【ワンピース】百獣カイドウの「懸賞金」は35億超え!?倒し方もついに判明!?ビッグマムと人体実験の過去とは?【龍の悪魔の実】【正体能力まとめ】【画像絵あり】

現在『ONE PIECE』は四皇ビッグマムとのバトルが一段落し、聖地マリージョア編と同時並行的に突入したシリーズが「ワノ国編」

(ONE PIECE921話 尾田栄一郎/集英社)

ただワノ国を現在侵略して植民地支配しているのが同じく四皇メンバーの「カイドウ」

カイドウは同じ人間とは思えないほど巨躯であるにも関わらず、既にカイドウの正体は「巨大な龍」だったことが判明。こんなんカイドウを倒す方法とかありませんやん。

そこで今回ドル漫ではカイドウの意外な正体を徹底的に考察してみました。これまでのカイドウの正体や能力、過去などをおさらいしながら考察してるので気長にお読みください。

果たして、カイドウの悪魔の実は「ヒトヒトの実」なのか「ドラドラの実」なのか?また図体のデカさからカイドウの正体は「巨人族」なのか?

目次

【解説まとめ】カイドウは百獣海賊団提督

まず「カイドウの正体」を簡単に考察。

カイドウとは百獣海賊団の提督。異名は「百獣のカイドウ」。海賊団の名前の由来も、カイドウそのものを意味してる。ビッグマムと同じ四皇のカイドウも、既にロードポーネグリフの写しの一枚を所有済み。

カイドウの下には「大看板」と呼ばれる3名の直属の大幹部(キングクイーンジャック)がいる。キングたちはそれぞれ一個に海賊団を率いる船長であり、カイドウが「提督」と呼ばれてる理由はそういうこと。

百獣海賊団の組織図としては、カイドウが頂点として君臨し、いわゆるトップダウン型の組織が形成されてる。カイドウは指揮命令系統の全てを担う。

ちなみに、大看板にはそれぞれ2名ずつ合計6名の「飛び六胞」の精鋭部下がいる構図。飛び六胞には最悪の世代のドレークがおり、更にはバジル・ホーキンスも既にカイドウの傘下に入っております。

○カイドウは20年以上前にワノ国を植民地支配

カイドウは黒炭オロチと手を組んでワノ国でクーデターを起こし、20年前に光月おでんを処刑。そこから20年以上にも渡って、カイドウはワノ国を植民地支配。

何故カイドウがワノ国を狙ったのか理由は不明ですが、かつてワノ国が「黄金の国」と呼ばれたことも関係してるのか。

しかも、カイドウは「ワノ国を守ってくれている不動明王」として崇められているそう。まさに教育さまさま。ちなみにカイドウは40年以上前に伝説のロックス海賊団に在籍していた可能性が指摘されています。

カイドウが根城にしている場所が「鬼ヶ島」。ワノ国の大陸から離れた小島にあるらしい。

ワノ国の世界観は「日本」をモチーフにしてるんですが、さながらワノ国編は「桃太郎」の世界観も踏襲されてるらしい。実際、ビッグマム編の世界観は鏡の国のアリスがモチーフだった。

そのためカイドウの正体は「鬼」を暗示している可能性が高く、実際に巨大なこん棒を武器に戦ってる。めちゃくちゃ強い。

○【姿】カイドウは最強の肉体を持つ!【タトゥー入れ墨】

(ONE PIECE79巻 尾田栄一郎 集英社)

カイドウの姿を見ると、口元には「2本の長いヒゲ」と頭には「2本の大きな角」が確認。またカイドウの左肩には「鯉のウロコのようなタトゥーや入れ墨」が彫られてる。

今となってはこれらは「龍の悪魔の実」の伏線だったことが分かります。

そして、カイドウの姿の最大の特長は「図体の巨大さ」。

ビッグマムですら身長が8.8メートルだったことを考えると、カイドウの身長は間違いなく10メートルを大きく超えてるはず。手前に写ってるキッドやアプーの姿はほぼ子供。

そのためカイドウは「世界最強の生物」として名高く、こんな巨大な化物に巨大なこん棒を振り回されれば為す術がない。

(ONE PIECE79巻 尾田栄一郎 集英社)

しかも、カイドウが上空数千メートル上空の空島から飛び降りても地面には巨大な人型…もといカイドウ型の穴が開くだけ。

カイドウの防御力も最強クラスで、ほぼ不死身に近いはず。少なくともカイドウの悪魔の実は間違いなく覚醒してるはず。

○最強カイドウがかつて「敗北」した相手は?

ただカイドウの姿を改めて確認すると、「右腹部に大きな傷痕」が残ってるのが印象的。

カイドウは「一対一で戦ったらまず勝てるものはいない」とされてるんですが、実は海軍に何度捕縛され、カイドウは今までの人生で7度も敗北してるとか。あくまで「不死身」という点で最強に過ぎず、カイドウ自体は別に負け知らずってわけではないらしい。

カイドウがこれまで敗北した相手は、今のところ不明。

ただ「四皇に挑み捕まる」とワンピース内で解説されているため、かつてカイドウは若かりし頃にカイドウは旧四皇の白ひげ海賊団ロジャー海賊団に敗北してるものと思われます。また海軍に捕縛されてることから「センゴク」や「CP0」にもカイドウは敗北済みか。

最近の『ワンピース』を読むと結果的にカイドウは勝利したものの、赤鞘九人男のアシュラ童子や傅ジローに腹部の傷を付けられた可能性もありそう。

少なくとも、カイドウの右腹部に傷が付いてるということは「左利きのキャラクター」が犯人か。

○カイドウの性格は気分屋

圧倒的な強さがクローズアップされるだけあって、カイドウの性格は暴力的。気に入らないことがあればすぐ暴力を振るって、物事もすぐ暴力で解決しようとする。

またルフィとの対戦後は興が削がれたとすぐ本拠地の鬼ヶ島に戻るなど、カイドウの性格は「気分屋」。

(ONE PIECE82巻 尾田栄一郎/集英社)

とりわけカイドウは大好きな酒を飲むと気分屋の本領を発揮。

泣き上戸から笑い上古まで性格は目まぐるしく変化。カイドウに振り回され続ける部下が哀れでしかない。こんな気分屋の性格でワノ国をよく20年も支配できてるなという疑問も、

だから、カイドウが空島から飛び降りた理由も、おそらく「酒に酔った気分」以上でも以下でもなさそう。そのくせラフテルを目指しているのも謎ですが、カイドウ的には海賊王を目指すのも「暇つぶし」以上の目的はないのかも知れない。

ただし、カイドウの性格は暴力的ではあるものの、ちょくちょく仲間を増やしたがる。実際、麦わらのルフィや赤鞘九人男のアシュラ童子などもカイドウに声をかけられてる。

SMILEを量産して部下を強化してる点も含めて考えると、カイドウはラフテルを目指すだけの「確固たる理由」はあるのかも。ワノ国の植民地支配もその延長線上にあったのか。

ルフィ vs カイドウのバトルが瞬殺すぎた件

既にカイドウとワンピース主人公・ルフィのバトルは終結済み。カイドウの正体が龍と発覚した直後だったのでルフィも退くのかと思いきや、まさかの速攻勝負を仕掛ける。

そして、当然にしてルフィはカイドウにフルボッコされてしまいましたとさ。

この清々しいルフィの負けっぷりに、もはや苦笑いしかこぼれてこない。振り返ってみると、ルフィがここまで完全にのされた経験は監獄署長のマゼラン以来か?

まずルフィはギア4を発動。ギア4では超人パラミシア系のゴムゴムの実と武装色の覇気を組み合わせ、王下七武海だったドフラミンゴを倒し、ビッグマム海賊団カタクリも倒してきた必殺技。

(ONE PIECE923話 尾田栄一郎/集英社)

いきなり出会い頭にカイドウの頭上を「ゴムゴムのエレファントガン」で攻撃。

その後も「エレファントガトリング」で追い打ちをかけていくルフィ。ここまでモロに食らえば、ビッグマムですら何かしらの深いダメージを負うことでありましょう。

(ONE PIECE923話 尾田栄一郎/集英社)

しかも、ルフィはカイドウにトドメを刺そうとギア4の「バウンドマン」に変身してコングオルガンを一気呵成に連打。攻撃を続けてるルフィが息切れするほどフルボッコ。既にヒト型に戻ったカイドウはまさに為す術がない状態

…かに思えた。

(ONE PIECE923話 尾田栄一郎/集英社)

ただ地面に突っ伏したカイドウがムクッとそのまま立ち上がると、「雷鳴八卦」をカウンター気味に繰り出すとルフィは吹き飛んで気絶。その後、ルフィは兎丼の囚人発掘所に収容されてしまう。

【能力】カイドウの「雷鳴八卦」がヤバすぎるwww

だから、カイドウの「雷鳴八卦(らいめいはっけ)」と呼ばれる技がヤバい。

何故なら、ルフィはゴムゴムの実の能力者。普通はあらゆる打撃が効かないにも関わらず、ルフィは一撃で倒されてしまった。カイドウの腕力はさることながら、いかに雷鳴八卦の威力が強力か。

雷鳴八卦という技は棍棒で殴るだけのようにも思えますが、「雷鳴」という名前からも分かるように、どうやら「電撃」に近い付加効果もあるっぽい。実際、カイドウが雷鳴八卦の発動時、黒い電撃のようなものが確認できます。

電撃で思い出されるのが「ミンク族」。

もしかするとカイドウの正体はミンク族の可能性もなくはないか。またゴロゴロの実を無効化して神エネルを倒したことも踏まえると、この黒い電撃は相当厄介な代物になるか。

○雷鳴八卦は「黒い電撃+無動作」が肝?

ちなみに「八卦」とは中国の風水で使われる用語。

「八卦掌」と呼ばれる武術なども中国には存在しますが、大相撲の「はっけよい」という掛け声もこの八卦が由来とする説が多い。

そのため雷鳴八卦のモチーフは中国由来の必殺技である可能性が高い。

他にも無動作から攻撃を繰り出す「発勁(はっけい)」とも掛けてる可能性が考察されます。

実際、カイドウは雷鳴八卦を繰り出す瞬間、高スピードでルフィに攻撃を繰り出したというより、この無動作攻撃にルフィが避けられなかった可能性も見受けられる。

だからカイドウの強みは実は武道に長けており武術など小技に精通してる部分にあるのかも知れない。

【判明】カイドウの正体は「龍(ドラゴン)」だった!【悪魔の実】

続いては「カイドウの悪魔の実」の正体を考察。

(ONE PIECE921話 尾田栄一郎/集英社)

冒頭でも触れてるように、カイドウの正体は「龍(ドラゴン)」でした。

(ONE PIECE69巻 尾田栄一郎/集英社)

赤鞘九人男の錦えもんが「竜」に対して親の仇と称して執拗に恨みを抱いていたのも、やはり「カイドウの正体が龍だった」から。この場合における親とはやはり光月おでんのことだった。

初めてオーズ族が登場したスリラーバーク編では「リューマ」という伝説の剣豪が登場しました。既に亡くなっていたものの、龍を斬り倒したことで有名。龍は「永遠の寿命」を持つとも言われているので、カイドウの「死にたがっている性格」とも関連性が見られます。

またルフィたちが空島に辿り着くまでにめちゃくちゃ苦労したにも関わらず、何故カイドウがあれだけの巨躯でどうやって辿り着いたのかという疑問も、カイドウの正体が竜(ドラゴン)だったからで全て説明が付く。

これまで『ワンピース』にはドラゴンに関連する伏線や情報が散見され、見事にドル漫の予想通りでした。

またカイドウはワノ国を守る「明王」として崇められてる理由も、実は不動明王が持つ剣には「竜(倶利伽羅竜)」があしらわれているらしい。カイドウの設定が非常に作り込まれてる雰囲気。

【動物系ゾオン悪魔の実】カイドウは何の実か?

ただ気になるのは、カイドウの「悪魔の実」。

果たしてカイドウは一体どんな悪魔の実の能力者なのか?竜に変身する悪魔の実を食べたということでいいのか?逆に、そもそもカイドウの正体が竜なのか?

まず確認しておくと、カイドウは動物ゾオン系悪魔の実の能力者であることは確定です。提督として率いてる百獣海賊団が動物系ゾオンの能力者ばかりですから、リーダーのカイドウだけ別能力とは考えにくい。

これまでネット上では、カイドウの悪魔の実は「ネコネコの実(モデル:ライオン)」説などがありました。やはり「百獣海賊団」を率いる船長。カイドウ本人も「百獣」という異名を持つことから百獣で思い付く存在と言えば武井壮…ではなくライオン。

ただ既に百獣海賊団にライオンがモデルのホールデムが登場済み。

やはり既にCP9ロブルッチがネコネコの実(モデル:ヒョウ)だったことを考えると、四皇としてはあまりにしょぼい。あくまで「百獣」のニュアンスは「動物界の頂点・王様」という象徴的なフレーズとして使われてると考えるのが自然。

…というドル漫の考察は見事に当たりでした。

【悪魔の実】カイドウは「トリトリの実(モデル・ドラゴン)」の幻獣種か?

続いては、カイドウの悪魔の実は「トリトリの実(モデル・ドラゴン)」の幻獣種説

トリトリの実の最大の特徴が「空を飛べる能力」。空島まで遥か上空に飛ぶことができるドラゴンは、まさにトリトリの実として相応しい。実際、トリトリの実はかなり貴重で世界で5種類しか確認されてない。

しかも、幻獣種は自然ロギア系悪魔の実よりも希少と言われてる。そのため、カイドウの悪魔の実は「希少×希少」という破格の扱いになる。同じ四皇でもビッグマムの悪魔の実とは大違い。

カイドウの「龍」は東洋版ドラゴンなので羽は生えてないものの、かつて竜殺しのリューマが殺した竜(西洋版ドラゴン)には羽が生えてる。カイドウの悪魔の実を「トリトリの実」にカテゴライズしても不自然さはない。

ただし、百獣海賊団のキングの悪魔の実の能力が「プテラノドン」だったんですが、動物系ゾオンの古代種・リュウリュウの実だったため、「飛空能力があるからトリトリの実」という考察はかなり安直。

だからカイドウの悪魔の実がトリトリの実でもなさそうです。

カイドウの悪魔の実は「ヒトヒトの実」か?

続いての可能性は「ヒトヒトの実」。

実はカイドウの正体が「元々最初から龍」だった。そこで元々トナカイだったチョッパーのようにヒトヒトの実を食べて…というパターン。要するに、カイドウの悪魔の実は「人間に変身できる動物系ゾオン」という説。

SMILEで動物系ゾオン能力者を増やしているのも、もともとカイドウの正体が「化物の龍」だったから仲間を増やそうとしたのかも知れない。

もしかすると、その人間に変身できる悪魔の実をカイドウに渡した張本人こそが「カイドウに借り」があるとされるビッグマムなのか?

さすがにカイドウ並の巨大な人間はいないため、例えばヒトヒトの実でも「モデル・オーズ魔人族」や「モデル・モデル古代巨人族」といった幻獣種の可能性が考察されます。

ただし、カイドウの悪魔の実が「ヒトヒトの実」の可能性は低いでしょう。

何故なら、カイドウの正体が竜だった場合、その時点で既に最強に強いから。要するに、わざわざ動物ゾオン系で「人間」にランクダウンする必要がない。別の超人パラミシア系悪魔の実などを食ってた方が良かったはず。

もちろんカイドウの過去は判明してないので断言も難しいですが、単純に強い弱いだけで判断するとヒトヒトの実は微妙。

【正体】カイドウの種族は「オーズ族」

じゃあカイドウの正体は何なのかと言うと、おそらく種族は「オーズ族(古代巨人族)」の可能性が高そう。

(ONE PIECE82巻 尾田栄一郎 集英社)

カイドウは巨人族を超えるほど巨躯であることは言うまでもなく、カイドウは「角の形」も非常に独特。グルンと曲がった猛牛のような角、オーズ族の角と非常に酷似。

他にも、カイドウの歯並びが特徴的。糸楊枝がスキマに入らないほど歯並びがキレイ。でもオーズ族の歯並びはギザギザなんじゃね?と思ったワンピース読者は甘い。

実はオーズ族も上の歯並びだけはやたらとキレイ。もちろん下の歯並びはギザギザしてるものの、上の歯並びはきれい。画像のカイドウでは上手いこと吹き出しで下の歯が隠されてるのが、いかのも伏線。

またカイドウの部下・ジャックは「ウォータン(魚人と巨人のハーフ)」説が有力であるとドル漫ではかつて考察したように、カイドウもオーズ族と更に別種族のハーフという可能性も残されてるか。

光月モモの助を桃太郎と仮定すると、モモの助に引き連れて来られた主人公のモンキー・D・ルフィは猿。他にも犬のイヌアラシ、キジのマルコと仮定すると、まさにラスボスのカイドウは「鬼」

ワノ国編のストーリーを考えると、カイドウの元々の種族は龍よりも「鬼」と考えるのが自然。少なくとも、カイドウの強みは「龍×オーズ族」という組み合わせで成立してる。

【海賊旗の謎】カイドウの悪魔の実はヤマタノオロチか?

続いての考察が「カイドウの悪魔の実=ヤマタノオロチ説」。

やはりワノ国はモチーフが日本。そのため中国原産のドラゴン(龍)ではなく、カイドウは日本固有のファンタジーな怪物である「ヤマタノオロチ」に更に変身できる方が自然。

(ONE PIECE79巻 尾田栄一郎 集英社)

実際、カイドウの海賊旗に「漢字の八(8)」らしきマークが描かれてる。現時点ではカイドウのキャラ名や海賊団の名前然り、どこにも「数字の8」に関わる要素が見受けられません。

ヤマタノオロチとは、8つの首を持つ伝説の生物。水を支配する龍神とも言われており、「八俣の大蛇(ヤマタノオロチ)」と漢字に変換すると分かりやすい。実際、カイドウの「ウオロロロ」という笑い声も意味深な伏線を匂わせる。

また、カイドウは大のお酒好き。ヤマタノオロチのエピソードも「お酒」が関係してることは有名な話。状況によって笑い上戸や泣き上戸に変わるカイドウはまさに「8つの顔」を持ってる_

カイドウは3段階しか変身できないゾオン系が「8段階」まで変身できれば完全にヤバタニエン。チョッパーですらランブルボールというチートアイテムを使って7種類までの変身できないんだから。

また、ここで思い出して欲しいのが「カイドウがかつて7度敗北してる」という事実。現時点で最強のカイドウがわざわざ「敗北」というネガティブな要素をアピールする必要がある?

ヤマタノオロチは前述のように「八つ首の竜」ですから、今後カイドウは「8度目の敗北で覚醒する or 本当の姿を発揮する」という伏線なのではないか?

ラフテルを目指してるカイドウが何度も自死を試みようとしている理由もここにあった?

○カイドウの悪魔の実は「ドラドラの実」で確定!?

ただし、既にワノ国の将軍・黒炭オロチの悪魔の実が「ヤマタノオロチ(ヘビヘビの実)」と発覚済み。

当初、黒炭オロチの能力が「カイドウの悪魔の実を受け継いだSMILE」というネット上のデマにドル漫では引きずられたものの、結果的にオロチの悪魔の実は完全なオリジナルでした。

つまり、カイドウの「悪魔の実=ヤマタノオロチ説」は否定されたカタチ。

でもカイドウの海賊旗はいかにも意味深なデザイン。相棒とも言える黒炭オロチの能力を「八」という漢数字で表現してる可能性もありますが、カイドウが八度目の敗北で何か覚醒する余地は残されてるか。

だから結論をまとめると、カイドウの悪魔の実は「ドラドラの実」と素直に考察できそう。おそらく細かいモデル名はなく、巨大な龍にそのまま変身できる悪魔の実。

既にディエス・ドレークなど恐竜の悪魔の実は「リュウリュウの実」と判明してるため除外でき、まだタツタツの実よりドラドラの方がしっくり来るはず。

【衝撃の過去】カイドウはかつてパンクハザードで人体実験されていた!?

ここまで考察しても、まだカイドウの悪魔の実はヒトヒトの実と考えてるワンピース読者もいそう。

(ONE PIECE66巻 尾田栄一郎/集英社)

でも、実はカイドウはかつてパンクハザード島で人体実験されていた過去がある。

実際、パンクハザードの研究施設の入り口には世界政府と海軍、そして「カイドウと思しきマーク」が刻み込まれていた。何故、カイドウのマークを一番デカデカと大きく描く必要があったのか?

この理由は至ってシンプル。

カイドウの「龍の悪魔の実」を元にSMILE(人造悪魔の実)を開発していたから。

(ONE PIECE magazine5巻 尾田栄一郎/集英社)

実際、『ONE PIECE マガジン』5巻では、龍のSMILEを食べてしまった光月モモの助に対して「まるでカイドウの子供のようである」と表記。「モモの助が竜の姿になったのは偶然か?」など踏み込んだ表現が目立つ。

これは一体どういう意味なのか?

つまり、モモの助はカイドウの悪魔の実をベースに作られたSMILEを食べたから龍に変身できる。要するに、カイドウの悪魔の実がヒトヒトの実であった場合、モモの助は龍に変身できないはず。

そのため、カイドウの悪魔の実がヒトヒトの実説は確実に否定されたカタチ。

カイドウの目的は自ら進んで人体実験になる引き換えに、龍以外のSMILEの量産化を要求したのか。もしくは強制的であった場合、ビッグマムがカイドウを救出した可能性も。まさに「借りと貸し」。

一方で、ベガパンクや裏にいる天竜人や世界政府の狙いは「龍の能力」だったことも伺えるため、もしかするとラフテルは龍の状態じゃないと到達できない伏線も読み取れます。

カイドウの懸賞金は30億ベリー超え?

続いては最強カイドウの「懸賞金額」を予想。現時点では具体的な懸賞金は判明してません。

結論から書くと、カイドウの懸賞金は余裕で30億ベリーを超えそうです。

ただでさえ巨躯のノーマル状態で強い上に、空を縦横無尽に飛べる龍の悪魔の実を持つ。しかも、龍は波動砲のような強力な火球を吐き出すと来たもんだ。

カイドウ一人だけがSF懐柔漫画など、別ジャンルの漫画に生息してるキャラクター。もはやカイドウをどうやって倒すねんというレベル。

またカイドウと同じ四皇の黒ひげ・ティーチの懸賞金が約22億ベリーと既に判明済み。ルフィが15億だったので正直かなり少ないと思ったものの、カイドウは余裕でこれを超えてくるはず。

黒ひげは悪魔の実を2個持つ強みはあるものの、やはりカイドウの物理的な強さと攻撃力を相殺できるとは思えない。下手すりゃ、どこぞのお笑い芸人風に言うと「35億」の可能性も。

カイドウの懸賞金が30億ベリー台と仮定すれば、懸賞金が約半分にあたるルフィがフルボッコで完敗した理由も納得。

少なくとも、ワンピース読者にとって衝撃的な数字が明らかにされるはず。

d-manga.net

【攻略方法】最強カイドウの「倒し方」は存在する?

こんな不死身のカイドウを倒す方法は存在するのか。

そこで続いてはカイドウの「倒し方」を考察していこうと思います。

○モモの助が「ズニーシャ」でカイドウを倒す?

まず最初の倒し方は「光月モモの助」の存在。

カイドウと同じく龍に変身できるため、モモの助が最後倒せると見る考察もありますが、さすがにサイズ感が全く違いすぎる。わずか8歳のモモの助に勝ち目はないでしょう。

確かに父親の光月おでんはアシュラ童子を従えるなど高い戦闘力を匂わせており、モモの助も高い戦闘力を秘めてる可能性はゼロではないですが、さすがにカイドウを倒すにはあと10年20年は欲しい。

ただし現時点でも、光月モモの助は「ズニーシャ」を操作することが可能。やはり巨大な龍のカイドウの龍を倒すには、それに近いサイズ感が必要。

古代兵器ポセイドンの正体がしらほし姫であったように、モモの助が古代兵器ウラヌスの可能性も。

実際、ズニーシャはカイドウの部下・ジャックを一撃で粉砕するなど、攻撃面で不足はなし。ズニーシャの雲に届かんばかりに巨大な象の鼻を使えば、飛んでいるカイドウの竜だって撃ち落とせるはず。

まさに「巨大 vs 巨大」。

カイドウと光月家・ワノ国の因縁も考えると、やはり最終的にカイドウを倒すのは光月モモの助が少なくとも関与している可能性が考えられそう。

○黒ひげ・ティーチが「ヤミヤミの実」でカイドウを倒す?

続いての可能性は「黒ひげ(マーシャル・D・ティーチ)がカイドウを倒す説」。

黒ひげは最悪の世代で最も海賊王に近い存在であり、悪魔の実を2つ所持するカイドウと同じく四皇の一人。でも、さすがにコレだけ巨大な龍を倒すのは、人間サイズの黒ひげでも至難の業にも思えます。

結論から書くと、黒ひげは「ヤミヤミの実の能力でカイドウのドラゴン化を防ぐ」ことができるのではないか。

ヤミヤミの実は自然ロギア系悪魔の実の中で最も凶悪とされ、相手の能力者の悪魔の実を発動させなくさせる。

ワンピースでは当初同じ自然ロギア系のエースに発動した場面が印象的でしたが、このヤミヤミの実は動物ゾオン系悪魔の実であっても有効なはず。

おそらく黒ひげが落とし前戦争元白ひげ海賊団のマルコ相手に勝利できた理由も、不死身のフェニックスの能力を発動させなかったからだと考察できます。

ヤミヤミの実でカイドウの龍化を防ぎ、そこをグラグラの実で黒ひげがフルボッコをかます。またカイドウはそのまま海に落ちればさすがに死亡してしまうはず。

また黒ひげ海賊団のメンバーたちも曲者ぞろい。数百メートルサイズのサンファンウルフカタリーナ・デボンなど海賊団単位の総力戦でもカイドウに分があるか。

○その他のカイドウの「倒し方」

そこで他にもカイドウの倒し方を考察しておくと、例えば革命軍のリーダーであるモンキー・D・ドラゴンの可能性も考えられる。

何故なら、これまで革命軍は武器密輸現場を押さえるなど、どうやら世界中の紛争を食い止める素振りも見せてる。一方、世界の武器輸出を裏で仕切っているのがワノ国のカイドウ。革命軍・ドラゴンにとってカイドウは最大の敵の一人。

ドラゴンは天候や嵐を操る能力を持っているとされ、まさに「龍対決」が行われると仮定すれば、最終的にカイドウを倒すのは革命家・ドラゴン。

ただし、現在世界会議(レヴェリー)で革命軍は海軍大将の緑牛藤虎と交戦しているらしく、仮に革命軍が無事逃げ出せても手負いの状態でカイドウを倒すことは不可能か。

少なくとも、ウルージさんごときではカイドウを倒す・勝つことは不可能でしょう。

【お玉のキビ団子】カイドウは倒さずに「仲間」にする?

ただ龍化したカイドウのサイズ感を考えると、おそらくカイドウを物理的に倒すのはほぼ不可能。

例えば恐竜のドレークのサイズですら、しらほし姫の大きさと変わらない。龍のカイドウの大きさサイズは詳しく判明してないものの、下手すりゃ数百メートルサイズ。

海軍が総掛かりで戦ってもカイドウを倒せてないことからも分かるように、そもそも「倒す」という発想が土台無謀で的外れ。

そのためカイドウは倒すのではなく、現実的には「懐柔(仲間にする)」ことが最も効果的な方法かも知れない。でも、こんなに最強に凶悪なカイドウを仲間にする方法があるのか?

(ONE PIECE91巻 尾田栄一郎/集英社)

そこで活躍するのが「お玉」のキビ団子。

お玉はキビキビの実の能力者。自分のほっぺを千切ってできた団子を「動物」に食べさせると言うことを聞いてくれる桃太郎のキビ団子。

既に百獣海賊団のメンバーがお玉のキビ団子で言うことを聞いており、おそらく動物系ゾオン能力者のでカイドウもお玉に手懐けられるはず。

つまり、今後カイドウは麦わらの一味の仲間に入る可能性がありそう。

既にビッグマムと麦わらの一味と行動をともにしてる事実も加味すると、同様の展開がカイドウで起きても不思議ではないはず。

もちろん可能性としては決して高いとは思わないんですが、やはりカイドウにとって海軍本部は敵。「イム様」という共通の敵に、カイドウとルフィの共闘は十分考察することは可能。

かつてカイドウの悪魔の実がパンクハザードで人体実験が行われていたと仮定すれば、逆に天竜人サイドも「カイドウの龍の悪魔の実」を再び狙う動機はある?

ワノ国最終盤では「カイドウ・ルフィ・ビッグマムの連合軍 vs イム様・海軍大将」といった展開が十分考えられ、ワンピース最終回まで意外と時間が短いらしいので、ワノ国編からこのままラフテルに行く流れになりそう。

○カイドウの正体は「ラフテル」に行くための乗り物だった?

そこで新たに考えられる考察が「カイドウの龍=ラフテルまでの乗り物説」。

当初ドル漫では「ドラゴン化した光月モモの助に乗ってラフテルに行く説」などを予想してました。ラフテルの場所も龍に乗らなければ到達できず、だから天竜人もカイドウの悪魔の実を研究してた?

だから割と良い線を行ってる考察だと思ってたんですが、さすがにモモの助は人が乗るには小さい。

麦わらの一味も傘下の海賊団を含めると、既にかなりの大所帯。他にも色んな海賊や赤鞘九人男などワノ国のキャラもラフテルに行くと仮定すれば尚更。

でも、カイドウの巨大な龍であれば何百人でも乗ることが可能。

つまり、カイドウの悪魔の実は「ラフテルに行くための乗り物」として設定された可能性もありそう。さながら巨大な筋斗雲。ラフテルの場所もカイドウなど「龍の力」がないと到達できない?

前述のように天竜人がカイドウの悪魔の実を研究していた過去も踏まえると、あながち間違いではないでしょう。今後ワノ国編ではカイドウを筆頭に四皇メンバーはどんどん仲間に引き入れる可能性も?

やはりDの一族であるルフィの魅力は「無意識に仲間を集める」とミホークあたりが語っていた気がしますが、まさにカイドウを筆頭に四皇でも同様の力が発揮される?

カイドウの名前の由来も「街道(ラフテルへの道)」という意味が込められている可能性も。

【ONE PIECE考察】百獣カイドウの正体総括まとめ【能力強さ】

以上、百獣のカイドウの正体に関する考察まとめでした。

結果的にドラゴンの悪魔の実はドル漫の考察はほぼ見事に的中したカタチ。ネット上では大抵パクリの役に立たない考察記事が多いですが、カイドウの正体に関しては割と良い線を行ってる考察もチラホラ。

例えば、【ワンピ考察】黒ひげ・ティーチの正体は「ケルベロス説」のように、百獣海賊団の海賊旗デザインに着目した「カイドウ=ヤマタノオロチ説」は特に面白い着眼点だった気がします。

最近黒炭オロチが登場したため結果的にはハズレでしたが、またいずれ百獣海賊団の海賊旗の伏線も明らかにされそうです。

【最強】四皇強さランキングまとめ【ワンピ考察】赤髪シャンクスの正体&能力強さ【ワンピ考察】ベン・ベックマンの正体&能力強さなども併せてご参照。