【考察】旱害のジャックの強さって意外としょぼくね?【百獣海賊団・ゾウゾウの実・正体まとめetc】

スポンサーリンク

そろそろ「ワノ国編」に突入すると言われている『ONE PIECE』。そのワノ国では四皇・カイドウが既に支配済み。このカイドウの重要な腹心の一人がジャック。

(ONE PIECE81巻 尾田栄一郎 集英社)

なんとジャックの懸賞金は10億ベリー。『ワンピース』の中でも過去最高クラスに強そうな敵キャラ。見た目からしてめちゃんこ巨大。ただ意外にも、ジャックの強さはショボそうな匂いがプンプンするんです。

そこで今回は百獣海賊団の船長・ジャックの強さに関する考察記事を執筆したいと思います。

ジャックは百獣海賊団船長の一人

まずはジャックとは何者なのか、これまでのおさらいがてら簡単にまとめたいと思います。

前述のようにジャックは四皇・カイドウの部下なんですが、ジャックは「災害」と呼ばれる懐刀3名のうちの一人。他の2名はワノ国編以降に登場すると思いますが、ジャックと同様に10億ベリー以上の懸賞金がかけられた強者と考察されます。

ジャックの異名もそれにならって「旱害(かんがい)のジャック」と呼ばれています。旱害の意味はざっくり「干上がる」こと。ジャックが通る場所は「全て何も無くなるぜグハハ」的なことだと考察されます。

そして上司である四皇・カイドウが率いるのが「百獣海賊団」。そのためカイドウも「百獣のカイドウ」という異名で呼ばれてるんですが、ジャックはその中の一つである「マンモス号」の船長。立ち位置的には「百獣海賊団の大看板」という触れ込み。

ジャックの能力も含めておいおい考察しますが、カイドウが率いる百獣海賊団は「百獣」だけに動物に関するメンバーが多い。きっとカイドウの一派には魚人から巨人まで、ビッグマム以上に様々な混成パーティーではないかと予想されます。ワノ国編が進めば、それぞれの海賊団メンバー一覧も執筆予定。

(ONE PIECE81巻 尾田栄一郎 集英社)

このジャックには「ギフターズ」や「プレジャーズ」と呼ばれる部下組織を複数抱えてる模様。強さ的には「ギフターズ>>プレジャーズ」っぽい。

画像はシープスヘッドと呼ばれる敵キャラですが、ジャックの腹心。ギフターズの中でもリーダー的な存在だと考察されます。シープスの意味は「羊」であるため、やはり百獣海賊団には動物に関するメンバーが多い模様。

ジャックの目的はワノ国の忍者や侍たち

ジャックの目的は、ワノ国から逃亡したメンバーの拿捕にあります。

ワノ国は四皇・カイドウに支配されてると上述しましたが、カイドウの目的は「ロードポーネグリフ」と呼ばれる存在。ラフテルに繋がるための重要な碑石。既にカイドウはロードポーネグリフを一つ所有してるものの、合計で4つ集めなければいけない。

そのため部下であるジャックは、ワノ国と繋がっていたミンク族たちを襲撃することで新たなロードポーネグリフの在り処を聞き出そうと目論んだ。だからジャックの目的はワノ国というよりも、厳密にはロードポーネグリフと考えた方が適切。

ちなみに「雷ぞう」というワノ国出身のキャラクターを探してたんですが、ジャックは最終的にロードポーネグリフも見つからず退散したため、ジャックのポンコツっぷりが際立ちます。

ただジャックは四皇の最側近だけあって、曲がりなりにも悪魔の実の能力者。じゃあ一体ジャックはどんな能力者なんでしょうか?