【ワンピース考察】緑牛のヤバい正体とは?ゾロの父親?おでん?【悪魔の実】【りょくぎゅう】【海軍新大将】

『ONE PIECE』で海賊を取り締まる組織が「海軍」。その海軍本部の中でもトップクラスの戦力を誇るのが3名しか存在しない「海軍大将」。

当初海軍大将は青雉(クザン)と黄猿(ボルサリーノ)と赤犬(サカズキ)でしたが、ワンピースの物語が進んだ現在は新世界編後に赤犬が海軍元帥に昇格。青雉はサカズキとの壮絶なバトルにおいて敗北を喫し、海軍そのものを辞めてしまった。

そして新たに空いた海軍大将の席に入ったのが「藤虎(イッショウ)」と「緑牛(名前不明)」

8bc9d866ef0d53ae05906848650b14c5

(ONE PIECE73巻 尾田栄一郎/集英社)

藤虎イッショウは既にドフラミンゴ編で登場済みですが、緑牛の正体は未だに不明な部分が多い。まだ緑牛の顔写真や本名といった素性も不明。そのため冗談半分で緑牛の正体は画像のような不細工ヅラを予想されることもあります。

そこで今回ドル漫では「新海軍大将の緑牛(りょくぎゅう)のヤバすぎる正体を徹底的に考察」したいと思います。これを読めば現状判明してる分だけの緑牛の正体はほぼ分かるはず。

d-manga.net

緑牛は世界徴兵で選ばれた海軍大将

まずは緑牛の正体をおさらい。

緑牛は新世界編後に選ばれた海軍大将。前述のように赤犬と青キジの抜けた穴を埋めるために、藤虎と共に世界徴兵された元民間人。そのため緑牛もそれまでの海軍大将と違って、いわゆる生え抜きの海軍兵士などではありません。

これはかなり異例。ガープやセンゴクもおそらく生え抜きの海軍兵士だったはず。そのため実力のみで海軍大将に選ばれた可能性が高い。緑牛の強さはまだ判明してないものの、元王下七武海のドフラミンゴの言葉を信じるなら「藤虎と共に強キャラである」ことが予想されます。

d-manga.net

緑牛の読み方は「リョクギュウ」

続いては「緑牛」の読み方。これまでの海軍大将の読み方の法則は、「あおきじ」や「きざる」「あかいぬ」などいわゆる訓読みが多かった。だから緑牛も同じ訓読みのノリで「みどりうし」と読むのかと思いきや、答えはNO。

結論から書くと、緑牛の読み方は「リョクギュウ」。もっと正確に言うなら、緑牛のフリガナを見ると「りょくギュウ」が最も正しい読み方とのこと。音読みと訓読みを使い分ける意味があるかは不明。作者・尾田栄一郎の発言を聞いている限りは特に意味はなさそう。

例えば、藤虎も当初の名前は「紫虎(しとら)」を予定していたそうですが、語呂が悪いという理由で却下されてる。緑牛も同様に「ミドリムシと間違えそうやん?ウミウシの新種みたいな名前やん?それってダサいやん?」というノリ以上でも以下でもなさそう。

ちなみに、筆者のドルジは「みどりうし」としばらく読んでたことは内緒です。

d-manga.net

緑牛のモデルは誰になるのか?性別は女性?

一方、海軍大将のキャラクターデザインと言えば、やはり「モデル」の忘れてはいけない。

これまでの海軍大将は「往年の俳優」がモデルとなっており、例えば青雉は松田優作、黄猿は田中邦衛、赤犬は菅原文太、藤虎は勝新太郎でした。厳密には「演じた映画のキャラクター」がモデルであることが多く、性格や言動もそれぞれモデルの俳優に似通ってました。

そのため緑牛のキャラクターデザインも往年の俳優がモチーフになってる可能性が非常に高い。ネット上では「三船敏郎」や「高倉健」や「石原裕次郎」といった名前が候補として上がってます。三枚目キャラの田中邦衛が起用されてる過去から「芦屋雁之助」という説もありそう。

渥美清も当初予想の一人だったんですが、既に海軍に「茶豚(ちゃん)」というキャラクターが登場してるためこの可能性は排除できそう。

2869c79fef5223fc0d6c3f8582773a71

(ONE PIECE80巻 集英社)

緑牛の見た目を確認すると、黄猿の後ろ(藤虎と右隣)にいる謎のシルエットが緑牛になります。緑牛の髪型はもっさりパーマの長髪ヘアーが特徴。この時点で高倉健や三船敏郎の線は排除できそう。また「緑牛=女性説」も作者・尾田栄一郎が男と断言してるためその線もなし。

○作者尾田栄一郎の発言から「緑牛」の正体を予想してみる

そこで気になるのが作者・尾田栄一郎の発言。

尾田栄一郎曰く、緑牛のキャラデザは「メチャメチャカッコイイ」とのこと。この時点で緑牛のモデル候補には芦屋雁之助も外れそう。これまでの海軍大将はオヤジ系の渋いキャラクターが多かったですが、更に「カッコイイ」というニュアンスから考察すると、緑牛はもっと年齢が若い俳優が採用されてる可能性が考えられます。

そのため緑牛候補の三船敏郎や高倉健も可能性は排除できそう。むしろイメージ的には「ダンディズム」「渋い親父」。緑牛は最後の海軍大将だけあって、これまでのパターンから「若返り」を図る可能性は高そう。緑牛だけ読み方が少し異質なのも引っかかる。

9416ccbef2550bce75df7cfcf3c31e33

(ONE PIECE905話 尾田栄一郎/集英社)

そして、現状判明してる緑牛の「ご尊顔」がコチラ。

緑牛はやはり長髪姿であり、言動なども合わせると非常にチャラいキャラクターと推察されます。そのため緑牛のモデルは「30代40代の俳優」が起用される可能性がありそう。山田孝之や窪塚洋介など緑牛にはピッタリか。青キジが抜けた穴を緑牛が埋めると仮定したらまさに納得。

d-manga.net

緑牛の正体はゾロの父親?おでん?

続いては「緑牛の正体≒ゾロの父親説」というネット上で流布されてるネタが真実かどうか考察していこうと思います。

ご存知のように、麦わらの一味である二刀流剣士のロロノア・ゾロの髪の毛の色は「緑色」。一方、「緑牛」の異名からも分かるように同様に髪の毛の色も緑色だとすれば、緑牛とゾロには遺伝的繋がりがあるはずだ…という理屈。

確かに『ワンピース』の世界では「髪の毛の色」は重要。赤髪のシャンクスの正体最悪の世代ユースタス・キッドの父親とする考察もあります。ポートガス・D・エースのそばかすにしても、ルージュとの親子関係を示す情報の一つでした。

ただし、結論から書くと緑牛がゾロの父親という可能性は低そうです。

何故なら、緑牛の髪の毛が緑とはそもそも限らないから。黄猿が金髪でなかったように、赤犬が赤髪ではなかったように、緑牛も以下同文でありましょう。さすがに発想が安直か。そもそも現時点ではゾロの先祖は「ワノ国の剣豪リューマ(霜月リューマ)」の可能性が高そう。

そこに「藤虎の息子」という設定も加われば、さすがにゾロの情報が渋滞しがち。

○おでんの可能性もゾロの父親の可能性も低そう

また緑牛の正体はワノ国将軍だった「光月おでん」という大胆な仮説も一部ネット上では流れてるそうです。確かに緑牛は「おねぇちゃんの料理なら食べる」と語るなど女好きの性格を覗かせますが、おでんも幼少期の逸話を見る限りは相当の女好き。

ただし、「緑牛の正体≒おでん説」も可能性はやはり低いか。さすがにワノ国が黒炭オロチカイドウに乗っ取られておいて、今更おでんが生きてましたとなれば意味不明。

また赤犬・サカズキがワノ国の情報に疎い点からも可能性は低いか。何故ワノ国の情報を直接緑牛から訊かないのか不思議。その意味で藤虎イッショウも含めて、緑牛もワノ国出身者かどうかすら怪しそう。緑牛の年齢を考えると「誰かの父親」という可能性がそもそも低いか。

d-manga.net

緑牛は海軍大将でありながら海賊の味方?

緑牛は冒頭でも説明したように海軍大将。海軍大将は海賊たちを打ち取るためだったら、どんなあくどい手段も講じる組織のボス。赤犬・サカズキを筆頭に、もはやONE PIECEの中では悪者にしか描かれていない節もあります。

じゃあ緑牛もあくどい海軍大将として描かれるのかというと、どうやらそうでもないらしい。

実際、既に新海軍大将として登場済みの藤虎・イッショウは、ルフィたち海賊に共感する節も見せたり、海軍が行った非礼に対して土下座するなど、海軍のあり方に疑義を持ち海軍とズブズブの王下七武海の撤廃を信念として掲げてる。緑牛もどうやら性格や信念的には、その藤虎と近い海軍大将の模様。

f2078f25ebb39cca2ea42940a15750be

(ONE PIECE76巻 集英社)

「緑牛=良いヤツ説」の根拠となるのが『ONE PIECE』76巻で投稿された読者(トサカ後輩)の考察。

どうやら海軍大将の名称は「干支」を参考にしているらしい。そこで干支を基準に考えると赤犬や青雉・黄猿などは桃太郎(世界政府)寄りに位置しているのに対して、緑牛や藤虎は鬼(海賊)寄りに位置していることが分かります。

つまり緑牛は最終的に海軍大将の職を放棄し、いずれルフィなど海賊側に付くのではないかと考察される。作者・尾田栄一郎の動揺っぷりからも、緑牛の今後のキャラクター性も垣間見える気がします。

ただ「緑牛=良いヤツ説」に穴があるとしたら、青雉・クザンの存在。

青雉は赤犬に敗北して、現在は黒ひげ海賊団とつるんでいるのではないかと言われてる。そのため干支の位置で考えたら、青キジは緑牛などに近い位置じゃないとおかしい。そう考えると、この緑牛に関する考察はやや眉唾か。

そして最後は緑牛の悪魔の実の能力に関して考察して終わりたいと思いまーす。

d-manga.net

緑牛の強さは藤虎を超えるほど強い?

続いては緑牛の「悪魔の実の能力」を考察。悪魔の実の能力者であることは間違いないものの、果たして緑牛はどういった能力者なのか?

65ece07d9af92fc7bf4f18e90f37169c

(ONE PIECE72巻 集英社)

現時点で判明してる情報として、緑牛の強さは相当強いということ。ドフラミンゴも藤虎の強さを評価する際に、「緑牛と共に実力は折り紙付きの化け物」と表現してるのは有名な話。この言い方から考えると、緑牛の強さは藤虎よりも強そうな印象すら受けます。

だから、緑牛も自然ロギア系の悪魔の実の能力者なのかも知れない。

赤犬が「マグマ」、黄猿が「光」、青雉が「氷」、藤虎は「重力」といったこれまでの海軍大将と同様に緑牛も何かしらの自然系の能力を使うのは間違いないか。やはり腐ってもロギア系は最強の悪魔の実。海軍大将である以上、強さこそが全て。

d-manga.net

緑牛の悪魔の実が超人系?動物系?

一方、ネット上では「藤虎が超人パラミシア系だから緑牛は動物ゾオン系」といった考察もあります。

白ひげ(エドワード・ニューゲート)のグラグラの実は超人パラミシア系だったように、悪魔の実の中でも割と幅広くカテゴライズされる。藤虎の「重力」も「重力波」と考えたら、デービーバックファイトで登場したノロノロビームに近い能力なのかも知れない。

藤虎のビブルカードを見ても超人パラミシア系とはどこにも書いてなかったと思うんですが、確かにこの理屈で考えたら、「黄猿がロギア系(ピカピカの実)、藤虎がパラミシア系、緑牛がゾオン系」でキレイに三等分に分かれることになる。

ビッグマム海賊団のシャーロット・カタクリが当初は自然ロギア系に該当していたり、ロギア系の法則である「体の原型が崩れる」は既にユキユキの実で崩壊しており、まだ設定は固まってないのか。とはいえ、緑牛の悪魔の実は動物ゾオン系なのか?

fa882249621d0c65caabfa2d3c66bb99 284x370

(ONE PIECE67巻 集英社)

緑牛の異名からは「ウシウシの実(モデル・ミノタウロス)」と考察する人もいますが、悪魔の実の能力者ではないものの、茶ひげと呼ばれるケンタウロス系の海賊が既にパンクハザード編で登場済み。もし緑牛がゾオン系ケンタウロスの能力者だとしたら、さすがにインパクトは薄いか。

緑牛の悪魔の実は「木遁系」「植物系」か?

じゃあ緑牛の悪魔の実の能力は何なのか?

異名にかかる動物名の部分は、前述のように「干支」に関連してるはず。ただこれまでの海軍大将は「色(カラー)」のイメージにあった悪魔の実の能力者だったことが多い。赤犬はマグマ、青キジは氷、黄猿は光といった具合。

そのため緑牛の悪魔の実も「緑」のイメージから連想させる能力と予想されます。例えば、バイ菌やカビやウイルスといった可能性が考えられます。マゼランのドクドクの実と能力的には近いか。ただ個人的には「森や植物を操る系の自然ロギア系能力者」と予想してみる。

聖地マリージョアにおける「3年間も何も食べない」という緑牛の発言から、普段は「光合成」で栄養をとってるのかも知れない。緑牛の見た目は「普通の人間」と考察できるため、絶食状態を可能たらしめてるのは悪魔の実の能力か副作用と考えられます。

「牛」もひたすら草を食べて呑み込んで、また胃の中から口に出してクチャクチャと嗜む反芻動物として有名。あまり想像したくありませんが、緑牛も一度食べたものをひたすら反芻(はんすう)して生き延びてる可能性もあるか。

f55b6c47ea7de11d50673356bd918080 389x370

(NARUTO65巻 集英社)

例えば『NARUTO』の木遁が一番イメージとしては最適。

画像の千手柱間がうちはマダラのバトル場面。「木」は弱そうなイメージも思い浮かびますが意外と「木遁」の能力は汎用性が高くめちゃんこ強い。、NARUTOではどんだけ巨大な木を具現化させてくれてんねんという場面のオンパレードでした。

作者・尾田栄一郎と岸本斉史はお互いライバルとして認識しつつも、プライベートでは大の仲良し。リスペクトも込めて緑牛は実存する俳優ではなく、千手柱間に似せてくる可能性もあるか。「カッコイイ」という表現からも「緑牛のキャラデザ=千手柱間説」もあながち間違いではないか。

例えば、食中植物の場合は「動物」に該当するのか。はたまた植物状に肉体を変身させてるとしたら、超人パラミシア系悪魔の実に該当するのか。そもそも植物を自然の一種として捉えるのかなど、カテゴリの解釈はいろいろ分かれそうですが。

コメント

  1. 匿名 より:

    藤虎はどう見てもパラミシアでしょ

  2. 匿名 より:

    青キジはオハラへのバスターコールに賛同するなど基本的に世界政府寄りの考え方をしているので矛盾はしないと思います。

  3. 匿名 より:

    緑牛の言ってた、3年はなにも食べてないってのがヒントなんじゃないですか?仮に植物系の能力者と推察すれば「光合成で生きていけるから」とつじつまが合うかもしれないですね。

  4. コメントありがとうございます。
    「絶食状態」はヒントの可能性が高そうですね。
    緑牛の悪魔の実が菌やウイルスの場合、
    体内で何かしらを発酵させて生き長らえてるパターンもありそう。

  5. コメントどうもです。
    確かに青キジはどちらかというと「赤犬嫌い」の特徴が強いかも知れないですね。
    結果的に海軍元帥を目指してたわけですし。

タイトルとURLをコピーしました