【ハンタ考察】幻影旅団 強さランキング最強まとめ【強さ順位】

おすすめバトル漫画が『ハンターハンター』。何期もアニメ化されるなど人気を誇ります。

このハンターハンターの中でも人気の敵キャラが「幻影旅団(げんえいりょだん)」と呼ばれる集団。ハンターハンター読者なら誰もが知ってると思いますが、「幻影旅団メンバー一覧まとめ」もあとでご参照ください。

(ハンターハンター8巻 集英社)

ってことで今回ドル漫では幻影旅団の「強さランキング」を徹底的に考察してみました。既に何人か死亡してしまった幻影旅団メンバーも存在しますが、あくまで生存していたら…と解釈して楽しんで読んでください。

幻影旅団・強さランク13位…コルトピ

まず最初は幻影旅団の中でも強さが最下位のキャラクター…つまり幻影旅団の中で一番弱いキャラクターを考察。

結論からサクッと書くと、幻影旅団強さランク13位はコルトピ。

コルトピは幻影旅団の中では重要な働きを担うものの、あくまで前線に赴かず模造品を作るだけ。幻影旅団では唯一バトルをしないキャラクターと考察されます。もしプロハンターと勝負したら、おそらく十中八九コルトピは負けそう。

少なくとも、様々な点において「コルトピが強い」と考察するのは不可能。コルトピは幻影旅団の中で最も弱いキャラクターだと筆者ドルジ露瓶尊は断言します。きっとハンターハンターマニアであれば誰もが認めてくれると思います。

幻影旅団・強さランク12位…パクノダ

続いての幻影旅団強さランク12位はパクノダ

やはりコルトピと同様に、幻影旅団の中ではサポート役を務める。例えば特定の人物の記憶を見ることで、お宝の場所や捜査機関の情報を盗み見る。ましてやパクノダは腕力に劣る女性。幻影旅団のメンバー内では戦闘能力に特化してないことは明らか。

ただパクノダは割りと身長は高く、キルアといった武闘派の敵にも直接的に接する機会も多いはず。

そのため幻影旅団の中で強くないとは言っても、ある程度はバトルの腕が立つはず。もしパクノダが弱ければ記憶を読み取るため敵に近付いた瞬間、スキを突かれて反撃を食らって致命的なダメージを負う可能性は高い。実際、パクノダはキルアたちに不意を付かれて負傷済み。

そのためパクノダの戦闘シーンはハンターハンター内ではほとんどありませんdしたが、それでも強さ的には12位と13位の間とではかなりの隔たりがありそう。それだけコルトピのフィジカルの弱さは決定的なレベル。

幻影旅団・強さランク11位…カルト

続いて幻影旅団強さランキング11位はカルト

キルアの弟であり、ゾルディック家の末弟。キメラアントを倒すなどそれなりに強さは見せるものの、カルトは他の旅団員メンバーが視認できたフェイタンの高速の動きすら把握できないなど、自他共に認めるようにカルトの強さは幻影旅団の中では下位。

ただカルトも幻影旅団の完全サポートメンバーよりさすがに強いとは考察されるため、強さランキングではこのあたりの順位が妥当と考察してみました。

幻影旅団・強さランク10位…シズク

続いて、幻影旅団強さランキング10位はシズク

ちなみに、このランキング以降はハンター読者によって、おそらく強さ順位が微妙に上下動する範疇だと思います。逆に、これ以前の強さランキングはほぼ確定的であると筆者も自信があります。

シズクは幻影旅団での立場は、あくまで財宝回収や証拠隠滅などサポートの役割を担うメンバー。そのため幻影旅団の武闘派メンバーと比べた場合、シズクの強さランキングは基本的に下位グループに入るはず。

ただ一方、シズクはフェイタンの高速移動を把握できたり、ヨークシンシティ襲撃時には驚異的なジャンプ力を見せるなど、シズクの身体能力的な強さは指折り。また具現化した掃除機(デメちゃん)を使った攻撃もバトルの展開に幅を広げるのが強み。

幻影旅団・強さランク9位…マチ

続いて幻影旅団強さランキング9位はマチ

やはりシズクと同様に、幻影旅団の中では治癒や追跡などサポート系メンバー。ただシズクよりもランクを強くした理由は、マチはどちらかと言えば念能力も含めて戦闘向けに特化しているから。

マチが行う追跡行為も、敵との接触(戦闘)ありき。実際マチはゴンやキルアをおびき寄せる場面では、ノブナガと一緒に行動してる。だからマチは治癒行為も補助的に行われるに過ぎず、基本的に幻影旅団の中でも武闘派とドル漫では考察してみる。

(ハンターハンター10巻 集英社)

実際、幻影旅団の腕相撲の強さランキングでも、マチはクロロより上回る強さの腕力を持つ。シズクの武器部分(デメちゃん)を考慮したとしても、それでもマチの方がまだまだ強いと考察されます。

他にもマチは念糸を隠で透明化できるのも、バトル面ではきっと有利に働くことも多い。シズクのデメちゃんも捨てがたいですが、それでもマチは幻影旅団の中でも戦闘タイプ。なんやかんやでシズクよりマチが強いとドル漫では考察してみる。

幻影旅団・強さランク8位…シャルナーク

続いて幻影旅団強さ順位8位はシャルナーク

前述の二人と同じように、幻影旅団のサポートメンバー。むしろ身体能力的には上述の二名より強くないかも知れない。またシャルナークの操作系の念能力も「弱さ」に拍車をかけるような気もします。

ただシャルナークは自分にアンテナを刺すと「自動操作モード」に入って覚醒する。とにかくめちゃくちゃ強くなるというチート能力を持ってる。そのためシャルナークはいざという時に覚醒モードの能力を使いさえすれば、少なくともマチとシズクには勝てるとドル漫では判断してみた。

でも覚醒モード後の反動が強く、その後シャルナークはほぼ動けない状態に陥る。もし無敵モードで勝てなかった場合も大いに考えられるため、そこまでシャルナークの強さはべらぼうに強いとも言い切れないはず。

幻影旅団・強さランク7位…ノブナガ

続いて幻影旅団強さ順位7位はノブナガ。幻影旅団の中では前線で特攻するタイプのキャラクター。

ただフィジカル的には、ノブナガはやや平凡。刀という武器を所持するものの、ノブナガのリーチの短さは如何ともしがたい。また円の範囲も狭め。ノブナガは具現化系ではないため、その刀が奪われると戦闘力が激落ちする点でも強さランキングではマイナス。

ざっくり個人的考察を述べると、基本的にノブナガは「ザコ処理専門」と判断してます。また幻影旅団の他の武闘派メンバーと比べるとこれといった強みも少ない。

そのためサポート系の幻影旅団メンバーより強いとは判断されるものの、消去法的にノブナガはこの程度のランキングに落ち着くとドル漫では判断しました。

幻影旅団・強さランク6位…フィンクス

続いて幻影旅団強さ順位6位はフィンクス。ノブナガと同様に、幻影旅団の中では戦闘の役割を担うキャラクター。そのためフィンクスはパワーにもスピードにも長けたオールラウンダーな強さを持つ

そして、腕をブンブン回すだけでオーラ量を激増させる念能力は、非常に使い勝手が良い。制約の低さに反して発揮できる強みは、バトルでかなり有利に働くはず。フィンクスはノブナガよりも身体能力は高く、より好戦的な点も強さランキングでは優位。

後述するフェイタンと同様に、フィンクスは良くも悪くも無意味に修羅場を多く潜り抜けてるのもポイント。それにも関わらず、今まで重症を負うことなく生き残ってきた戦歴数の多さからフィンクスはノブナガよりも強い旅団メンバーとドル漫では考察してみる。

幻影旅団・強さランク5位…ウヴォーギン

続いて幻影旅団強さランキング5位はウヴォーギン

やはり幻影旅団の中でも、ウヴォーギンは「特に戦闘」に特化した役割を担ってる。フィジカルの強さだけで考察すれば、幻影旅団の中でトップクラスのものを持つ。クラピカが最初にウヴォーギンを狙った理由からも考察可能。

そこに加えて、ウヴォーギンはフィンクスと同様に純粋な強化系能力者。好戦的な性格も含めて、やはりフィジカルの差でフィンクスよりも強いとドル漫では判断。ただクラピカに敗北済みであり、やはりウヴォーギンの直情的な性格はマイナス。意外と冷静な判断はできるものの、幻影旅団メンバー同士で比較すれば判断力で見劣りすることは否めない。

以上の理由から、少なくともウヴォーギンは幻影旅団の中でそこまでトップクラスに強いとは判断できないか。

幻影旅団・強さランク4位…フェイタン

続いて幻影旅団強さランキング4位はフェイタン

フェイタンは幻影旅団の中では戦闘だけではなく、「拷問」など役割を担うキャラクター。そういった残忍な性格も含めてバトルでは強みを発揮できると考察。

(ハンターハンター10巻 集英社)

特にフェイタンは念能力を使わずとも、キメラアントの女王と渡り合えるぐらい強いのがランキングでは奏功。

普通は様々な念能力を駆使して敵を出し抜くものの、フェイタンだけはオリジナルの武器とスピードのみ。フェイタンは身長こそ低いものの、腕相撲の強さランキングでは堂々の幻影旅団5位に入るフィジカルも強み。

もちろん、念能力を敢えて使わないのか出し惜しみしてるだけかは不明。それによって幻影旅団の強さランキングは更に変わってくるものの、それでもフェイタンの強さには「伸びしろ」しか感じさせないとドル漫では判断。

またフェイタンは不利な戦いを強いられたとしても、いざという時には自身のダメージと比例して強力なカウンター技を繰り出せる「ペインバッカー」という奥の手で敵を殲滅させられるのも強み。まさにカウンター技としては最強でしょう。

幻影旅団・強さランク3位…ボノレノフ

続いて幻影旅団強さランキング3位はボノレノフ

幻影旅団の中では「アジト警備」の役割を担っているらしい。だから一見すると強くなさそうなんですが、とにかく念能力が多彩。また「木星」という飛び道具の威力は、ウヴォーギンの「ビッグバンインパクト」を超える威力を持つ。

腕相撲の強さランキングなど決してフィジカルに恵まれてるとは言えないものの、もしかすると音を奏でることで回復できる技があるんじゃないかなど、強さ議論における考察は幅広い。ボノレノフの底知れなさこそが最大の強さの根拠と言えます。

(…ま、本音を言うとボノレノフの強さ順位はやや賭けに出た感はあるのでスルー推奨)

幻影旅団・強さランク2位…フランクリン

続いて幻影旅団強さランク2位はフランクリン。個人的に何気に強いと思ってる幻影旅団メンバー。

何故なら、フランクリンは遠距離にも近接戦闘にもオールラウンダーに対応できるキャラクターだから。

例えば、フランクリンは両手の指から放出する念弾の威力が凄まじく強い。それだけではなくノブナガとも互角のケンカを展開。例えば遠距離で敵を弱らせてから、ウヴォーギン顔負けのフィジカルの強さを活かしてフルボッコ…といった戦い方が想起されます。

また他の武闘派の幻影旅団メンバーとは違って、フランクリンは冷静沈着で頭もキレる。幻影旅団団長クロロ不在時には、基本的にフランクリンがリーダー役として仕切っていたっぽい。そのため幻影旅団の中で「最もスキがないメンバー」とドル漫では考察。

幻影旅団の中で2番目の強さかどうかはさておき、少なくとも確実にフランクリンは上位に入るだけの強さはあるはず。

幻影旅団・強さランク1位…クロロ

最後の幻影旅団強さランク1位はクロロ。幻影旅団のリーダー。もはや言うまでもないほどに強い。

最初は見た目的にそこまで強そうには思えませんでしたが、「クロロ vs ヒソカ戦(ハンターハンター34巻)」を見た後は考えが一変。フィジカルも強い、判断能力もピカイチ、念能力の豊富さなど、クロロは文句なく幻影旅団で一番強いと評価していいでしょう。

ちなみに、今回の強さランキングでは幻影旅団メンバーではなかったヒソカは除外しましたが、敢えてランクに含めるとすれば2位あたりでしょう。天空闘技場内とはいえクロロに既に敗北してるため、さすがにヒソカを1位の強さに設定するのは感覚的にもしにくいです。