【ワンピース】ベガパンクの「正体」が月の民と判明か!?【世界一の科学者の意外な素顔とは?】

バトル漫画『ONE PIECE』に登場する医者や科学者は、ろくなキャラクターがおりません。

シーザーやドクターくれはなど列挙すればキリがなく、麦わらの一味・チョッパーもご多分に漏れず。動物ゾオン系悪魔の実にも関わらず、薬で半強制的に7変化するとか無茶するってレベルじゃない。

(ONE PIECE50巻 尾田栄一郎/集英社)

その中でも未だに謎多き天才科学者といえば「ベガパンク」

王下七武海のバーソロミュー・くま曰く、「世界最大の頭脳を持つ男。奴の科学力は既にこれから人類が500年をかけて到達する域にいるといわれている」とめちゃめちゃハードルを上げてくれちゃってる。

実際、悪魔の実の正体を解明するなど天才的な頭脳を持ち、ベガパンクは海軍の科学者たちのリーダー的な存在。こんな天才科学者・ベガパンクが政府側に働いていること自体が主人公・ルフィたちにとって脅威そのもの。

そこで今回ドル漫では「ベガパンクの意外な正体」を徹底的に考察してみました。これまでのベガパンクのおさらいも兼ねて読んでみてください。

【解説】ベガパンクは海軍お抱えの世界一の科学者

まずはベガパンクについて簡単なおさらいから解説。

(ONE PIECE69巻 尾田栄一郎/集英社)

ベガパンクは海軍の科学班のトップに君臨する「世界一の科学者」として名を馳せております。ベガパンクの同僚だったシーザーも嫉妬心と敵意がむき出し。

ベガパンクとシーザーはかつて「パンクハザード」と呼ばれる島で四皇・ビッグマムのために、人体の巨大化をさせる共同開発をしていたものの、ことあるごとに二人は対立。その後、シーザーはベガパンクの名声を汚すために島中に有毒ガスを撒き散らして、パンクハザードは死の島と化した。

結果的に、ベガパンクがシーザーの責任を取らされるハメになって、人造悪魔の実の開発は表面上は中止にされた。ベガパンクは天才すぎるが故に、周囲との軋轢も少なくなく、やや可哀想な過去も持つ科学者。

ただ、それでもベガパンクの功績はあまりに凄まじく、その程度のチョンボでは「世界一の科学者」という名声は揺るがなかったことはシーザーの発言からも明白。そのため現在もベガパンクは海軍のもとで働いてるらしい。

天才ベガパンクは「悪魔の実の正体」を解明!

このベガパンクの初登場は『ワンピース』45巻となかなか遅め。時期でいうと2007年ですから今から10年以上前。

ルフィたちが司法の島・エニエス・ロビーでCP9を撃破後、現在海軍大佐のコビーとの会話の中でベガパンクの名前が登場します。このときにロックス海賊団を壊滅させたガープも本格的に登場してます。

(ONE PIECE45巻 尾田栄一郎/集英社)

このコビーによれば「軍の科学者・ドクターベガパンクがいて、彼はすごいんですよ。悪魔の実の能力の伝達条件の解明や、モノを悪魔の実を食わせる新技術も開発した」と、やはりベガパンクを絶賛。

なんと未だに謎が多い悪魔の実の能力の伝達条件などを解明するなど、まさに天才っぷりを発揮。これまでファンクフリード(ゾウゾウの実)など様々な海軍のキャラが登場しましたが、ああいうのは全部ベガパンクの功績とのこと。

ちなみに、ドル漫では「悪魔の実の正体」については既に考察済み。ベガパンクが解明したように、おそらく「能力者の死後の悪魔の実の行方」など割と確度が高い考察ができてると自負としております。

ベガパンクは「サンジの父親」の元同僚

(ONE PIECE84巻 尾田栄一郎/集英社)

このベガパンクは海軍に入る前に、実はサンジの父親である「ヴィンスモーク・ジャッジ」と同じく兵器の研究を行ってた同僚だったらしい。そのためベガパンクの現在の年齢は40~50代程度と推察されます。

ジェルマは有数の科学の国として代々知られており、ベガパンクが何らかのカタチでジャッジにリクルートされた感じか。そこで当時のベガパンクは血統因子(DNAみたいなもん?)を初めて世紀の発見。

ただ、血統因子は禁忌の技術。おそらく悪魔の実の正体とも関係する技術である可能性があり、そこでベガパンクは海軍に逮捕されて、その後、半強制的に世界政府の科学者として活動を始める。

つまり、ベガパンクは自らの意思で海軍に入隊したのではないということ。

一方、ジャッジは海軍の魔の手から逃れ、その後はベガパンクが発見した血統因子を元に「クローン人間兵器」を大量に製造。その過程でサンジの兄弟も産まれてる。そのためベガパンクと麦わらの一味は薄っすらと関連性があるキャラクターらしい。

ベガパンクの「出身地」は未来国バルジモア

残念ながら、ベガパンクの情報はコレ以上の情報はほとんど明らかになっておりません。

ただワンピースの途中途中ではベガパンクの情報が小出しにされており、ベガパンクが生まれ育った故郷や生家などは判明済み。

(ONE PIECE56巻 尾田栄一郎/集英社)

例えば、ベガパンクの生まれ故郷は「未来国バルジモア」と呼ばれる冬島にある国。生家にはご丁寧に「VEGAPUNK(ベガパンク)」の文字が掲げられております。

この未来国バルジモアは冬島だけに、常に極寒。そこで幼少期のベガパンクは「島全体を暖める土暖房システム」を作ろうと動いていた。この暖房システムの理屈は不明ですが、残念ながらベガパンクの計画は失敗に終わる。

何故なら現在ある技術が未熟であり、また資金不足もあって達成できなかったから。逆に言うと、ベガパンクの頭の中の設計図は完璧だった。それ故に確実に実現できると確信を持っていた幼きベガパンクは「みんなを楽にしてやれない」と泣いたらしい。

ただ、未来国バルジモアの住民たちはベガパンクの「優しい思い」だけで十分心は暖まった。島田紳助なら「めっちゃ素敵やん。めっちゃホッコリする感動エピソードやん」と涙ながらに語ったに違いない。

だから現在、バルジモアの住民たちは海軍で大きな功績を残すベガパンクのことを誇りに思ってるのもむべなるかな。

他にもベガパンクは未来国バルジモアで動物たちをサイボーグに改造して労働力として使うなど、こんにちに至る最先端技術(くまの人間兵器化など)は幼い頃のベガパンクの頭脳で既に完成されていた模様。

【考察予想】ベガパンクは敵か味方か?

だから気になるのは、やはり「ベガパンクは敵か?味方か?」という点。

ベガパンクは世界政府御用達の天才科学者ではあるものの、これまでの経歴を見ている限り、どうやら「良い人っぽいぞ」という匂いがプンプン。例えば、パンクハザード島ではシーザーの毒ガス兵器散布をベガパンクが必死に食い止めてたりします。

そこでは悪の天才科学者シーザーとベガパンクと対比させて描写されており、もちろん海軍のために兵器こそ開発してはいるものの、ベガパンクはむしろ「善の科学者」のような相反する立ち位置に描かれてる。

(ONE PIECE57巻 尾田栄一郎/集英社)

もちろんベガパンクはバーソロミュー・くまを改造し、完全な人間兵器に作り変えてしまった科学者。バーソロミュー・くまは既に人間としての意識はゼロ。現在は聖地マリージョアで奴隷として働かされてる状態。

このことがワンピース読者の頭にも鮮烈に残っているため、「ベガパンク=悪」というイメージが多く持たれがち。実際、ジュエリー・ボニーとバーソロミュー・くまの関係性でも考察したように、非常に悲劇的な過去が隠されてる可能性があり、そこに大きく加担したのがベガパンク。

でも実は、ここにこそベガパンクが「悪か善か」を分ける分水嶺的な伏線などが隠されているのではないか?とドル漫では考察。

○ベガパンクと革命家ドラゴンはウラで繋がってる?

ベガパンクに改造されたバーソロミュー・くまは七武海でありながら、世界政府と敵対する革命軍のメンバー。画像のエンポリオ・イワンコフも疑問を呈しているように、普通ならくまが世界政府に与するはずがない。

つまり、海軍の科学者・ベガパンクに全ての身を委ねるのか?って話。革命軍としても了承するはずがない。

でも、こう考えればどうでしょうか?

それが実はベガパンクと革命軍のリーダー・ドラゴンが裏で繋がっているケース。つまり、ドラゴンがベガパンクの改造を内々で受諾・了承していたパティーン。革命軍・ドラゴンと科学者・ベガパンクは長年懇意にしていれば、くまも安心して改造される可能性はある。

もちろん普通の顔見知りというだけでは説得力に欠ける。ドラゴンがベガパンクに何か友情以上に超えた「確信」めいたものが必要になる。そこで更に浮かび上がるのがベガパンクもドラゴンと同様に「Dの一族である可能性。

Dの一族は何かしらの運命を持って生まれ、そしてDの一族同士は惹かれ合うように結ばれる。ワンピースの最終回でも重要に関わってくる設定。ただ、ここにベガパンクがいたとしても不思議ではない。

まさにドラゴンがベガパンクを信用するに足る十分な根拠とも言えましょう。

【考察】ベガパンクが「Dの一族」である可能性

じゃあ、本当にベガパンクが「Dの一族」なのか?

そこで思い出されるのが、「約束の舟ノア」の存在。このノアは数百年以上前に造船された超巨大な戦艦。舟のサイズは魚人島の約半分強。ただし、今現在はどういった造船技術で造られたのかなどは不明。

でもこれは言い換えると、現在の造船技術では作れないか、もしくは修復することはできない裏返し。まさに「ベガパンク」が活躍するには打って付けの存在であり、まさにベガパンクが登場する前フリ。

(ONE PIECE66巻 尾田栄一郎/集英社)

実際、海王類は半壊状態のノアを率いながら「舟はボロボロだ…直るかな…直すにはあの一族の力が必要だが…」と「特別な一族の存在」を暗に語ってる。少なくとも、方舟ノアはそこらへんの造船技師や科学者では直せない雰囲気。

もちろん現在ワンピースで登場する特別な一族といえば「Dの一族」ぐらい。もしノアがベガパンクを修復せざるを得ないと仮定すると、やはりベガパンクは何か特別な血を引いている可能性が高いと考察されます。

○ベガパンクは古代兵器製造に大きく関連してくるか?

ちなみに、筆者は「古代兵器プルトンの正体はノア」と考察済み。そのためベガパンクの知識が「500年以上先まで到達してる」という時間軸的な前フリも、古代兵器に繋がる大きな伏線の可能性すらあります。

世界最悪の戦艦であるプルトン(方舟ノア)の改築に加えて、きっとベガパンクが製造したレーザー砲などが搭載されるのではないか?これまでベガパンクは様々なサイボーグ開発や武器製造に関与済み。

古代兵器ポセイドンを除き、まだ古代兵器ウラヌスの正体も判明してませんが、もしかすると他の古代兵器の活用する場面において、ベガパンクは大きく関わってくる可能性は高いと考察してみる。

【画像あり】ベガパンクの顔写真や素顔とは?

当然、誰もが気になるベガパンクの「御尊顔」。

でも残念ながら、やはり90巻近く発売済みではあるものの未だにワンピース最新話でもベガパンクの画像や顔写真は未だに公開されておりません。ただ、実はベガパンクと思しきカットは1点だけ公開済み。

(ONE PIECE69巻 尾田栄一郎/集英社)

それがシーザーの悪行を止めようとした場面。一番左端の「黒いシルエット」こそがベガパンクその人になります。

ベガパンクのセリフや口調を見る限り、少なくともギャグテイスト丸出しのキャラではなさそう。非常に理知的で落ち着いた話しぶりに、ベガパンクの聡明さや天才っぷりが如実に読み取れます。

でも敢えて尾田栄一郎はギャップ感を狙ってる可能性もあり、ベガパンクの見た目はアホ顔というパターンも残されておりますが、やはりベガパンクの特徴的なルックスが「2本の角」でありましょう。

シーザーと同じように何故か角が生えてる。そのためシーザーの正体もそこまで判明してないものの、どうやら同じ民族や人種である可能性はありそう。同じ種族であるが故に、シーザーはベガパンクに大きく嫉妬するのかも。

シーザーを参考にする限り、ベガパンクも同じく「普通の人間」である可能性は高い。とはいえ、これまでのワンピースを振り返っても、2本の角が生えたキャラクターや人種は極めて少ない。

○【考察】ベガパンクの正体は竜人間?

そこで「ベガパンクの正体」を筆者が大胆に予想してみる。

(ONE PIECE69巻 尾田栄一郎/集英社)

その説が「ベガパンク≒竜人間」説。

ベガパンクは何故かパンクハザード島で画像の「竜」をペットとして飼っていた。自ら血統因子を操作して生み出したのか、かつて存在した竜の血統因子を抽出して作ったのか、そもそもどこかの島から竜を捕まえてきたのかは不明。

ただ、光月モモの助がピンクのドラゴン化した人造悪魔の実を作ったのはベガパンクであることは判明。何故か、ベガパンクは「失敗作の悪魔の実」と語っていたらしいんですが、どうやらベガパンクと竜は意外と関連性が高いらしい。

少なくとも、ベガパンクは竜の存在を追い求めてるフシがある。

先程は「ベガパンク≒Dの一族」説を考察しましたが、考えてみるとDの一族と反目する天竜人には「竜」が名前に入ってる。普通なら「天上人」のままでいいはず。でもここは「竜」である必要があったのかも知れない。

Dの一族でもある、革命軍のリーダーの名前もドラゴン。前述のドル漫の考察と関連してくる部分もなくはない。

【考察】ベガパンクの正体は「月の民」の子孫か?

(ONE PIECE69巻 尾田栄一郎/集英社)

ただ改めてベガパンクのシルエットを確認しておくと、「2本の角」と聞いて思い出されるのが空島の住民たち。既に月の地下都市の正体まとめでも考察済みですが、空島の住民はかつて月からやって来た子孫。

つまり、ベガパンクの正体は「月の民である可能性」が実は一番高そう。前述のように出身地は未来国バルジモアではあるものの、ベガパンクの知識は月の古代都市の高度技術もふんだんに応用している可能性もありそう。

そう考察すると、ベガパンクだけが500年以上先の技術やアイデアを持っているという状況とも符号。モモの助は20年前の過去からやって来た可能性が高く、このタイムマシーンをベガパンクが製造していた?

実際、ワノ国には竜が生息してると言われており、ベガパンクと光月一族がかつて密接に接触していた可能性は捨てきれない。そして、ワノ国は「桃太郎」など日本の童話に関係したキャラクターが数多く登場。

ベガパンクの助手が「戦桃丸」と呼ばれる金太郎をモチーフとしたキャラクター。ミンク族はさながらかぐや姫。そのためワノ国編でベガパンクの正体がいよいよお披露目する可能性も高そうです。