【ルフィ必殺技】ギア5・ギアフィフスの「能力」がヤバすぎたwww【新形態予想】【ワンピース考察】

先日、『ONE PIECE』の主人公・ルフィが持つ必殺技「ギア4」の詳細が完全に明らかになりました。ルフィが武装色の覇気を全身にまとうことで、様々な形態に変容。ルフィが非常にカッコよく強く進化したのがギア4。

6f8a369958f94af66327ce6b3f9be330

そこでワンピース読者だったら誰もが気になるのが次の「ギア5」の存在でありましょう。現状『ワンピース』においてギア5の片鱗は一切描写されていないんですが、今回ドル漫ではギア5の徹底した予想と考察を展開してみました。

もちろん既にネット上では「ギア5」の予想や考察も多い。そこで今回ドル漫ではそれらの可能性を一つ一つ潰していきながら、ギア5の能力を大胆予想してみようと思います。筆者のギア5予想は割と確度が高いと自負してるのでお楽しみに。

ルフィがギア5(ギアフィフス)が体得する可能性は何%?

まずワンピースの主人公・ルフィが「ギア5(ギアフィフス)」を体得する可能性を考察してみましょう。

結論からドル漫の予想を書いておくと、ルフィが「ギア5」まで体得する可能性はほぼ100%と断言しておきます。

○ギア5以降の必殺技がないと今後ルフィの敗北必至

理由は至ってシンプル。

「ギア4」では純粋に力不足だから。確かにギア4の能力は強かったものの、言っても王下七武海のドフラミンゴや懸賞金10億円程度のカタクリをギリギリ倒した程度に過ぎない。詳しくは「ギア4完全まとめ」もご参照。

でも、今後ワンピースでは四皇・カイドウや元海軍大将の青キジ・クザンと不穏につるんでいる黒ひげティーチたちとの一戦が待ち構えてる。ましてや四皇・ビッグマムすらルフィは完全に倒しきれたわけじゃない。

既に「海軍大将強さランキング」も筆者・ドルジ露瓶尊は執筆しておりますが、他にも海軍大将もまだまだ健在の状態。義兄・エースの命を奪った海軍元帥・赤犬(サカズキ)との一戦もルフィは避けられない。

じゃあルフィが今後ギア4だけで太刀打ちできるのか?という話。筆者の考えては到底可能とは考察しております。つまりルフィにとって「ギア5」の開発は必須であり、もっと予想するなら「ギア6」程度まで必殺技の存在すら考えておく必要がある。

だから「ルフィはギア5を体得する」という筆者の予想は100%当たるはず。

【予想1】ギア5(ギアフィフス)は「髪の毛」を操作しちゃう系?

ということで、ようやく本題。ギア5(ギアフィフス)の正体を筆者・ドルジ露瓶尊が考察していこうと思います。

そこで、まずはこれまでのルフィのギアシリーズを振り返って見ましょう。

そうすると「ギア2…血管」「ギア3…骨」「ギア4…筋肉」と、それぞれルフィの肉体を強化させている能力であることが見えてきます。そのためワンピース考察サイトではギア5は「ルフィの髪の毛」を操作しちゃう系と考察する意見もございます。

確かにCP9には髪の毛を操作して攻撃してくるキャラクターが既に『ワンピース』の中では存在します。ルフィも同じように髪の毛を使った必殺技を使うことは、決して不可能ではない気はします。ルフィは髪の毛も当然ゴムでできてるため、この予想は理論上はおそらく可能。

○長髪姿のルフィは想像しただけでキモくね?

ただ、「ギア5=髪の毛説」の可能性は低いとドル漫では考察してみる。

何故なら、ルフィの長髪姿はシンプルにキモいから。もし髪の毛で攻撃する場合、短髪のルフィは髪の毛をビョイーンと伸ばす必要がある。絵的にも映えない。ギア4が相当カッコいい必殺技に仕上がっていたため、もしギア5がそれであれば色んな意味でランクダウンしてる。

また髪の毛による攻撃は全体的に火力不足感も否めないので、そういった考察などからギア5=髪の毛説は否定されると思います。

【予想2】ギア5(ギアフィフス)は「見聞色の覇気」が関係?

続いては「ギア5=見聞色の覇気説」を考察してみましょう。

先だってビッグマム編が一応完結したわけですが、このときに「ルフィvsカタクリ戦」においてルフィは見聞色の覇気をかなり進化させてきました。このタイミングでわざわざルフィが見聞色の覇気を極めた意味ですよ。

ギア4は「武装色の覇気」を組み合わせた技でしたので、この延長線上で考えれば、ということは、やはり次のギア5との関連性を筆者以外も期待してしまうのも仕方ない。

○「未来視」をギアシリーズのメインに据えるのは難しい

ただ結論から書くと、ドル漫では「ギア5=見聞色の覇気説」の可能性は低いと考察してみる。

この理由はシンプル。何故なら、「未来視」を必殺技と組み合わせることが絵的に難しいから。実際、肝心のカタクリを見ても見聞色の能力は「避けるシーン」に使われていただけ。それ以上でもそれ以下でもない。

じゃあギア5の能力が「避けるだけ」だとすれば、あまりにショボいではありませんか。特にギア4が化け物じみて進化した点からも合わせて考察すると、さすがにギア5のランクダウン感は否めない。

しかも、ギア4の段階で見聞色の覇気(未来視)は既に取り入れられてることが非常に大きい。これではギア5に応用しようがない。もちろん見聞色の覇気はバトルの幅を広げたものの、あくまでそれだけ。

つまり、「ギア5=見聞色の覇気」説は間違いであるとドル漫では考察してみたいと思います。

【予想3】ギア5(ギアフィフス)は「覚醒」に起因する!

最後は「ギア5=覚醒説」を考察して、今回のドル漫による記事を終わりたいと思います。

やはり筆者・ドルジ露瓶尊以外もうすうす勘付いてると思うんですが、そろそろルフィの身体をいじくるのは限界。前述の「髪の毛説」を筆頭に、さすがにルフィの身体で強くできる部位は多く残されていない。

また「肉体強化」そのものにも限界がある。

実際、これまでのギアシリーズを振り返っても、血管を沸騰させることによる「身体能力強化」。空気を吹き込むことによる「肉体の部分的巨人化」。覇気を身にまとうことによる「ゴムの弾力強化」など、やはり許されてる予想の余地は限りなく狭い気がします。

ということは、次のギア5はルフィの肉体以外に関する強化になると考察できます。

○ギア5の正体は「周囲のゴム化」

そこで思い出されるのは、やはり悪魔の実の「覚醒」でしょう。

元七武海メンバーだったドフラミンゴ曰く、覚醒とは悪魔の実はもう一段階上のステージのこと。例えばルフィの超人パラミシア系の悪魔の実が覚醒すると、周囲の物体や建物や地面なども「性質変化」させることが可能となる。

つまり、ルフィの悪魔の実が覚醒すれば、周囲の地面や建物も広範囲にゴム化すると考えられます。覚醒のさらなる詳しい解説は別記事をお読みいただくとして、そこで覚醒とギア5が…いや、その覚醒こそが「ギア5の能力そのもの」であるということ。

ルフィは「ギア5」で周囲の建物や地形をゴム状の性質に変形させて、そのまま敵の動きを封じ込めてみたり、ギア4化したルフィが飛び跳ねまくって敵をフルボッコしちゃう(ex.ベラミー)。

もしくはギア5では周囲の建物をゴム状の拳に変化させて、何百何千というガトリングガンを離れた場所から放つといったことも予想可能。ルフィ一人の拳だけではガトリングを名乗っても、所詮は人間一人分で知れてる。非常に広範囲の敵を一網打尽にできることは想像にかたくない。

もちろん「ギア5」が存在するのか、また周囲のゴム化がどう敵を攻撃するのかなどまだまだ謎は多いものの、少なくとも「悪魔の実の覚醒」が関連してる可能性が非常に高いとドル漫では考察してみる。

おそらく「ワノ国編」で四皇・カイドウと対戦するぐらいには、きっとギア5(ギアフィフス)の正体は明らかになることでありましょう。ちなみに「ギア6の能力予想まとめ」も興味がある方はご参照ください。

コメント

  1. 匿名 より:

    ギア4が今後の敵に通用するのか、という話の所で、

    >筆者の考えては到底可能とは考察しております。

    いや可能なのかよ!!
    と、思った。