【ワンピース】ミンク族の正体とは?スーロン(月の獅子)とは?【考察まとめ】

スポンサーリンク

面白い漫画『ワンピース』の考察記事を今回もテキトーに執筆していこうと思います。

(ONE PIECE80巻 尾田栄一郎/集英社)

そこで今回取り上げるのは「ミンク族」。戦獣民族という名前からも分かるように、かなり戦闘力が高い民族。女性から老人まですべからく強い。

画像を見ても分かるようにミンク族の特徴は、やはり動物に近い見た目。画像のキャロットはウサギのミンク、ワンダは犬のミンクといった具合に様々な動物があしらわれたキャラクターデザイン。

ただし動物ゾオン系悪魔の実の能力者などではなく、ミンク族はナチュラルにこういった出で立ち。そのため変身が解かれたり、見た目が様々に変化することは基本的にありません。また海水に浸かっても問題ナッシング。

果たして「ミンク族の正体」とは一体何者なのか?私ドルジ露瓶尊が徹底的に考察していこうと思います。

ミンク族の故郷はゾウの背中にある「モコモ公国」

(ONE PIECE80巻 尾田栄一郎/集英社)

まずミンク族たちが根城にしている国がズシーニャ(巨大な象)の背中にあるモコモ公国。このモコモ公国は1000年以上の歴史があり、ワンピースでは有名な空白の100年間の以前から存在する国らしい。

モコモ公国は、ズシーニャの背中の中心部分のクラウ都に存在する一部の国?ここらへんの設定を細かく作りすぎて分かりづらいものの、とにかくミンク族の故郷はズシーニャの背中全般になります。

○モコモ公国を統治する二人のミンク族

このモコモ公国には二人の王様が存在し、国を統治してる。

それが昼の王である「イヌアラシ公爵」夜の王である「ネコマムシの旦那」。一応、正式なモコモ公国の王様はイヌアラシらしいんですが、元々親友だった二人は「あること」をキッカケにいがみ合いが続いた。

そのため太陽が昇る朝6時から夕方6時までイヌアラシが活動し、それ以外はネコマムシが活動するようになった。主にネコマムシ側は夜行性動物をモチーフとしたミンク族が在籍してる模様。

ただ四皇・カイドウの部下であるジャックにモコモ公国が破壊され、イヌアラシもネコマムシもどっちもフルボッコされてしまいます。しかしその後、ズシーニャにやって来たルフィたちに救出されて大団円…と思いきやNO。二人の中は亡国状態の中でもバチバチエレキテる。

ただイヌアラシとネコマムシの争いを止めたのが、ワノ国の侍・錦えもんといった光月一族たちの御一行。何故ならミンク族と光月一族との間には深い物語が存在した。

○ミンク族の使命はポーネグリフを守ること

結論から書いてしまうと、ミンク族たちの目的は「ロードポーネグリフを守る」こと。

『ワンピース』の最終地点であり最後の島である「ラフテル」に繋がるための巨大な石碑。このロードポーネグリフを作ったのが、実は光月一族。詳しくは【ワンピース】光月モモの助の正体まとめといった考察記事も合わせて読んでみて下さい。

お互いの先祖たちはロードポーネグリフを守ることを約束。そして現在になっても約束が守られ続けており、まさにミンク族たちが常にズシーニャの背中に住み続ける理由もロードポーネグリフにある。

ちなみに時系列的には光月一族がロードポーネグリフを作ったのが800年前ですから、ズシーニャのモコモ公国が建国されたのはそれより遥か昔。つまり立場的には光月一族が先住民族であり戦獣民族であるミンク族に頼み込んだカタチだと推察されます。。

ただ光月一族とミンク族が一体いつ知り合ったのか、モモの助はズシーニャの声が聞こえる理由など謎も多いまま。