【ワンピース】悪魔の実 強さランキングBEST21まとめ!最強の実はどれだ!?【2018】

スポンサーリンク

おすすめバトル漫画の『ONE PIECE』に代表される能力が「悪魔の実」と呼ばれるもの。

この悪魔の実には「超人パラミシア系」や「自然ロギア系」など様々なジャンルに分かれており、それぞれの悪魔の実を食べた能力者が戦うバトル漫画。ワンピースの主人公・ルフィの場合、ゴムゴムの実を食べたことで全身がゴム人間化しております。

(ONE PIECE79巻 尾田栄一郎/集英社)

そこで今回もドルジ露瓶尊が「悪魔の実の強さランキング」を徹底的に考察してみました。果たして画像のメラメラの実などは、どれぐらい強いのか?はたまた最強の悪魔の実はなんなのか?

ワンピースの強さランキングや強さ議論に興味がある方は、是非気軽にチェックしてみて下さい。ただ文字量や文章量が非常に多いため、人によっては何回かに分けて読むこともおすすめします。

動物ゾオン系の悪魔の実をランキング除外してる理由

ちなみに、今回の強さランキングでは「カイドウ」や「CP9」といった動物ゾオン系の悪魔の実は除外しております。理由は至ってシンプル。

何故なら、動物ゾオン系は能力者の強さそのものに依存する傾向が多いから。そのため能力者が単にそもそも強いのか、悪魔の実として強いのか非常に判断しにくい。

だから今回は悪魔の実単体の強さを純粋に評価する強さランクなので入れておりません。ご容赦をば。

スケスケの実…悪魔の実強さランク21位

まず悪魔の実強さランキング21位は「スケスケの実」。能力者はスリラーバークにいた墓場のアブサロム。

その名の通り、自身を透明化できてしまう夢の悪魔の実。サンジも思わずうらやんだ男のロマンともいえる悪魔の実。ただ意外とバトルには向いておらず、基本的に「鑑賞用の悪魔の実」と言えそう。

何故なら、ハンターハンターのメレオロンのように存在そのものを消せればまだしも、一度存在を察知されれば透明化した意味がなくなる。もし手当たり次第に攻撃されれば相手の攻撃力次第でピンチ。透明状態だと負傷しても助けてもらえなくなる危険性もアップ。

せめて「攻撃そのものを透過」できれば様々な応用を考えられますが、結局、能力者本人の戦闘力や強さが求められる以上、そこまで悪魔の実として強いとは評価できなさそう。

○スケスケの実の上位互換は「マネマネの実」

このスケスケの実の上位互換は「マネマネの実」。ボン・クレーが所有していた悪魔の実。

一見するとスケスケの実の方が強そうにも思えますが、中途半端に透明化するよりもハッキリと誰かになり済ませた方が使い勝手は良い。実際、ボン・クレーはアラバスタ王国編で内乱を引き起こしてる。

純粋に戦闘力的な意味で強いか強くないかは微妙ではあるものの、少なくともマネマネの実の方が悪魔の実として役に立つとドルジ露瓶尊は考察してみる。まさに上位互換の悪魔の実と評価していいのではないか。

フワフワの実…悪魔の実強さランク20位

続いての悪魔の実強さランキング20位は「フワフワの実」。金獅子のシキの能力。『ONE PIECE』の映画版に登場したキャラクターのため、今回の強さランキングに入れるか迷ったんですが…。

フワフワの実の能力は「ふれた物体を浮遊させる」こと。ワンピースの映画では大陸を丸ごと浮かしてたりしました。

ただ言っても、物体を浮かせるだけ。しかも生物は対応不可。正直、「だから何?」というレベルの悪魔の実。確かにフワフワの実は自分自身も浮かせられるものの、自然ロギア系の悪魔の実であれば大抵は可能。同じく超人パラミシア系の悪魔の実でも、イトイトの実なども浮遊できる。

また「触れる」という行為が実戦において不利に働くのもマイナスポイント。相手に触れる前に負ける可能性は低くない。非常に使い勝手が悪い悪魔の実。言っても、フワフワの実は特筆すべき強さが見当たらない。

○上位互換は藤虎イッショウの悪魔の実

このフワフワの実の上位互換は海軍大将・藤虎イッショウの悪魔の実。残念ながら、悪魔の実の名称が判明していないため、今回の強さランキングでは割愛。むしろ藤虎の悪魔の実を取り上げたいから、フワフワの実を半ば無理やり強さランクにねじ込んだほど。

理由はシンプル。藤虎イッショウは「重力そのもの」を操作できる。また金獅子のシキと違って、遠く離れた上空の隕石も地面に落下させることなどが可能。あらゆる面でフワフワの実を凌駕してくれちゃってる悪魔の実。

ちなみに、フワフワの下位互換の悪魔の実は「キロキロの実」。自分自身しか体重の増減ができない。また1万kgと制限があり、重くなったからと言って肉体が特に強化されるわけでもないのがマイナス。

モクモクの実…悪魔の実強さランク19位

続いての悪魔の実強さランキング19位は「モクモクの実」。海軍中将スモーカーが所有している悪魔の実。おそらく一番最初に登場した自然ロギア系の悪魔の実。

だからもっとランキングは強くても良さそうなんですが、冷静に考察すると正直弱い悪魔の実。少なくとも、自然ロギア系の悪魔の実では一番弱いのではないかとドルジ露瓶尊は考察しております。

○煙による強さ的なメリットはほとんどない

理由は至ってシンプル。「煙のように動ける」から一体なんなんだ?という話。

確かにワンピース当初は全く攻撃が当たらないスモーカー大佐(当時)に、多くの読者は恐れおののいたに違いない。でも最近のワンピースには「覇気」なる設定が追加済み。この覇気さえ身に付けてしまえば、いくらモクモクさせても攻撃を与えることが可能。

実際、覇気の使い手・ヴェルゴ中将と戦った時、スモーカーはモクモクさせることで体積が増加。結果的にスモーカーは「攻撃が当たる範囲を自ら広げてしまった」ことが大きな敗因にも繋がってる。

つまり現在のワンピースにおいては、むしろモクモクと広範に広がる煙はデメリットでしかない。もし主人公・ルフィと今戦えば、ゴムゴムのガトリングを繰り出せば一発でスモーカーは倒されるはず。

また煙そのものに「しびれ」や「毒」などの付加効果はないのも、自然ロギア系として大きなマイナス。しかも煙そのもので相手を殴れるわけでもない。せいぜい相手をとらえる程度の能力しかない。つくづく悪魔の実単体としては強みがない。

結局、スモーカー自身があくまで強いだけとドルジ露瓶尊は考察します。もしウソップがモクモクの実を食べていたら、必死に敵から逃げるためだけに使っていたことでしょう。まさに後述するガスガスの実の「完全なる下位互換」でなかろうか。

○同程度の強い悪魔の実は「バラバラの実」?

モクモクの実と似たような強さの悪魔の実を探すと、バギーの「バラバラの実」あたりが適切か。

広範囲に手足を飛ばすことはできるものの、結果的に手足そのものを奪われるリスクが大。最終的には能力者の強さが物を言う点でも酷似しており、悪魔の実の強さとしてはバラバラの実は不安も多く残す。

ソルソルの実…悪魔の実強さランク18位

続いての悪魔の実強さランキング18位は「ソルソルの実」。四皇ビッグマムが所有する悪魔の実。だから、今回のもっと強さランキングでは上位なんじゃね?おかしくね?と感じちゃう人も多そう。

ただコチラの悪魔の実に関しても、あくまでビッグマム(シャーロット・リンリン)自身が強いだけ。何と言っても、ビッグマムは4歳の時に巨人を投げ飛ばしちゃうぐらい強かったですからね。詳しくは別記事も参照。

だから、あくまで悪魔の実単体として評価した場合、このソルソルの実はイマイチ強くない気はします。

何故なら相手から魂を奪う能力は脅威ではあるものの、場合によっては奪えないこともある(好例がジンベエ)。ソルソルの実はバトル時で活躍するイメージも湧かず、どちらかと言えば草木に魂を与えるメルヘンチックな悪魔の実。

実際、もともとはマザー・カルメルが所有していた悪魔の実であることからも強くないのは明らか。マザー・カルメルはあくどいキャラではあったものの、基本的に戦闘力が皆無に等しかった。少なくとも戦闘目的に特化した悪魔の実ではないことは確か。

ゴムゴムの実…悪魔の実強さランク17位

続いての悪魔の実強さランキング17位は「ゴムゴムの実」。主人公・ルフィが所有している悪魔の実。

ゴムゴムの実はその名の通り、自分の体をゴムのように使うことが可能。腕を伸ばすことで、パンチやキックの威力を高める。特にピストルで撃たれても弾き返すなど、防御面での強さも地味に光る。

特に最近のワンピースでは覇気と組み合わせた「ギア4」の威力はすさまじく強く、意外と汎用性が高い悪魔の実であることも証明されております。もしかするとルフィは「覚醒」することで、更にゴムゴムの実を強くさせる余地を残しております。

それでもゴムは動きが単調。またリアルの輪ゴムでも分かるように、割と劣化しやすい。素材として炎や冷気には弱そう。ワンピース内では実際にそういった描写はほとんどありませんが、少なくとも異次元の強さはない。

○「モチモチの実」が上位互換の悪魔の実

このゴムゴムの実の上位互換の悪魔の実は「モチモチの実」。ビッグマムの次男・カタクリが所有していた悪魔の実。

伸ばす・縮むという点でゴムゴムの実と能力は大差ないものの、モチモチの実は腕をロケットパンチのように飛ばすことが可能(焼餅)。また自分の体を餅のように自在に変形させられるなど、単一方向にしか伸縮しないゴムより性能は上回る悪魔の実と考察されます。

そういったことからゴムゴムの実の上位互換であるとドルジ露瓶尊は評価してみる。ちなみに2人のバトルについては「熱すぎるルフィvsカタクリ戦」なども、お時間があるときにでも参照して下さい。ネタバレ注意。

ユキユキの実…悪魔の実強さランク16位

続いての悪魔の実強さランキング16位は「ユキユキの実」。パンクハザードにいたモネが所有していた自然ロギア系の悪魔の実。

ユキユキの実は「雪を吹雪かせる能力」。またカマクラを作って防御したり、自身を雪の化け物に変身させることも可能。自然ロギア系ということでそれなりに強く、先程のモクモクの実よりは有能なはず。

それでも「自然ロギア系の中では弱い悪魔の実」とドルジ露瓶尊は評価せざるを得ません。理由は至ってシンプル。

○ユキユキの実は熱に弱すぎて草

何故なら、ユキユキの実はめちゃくちゃ熱に弱い。ナミの「熱卵」でダメージを食らうなど、正直全然大したことない。普通にホッカイロを大量に携えて戦えば、きっと余裕で勝ててしまいそうな悪魔の実。

だから、ヒエヒエの実は相手を凍らせる即効性にも欠ける。所詮はジワジワと体温を奪う程度の強さしかなく、後述する瞬間冷凍できるヒエヒエの実と比べると明らかに能力的には見劣りする悪魔の実。

また雪の中を自在に移動し隠れることができるものの、逆に言えば雪以外の場所では不可能。カマクラの防御力もニコ・ロビンの掌底で壊れてしまうなど、ユキユキの実は汎用性も高いようで低い悪魔の実と考察せざるを得ない。

○「スナスナの実」は同程度の強さ

このユキユキの実と同レベルの強さを誇る悪魔の実が「スナスナの実」

スナスナの実は、元七武海・クロコダイルが所有している悪魔の実。スナスナの実は砂嵐を発生させたり、相手から水分を吸収してカラカラに干からびせることも可能など、確かに強かった。

ただ、スナスナの実は圧倒的に「水に弱い」という弱点が痛すぎる。「七武海強さランキングまとめ」でも言及してますが、実際ルフィがギアや覇気を覚える前にクロコダイルは敗北済み。全身ずぶ濡れにしただけ勝てる悪魔の実ってどうなん?海を航海する海賊として致命的じゃね?

だから、ユキユキの実やスナスナの実は自然ロギア系の中でも弱い部類に入る悪魔の実とドルジ露瓶尊は評価してみます。他の悪魔の実では、魚人島で登場した濡れ髪のカリブーが所有していた「ヌマヌマの実」もそれなりに弱そうです。

カゲカゲの実…悪魔の実強さランク15位

続いての悪魔の実強さランキング15位は「カゲカゲの実」。元七武海のゲッコー・モリアが所有している悪魔の実。

カゲカゲの実の能力は「影を操る」こと。影をコウモリのように変化させて飛ばして攻撃してみたり(欠片蝙蝠)、他人から奪った影を自身に注入することで戦闘力をシンプルに高めることが可能。

また、カゲカゲの実の特筆すべき強さが死体に奪った影を注入することで、「大量のゾンビ兵を無限に増殖させる」ことが可能な点。影の形に呼応するので、ゾンビ兵の肉体も自在に変化させられる。

能力者の基本性能を問わず、大量の味方兵士を量産できるのは強み以外の何物でもない。そのためカゲカゲの実は無難に強い悪魔の実と評価できます。ただ海水にゾンビ兵は非常に弱いため、海上で簡単に無力化されてしまうのが大きなマイナス。

○下位互換の悪魔の実が「ホビホビの実」

カゲカゲの実の下位互換の悪魔の実が「ホビホビの実」。ドフラミンゴの部下であるシュガーが所有。

あらゆる生き物に触れただけで、絶対服従のオモチャ兵士を量産することができてしまう能力。カゲカゲと違って、既に生きている人間を即座に兵士化できちゃうのが大きな強みと言えます。

ただ「触れる」という作業が難。そして、遠隔攻撃などそれ以外の能力がないのがマイナス。割と強力な悪魔の実ではあるものの、あくまで単体として評価するなら「完全に補佐的・補助的な悪魔の実」とドルジ露瓶尊は考察してみる。

バリバリの実…悪魔の実強さランク14位

続いての悪魔の実強さランキング14位は「バリバリの実」。ルフィを愛して止まないバトルロメオが所有している悪魔の実。

(ONE PIECE71巻 尾田栄一郎/集英社)

バリバリの実はその名の通り「バリアを張る能力」のこと。

一見するとアホっぽいんですが、あらゆる攻撃を防ぐことができる無敵の強さを発揮。まさに最強の防御力を誇る悪魔の実。自然ロギア系に対する攻撃も防げるのではないか。そして、そこから繰り出されるカウンター攻撃も強烈。防御こそ最大の攻撃。

ただ、バリバリの実は効果範囲が狭いのがマイナスポイント。また闘技場など限られた場所やルールでは強みを発揮しそうですが、相手にとどめを刺すという意味では迫力不足。あくまで敵に攻撃してもらってなんぼの悪魔の実ですから。

そのため悪魔の実の強さランキング的には「強くもなく弱くもなく」といったレベルか。

ガスガスの実…悪魔の実強さランク13位

続いての悪魔の実強さランキング13位は「ガスガスの実」天才科学者・ベガパンクに嫉妬するシーザー・クラウンが所有している悪魔の実。

ガスガスの実の能力は「あらゆるガスを操る」こと。鉄をも溶かすガスバーナーを口から発射したり、毒ガスと一体化して更に強くなるなど、世の中に存在するあらゆる気体との親和性が高い悪魔の実。

特に「酸素」といった気体も操ることができるため、大気中の酸素を意図的に減らすことで周囲の人間を窒息させることも可能。決して効果範囲はそこまで広くないものの、いくら最強の悪魔の実の能力者でも酸素がなければ死んでしまう。まさに脅威の悪魔の実。

そのためガスガスの実は非常に汎用性が高い悪魔の実。前述のモクモクの実の最強上位互換と断言できちゃうような強さを持ちます。

ただし、やはりガス化に伴う体積増加によってダメージを食らう機会が増えてしまうことがマイナス。またガスマスクなど事前対応も比較的容易であるため、言ってもそこまで強くはないとドルジ露瓶尊は考察してみる。

ニキュニキュの実…悪魔の実強さランク位12位

続いての悪魔の実強さランキング12位は「ニキュニキュの実」。七武海のバーソロミュー・くまが所有している悪魔の実。

ニキュニキュの実の能力は「肉球」。手の平にできた肉球を使って、相手の攻撃を弾いてカウンター攻撃したり、そのまま相手を数百キロ先まで飛ばすことも可能。可愛らしい名前からは想像できないぐらい強烈な悪魔の実。

また、ニキュニキュの実は意外と汎用性も高い悪魔の実。

例えば大量の空気を圧縮して巨大な爆発を起こしてみたり、相手からダメージを奪って疲労軽減してみたり、逆に吸収して蓄積したダメージをそのまま相手にぶつける(移す)ことも可能。

相手が強すぎる場合、そのまま遠くに弾き飛ばせば逃げることも可能。幅広い戦い方も可能な点も強み。まさに近接攻撃や遠距離戦にも長けた悪魔の実。「ニキュニキュの実」というふざけた名前の割に強い。

ドクドクの実…悪魔の実強さランク11位

続いての悪魔の実強さランキング11位は「ドクドクの実」。前監獄署長マゼランが所有している悪魔の実。

ドクドクの実はその名の通り、「毒」の能力を持ちます。即死級の毒に触れるだけで、ほとんどの人間はお陀仏。仮に毒に耐性があったとしても、動きを止めたり弱めることが可能。それぐらい効果が強い毒。

そして、ドクドクの実は大量の毒液をドラゴンのように自由自在に動かすことも可能。「ベノムロード」と称して、その毒液の道の中を自在に移動することも可能。つまり、ドクドクの実は遠く離れた相手にも対応できる汎用性の高さも誇る悪魔の実。

○毒液も所詮は液体

ただ毒液も所詮、液体の一種に過ぎない。いくら毒でも熱で蒸発したり、低温で凍ってしまう可能性がある。つまり他の自然ロギア系の悪魔の実相手では、おそらく毒が無効化されるリスクはそれなりに高そう。

他にもドルドルの実で毒液が簡単に防がれてしまうなど、何か物体を溶かせることに特化した悪魔の実ではないため、自ずと攻撃や強さに限界も見えてくる。あと常に腹を下してしまう副作用もデメリットw

ヒエヒエの実…悪魔の実強さランク10位

続いての悪魔の実強さランキング10位は「ヒエヒエの実」。元海軍大将・クザンが所有している悪魔の実。

ヒエヒエの実の能力は「凍らせる」こと。ヒエヒエとは言いつつも、相手や大量の海水を一瞬で凍らせてしまう最強の威力を発揮。もし人間が一度凍らされた状態で壊されると、それ即ち「死」を意味する。

まさに氷結系最強の強さを誇る悪魔の実。

○氷結系の悪魔の実そのものがそこまで強くない?

でも、どうやら凍らせるにも限界はあるらしい。

(ONE PIECE70巻 尾田栄一郎/集英社)

例えば、ヒエヒエの実でドフラミンゴが凍ってしまった場面。

(ONE PIECE70巻 尾田栄一郎/集英社)

そのまま動きが止められたのかと思いきや、ドフラミンゴは気合か覇気かでクザンの氷を解除してしまう。悪魔の実の強さとして評価すると、この程度で溶けちゃう氷ってどうなん?って話。

考えてみると、ヒエヒエの実で凍らされたニコ・ロビンやルフィは「お湯で解凍」されてる。言っても氷は常温で勝手に溶けちゃう。物理現象でも絶対零度はマイナス273℃以下には下がらないものの、逆に高温は数万℃から数十万℃以上と限界はないに等しい。

つまり「氷系の悪魔の実」という時点で、実はそこまで圧倒的に強くはない可能性があります。一瞬凍っても即座に細胞が死ぬわけでもない。やはり炎系の能力と比べると、どうしても弱くなる傾向がありそう…とドルジ露瓶尊は考察してみる。

またヒエヒエの実は遠く離れた状態から攻撃することが難しく、基本的に相手に触れにいかなきゃいけない。何度も既に言及してるように、「触れる」という前提の能力は非常に使い勝手は悪い。やはりバトルにおいては不利に働く。

そのため悪魔の実としてはそこまで強くはなく、あくまでクザン自身が強いだけと最終的にドルジ露瓶尊は評価しました。

メロメロの実…悪魔の実強さランク9位

続いての悪魔の実強さランキング9位は「メロメロの実」。七武海のボア・ハンコックが所有している悪魔の実。

(ONE PIECE53巻 尾田栄一郎/集英社)

メロメロの実の能力は「石化」

メロメロ甘風を浴びた人間は、能力者の美貌に邪心を抱いてしまうと石化される。ヒエヒエの実と違って遠目から相手を石化できる上、一度石化してしまえば自然に解除されることもないのが強み。

ボア・ハンコックの場合、女性ですらウットリ一目惚れさせるほどの絶世美人であるため、ほとんどの男キャラであれば石化できそう。つまり、まさにあらゆるキャラクターを即死攻撃に近い強さを持つ悪魔の実

もちろん理性を保つために自傷行為で難を逃れることも可能だが、結果的に負傷する。もし仮に石化できなくても、他にもハートを弾丸のように飛ばして攻撃することも可能。そのためメロメロの実は汎用性が高く、まさにスキがない強さも誇るとドルジ露瓶尊は評価してみる。

○もしボア・ハンコック以外が食べていたらどうなるか?

ただボア・ハンコックありきの悪魔の実か。

もしブスキャラがメロメロの実を食べていたら、果たしてもれなく石化できるかは不明。もし能力者の美貌に左右されるのであれば、これほど意味がない悪魔の実もない。ただアルビダなどの例を考えると、メロメロの実を食べたからこそ美人になるのか?

ここらへんの設定次第では、メロメロの実の強さランキングはもっと下がる可能性もあります。

○下位互換の悪魔の実は「ホロホロの実」

メロメロの実の下位互換の悪魔の実は「ホロホロの実」。パンクハザードにいたペローナが所有する悪魔の実。

このホロホロの実は遠隔攻撃が可能ではあるものの、相手のテンションを萎えさせるだけ。能力者の美貌は無関係ではあるが、相手に直接的にダメージを与える能力すらない。まさに圧倒的な下位互換と言える悪魔の実。

オペオペの実…悪魔の実強さランク8位

続いての悪魔の実強さランキング8位は「オペオペの実」。元七武海のトラファルガー・ローが所有している悪魔の実。

オペオペの実は、そのままオペ(手術する)能力と思われがち。ただワンピースではかなり拡大解釈されており、「限定された特定の空間内であればあらゆる生物や無機物を自在に転移させられる能力」と考えるといいと思います。

この「ルーム」と呼ばれる必殺技の空間内であれば、端的にまとめると「人やモノをバラバラ」に切り刻めてしまう。また限定された空間とはいえ、この効果範囲がそれなりに広範。「ルーム」内であれば隕石ですら弾けるなど、ほぼほぼ無敵に近い強さを誇る。

そして、ルフィを筆頭に負傷者を治療することも当然可能。また自分の命と引き換えに、誰かを不老不死にできる「不老手術」と呼ばれる必殺技もあるらしい。もしかすると今後ワンピースでいずれ不老不死化されたキャラも登場するかも?

だから色んな意味で面白い悪魔の実であり、意外とチート仕様な強さを持ちます。

イトイトの実…悪魔の実強さランク7位

続いての悪魔の実強さランキング7位は「イトイトの実」。元七武海のドフラミンゴが所有している悪魔の実。

イトイトの実は、そのまま「自らの身体を糸にしてしまう能力」のこと。

一見すると弱そうにも見えますが、この糸の強度が炭素繊維並に非常に強い。そのため切れ味は抜群。自在にカタチも変えられる上、糸の細さによっては見えない。そんな数百数千本の「糸」が襲ってくると想像しただけでゾッとする。

そして「鳥かご」という人々を閉じ込めて切り刻む必殺技は、一つの街を覆い尽くすぐらいに広範囲。それでいて海軍大将でも簡単には切れない強度を誇る。この必殺技を使ったら誰相手でも勝てるんじゃね?

(ONE PIECE70巻 尾田栄一郎/集英社)

他にも糸を使って空中を飛ぶことも可能。またイトイトの実は自身の内臓を糸で縫い付けて修復するなど、攻防の面において汎用性が高い悪魔の実。ルフィの「ギア4」でようやく倒せるほどであり、もはや七武海の域を超えてるほど非常に強かった。

ただ所詮、イトイトの実は超人パラミシア系の悪魔の実。そもそも「最強の悪魔の実」と呼ばれる自然ロギア系の中から、更に最強に強い悪魔の実と比べると、どうしても自ずと限界は見えてくるのかなとドルジ露瓶尊は考察します。

メラメラの実…悪魔の実強さランク6位

続いての悪魔の実強さランキング6位は「メラメラの実」。元々はエースが所有していた悪魔の実であり、現在はサボが所有。

(ONE PIECE79巻 尾田栄一郎/集英社)

メラメラの実は「火」

大きな炎を吐き出して海賊船を何艘も沈めるなど、威力は抜群。ホノオは竜や剣、矢に自在に実体化させることも可能。また炎はそのまま燃え続ける性質があるため、炎の幕を張って敵の追随から逃れることも可能。

やはり火は三大元素の一つ。遠近のバトルに無難に対応できるなど、まさにメラメラの実は王道に強い悪魔の実。ただマグマグの実に押し負けて結果的にエースは死亡するなど、ワンピース当初ほどの無敵感はないため今回のランキング順位に設定してみた。

○下位互換の悪魔の実は「ネツネツの実」

メラメラの実の下位互換の悪魔の実は「ネツネツの実」ビッグマム海賊団メンバーのオーブンが所有する悪魔の実。

あたり一面の海水が一瞬で沸騰させるなど決して弱くはないものの、あくまで自分自身の体温を強烈に高めるだけ。やはり触れる必要があるという点で、前述のヒエヒエの実などと同じように使い勝手の悪さは残る悪魔の実。

ヤミヤミの実…悪魔の実強さランク5位

続いての悪魔の実強さランキング5位は「ヤミヤミの実」黒ひげ(マーシャル・D・ティーチ)が所有している悪魔の実。

ヤミヤミの実の能力は「ブラックホール」。相手を引力の力で引き寄せて、そのまま闇に呑み込む。呑み込まれた物体は無限の力で圧縮され、そのまま粉々の状態で吐き出される。ヤミヤミの実の効果範囲も非常に広範。

そして、一番厄介な能力が「悪魔の実の無効化」。例えば身体を掴まれる間は、悪魔の実の能力を一切発動できなくなる。特に自然ロギア系の悪魔の実能力者にとっては、一番の強みを奪われるカタチ。

○覇気がある以上、どこまで意味がある悪魔の実なのか?

ただ「覇気」の設定が登場する前の話であるため、現状のワンピースでは正直そこまでの強さは発揮できなさそうな悪魔の実。自然ロギア系でも攻撃を与えることができる以上、ヤミヤミの実でなければ何かできない能力は乏しそう。

確かに悪魔の実の無効化は魅力ではあるものの、「相手を掴む」という条件がネックですよね。何度もドルジ露瓶尊が指摘してるように、「離れて攻撃できない」のは致命的。結局、能力者本人の実力や強さが問われるため、悪魔の実としては使い勝手が悪い。

そしてヤミヤミの実は自然ロギア系でありながら、「物理攻撃などのダメージも回避できない」というデメリットも強さランキングではマイナス。初登場時は圧巻の悪魔の実ではあったものの、現状では最強とまでは評価できない…とドルジ露瓶尊は考えます。

ピカピカの実…悪魔の実強さランク4位

続いての悪魔の実強さランキング4位は「ピカピカの実」。海軍大将である黄猿・ボルサリーノが所有している悪魔の実。

ピカピカの実の能力は「光速」。由来はピカピカと光るヒカリから来てる。まさかの秒速30万kmで移動可能。さすがにここまで速いと逆に動きづらいそうなので、本当かどうかはやや疑わしい。

それでもピカピカの実は悪魔の実の中でも最速を誇ることは間違いない。速さはそのまま威力に繋がるため、まさに不可避の最大ダメージを敵に与えることが可能。あらゆる攻防の場面において、光速移動は強み以外の何者でもない。

そして肉弾戦だけではなく、光速のレーザー砲を無数に発射することも可能。ピカピカという軽いニュアンスからは想像できないほど、一発一発のダメージは強烈に重い。連射モードも可能など、まさに最強クラスの悪魔の実。

○光そのものによるダメージがない

ただヒカリは所詮ヒカリ。光に触れても付加的なダメージ効果はないのがマイナス。また黄猿・ボルサリーノは海軍元帥の座を赤犬・サカズキに奪われていることなどを、今回の強さランキングでは加味してみました。

ちなみに黄猿・ボルサリーノなど海軍大将たちの強さについて興味がある方は、あとで「海軍大将最強ランキングまとめ」をご覧くださいませ。

グラグラの実…悪魔の実強さランク3位

続いての悪魔の実強さランキング3位は「グラグラの実」白ひげ(エドワード・ウィーブル)が所有していた悪魔の実であり、現在は前述の黒ひげが所有。

グラグラの実の能力は「空間をぐらぐらと揺らす」こと。例えば空間を殴りつければ、その空間はひび割れたように大きく揺れる。その威力たるや、大陸を真っ二つに割き、大津波を引き起こすほど。

さながら全方位における地震攻撃が可能な悪魔の実。しかも、グラグラの実はピンポイントで敵の部位も攻撃できるため、仮に運良く能力者に近付けたとしても、一撃必殺のパンチは悪魔の実の中でも最大級。

まさに「天変地異」を生み出し、海軍からは「世界を滅ぼす悪魔の実」と恐れられるのも納得の強さ。使い勝手に長けており汎用性も高いなど、能力の強さだけでは完全に自然ロギア系の悪魔の実を凌駕するレベル。

グラグラの実はまさに「超人パラミシア最強」の悪魔の実に相応しい悪魔の実。先程のヤミヤミの実とのセットの悪魔の実であり、両者のコラボは非常にバトルにおいて強みを発揮しそう。

だから四皇の中で「黒ひげは最強」であるとドルジ露瓶尊は考察しております。この詳細について興味がある方は「四皇最強ランキングまとめ」もあとでチェックしてみて下さい。四皇の中で白ひげがどれだけ強いかなど考察しております。

ゴロゴロの実…悪魔の実強さランク2位

続いての悪魔の実強さランキング2位は「ゴロゴロの実」神エネルが所有している悪魔の実。

ゴロゴロの実の能力は「雷(かみなり)」。時速150km/h程度とピカピカの実には劣るものの、悪魔の実の中では最速クラスの移動速度を誇る。また2億ボルトの電撃はいくら悪魔の実の能力者でも耐えられるレベルを余裕で超えてる。

当然、覇気を覚えて攻撃しようにも相手は雷。そのまま痺れてしまって、強烈なカウンター攻撃を自ら食らいに行くようなもの。覇気でも攻撃しようがない悪魔の実。唯一、ゴムゴムの実のルフィは倒したものの、どうやって倒せばいいか最も迷う悪魔の実の一つ。

そしてゴロゴロの実は遠く離れた場所に「巨大な雷撃」を落とすことも可能。その威力の強さたるや地面を貫くほど。近付いて倒すことすら悩ましいのに、そもそも近付くことすら不可能な悪魔の実。

(ONE PIECE29巻 尾田栄一郎/集英社)

しかも仮に心臓が止まったとしても、自動的に電気ショックで生き返ってしまうという卑怯な技も併せ持つ。さすがに永久機関的に死なないというのは卑怯。まさに色んな意味で、ゴロゴロの実はチートすぎる悪魔の実。

現状、生き返ることができる悪魔の実は「オペオペの実」か「ヨミヨミの実」ぐらいでしょう。

マグマグの実…悪魔の実強さランク1位

そしてラスト。栄えある最強の悪魔の実ランキング1位は「マグマグの実」。海軍元帥である赤犬・サカズキが所有している悪魔の実。強くないわけがない。

(ONE PIECE58巻 尾田栄一郎/集英社)

マグマグの実の能力は「マグマ」。例えば巨大な拳状のマグマを大量に降らせるなんてのはお手の物。まさに隕石。この大量のマグマをまともに防げる悪魔の実は、数えるほども存在しないでしょう。

身体もマグマでできてるため、いくら覇気で実態をとらえて攻撃できても灼熱の熱さで攻撃した側が負傷してしまうことは明白。そこが砂やヒカリといった自然ロギア系の悪魔の実と異なる点。

またマグマによる攻撃は、炎のメラメラの実ですら歯が立たないほど。つまりメラメラの実の明確な上位互換。悪魔の実の中でも明確な序列が存在し、言っちゃえば「越えられない壁」的なヤツ。

そしてマグマの特徴は、圧倒的な熱量。熱量はエネルギーであり、パワーそのもの。先程の雷も言っちゃえばエネルギーの塊。温度は無限まで高めることが可能。

つまりマグマは雷すら平気で食らっちゃう熱量を持ちそう。先程のゴロゴロの実も含めて、強い以前に非常に倒しにくい and 特にダメージを与えにくい悪魔の実であることは間違いなさそう。

マグマグの実はそれ自体があらゆる頂点に立ってそうな悪魔の実ではないか、とドルジ露瓶尊は考察します。赤犬サカズキが海軍元帥に就任したことも踏まえると、マグマグの実が「最強の悪魔の実」と評価して良さそうです。

悪魔の実強さランク最強まとめ

以上、ワンピースの悪魔の実最強ランキングまとめでした。上位5つの悪魔の実は他の悪魔の実と比べても、明らかに別格の強さを誇ると思います。人間の領域を遥かに超えており、まさに悪魔の実の醍醐味とも言えそうな強さ。

ちなみに興味がある方は「悪魔の実の正体まとめ」もご参照。悪魔の実はどこから来てどこに消えるのか。悪魔の実の主成分は何なのかなど、やはりドルジ露瓶尊が徹底的に考察しております。