【ワンピース考察】カイドウの正体&能力がヤバすぎワロタwww懸賞金や倒し方もついに判明?【龍の悪魔の実】【ビッグマム・ロックス】【人体実験の過去】【画像絵あり】【最強まとめ】

現在『ONE PIECE』は四皇ビッグマムとのバトルが一段落し、聖地マリージョア編と同時並行的に突入したシリーズが「ワノ国編」

fcb5dd3dd94f0ed53b3a7d630c6c408f 480x322

(ONE PIECE921話 尾田栄一郎/集英社)

ただワノ国を現在侵略して植民地支配しているのが四皇の「カイドウ」。カイドウは同じ人間とは思えないほど巨躯にも関わらず、既にカイドウの正体は「巨大な龍」だったことが判明しました。

こんなんカイドウを倒す方法とかあります?

そこで今回ドル漫ではカイドウの意外な正体を徹底的に考察してみました。かつて最強を誇ったロックス海賊団の元メンバーだったことも判明するなど、これまでのカイドウの正体や能力必殺技、過去をおさらいがてら再考察してみた。

果たして、カイドウの悪魔の実は「ヒトヒトの実」や「ヘビヘビの実」なのか?「ドラドラの実」なのか?また図体のデカさからカイドウの正体は「巨人族」なのか?

d-manga.net

目次

カイドウは百獣海賊団提督

まず「カイドウの正体」を改めておさらい的に考察。

カイドウとは百獣海賊団の提督。異名は「百獣のカイドウ」。海賊団の名前の由来も、カイドウの存在を象徴。ちなみに、アニメ版ワンピースだと「カイドウ海賊団」と表記されることもあるっぽい。

カイドウは「大看板」と呼ばれる3名の直属の大幹部(キング・クイーンジャック)を従えてる。キングたちはそれぞれ一個に海賊団を率いる船長であり、カイドウが「提督」と呼ばれてる理由はそういうこと。

そして、大看板の下にはそれぞれ2名ずつ合計6名の「飛び六胞」の精鋭部下がいるっぽい。飛び六胞には最悪の世代のドレークやアプーがおり、更にはバジル・ホーキンスも既にカイドウの傘下に入ってる状態。

百獣海賊団の組織図はカイドウを頂点とし、いわゆるトップダウン型の組織が形成。カイドウは指揮命令系統の全てを担う。最近判明したのは大看板に匹敵するナンバーズと呼ばれる巨大な鬼風のメンバーもカイドウは従えてるよう。

d-manga.net

【姿】カイドウのタトゥー・入れ墨の意味とは?

カイドウの正体は「世界最強の生物」として名高い。

86eb921010f5cdec603b1b4a46be52e0

(ONE PIECE79巻 尾田栄一郎 集英社)

カイドウの姿を見ると、口元には「2本の長いヒゲ」と頭には「2本の大きな角」が確認。カイドウの左肩には「鯉のウロコのようなタトゥーや入れ墨」が彫られてる。今となってはこれらは「龍の悪魔の実」の伏線だったことが分かります。

そして、カイドウの姿の最大の特長は「図体の巨大さ」。ビッグマムですら身長が8.8メートルだったことを考えると、カイドウの身長は間違いなく10メートルを大きく超えてるはず。手前に写ってるキッドやアプーの姿はほぼ子供。

fb9fd8d16657d227428e789e8b3af0ff 322x370

(ONE PIECE79巻 尾田栄一郎 集英社)

しかも、カイドウが上空数千メートル上空の空島から飛び降りても地面には巨大な人型…もといカイドウ型の穴が開くだけ。カイドウの防御力も最強クラス。ほぼ不死身に近いはず。そらウルージさんも全く心配しないはず。

少なくともカイドウの悪魔の実は覚醒してるはず。

d-manga.net

カイドウの性格は酒好きの気分屋

圧倒的な強さがクローズアップされるだけあって、カイドウの性格は至って「暴力的」。気に入らないことがあればすぐ暴力を振る上、ルフィとの対戦後は興が削がれたと本拠地の鬼ヶ島に戻るなど、カイドウの性格は「気分屋」。

b1cea35f958d1da0484b0f0c506b4fb9 500x164

(ONE PIECE82巻 尾田栄一郎/集英社)

とりわけカイドウは大好きな酒を飲むと気分屋の本領を発揮。泣き上戸から笑い上古まで性格は目まぐるしく変化。カイドウに振り回され続ける部下が哀れでしかない。こんな気分屋の性格でワノ国をよく20年も支配できてるなという疑問も。

ただし、カイドウが空島から飛び降りた理由も「酒に酔った気分」と考察しましたが、結果的にスクラッチメン・アプーに命令してキッドとホーキンスを百獣海賊団に入れさせる策略だったことが判明。

とはいえ、空島から飛び降りる必要性を感じないので、やはりカイドウの気分屋の性格。だから、ラフテルを目指しているのも謎ですが、カイドウ的には海賊王を目指すのも「暇つぶし」以上の目的はないのかも知れない。

ただし、カイドウの性格は暴力的ですが、基本的なスタンスは「仲間を増やす」ことが目的。赤鞘九人男アシュラ童子などに声をかけるなど、暴力を振るうもののカイドウが最後まで人を殺めた経験は意外と少ないのかも。

d-manga.net

カイドウは20年以上前にワノ国を植民地支配

このカイドウは黒炭オロチと手を組んでワノ国でクーデターを起こし、20年前に光月おでんを処刑。そこからカイドウはワノ国を植民地支配し続けてる。現在は「ワノ国を守ってくれる不動明王」として崇められており、まさに教育さまさま。

だからカイドウも意外と打算的。マリンフォード頂上戦争前に赤髪のシャンクスと衝突したものの、二人は戦うことなく解散。それはシャンクスが何か持ちかけて、カイドウがその要求を飲んだのでしょう。

何故カイドウがワノ国を狙ったのか理由は不明ですが、かつてワノ国が「黄金の国」と呼ばれたことも関係してるのか。カイドウもロードポーネグリフの写しの一枚を所有し、それなりに功名心がある。

さすがに空白の100年の真実を知りたいといった高尚な理由はないと思いますが、考えてみると、SMILE(人造悪魔の実)を量産して部下を着実に強化するなど、カイドウはラフテルを目指すだけの「確固たる理由」がありそう。

ワノ国の植民地支配もその延長線上にあったのか。

559b69fd162e010c9dfa776e67df0002 319x370

そして、カイドウがワノ国で根城にしている場所が「鬼ヶ島」。ワノ国の大陸から離れた小島。ワノ国の世界観は「日本」をモチーフにしてるんですが、さながらワノ国編は「桃太郎」の世界観も踏襲されてる。

そのためカイドウの正体も「鬼」を暗示してるっぽい。改めて後述しますが、カイドウは実際に巨大なこん棒を武器に戦うなどめちゃくちゃ強い。

d-manga.net

カイドウの正体は元ロックス海賊団だった

続いては「カイドウとビッグマムとの関係性」を考察。ビッグマム編が終了した直後、コケにされたルフィに復讐を果たすため、カイドウに対して半ば強引に協力を要求するビッグマム。

b81fa5e6b948e41756baacabd4c507d3 277x430

(ONE PIECE907話 尾田栄一郎/集英社)

来るなら殺すぞリンリン」とはねつけるカイドウに対して、ビッグマムは「仲良く行こうぜ昔みたいに!」と不敵な笑みで応じる。ここで引っかかるのがカイドウの「リンリンと呼び捨て」したことと、ビッグマムの「昔みたいに仲良くしよう」という言葉。

ビッグマムの本名は「シャーロット・リンリン」。もちろんビッグマムも昔から異名(ビッグマム)で呼ばれてたわけではない。どう考えても、カイドウとビッグマムは「昔から知り合いだったこと」は一目瞭然。

結論から書くと、カイドウとビッグマムは元ロックス海賊団のメンバーでした。まさにドル漫の予想通りの結果ですが、実際に仲が良かったわけではなく、ロックス海賊団ではバチバチの殺し合いが行われてたっぽい。

当初カイドウとは元夫婦説もあったんですが、ビッグマム海賊団にカイドウとの子供と思しきキャラがいなかったので、その可能性はやはり低かった模様。そして、カイドウとビッグマムが再会した直後の衝撃展開は後述。

d-manga.net

ルフィ vs カイドウのバトルが瞬殺すぎた件

だからカイドウはワノ国編のラスボス。でもカイドウとワンピース主人公・ルフィのバトルは終結済み。カイドウの正体が龍と発覚した直後だったので、ルフィも退くのかと思いきやまさかの速攻勝負を仕掛ける。

そして、当然にしてルフィはカイドウにフルボッコされてしまいましたとさ(昔話風)。この清々しいルフィの負けっぷりに苦笑いしかこぼれない。振り返ってみると、ルフィがここまで完敗した経験は監獄署長のマゼラン以来か?

まずルフィはギア4を発動。ギア4では超人パラミシア系のゴムゴムの実と武装色の覇気を組み合わせた攻撃を展開し、既に王下七武海だったドフラミンゴを倒した必殺技。ビッグマム海賊団のカタクリも倒した必殺技。

eb6c31f65c27dfa37995327f7493ad64 367x370

(ONE PIECE923話 尾田栄一郎/集英社)

ルフィはいきなり出会い頭に、カイドウの頭上を「ゴムゴムのエレファントガン」で攻撃。その後も「エレファントガトリング」で追い打ちをかけていくルフィ。ここまでモロに食らえば、ビッグマムですら何かしらの深いダメージを負いそう。

f5a6c1d046ae1c1f61d7e45c117a8473 334x370

(ONE PIECE923話 尾田栄一郎/集英社)

しかも、ルフィはカイドウにトドメを刺そうとギア4の「バウンドマン」に変身して猿王銃(コングオルガン)を一気呵成に連打。攻撃を続けてるルフィが息切れするほどフルボッコ。既にヒト型に戻ったカイドウはまさに為す術がない状態…

…かに思えた。

0132aed568703aca47485a5cf3e857a1 338x370

(ONE PIECE923話 尾田栄一郎/集英社)

ただ地面に突っ伏したカイドウがムクッとそのまま立ち上がると、「雷鳴八卦」をカウンター気味に繰り出すとルフィは吹き飛ばされて気絶。その後、ルフィは兎丼の囚人発掘所に収容されてしまう。

d-manga.net

カイドウの能力・雷鳴八卦が最強にヤバすぎるwww

だからカイドウは悪魔の実の能力以前に、「雷鳴八卦(らいめいはっけ)」と呼ばれるノーマル状態でも使える必殺技がヤバい。

何故なら、ルフィはゴムゴムの実の能力者。普通はあらゆる打撃が効かない。それにも関わらず、ルフィは一撃で倒されてしまった。カイドウの腕力はさることながら、いかに雷鳴八卦の威力が強力かが分かる。

雷鳴八卦という技は棍棒で殴るだけのようにも思えますが、「雷鳴」という名前からも分かるように「電撃」に近い付加効果もどうやらありそう。実際、カイドウが雷鳴八卦の発動時、黒い電撃のようなものが確認できます。

この電撃で思い出されるのが「ミンク族」。

もしかするとカイドウの正体はミンク族の可能性もありそうですが、おそらく電撃の正体は武装色の覇気。最近になって流桜と呼ばれる覇気が登場しましたが、ミンク族も体外に放出した武装色の覇気を電撃に変えてるのか。

ルフィがかつてゴロゴロの実を無効化して神エネルを倒したことも踏まえると、この黒い電撃は相当厄介な代物。

○カイドウのモデルは中国に由来する?

ちなみに「八卦」とは中国の風水で使われる用語。「八卦掌」と呼ばれる技が中国武術に存在し、大相撲の「はっけよい」という掛け声もこの八卦が由来とする説が多い。そのため雷鳴八卦のモチーフは中国由来の必殺技である可能性が高い。

実際、龍は中国の伝説上の生き物。

他にも無動作から攻撃を繰り出す「発勁(はっけい)」とも掛けてる可能性。実際、カイドウは雷鳴八卦を繰り出す瞬間、高スピードでルフィに攻撃を繰り出したというより、この無動作攻撃にルフィが避けられなかったようにも見える。

だからカイドウは武道や武術など技関係に長けてるのも強み。もうスキないやん。カイドウはおそらく覇王色の覇気も使えそう。

d-manga.net

カイドウの種族は「オーズ族」なのか?

じゃあ、カイドウの正体は一体何なのか?何故にここまで巨大なのか?

結論から言うと、カイドウの種族は「オーズ族(古代巨人族)」の可能性が高そう。

ab7feef1df72140ec6749b94dcc7fd9f 314x370

(ONE PIECE82巻 尾田栄一郎 集英社)

カイドウは巨人族を超えるほど巨躯であることは言うまでもなく、カイドウは「角の形」も非常に独特の形状。カイドウのグルンと曲がった猛牛のような角は、さながらオーズ族の角を彷彿とさせる。

他にも、カイドウの歯並びが特徴的。糸楊枝がスキマに入らないほど歯並びがキレイ。オーズ族の歯並びはギザギザっぽい気がするんですが、オーズ族も上の歯並びだけはやたらとキレイ

光月モモの助を「桃太郎」と仮定すると、モンキー・D・ルフィは「猿」。赤鞘九人男のイヌアラシは「犬」、白ひげ海賊団のマルコは「キジ」。まさにラスボスにあたるカイドウは「鬼」。オーズ族という種族を裏付けるか。

「龍に変身できるオーズ族」と考えたら、カイドウはワンピースの中でも最強クラスのボスと言えましょう。

ただし、オーズ族の下の歯並びはギザギザに対して、カイドウは下の歯並びもキレイ。カイドウの種族が確実にオーズ族と断定できるかは微妙。

それでもカイドウの部下・ジャックはウォータン(魚人と巨人のハーフ)とドル漫ではかつて考察したように、カイドウも「オーズ族と別種族のハーフ」という可能性も残されてるか。ビッグマムの正体も未だに不明ですが、ハーフ説が濃厚か。

d-manga.net

カイドウの悪魔の実は「龍(ドラゴン)」だった!

続いては「カイドウの悪魔の実」の正体を考察。

94d2c41cd2926c15558f3ab9ad89efdf 500x335

(ONE PIECE921話 尾田栄一郎/集英社)

冒頭でも触れてるように、カイドウの正体は「龍(ドラゴン)」でした。

c16242727f05935ec65b8d0bab20fb35 500x274

(ONE PIECE69巻 尾田栄一郎/集英社)

赤鞘九人男の錦えもんが「竜」に対して親の仇と称して執拗に恨みを抱いていたのも、やはり「カイドウの正体が龍だった」から。この場面における錦えもんの親とは、まさにカイドウが殺した光月おでんのこと。

初めてオーズ族が登場したスリラーバーク編では「リューマ」という伝説の剣豪が登場しました。既に亡くなっていたものの、龍を斬り倒したことで有名。龍は「永遠の寿命」を持つともされ、カイドウの「死にたがっている性格」の関連性も見られます。

またルフィたちが空島に辿り着くまでにめちゃくちゃ苦労したにも関わらず、何故カイドウがあれだけの巨躯で空島にどうやって辿り着いたのかという疑問も、カイドウの正体が竜(ドラゴン)だったからで全て説明が付く。

またカイドウはワノ国を守る「明王」として崇められてる理由も、実は伏線が隠されてた。何故なら、不動明王が持つ剣には「竜(倶利伽羅竜)」があしらわれているから。どうやらカイドウの設定も非常に作り込まれてるよう。

d-manga.net

カイドウの海賊旗の伏線とは?

これまで『ワンピース』にはドラゴンに関連する伏線や情報が散見されており、結果的にドル漫の考察はほぼ見事に的中したカタチ。

6f550a49e5344a49c0c31e8961f77f54

(ONE PIECE79巻 尾田栄一郎 集英社)

ただし、「漢字の八(8)」らしきマークが描かれたカイドウの海賊旗デザインに着目した「カイドウの悪魔の実=ヤマタノオロチ説」は面白い着眼点でしたが、結果的にはハズレでした。

「八」という数字から8つの首を持つ、日本固有の伝説の生物「ヤマタノオロチ(八岐の大蛇)」が想起された。ドラゴン(龍)は中国原産。ワノ国のモデルは日本。カイドウの「ウオロロロ」という笑い声も意味深な伏線を匂わせた。

カイドウは大のお酒好きですが、ヤマタノオロチのエピソードも「お酒」が関係してることは有名な話。状況によって笑い上戸や泣き上戸に変わるカイドウはまさに「8つの顔」を持ってる。

カイドウは3段階しか変身できないゾオン系が「8段階」まで変身できれば完全にヤバタニエン。チョッパーですらランブルボールというチートアイテムを使って7種類までの変身できないんだから。

でも、ワノ国の将軍・黒炭オロチの能力が「ヘビヘビの実(モデル:ヤマタノオロチ)」だったことが判明したため、カイドウの悪魔の実はヘビヘビの実やヤマタノオロチである可能性はほぼなくなったカタチ。

じゃあ、何故カイドウの海賊旗に「八のマーク」があるんや?って話。今後新たな可能性は考えられますが、「黒炭オロチとの共闘」を意味してるだけの数字かも。現状、カイドウの海賊旗にそこまで深い意味はなし?

d-manga.net

カイドウは悪魔の実の名前は?

ただ気になるのは、カイドウの「悪魔の実の名前」。

カイドウの悪魔の実が「竜に変身する能力」ということは判明してるものの、名前が何かはまだ明らかにされてない。ネット上では「そもそもカイドウの正体が竜だった」と考察する人もいます。

まず確認しておくと、カイドウの悪魔の実は動物ゾオン系悪魔の実の能力者であることは確定。百獣海賊団が動物系ゾオンの能力者ばかりですから、提督のカイドウだけ別能力とは考えにくい。だから端的に言うと、「ドラゴンはどんな動物に該当するのか?」ということ。

これまでネット上では、カイドウの悪魔の実は「ネコネコの実(モデル:ライオン)」説などがありました。やはり「百獣海賊団」を率いる船長。カイドウ本人の異名も考えると、百獣で思い付く存在と言えば武井壮…ではなくライオン。

ただし、既に百獣海賊団にライオンがモデルのホールデムが登場済み。

既にCP9ロブルッチがネコネコの実(モデル:ヒョウ)だったことを考えると、四皇としてはあまりにしょぼい。あくまで「百獣」のニュアンスは「動物界の頂点」という象徴的なフレーズとして使われてるだけ…という考察は当たり。

d-manga.net

カイドウは「トリトリの実」の幻獣種か?

続いては、カイドウの悪魔の実は「トリトリの実(モデル・ドラゴン)」の幻獣種説

トリトリの実の最大の特徴が「空を飛べる能力」。空島まで遥か上空に飛ぶことができるドラゴンは、まさにトリトリの実として相応しい。実際、トリトリの実はかなり貴重で世界で5種類しか確認されてない。

しかも、幻獣種は自然ロギア系悪魔の実よりも希少と言われてる。そのため、カイドウの悪魔の実は「希少×希少」という破格の扱いになる。同じ四皇でもビッグマムの悪魔の実とは大違い。

カイドウの「龍」は東洋版ドラゴンなので羽は生えてないものの、かつて竜殺しのリューマが殺した竜(西洋版ドラゴン)には羽が生えてたっぽい。カイドウの悪魔の実を「トリトリの実」にカテゴライズしても不自然さはない。

ただし、百獣海賊団のキングの悪魔の実の能力が「プテラノドン」だったんですが、動物系ゾオンの古代種・リュウリュウの実だった。「飛空能力があるからトリトリの実」という考察は我ながらかなり安直。

また既にトリトリの実の能力者5名はほぼ確定してるような状態なので、カイドウの悪魔の実ではなさそう。

d-manga.net

カイドウの悪魔の実は「ヒトヒトの実」か?

続いての可能性は「ヒトヒトの実」。

実はカイドウの正体が「元々最初から龍」だったと考察する人もいます。元々トナカイだったチョッパーのようにヒトヒトの実を食べて…というパターン。要するに、カイドウの悪魔の実は「人間に変身できる動物系ゾオン」という説。

SMILE(人造悪魔の実)を使って動物系ゾオンの仲間を増やしているのも、カイドウの正体が「化物の龍として迫害されて寂しかった」から…とか。例えばヒトヒトの実でも「オーズ魔人族」や「古代巨人族」といった幻獣種のモデルが考察できそう。

ただし、カイドウの悪魔の実が「ヒトヒトの実」の可能性は低そう。

何故なら、カイドウの正体が竜だった場合、その時点で既に最強に強いから。要するに、わざわざ動物ゾオン系で「人間」にランクダウンする必要がない。別の超人パラミシア系悪魔の実などを食ってた方が良かったはず。

単純に強い弱いだけで判断すると、ヒトヒトの実は非常に微妙な悪魔の実。

d-manga.net

○カイドウの悪魔の実は「ドラドラの実」で確定!?

当初は「ヘビヘビの実」などが考察されたものの、前述のようにワノ国の将軍・黒炭オロチの悪魔の実が「ヤマタノオロチ(ヘビヘビの実)」だったことが判明済み。カイドウの「悪魔の実=ヤマタノオロチ説」は否定されてる。

だから結論をまとめると、カイドウの悪魔の実はそのまま「龍(ドラゴン)に変身できる動物系ゾオン悪魔の実」と考えるのが自然。おそらく細かいモデル名はなく、巨大な龍にそのまま変身できる悪魔の実。

つまり、カイドウの悪魔の実は「ドラドラの実」とドル漫では予想してみる。

既にディエス・ドレークの悪魔の実は「リュウリュウの実」と判明しており、少なくともリュウリュウの実などではない。タツタツの実といった候補も考えられますが、それと比べると「ドラドラ」の方がしっくり来るか。

ちなみに、カイドウの悪魔の実と恐竜に変身できるリュウリュウの実に関係があるとかないとか。

d-manga.net

【右腹部の傷】カイドウがかつて「敗北」した相手は?

86eb921010f5cdec603b1b4a46be52e0

(ONE PIECE79巻 尾田栄一郎 集英社)

ただ最強のカイドウの姿を改めて確認すると、「右腹部に大きな傷痕」が残ってるのが印象的。

カイドウは「一対一で戦ったらまず勝てるものはいない」とされてるものの、実はカイドウは海軍に何度捕縛されてこれまでの人生で7度も敗北してる。あくまで「不死身」という点で最強に過ぎず、カイドウ自体は別に負け知らずではない。

カイドウがこれまで敗北した相手は今のところ不明ですが、「四皇に挑み捕まる」とワンピース内で解説されてる。かつてカイドウは若かりし頃に四皇の白ひげ海賊団ロジャー海賊団に敗北してると予想できそう。

またゴッドバレー事件の当事者ですから、当時ロックス海賊団に在籍していたカイドウも海軍中将のモンキー・D・ガープとゴール・D・ロジャーに敗北してることは確実。センゴクや赤犬サカズキといった海軍大将、CP0にも敗北してる。

そして、カイドウの腹部の傷の正体はワノ国の元将軍・光月おでんによるものと判明。当初は傅ジローの攻撃も考えましたが、光月おでんの愛刀の閻魔と天羽々斬。この刀がめちゃんこ強い。さすがの不死身のカイドウの肉体も傷ついた模様。

とはいえ、それでも勝てないカイドウの強さを考えると改めて震えます。カイドウの倒し方は後述。

ちなみにヤマタノオロチ説は先程否定されましたが、カイドウの「7度の敗北」はやはり気になる数字。「8度目の敗北で覚醒する or 本当の姿を発揮する」という伏線は依然として残されているのか。

d-manga.net

カイドウは過去パンクハザードで人体実験された?

続いては「カイドウの衝撃の過去」を考察。

04981a515067759d4813dd037c5a30dd

(ONE PIECE66巻 尾田栄一郎/集英社)

結論から書くと、カイドウはかつて「パンクハザード島で人体実験されてた過去」がありそう。

実際、パンクハザードの研究施設の入り口には世界政府と海軍のマークが描かれるのは当然として、何故か「カイドウと思しきマーク」が刻み込まれてる。どうして四皇海賊・カイドウのマークを一番デカデカと描く必要があるのか?

この理由は至ってシンプル。カイドウの「龍の悪魔の実」を元にSMILE(人造悪魔の実)を開発されていたから。

af4c0f5170e7cd67d243e8f8cc5aad00 466x370

(ONE PIECE magazine5巻 尾田栄一郎/集英社)

実際、『ONE PIECE マガジン』5巻では、龍のSMILEを食べてしまった光月モモの助に対して「まるでカイドウの子供のようである」と表記したり、「モモの助が竜の姿になったのは偶然か?」など踏み込んだ表現が目立つ。

これは「モモの助が食べたSMILE(人造悪魔の実)はカイドウの悪魔の実をベースに作られた」という何よりの証。要するにカイドウの悪魔の実がヒトヒトの実であった場合、モモの助は龍に変身できないはず。

これまでの時系列を考えると、ロックス海賊団敗北後に囚われたカイドウは人体実験される日々だった。そこをかつての仲間・ビッグマムが救出した。まさにこれがビッグマムが語る「カイドウに対するデカい貸し」「一生の恩」なのではないか。

一方、ベガパンクやその裏にいる天竜人や世界政府の狙いは「龍の能力」だったことも伺える。そうやって考察を広げていくと、もしかするとラフテルは龍の状態じゃないと到達できない伏線も読み取れます。

d-manga.net

カイドウの懸賞金は46億ベリーと判明!

そして、ようやくカイドウの「懸賞金額」が判明。当初ドル漫では冗談半分でカイドウの懸賞金は35億ベリーと大雑把に予想してたんですが、まさかのこの予想を大きく上回る懸賞金だったことに正直驚きました。

c68b1ce50c9fd7b757c7f1f41d4cdac5 500x426

(ONE PIECE957話 尾田栄一郎/集英社)

結論から入ると、カイドウの懸賞金は「46億1110万ベリー」でした。

同じ四皇の黒ひげが22億でしたから、カイドウの懸賞金はその倍以上。「カイドウの懸賞金は余裕で30億ベリーを超えそう」とは断言してましたが、我ながら外れる可能性も考えてた。そのため「尾田栄一郎、無茶しやがって」と思ったのは内緒。

ちなみに、端数は1110万という中途半端な数字ですが、もしかすると「百獣(ひゃくじゅう)」と掛けてあるのかも。カイドウ以外の四皇の懸賞金の端数額もどこか意味深。

ただカイドウはノーマルの状態でも巨躯で強い。それに加えて空を縦横無尽に飛べる龍の悪魔の実を持ち、波動砲のような強力な火球を吐き出す。カイドウ一人だけがSF漫画に生息しそうな別キャラ。

もはやカイドウをどうやって倒すねんというレベル。黒ひげは悪魔の実を2個持つ強みはあるものの、やはりカイドウの物理的な強さと攻撃力を相殺できるとは思えない。グラグラの実も龍の飛空能力を使えば回避可能。

例えば、ゴール・D・ロジャーはカイドウの懸賞金を大きく上回るものの、かつてラフテルに到達したことなどが影響してる。カイドウの46億という懸賞金額は「純粋な強さ」だけが反映されてると言えそう。

d-manga.net

【攻略方法】最強カイドウの「倒し方」は存在する?

こんな不死身のカイドウを倒す方法は存在するのか。

そこで続いてはカイドウの「倒し方」を考察していこうと思います。

○モモの助が「ズニーシャ」を使ってカイドウを倒す?

まず最初の倒し方は「光月モモの助」の存在。

前述のように、光月モモの助はカイドウと同じく龍に変身できる。父親・光月おでんはアシュラ童子を従えるなど高い戦闘力を匂わせており、モモの助も高い戦闘力を秘めてる可能性はゼロではない。

でも、さすがに龍のサイズ感があまりに違いすぎる。いくら光月おでんの血を引くとしても、さすがにカイドウを倒すにはあと10年20年は欲しい。ストーリー的には重要な働きをしそうですが、わずか8歳のモモの助に勝ち目はないでしょう。

ただし、光月モモの助は「ズニーシャ」を操作することが可能。

ズニーシャのサイズ感は数km規模でめちゃんこ巨大。巨大な龍のカイドウの龍を倒すには、それに近いサイズ感が必要。古代兵器ポセイドンの正体がしらほし姫であったように、モモの助が古代兵器ウラヌスの可能性も。

実際、ズニーシャはカイドウの部下・ジャックを一撃で粉砕するなど攻撃面で不足はなし。ズニーシャの雲に届かんばかりに巨大な象の鼻を使えば、飛んでいるカイドウの竜だって撃ち落とせるはず。

まさに「巨大 vs 巨大」。カイドウと光月家・ワノ国の因縁も考えると、やはり最終的にカイドウを倒すのは光月モモの助が少なくとも関与している可能性が考えられそう。

d-manga.net

○黒ひげが「ヤミヤミの実」でカイドウを倒す?

続いての可能性は「黒ひげ(マーシャル・D・ティーチ)がカイドウを倒す説」。

黒ひげは最悪の世代で最も海賊王に近い存在であり、悪魔の実を2つ所持するカイドウと同じく四皇の一人。でも、さすがにコレだけ巨大な龍を倒すのは、人間サイズの黒ひげでも至難の業にも思えます。

でも、例えば黒ひげは「ヤミヤミの実の能力でカイドウのドラゴン化を防ぐ」ことができるのではないか。ヤミヤミの実は自然ロギア系悪魔の実の中で最も凶悪とされ、相手の能力者の悪魔の実を発動させなくさせる。

黒ひげは同じ自然ロギア系のポートガス・D・エースに発動した場面が印象的でしたが、このヤミヤミの実は動物ゾオン系悪魔の実であっても有効なはず。ヤミヤミの実でカイドウの龍化を防ぎ、そこをグラグラの実を食らわせる。

黒ひげが落とし前戦争で元白ひげ海賊団のマルコ相手に勝利できた理由も、不死身のフェニックスの能力を発動させなかったからか。カイドウはそのまま海に落ちればさすがに死亡して倒されるはず。

また黒ひげ海賊団のメンバーたちも曲者ぞろい。数百メートルサイズのサンファンウルフカタリーナ・デボンなど海賊団単位の総力戦でもそれなりに良い勝負はしそうか。

d-manga.net

○その他のカイドウの「倒し方」とは?

そこで他にもカイドウの倒し方を考察しておくと、例えば、革命軍のリーダーであるモンキー・D・ドラゴンも候補の一人として挙げられそう。

何故なら、これまで革命軍は武器密輸現場を押さえるなど、どうやら世界中の紛争を食い止める動きを見せてる。一方、世界の武器輸出を裏で仕切っているのがワノ国のカイドウ。革命軍やドラゴンにとってカイドウは最大の敵。

ドラゴンは天候や嵐を操る能力を持っているとされ、まさに「龍対決」が行われると仮定すれば、最終的にカイドウを倒せたとしても不思議ではない。

ただし、現在世界会議(レヴェリー)で革命軍は海軍大将の緑牛や藤虎と交戦して、最終的に敗北。サボも死亡したと言われ、革命軍は手負いの状態。現状だとドラゴンがカイドウを倒す説はほぼなくなった感じ。

またカイドウ初登場時にしれっと登場してたウルージさんごときでは、少なくとも倒すことは不可能でしょう。ただウルージはどこかワノ国要素も匂わせるので、いずれワノ国でカイドウと絡む可能性はありそうですが。

d-manga.net

カイドウは倒さずに「お玉のキビダンゴで仲間」に?

でも龍(ドラゴン)に変身したカイドウのサイズ感を考えると、おそらく物理的に倒すのはほぼ不可能。

例えば、恐竜のドレークのサイズですら、しらほし姫の大きさと変わらない。龍のカイドウの大きさサイズは詳しく判明してないものの、下手すりゃ数百メートルサイズ。海軍ですら総掛かりで戦ってもカイドウを倒せてない。

このことから「そもそもカイドウ氏を倒す」という発想が土台無謀で的外れなのではないか?

そこで新たに考えられる考察が「懐柔策」。カイドウは倒すという発想ではなく、「カイドウを仲間にする」ことが最も効果的で現実的な方法かも知れない。でも、こんなに最強に凶悪なカイドウを仲間にする方法があるのか?

31092f486c6638a08dd55c197ea0a9a6 500x293

(ONE PIECE91巻 尾田栄一郎/集英社)

そこで活躍するのが「お玉」のキビ団子。ちなみに間違えやすいですが、お菊ではありません。

お玉は「キビキビの実」の能力者。自分のほっぺで作った団子を食べさせた「動物」を何でも言うことを聞かせる能力を持つ。さながらに桃太郎のキビ団子。これは動物ゾオン系悪魔の実能力者でも手懐けられる。

つまり、今後カイドウは麦わらの一味の仲間に入る可能性がありそう。一時的にビッグマムと麦わらの一味と行動した事実も加味すると、同様の展開がカイドウで起きても不思議ではないはず。

もちろん可能性としては決して高いとは思わないんですが、やはりカイドウにとって海軍本部は敵。イム様という共通の敵を持って、カイドウとルフィが共闘する可能性は十分考えられるか。

d-manga.net

○カイドウの正体は「ラフテル」に行くための乗り物だった?

そこで新たに考えられる考察が「カイドウの龍=ラフテルに到達するための乗り物説」。

当初ドル漫では「ドラゴン化した光月モモの助に乗ってラフテルに行く説」などを予想してました。政府がカイドウの悪魔の実をパンクハザードで調べていたのも、ラフテルの場所も龍に乗らなければ到達できない場所だったから?

だから割と良い線を行ってる考察だと思ってたんですが、さすがにモモの助は人が乗るには小さい。麦わら大船団は既にかなりの大所帯。他にも赤鞘九人男などワノ国のキャラもラフテルに行くと仮定すれば尚更。

でも、カイドウの巨大な龍であれば何百人だって乗ることが可能。つまり、カイドウの悪魔の実は「ラフテルに行くための乗り物」として設定された可能性もありそう。さながら巨大な筋斗雲。

やはりDの一族であるルフィの魅力は「無意識に仲間を集める」とミホークあたりが語っていた気がしますが、まさにカイドウを筆頭に四皇でも同様の力が発揮されるのか。カイドウの名前の由来も「街道(ラフテルへの道)」という意味が込められてる?

d-manga.net

カイドウとビッグマムは四皇同盟を結成!

ただし、カイドウの懸賞金額は今後更に激増する可能性が高い。

915ebb3f6421f7cfb8a33422e4f7ce58 500x406

(ONE PIECE954話 尾田栄一郎/集英社)

何故なら、カイドウはビッグマムと「海賊同盟」を新たに結成したから。

ラフテルに到達するまでとりあえず協力し、二人のケンカの決着は「それ以降にお流れ」になったそう。超絶的に行き当りばったりな行動ですが、「四皇×四皇」というこれまで存在しなかったワンピース最強同盟が結成。

まさにロックス海賊団の再来。ただでさえ最強のカイドウを一人倒すだけでも無理ゲーに近いのに、ビッグマムがサポートする展開を想像したら地獄絵図。これぞ前門のカイドウ、後門のビッグマム。

つまり、世界に与える潜在的脅威がますます高まるため、カイドウの懸賞金額は最終的に60億ベリーをゆうに超えてくる可能性は高そう。

d-manga.net

カイドウとビッグマムは「新たな海賊団」を結成する?

でも所詮は別々の海賊団。

百獣海賊団はビッグマム海賊団に協力することはないだろうし、その逆も然り。あくまで行動原理は各々の船長と提督を守るだけに留まりそう。下手すりゃ、ロックス海賊団のように足の引っ張り合いも予想される。

そこで最終的にカイドウとビッグマムは「新たに一つの海賊団」を結成する可能性をドル漫では予想。政治の世界や経済界でもそうですが、さらなるパワーを得るには一つの組織や企業にまとまることが多い。

今後、ルフィや海軍と戦っていく中でカイドウ一味も消耗していく可能性がある。一方、ビッグマムも百獣海賊団のキングの存在を欲しがってる。カイドウがキングを譲り渡せば、ビッグマムも妥協できるウィンウィンの関係。

例えば、「船長をカイドウ、副船長をビッグマム」という構成の海賊団を結成したら、もはや皇帝を超えて神。四皇ならぬ「一神」として、カイドウとビッグマムの新海賊団は新たな勢力として降臨するか。

そう仮定するとワンピースの最終回もいろいろ予想は変わってくる。カイドウの倒し方含めて、ワノ国編の攻略法はかなり難しくなった。カイドウを仲間にするのは相当大変。今後は黒ひげや藤虎イッショウ緑牛など海軍大将といった不確定要素が鍵になるか。

d-manga.net

コメント

  1. より:

    そういえばルフィはまだフェニックスや、イーグル、ファルコンと名のつく技を出してないよねカイドウの倒しかたはキングバードで倒すのでは

  2. 匿名 より:

    猿、象に、キングコブラ、レッドホーク、クロコダイルとかはだしたな、しかし鳥はまだレッドホークしか出てない、虎も出てないし、ライオンはだしたな、カイドウを倒す技は、虎か鳥では、レオックスバズーカもテゾーロにしか出してないしね

  3. より:

    お玉のキビダンゴで味方にして「龍神丸」にできればいいかもしれない。
    ローションを振りかけると体か発煙して焼けただれる体質なのはゾロ十郎も知ってる。

  4. 匿名 より:

    おたまのきび団子は体が部分的に動物化するつまり動物と一体化するスマイルの能力者しか効かないっぽいので通常のゾオン系能力者は無理かと
    あとどうでもいいですがカイドウの肩書きは「提督」ではなく「総督」ですよ ずっと間違ってますけど

  5. 匿名 より:

    龍といえば逆鱗がイメージされます
    今までもクロコダイルやエネルのような
    その時点では確実にルフィよりも
    数段格上だった相手には水やゴムの性質という
    弱点をつくことができたのが
    大きな勝因だったと思うので
    龍であるカイドウにも必ずあるはずの
    逆鱗が何なのか、が気になりますね
    人型の右脇腹の傷はおでんの刀の強さも
    さることながらカイドウにとっての
    逆鱗に値する唯一の弱点の場所かも
    しれませんね