【ワンピース考察】緑牛の正体とは?【海軍新大将まとめ】

スポンサーリンク

『ONE PIECE』の中で主人公・ルフィなど海賊と相対する組織といえば、「海軍」。その海軍本部の中でもトップクラスの戦力を誇るのが「海軍大将」。

『ONE PIECE』当初の海軍大将は青雉・クザンと黄猿・ボルサリーノと赤犬・サカズキだけでしたが、物語が進んで赤犬・サカズキは元帥に昇格。青雉・クザンはサカズキとの壮絶なバトルにおいて敗北を喫し、海軍大将を遁走。そして新たに空いた海軍大将の席に入ったのが、藤虎・イッショウと緑牛(名前不明)

(ONE PIECE73巻 集英社)

藤虎・イッショウは既に『ONE PIECE』のドフラミンゴ編で登場してるものの、緑牛の正体は未だに不明。まだ顔写真や本名といった素性は不明のまま。もしかすると緑牛の正体は画像のような不細工ヅラとも噂されております。

そこで今回は『ONE PIECE』の海軍大将・緑牛の正体を徹底的に考察したいと思います。これを読めば緑牛の正体はほぼほぼ分かるはず(多分)。

緑牛の読み方は「リョクギュウ」

まず緑牛の読み方。これまでの海軍大将の読み方を考えると、「あおきじ」や「きざる」「あかいぬ」など訓読みが多かった。だから緑牛も同じ訓読みのノリで「みどりうし」と読むのかと思いきや、NO。

緑牛の読み方としては「リョクギュウ」が正しいです。もっと正確に言うと、フリガナは「りょくギュウ」とあるため何か使い分け自体に細かい意味があるのかも知れない。

ただ何故これまでの慣例を破って緑牛だけが特別なのかを考察したんですが、作者・尾田栄一郎の発言を聞いている限りは特に意味はなさそう。藤虎も当初は「紫虎」を予定していたそうですが、語呂が悪いという理由で却下されてる。

だから緑牛に関しても「なんかミドリムシと間違えてしまいそうやん?ウミウシの新種みたいな名前やん?それってダサいやん?」的なノリで、音読みの「リョクギュウ」に変更されたんだと考察されます。ちなみに、今まで自分が「みどりうし」と読んでたことは内緒です。

緑牛のモデルは誰になるのか?

これまでの海軍大将のキャラクターデザインは、それぞれ往年の俳優がモデルとなってました。青雉は松田優作、黄猿は田中邦衛、赤犬は菅原文太、藤虎は勝新太郎。性格や言動もそれぞれの俳優に似通ってる節も強い。

そのため、きっと緑牛のキャラクターデザインも往年の俳優がモチーフになってる可能性が非常に高いと考察されます。今のところネット上では「三船敏郎」や「高倉健」や「石原裕次郎」といった名前が候補として上がってます。田中邦衛が起用されてる過去から「渥美清」や「芦屋雁之助」という説もあると個人的に考察してみる。

(ONE PIECE80巻 集英社)

一応、緑牛の見た目は分かってる範囲では画像の場面のみになります。黄猿の後ろ、藤虎と右隣にいる謎のシルエットが緑牛になります。

どうやら謎のシルエットから考察すると、緑牛の髪型はもっさりパーマの長髪らしい。この時点で高倉健や三船敏郎の線はなさそう。また「緑牛=女性説」もありましたが、作者・尾田栄一郎が男と断言してるためその線もなし。

そこで気になるのが作者・尾田栄一郎の発言。

尾田栄一郎曰く、既に緑牛のキャラデザは考えており、「メチャメチャカッコイイ」とのこと。この時点で渥美清や芦屋雁之助など緑牛の候補から外れると思いますが、更に「カッコイイ」というニュアンスから考察するなら緑牛はもっと年齢が若い俳優が採用されてる可能性が考えられる。

これまでの海軍大将はオヤジ系の渋いキャラクターが多かった。三船敏郎や高倉健にしてもカッコイイよりかは、むしろイメージ的には渋いダンディズム。緑牛は最後の海軍大将だけあって、これまでのパターンを変えて若返りを図る可能性もありそう。上述の通り、緑牛だけ読み方が少し異質なのも引っかかる。

そう考察すると緑牛の正体は30代前後の俳優が起用される可能性がありそう。山田孝之や窪塚洋介など緑牛にはピッタリか。