超えて海を渡るのは至難の業。サンジは元王族でイレギュラーな展開が起きて実現したに過ぎず、ギンに同じような境遇が起きたとは考えにくい。

また、キラーとギンは口癖も大きく違う

ギンの口癖は語尾に「あんのかい?」や「いねぇんだろ?」など出自の悪さが出てるのに対して、キラーの話し方は「頼むぞキッド!穏便にな!」「気が早すぎるだろう」など標準語的で訛りが薄い。

そして、口癖だけではなく性格も異なる

前述のようにキラーは意外と頭が切れるキャラクター。バジル・ホーキンスなどと同盟を結ぶにあたって怒り狂う船長のキッドをたしなめるなど、リーダー的な仲介役を率先的に務めていたことからも明白。

一方、ギンはクリーク海賊団の単なる武闘派の特攻戦闘員。ギンの本性は敵を容赦なくなぶり倒す鬼畜。もちろん決して頭が回らないキャラクターではありませんでしたが、まさに冷静沈着なキラーとは別人。

そして、キラー=ギン説が間違いである最大の根拠は、ギンが「船長クリークに対する強い忠誠心」を見せていたこと。クリークに毒ガス攻撃を食らっても、ギンは最後の最後まで船長クリークのことを慕っていました。

じゃあこんなギンがクリーク海賊団を捨てて、キッドの部下になるとは考察しにくい。そもそもキラーの声を聞いた時点で、ルフィがギンの可能性を一切言及してない時点でお察しの考察でありましょう。

○キラーが「ギンの元仲間か身内」である可能性は残る

でも、キラーとギンの戦闘スタイルが酷似してるのは確か。これまでワンピースでは数多くのキャラクターが登場したものの、キラーと似た戦闘スタイルはギンぐらい。この共通点は無視できない。

そのため考えられる可能性としては、キラーがギンの身内か元幼馴染である可能性はありそう。もしくは戦闘スタイルが酷似している点から、キラーはギンと一緒に同じ武道を習った門下生同士である可能性が高い。

そう仮定すれば、キラーがワノ国編で再登場するにあたって、「実はギンと知り合いだったのかよwww」みたいに伏線を回収できそう。もし身内であればキラーの仮面を取れば、ギンとそっくりの顔が出てくる?

もし両者が身内である場合、キラーの本名もギンならぬ「キン」といった可能性も考えられます。ただギンの誕生日が4月7日に対して、キラーの誕生日が2月2日と別々のため、両者の双子説は成立しない。

少なくともギンとルフィたちが別れてからキッド海賊団に出会うまでの期間があまりに短すぎることも考慮すれば、やはり「キラー=ギン説」が確定的に間違いであると断言してもいいレベル。

【ワノ国編】キラーの正体は人斬り鎌ぞうだった

d-manga.net

そして、最近になってワノ国編でキラーがようやく再登場。そこで現在までに至るまでの展開を改めておさらいしておくと、キラーは船長のユースタス・キッドとアプー、バジル・ホーキンスと共に海賊同盟を結成。

1x1.trans

(ONE PIECE79巻 尾田栄一郎/集英社)

おそらく船長のキッドが左腕を奪われたことを理由に、キラーは赤髪海賊団のシャンクスの打倒を目論む。先程言っていたキラーの食事シーンの光景ですが、想像以上に汚くて草。アプーやホーキンスがシャンクスを狙う理由は不明。

d-manga.net

しかしながら、その矢先に空島から飛び降りたカイドウとキラーたちは偶然邂逅。案の定、キラーを含めて誰もカイドウに歯が立たず、反抗心むき出しのキッドは兎丼に収容され、バジル・ホーキンスは素直に百獣海賊団の傘下に入った。

当初ワノ国では船長のキッド、率先的に百獣海賊団傘下に入ったドレークやホーキンスしか登場せず。今までキラーの動向は一切不明だったんですが、ようやくキラーの現在が明らかになりました。

○キラーも人斬り鎌ぞうも「同じ武器(鎌)」だった

1x1.trans

(ONE PIECE944話 尾田栄一郎/集英社)

結論から書くと、キラーの正体は「人斬り鎌ぞう」だったことが判明。

人斬り鎌ぞうは「鎌」を武器にし、キラーの武器も前述のように「鎌+トンファー」でしたから、二人に共通点は確かにあった。ドル漫では前述のようにワノ国編でどうのこうの考察してましたが、人斬り鎌ぞうの発想は全くできませんでした。

完全に髪の毛つながりで傳ジローとしか思えなかった。まさにミスリード(T_T)

そして、結果的に人斬り鎌ぞうとしてキラーは、ゾロと戦うもあっさり敗北。しかもゾロは牛鬼丸に不意打ちを食らって手負いだったことも踏まえると、やはりドル漫が考察した通り、キラーはそこまで強くなかったと結論付けていいか。

○キラーは「独特の笑い方」が嫌でマスクを被った

そこでキッドがキラーの生い立ちなどを語ってくれてる。

キラーはクールで理知的なイメージがありましたが、笑い方が「ファーファッファファ」と昔から独特だった。でもこの笑い方を小馬鹿にされることも多く、キラーはそういう連中を事あるごとに半殺しにしてきた。

つまり、「殺戮武人」と呼ばれるようになった理由も、そういったキラーのコンプレックスが関係してた。キラーがマスクを被るようになったのも、口角ダダ上がりの笑顔を見られるのを隠すため。

正直、めちゃくちゃしょうもない理由。ただドフラミンゴ海賊団にも声が高いことをコンプレックスに感じてた石男もいたので、他人のトラウマとは得てしてそういうものなのかも知れない。

カイドウと対決後の詳細は不明ですが、キラーはそのまま収容されずにキッドと離れる。その後、黒炭オロチにSMILE(人造悪魔の実)を食べさせられ、キラーはその副作用で「コンプレックスの不気味な笑い方」しかできなくなったということ。

○キラーはキッドを裏切ったのか?もう能力者にはならない?

ただし、キラーはキッドのマブダチ。やはり百獣海賊団に一人だけ寝返るとは考えにくい。それにも関わらず、キッドは兎丼の囚人採掘場に収容されず、何故SMILEを食べてしまったのか?

おそらくキラーがSMILEを食べた理由は「キッドを助けるため(オロチに交換条件でキッドの解放を持ちかけられた?)だった」と考察してみる。実際、キラーが百獣海賊団に入ってないのが何よりの証拠。

一方、キラーが食べたSMILEはおそらく失敗作です。

何故なら、キラーが人斬り鎌ぞうとして光月日和を追跡する流れでゾロと対戦した時に、動物に変身してないから。つまり、キラーはただ不気味な笑いを浮かべるだけで、悪魔の実の能力などは開花せず。

でも今後、キラーが悪魔の実の能力者に完全にならないかまでは不明。もし「本物の悪魔の実」をこの後食べれば、その能力が付与される可能性も。もしかするとSMILEの副作用が上書きされて解消されることも?

とりあえず、改めて「キラー=ギン説」は否定されたカタチ。何故ならギンの笑い方は「にっ」とニヒルな笑い方が特徴だったので、むしろキラーの大げさな笑い方とは真逆だから。

d-manga.net

キラーは本当に人斬り鎌ぞうだったのか?

1x1.trans

(ONE PIECE926話 尾田栄一郎/集英社)

でもキラーがそもそも人斬り鎌ぞうだったのかも疑わしい気もします。

何故なら、キラー版人斬り鎌ぞうは「二刀流」なのに対して、画像の人斬り鎌ぞうは鎌を一つしか持ってないから。

キラーの顔面に包帯が巻かれてる理由は、おそらく百獣海賊団(オロチ一味?)にフルボッコされてたからだと思いますが、そうだとしたら何故人相書きの男には包帯が巻かれてないのか?

1x1.trans

(ONE PIECE79巻 尾田栄一郎/集英社)

もちろん人相書きの男が「笑顔」の理由もSMILEを食べたキラーを何より証明し、キラーもマスクこそ被ってますがしっかりヒゲも豊富に蓄えるなど、二人の共通点は多い。

ただ「人相書きの人斬り鎌ぞう」の髪の毛は黒色に対して、「キラー」の髪の毛の色は金髪に近い色。つまり、もともと「ワノ国に存在していた人斬り鎌ぞう」にキラーは寄せられただけなのではないか?

実際、カイドウと遭遇したのはドフラミンゴ戦の直後。そこからビッグマムのお茶会が終わり、ワノ国に到達するまでせいぜい数週間程度の話。その短期間で「人斬り鎌ぞう」の名前がワノ国で流布されるのか?という疑問。

だから、人斬り鎌ぞうの正体が赤鞘九人男の「傳ジロー」である可能性も微レ存。

d-manga.net

コメント

  1. 匿名 より:

    2ちゃんねる好きそう

  2. 匿名 より:

    キラーがゾロに結構あっさり負けたのはSMILEの影響が強い気がしますね。どう見てもキラーの実力では無いと思います。

  3. 匿名 より:

    『キラーの正体が人斬り鎌ぞう』というより『人斬り鎌ぞうの正体がキラー』では?元々キラーでワノ国で紆余曲折あって人斬り鎌ぞうと呼ばれたわけですから