【ワンピース考察】トリトリの実のキャラクター全5名がついに判明!?【悪魔の実】【フェニックス・ファルコン・アルバトロス・ヤタガラス・鵺】

面白い漫画の『ONE PIECE』のバトルで欠かせないのが「悪魔の実」。

既にドル漫ではまだ明かされてない「悪魔の実の継承方法」など考察済みですが、最近になって「トキトキの実」が登場するなど、悪魔の実に関する考察もにわかに盛り上がりを見せております。

1x1.trans

(ONE PIECE19巻 尾田栄一郎/集英社)

そこで今回ドル漫では「トリトリの実」を徹底的に考察してみたいと思います。

トリトリの実はワンピースの中でも希少な悪魔の実。既に画像でネタバレしちゃってますが、世界では「わずか5種類」しか確認されてない希少種。そして、ようやくトリトリの実の能力者の全員がついに判明?

d-manga.net

【解説まとめ】トリトリの実とはそもそも何ぞや?

まずは「トリトリの実」について現在判明してる情報について解説。

1x1.trans

(ONE PIECE22巻 尾田栄一郎/集英社)

トリトリの実とは「鳥(とり)に変身できる動物系ゾオン悪魔の実」のこと。

例えば、画像のペルのように飛び回れることが可能。悪魔の実の能力者は海水に濡れると弱体化し、能力が使用できなくなるため、トリトリの実の能力は「海に落ちない」というメリットに授かれる。

だから、海賊たちの物語が紡がれている『ワンピース』にとって、この「空を飛べる能力」はある意味チート能力。そのため、このトリトリの実は未だに世界で「わずか5種類」しか確認されていないのも納得。

ただし、ペルの「確認されぬ」という言い方は少し引っかかる。あくまで確認されてないだけだと厳密に解釈すれば、まだまだ他にも6種類以上のトリトリの実が存在・発見される可能性も考えられなくはない。

そこらへんの考察は今回割愛しますが、とりあえず現時点で判明してる「トリトリの実の能力者5名」を紹介していこうと思います。

d-manga.net

ペル(モデル:ファルコン)…トリトリの実能力者

1x1.trans

(ONE PIECE19巻 尾田栄一郎/集英社)

まず最初のトリトリの実の能力者は「ペル」モデルは「ファルコン」。ファルコンを日本語訳すると「隼(はやぶさ)」。飛空速度は時速100kmを超えるとか。ペルの異名もまさに「ハヤブサのペル」。

ペルは最初に登場したトリトリの実の能力者。そのためワンピース読者の誰もが覚えているのではないか。未だにそこそこ人気のビビの最側近ということもあって、ペルのスマートな忠義っぷりにカッコいいと感じた読者も少なくないか。

王下七武海のクロコダイル戦ではトリトリの実の飛空能力を生かして、爆弾を空中で爆破させたラストが印象的でした。誰もがペルは死亡したと思ってたんですが、結果的に生き残ってて吉本新喜劇ばりにズッコケた人も少なくないはず。

ちなみに、現在ペルはビビたちと共に聖地マリージョアで開催中の世界会議(レヴェリー)に参加中。聖地マリージョアはレッドライン上部のかなり小高い大地に立地しており、そこではペルのトリトリの実の飛空能力が垣間見られるか。

マルコ(モデル:不死鳥)…トリトリの実能力者

1x1.trans

(ONE PIECE57巻 尾田栄一郎/集英社)

続いてのトリトリの実能力者は「マルコ」モデルは「不死鳥(フェニックス)」。当初は詳細なモデル名は明らかにされてなかったものの、ビブルカードで確定済み。トリトリの実の中でも、更に貴重な動物ゾオン系幻獣種に属する。

そのためマルコのトリトリの実は単に飛空能力があるだけではなく、身にまとった再生の炎はあらゆる攻撃もその場で急速に「自然治癒」させてしまう。また再生の炎は他人に触れさせても回復させることも可能。

だから、トリトリの実の中でも能力の汎用性は高い動物系ゾオン。

でも、マルコは白ひげ海賊団メンバーのNo.2として、マリンフォード頂上戦争に臨むものの海軍大将・黄猿に後塵を拝し、船長・白ひげも黒ひげに殺されてしまう。マルコはその敵討ちのために四皇・黒ひげ(マーシャル・D・ティーチ)に挑む。

しかしながら、マルコは落とし前戦争で見事に黒ひげに敗北。自然ロギア系最強のヤミヤミの実で再生の能力が無効化されたのか。

その後、白ひげの生まれ故郷でしがない医者をやっていたものの、ミンク族の赤鞘九人男でもあるネコマムシに誘われるカタチでワノ国編で主人公・ルフィたちと共に参戦予定。再びマルコのトリトリの実の能力が発揮される日も近い。

d-manga.net

ラフィット(モデル:?)…トリトリの実能力者

1x1.trans

(ONE PIECE25巻 尾田栄一郎/集英社)

続いてのトリトリの実の能力者は「ラフィット」。モデルは不明。

黒ひげ海賊団のメンバーの中でも最古参の一人。「鬼保安官」という異名を持つ謎の男。不気味な雰囲気は漂うものの、ラフィットは意外と理知的。かつて黒ひげを王下七武海に入れるように、海軍中将・おつるや当時海軍元帥・センゴクたちに直談判したほど。

そして、この直談判した場所が聖地マリージョア。マリージョアはレッドライン上部の非常に巨大な丘の上に立地してるため、エレベーターで移動しないと登れない。普通であれば断崖絶壁を登ることは誰にも不可能。

だから、ラフィットは「トリトリの実の能力を使って聖地マリージョアに一人で到達した可能性」が高いと見られてる。実際、インペルダウンに乗り込む直前などで、ラフィットは両手が翼になった状態を披露済み。

この場面ではラフィットの両手が非常に綺麗な真っ白な翼に変形しており、モデル名は幻獣種の「ペガサス」や「エンジェル」などの候補をドル漫では考察してみる。ラフィットの醜悪なキャラクター性と見事に対照的な幻獣種系なのが良い。

ラフィットと同じ理屈を借りるなら、いつの間にか五老星と会談するために聖地マリージョアに一人で潜り込んでいた赤髪シャンクスもトリトリの実の能力者の可能性も?

d-manga.net

カラス(モデル:ヤタガラス?)…トリトリの実能力者?

1x1.trans

(ONE PIECE79巻 尾田栄一郎/集英社)

続いてのトリトリの実能力者候補は革命軍メンバーの「カラス」。モデルはそのままカラス。自身の肉体からカラスらしき物体を大量に出して操作し、革命軍参謀のサボもタクシー代わりに使用している模様。

ただ問題としては、カラスは「カラスに擬態化以外の能力」を持ってる点が気がかり。例えばカラスは体内から「大量のカラス風のなにか」を繰り出し、トリトリの実というより王下七武海だったゲッコー・モリアのカゲカゲの実に近そうな能力。

トリトリの実もあくまで動物ゾオン系に該当するため、普通であればカラスが「カラスに変身するだけ」の能力に留まるはず。これまで登場した動物ゾオン系の特徴とはやや異なる上、カラスがカラスに変身するってどうなん?

一応、ネット上などではカラスの正体をトリトリの実能力者と見てる考察が多いものの、個人的にはやや微妙な気もしてるんですが、あえてトリトリの実と仮定するとカラスはカラスでも「モデルは幻獣種のヤタガラス(八咫烏)」をドル漫では予想。

そう考察すれば、カラスがカラス風の物体を大量に作り出しても一応合点がいくか。

ピエールはトリトリの実の能力者ではない

続いては「ピエール」。

1x1.trans

(ONE PIECE26巻 尾田栄一郎/集英社)

「ピエール」とは空島編で登場したガンフォールのペット。ブサイクかつ斑点模様の体表が気持ち悪いペガサス。こういう三枚目ギャグキャラを描かせても、『ワンピース』の作者・尾田栄一郎は本当にウマだけに上手い。

ただ残念ながら、ピエールの悪魔の実は「ウマウマの実」。実は、ピエールはそもそも鳥。そのため馬がトリトリの実を食べたのではなく、鳥がウマウマの実を食べただけ。ややこしいものの、ピエールはトリトリの実の能力者ではございません。

他にも天使の羽みたいなんが生えてるウルージさんもトリトリの実と見るネット上の考察もありましたが、既にウルージさんは筋肉増強する超人パラミシア系悪魔の実の能力者であることは確定済み。少なくとも、ウルージは動物ゾオン系ですらない。

ウルージさんの正体は【ワンピース考察】月の古代都市の正体まとめでも考察したように、空島の住民はかつて月からやってきた移住者たち。もしウルージがトリトリの実の能力者であれば、空島の住民は全員トリトリの実ということに。

そのためウルージは完全にトリトリの実の能力者ではないと断言できそう。

d-manga.net

カイドウ(モデル:ドラゴン)…トリトリの実能力者?

1x1.trans

(ONE PIECE921話 尾田栄一郎/集英社)

続いてはトリトリの実の候補が四皇カイドウ。

カイドウは「元々が龍でヒトヒトの実を食べた」説などありますが、百獣海賊団メンバーは動物ゾオン系悪魔の実の能力者ばかり。ドル漫では次のトリトリの実の能力者が登場するとしたらココだと予想してた。

でも龍に羽は生えてたっけ?ドラゴンはどちらかというと鳥より爬虫類系。

1x1.trans

(ONE PIECE19巻 尾田栄一郎/集英社)

でもペルが語ってるように、実はトリトリの実の最大の本質はあくまで「飛空能力」にこそあるのではないか。ドラゴンはもちろん飛空できる能力があり、羽など生えてなくてもトリトリの実にもれなくカテゴライズしても問題ない…

…と思ってたんですが、当初の考察はおそらく間違い。コメント欄でも指摘いただきましたが、「飛空能力≒トリトリの実」にカテゴライズできるなら、クロコダイルやシーザーもトリトリの実に該当する可能性がある。

せめてカイドウの能力が「羽が生えた西洋地域の竜」であれば少しぐらいはトリトリの実の可能性はあったかも知れませんが、既に東洋系の龍と確定した今、我ながら飛躍しすぎた考察でした。

d-manga.net

モルガンズ(アルバトロス)…トリトリの実能力者

1x1.trans

(ONE PIECE86巻 尾田栄一郎/集英社)

続いてのトリトリの実の能力者は「モルガンズ」

世界経済新聞社社長。53歳。ビッグマムのお茶会に呼ばれた謎の裏社会にも通じる大物。最悪の世代から次期海賊王が生まれると予言したことでも知られるキャラ。証券会社の「モルガン・スタンレー」がモデルか。

モルガンズのトリトリの実のモデルは「アルバトロス」。ゴルフ用語のモデルともなった鳥ですが、日本名は「アホウドリ」。日本では簡単に捕殺できるからアホと命名されたようですが、実はめちゃくちゃよく長距離を飛ぶ鳥なんだとか。

そのためボールがよく飛ぶという意味で、アルバトロスは「ホール(試合)をめちゃくちゃ早く終える」という好意的な意味のゴルフ用語として使われる。だから尾田栄一郎もアホウドリという誤解を招く表現を使わなかったんだと思います。

モルガンズはスクープのために世界中を飛び回ることも多いはず。アルバトロスはトリトリの実の中でもかなりの飛空距離を誇ると予想され、まさに記者にうってつけの悪魔の実。カームベルトも余裕で横切れるか。

当初はミンク族の一種かと勝手に解釈してましたが、冷静に考察するまでもなく立派なトリトリの実の有力候補でした。だから自分も含めて、ネット上でモルガンズをトリトリの実と言い当てた人は皆無のはず。

まさに「盲点」だったトリトリの実のキャラ。

ワンピースの映画などでは「トリトリの実」は登場済みだった?

筆者ドルジは漫画版『ワンピース』しか基本的に読んでおりません。ワンピースのアニメ版は朝早く放映されるためほとんど見れたことがなく、田舎ということも手伝って映画もわざわざ観る習慣もない。

でも、実は既に劇場版ワンピースやアニメ版ワンピースではトリトリの実の能力者は何名か登場済みだった。

まずワンピースが京都大覚寺とコラボした『魔獣と姫と誓いの花』で披露された「トラツグ」というキャラクターもトリトリの実の「モデル:ヌエ(鵺)」だった。鵺とは胴体はタヌキで顔は猿の妖怪。羽は生えてないものの、鳥のように鳴く架空の生き物。

でも現実世界とのコラボキャラなので無視して良さそう。

他にも2011年公開の劇場版アニメ『ONE PIECE 3D 麦わらチェイス』では「バズ」と呼ばれるキャラクターがトリトリの実の「モデル:イーグル(鷹)」が登場。どうやらモブキャラっぽいものの、ワンピース本編と絡むため無視できない。

○カラスかバズはトリトリの実に該当しない可能性

つまり、現状だと「ペル・ラフィット・マルコ・カラス・モルガン・バズ」の合計6名がトリトリの実の有力候補があげられる。そのため前述のように「トリトリの実の数は更に増える」というドル漫の予想は結果的に当たりそうか。

ただし、カラスとバズが微妙。バズは将来的に「なかった」ことにされる可能性も十分考えられる。またカラスも動物ゾオン系トリトリの実ではなく、超人パラミシア系の悪魔の実だったパターンも大いに有り得る。

だから、どちらかのキャラクターがトリトリの実候補から外される可能性もあります。そうすれば結果的に全5名という最初の設定も守られる。

d-manga.net

コメント

  1. 匿名 より:

    飛行能力が本質ならクロコダイルやロビンも飛行できますがwww

  2. 匿名 より:

    ラフィットの能力がペガサスならウマウマになるので矛盾はしないですね。
    エンジェルも何の系統になるのかさっぱりですがトリトリではないと思います。