【漫画】ワンピース あらすじ内容解説まとめ【仲間の参加時期etc】

スポンサーリンク

先日、マンガ『ONE PIECE』の20年の歴史という考察記事をまとめましたが、記事のボリュームが増えすぎたので『ONE PIECE』のストーリーあらすじ内容まで手を付けることができませんでした。

そこで今回は『ONE PIECE』の最近の展開までの「あらすじ」を今更ながらまとめたいと思います。サンジやウソップは何巻の何話目に加入したのかなど、前述の『ONE PIECE』の歴史もふまえて西暦も付け加えながら、これまでの『ワンピース』のストーリーを徹底的に振り返りたいと思います。

ちなみにメリー号やサニー号に乗船してないビビといったキャラクターは除外してます。またキャラクターが仲間に参加したタイミングとキャラクターの初登場時期は少しズレがあるのでご了承を。

ONE PIECE序盤のあらすじ

まずはイーストブルー編から『ONE PIECE』のあらすじから解説したいと思います。

かつてこの世の全てを手に入れた海賊王・ゴールドロジャーが処刑される直前に言い放った。「俺の財宝か?欲しけりゃくれてやるぜ。探してみろこの世の全てをそこに置いてきた」。そして世界は大海賊時代を迎え、人々はこぞって海賊王を目指した。

主人公はルフィ(モンキー・D・ルフィ)。東の海にある小さな港村に生まれ、ゴールドロジャーに憧れる一人だった。

しかしルフィは四皇・赤髪のシャンクスがシャンクスが手に入れた悪魔の実の一つ「ゴムゴムの実」を食べてしまい、ゴム人間になってしまう。しかも悪魔の実を食べてしまうと一生泳げなくなる曰く付き。

それでもルフィは海賊を諦めず、「海賊王に俺はなる」と高らかに宣言。シャンクスはそれまで被っていた麦わら帽子をルフィに被せて言った。「いつかきっと返しに来い。立派な海賊になってな」。

そしてルフィの海賊としての長い長い旅が始まる…という出だしで『ONE PIECE』のストーリーが始まります。

1990年代…イーストブルー(東の海編)のあらすじ

そしてルフィが最初に向かった先は、海軍基地の街・シェルズタウン。宣戦布告にも程があるやろって感じですが、そこで囚われの身だった海賊狩りのゾロと出会う。このまま死ぬか仲間になるかをルフィに迫られ、ゾロは快諾。

(ONE PIECE1巻6話)

つまり『ONE PIECE』で初めて仲間に入ったキャラクターがゾロ。海軍大佐モーガンなどを倒し、ゾロが結果的にに仲間に加入した時期が『ONE PIECE』1巻6話目(1997年)。「お安い御用だ船長」とゾロ。仲間のカテゴリとしては、ゾロは戦闘員。三刀流の使い手。

ちなみに仲間には入りませんが、その後も何度か登場するヘルメッポやコービンなどもこのあたりで登場。