【完結】ワンピースの最終回を大胆予想してみた【最終話結末】

集英社で連載中のおすすめバトル漫画が『ONE PIECE』。かつて「ワンピース(ONE PIECE)が面白い理由まとめ」などもドル漫では考察済みですが、発行部数的にもワンピースは日本一の漫画であることは誰もが認める事実でありましょう。

しかしながら、既に『ワンピース』は連載から20年以上が経過。非常に長期連載マンガでもあるわけですが、やはりワンピース読者なら誰もが気になるのが「ワンピースはいつ完結するのか?」という疑問。

もちろんまだまだ完結する兆しはないものの、今回ドル漫では「ワンピースの最終回・最終話」について徹底的に予想してみたいと思います。ONE PIECEの物語は佳境に入りつつはあるので、ある程度は色んな予想や目測が立つ。

ということで話半分で「ONE PIECEの衝撃のラスト結末」について御覧ください。

ONE PIECEは最終回まで残り何年?いつ頃完結する?

まずは「ONE PIECEが完結する時期」を予想してみたいと思います。ワンピースの残りの伏線の数やストーリーの進捗具合、連載状況などから最終回・最終話の時期はある程度予測可能なはず。

さっそく結論から書くと、ワンピースの最終回は「2023年から2025年頃」に結末を迎えると予想されます。現在は2018年8月ですので、今から約5年~7年後あたりにワンピースは完結しそう。

理由は至ってシンプル。何故なら、ワンピースの作者・尾田栄一郎が読売新聞かどっかで「ワンピースのストーリーは80%程度まで消化済み」と発言していたから。作者・尾田栄一郎の言葉を信じる限り、最終回まで残り20%ってこと。

現在ワンピースは最新90巻まで発売済み。つまり単行本で例えると、単純計算で最終話まで残り22.5巻分ほど。ワンピースの新刊コミックは一年で4巻分ほど発売されるので、これをさらに年数に換算すれば上記の最終回の時期頃と予想できる。

さすがにワンピースがあと10年も続くとは考えにくいので、最終話の時期としては非常に妥当なラインだと考えます。

【ワンピース】最終回はラフテルに到達して終わり?

ってことで本題。ONE PIECEの最終回について具体的に考察・予想していこうと思います。

そこでまずワンピース読者なら誰でも思いつく結末が、やはり「ラフテル」の存在でありましょう。海賊王ゴールド・ロジャーがラフテルに「この世の全てを置いてきた」と宣言して、そこから海賊時代が始まったワンピースを象徴する最終ゴール地点。

そして、世界政府や天竜人海軍大将たちがルフィを筆頭に海賊たちがラフテルへ到達しないように阻んでいる。これを漫画的に解釈すれば、確実に「ルフィたちがラフテルに到達」するということ。

じゃあワンピースのラストもラフテルに到達して終わり?…かと思いきや、結論から書くと答えはNO。

何故なら既に「ラフテルの正体まとめ」でも徹底考察してるように、あくまでラフテルには「Dの一族の正体」や「空白の100年の真相」が隠されている可能性が高いから。そのためラフテル到着後、ワンピースは最終話を迎えようにも新たな謎が明らかになるだけ。

つまりラフテルに辿り着いた後に「ワンピースの結末を回収するクダリ」が始まると考えていい。ラフテルは最終回どころか、むしろワンピースの「終わりの始まり」。まさにラフテルは最終回のスタート地点だったというオチ。

【ONE PIECE】ラフテル→最終回までに起きる展開まとめ

やはりワンピースはボードゲームではない以上、単にラフテルという最終ゴール地点に到達したからストーリーが終わるという単純な漫画ではない。そこで問題となるのが「ラフテル到達後に何が起きるのか?」という点。

ただ『ワンピース』が最終話を迎えるにあたって、これまで常識として描写されていた設定は崩壊。ワンピースの世界観そのものがガラッと変わるはず。ワノ国編ではワンピースの作者も言ってるように、マリンフォード頂上戦争の比ではない展開が巻き起こると予言してることからも明らか。

まさに『ワンピース』の最終回・最終話では誰にも読めないほど混沌の様相を呈する可能性が高い以上、現段階ではさすがの筆者もこれ以上の予想を繰り広げるのは難しいかも知れない。きっと王下七武海四皇といった制度そのものが無くなる可能性も高い。

でも、そこで終わらないのがドル漫。

ラフテルが「最終回のスタート地点」と仮定すれば、そこから少しずつ次の展開を予想すればワンピースの最終回も見えてくるはず。じゃあ最終回の引き金を引くであろう「ラフテルに最初に到達するキャラクター」は誰なのか予想していきましょう。

○「ルフィ vs 黒ひげ vs イム様」の三つ巴の戦いが勃発

結論から書くと、最初にラフテルに到達するのは黒ひげ(マーシャル・D・ティーチ)である可能性が高いとドル漫では予想しております。何故なら既に「最悪の世代メンバーから海賊王が誕生する」という伏線は張られてるから。

現状この可能性があるのはルフィと四皇・黒ひげに限られるんですが、やはり劇的な最終回を迎えるための波乱を起こせるのは黒ひげのみ。ルフィがそのままラフテルに到達したとしても、ストーリーの流れ上はあまりにも妥当すぎて面白味に欠ける。

で、黒ひげ到達後に何が起きるのかというと、おそらく現在の世界政府が崩壊する。海軍本部のあり方も劇的に変化。Dの一族の代表として黒ひげが新世界政府を樹立し、イム様は本家の世界政府として再び覇権を握ろうと画策。

一方、その二つの勢力に対抗するのがルフィ一派。最近、麦わらの一味が数々の傘下の海賊を不自然なまでに増やしたのも、まさに『ワンピース』の最終回に突入する大きな伏線だった。さすがに10人程度では勝てないレベルの戦いが最終話では勃発。

まさにルフィvs黒ひげvsイム様の「三つ巴の戦い」が起きて、そこからワンピースは初めて完結に向かうとドル漫では予想してみる。

しかも、そこには緑牛や藤虎や元大将の青雉クザンといった海軍大将や海軍の一部(改革派?)が黒ひげに勢力が分裂する展開が勃発。まさにラフテル後は世界が大きく分断していく。

更にカイドウビッグマムはルフィに恨みを抱いてるため、おそらく黒ひげかイム様の側に付くはず。二人はもともとロックス海賊団メンバーであることも考慮すれば、『ワンピース』最終回以前から結託して動く可能性は非常に高いでしょう。

もしかするとカイドウたち以外のロックス海賊団元メンバーもワンピースが完結までに暗躍するか。

【ワンピース余談】エネルは最終回に関わってくる?

ただ最終話を迎えるにあたって、個人的に気になるワンピースキャラクターがいる。それが「神エネル」の存在。ルフィに敗北後、まさに逃げるようにして月まで到達しちゃった最強クラスの悪魔の実を所有する男。

じゃあ神エネルもワンピース最終回に関与してくるのか?結論から書くと、エネルも最終回に絡んでくることは間違いない。

何故なら、ワンピースの扉絵でエネルの後日談が散々描写されてるから。扉絵で描写されたキャラは後に必ず活躍する。エネルの場合は、まさに「ワンピースの最終回」。またミンク族の正体もどうやら月の民っぽいので、そこらへんもワンピースの結末に影響を与えそう。

もちろんどうやって or どのタイミングで月から地球に戻ってくるかは知りませんが、確実にエネルが最終話に関与する前提で予想を掘り下げてみると、エネルはどうやらワンピースの結末で更に大きな衝撃を与える可能性も。

何故なら、エネルは「イム様」と一大勢力を築く可能性があるから。根拠らしい根拠はないものの、まさに「神様と仏様」の最強タッグが完成する。何故エネルがさんざん神を自称していたかと言うと?

つまり、エネルは「ONE PIECEの最後のラスボス」として再び君臨する可能性もある。

以上、尾田栄一郎『ワンピース』の結末に関する予想考察でした。ほとんど今回の妄想が当たってたら集英社に申し訳ないなという気持ちもありますが、そのときには占い師でも転職したいと思います。

ちなみにドル漫では「ハンターハンターの最終回予想まとめ」も考察済み。夏休み明けにクラスの友達に、さも自分で考察したかのように今回の最終回ネタを自慢してもらうのは自由です(笑)