【四皇】百獣のカイドウの正体まとめ【ONE PIECE考察】

スポンサーリンク

ONE PIECE』は2017年12月現在、四皇・ビッグマムとのバトルが佳境を迎えております。どういった結末を迎えるのかは読めませんが、続いて突入するシリーズが「ワノ国編」。ロードポーネグリフを作った光月一族たちが住まう国々。

(ONE PIECE79巻 尾田栄一郎 集英社)

ただワノ国を侵略し植民地支配したのが、四皇・カイドウ。めちゃめちゃデカい。

そこで今回はカイドウの意外な一面など現在『ワンピース』の中で判明している情報から、カイドウの正体を徹底的に考察してみたいと思います。カイドウはどういった悪魔の実の能力者なのか?図体のデカさから巨人族といった血を引いているのか?

最強の生物・カイドウが死にたがる理由

まずカイドウは世界最強の生物として名高い。

一対一で戦ったらカイドウに勝てるものはいないとされます。海軍に何度捕縛されて拷問を受けようとも、これまでワンピースの中でカイドウにまともなダメージを与えたものはいないらしい。

ただカイドウはいつも「死」を望んでる。

(ONE PIECE79巻 尾田栄一郎 集英社)

例えば空島からカイドウは飛び降りるなど、いつもカイドウは自ら自分自身を痛めつける。

ただカイドウはほぼ不死身のため、地面には巨大な人型…もといカイドウ型の穴が開くだけ。ちなみにカイドウは「バンザイ」したまま地面にぶつかったようにも見えますが、おそらく上部の先っちょは角。あれ?お手手は?(笑)

じゃあ何故カイドウは最強のくせに、ここまで逝きたがるのか?

「最強だから敗北を知りたい」という考察もありますが、それはないと思います。何故なら既に何度も海軍に捕縛されるなど、カイドウは今までの人生で7度も敗北してるから。あくまで「不死身」という点で最強に過ぎず、カイドウ自体は別に負け知らずではない。

ちなみにカイドウがこれまで敗北した相手は、今のところ不明。

ただ「四皇に挑み捕まる」とワンピース内で解説されているため、かつてカイドウは若かりし頃にカイドウは旧四皇(白ひげ等)やロジャーに敗北してるものと思われます。また海軍に捕縛されてることから「センゴク」や「CP0」にもカイドウは敗北済みか。

おそらく答えはシンプル。これまでのカイドウの発言やセリフから考えると、「この世界が退屈」だから。それならカイドウのやけっぱちな性格にも合点が行きます。そのくせ「ラフテル」を目指しているのも謎ですが、カイドウ的には海賊王も「暇つぶし」以上の目的はないのかも知れない。

続いてはカイドウの正体にいよいよ迫っていきたいと思います。