【ワンピース】Dの一族とは?Dという名前の意味とは?【ONE PIECE】

スポンサーリンク

日本で一番売れてるバトル漫画と言えば、尾田栄一郎の『ONE PIECE(ワンピース)』。主人公・ルフィがひとつなぎの大秘宝(ワンピース)を巡る冒険活劇。

(ONE PIECE magazine vol3 集英社)

主人公のモンキー・D・ルフィを筆頭に、この中でも重要な働きをするのが「ミドルネームにD」を持つキャラクターたち。『ONE PIECE』の作中では「Dの一族」や「Dの意志」といったワードが度々登場し、ワンピースファンの読者の好奇心をくすぐっているらしい。

そこで今回は「Dの一族」に関するまとめ記事を考察してみました。果たしてミドルネームの「D」に一体どんな意味があるのか?また『ONE PIECE』の今後の展開にどんな影響を与えるのか?基本的に現時点では眉唾情報の域を出てないので悪しからず。

スポンサーリンク

Dの一族は誰がいるのか?Dの名前を持つキャラ一覧

ということでまずはミドルネームに「D」を持つキャラクターがどれだけいるのか、簡単にまとめてみたいと思います。

(ONE PIECE magazine vol3 集英社)

現時点でDの一族と呼ばれるキャラクターは合計9名ほどいるらしい。

例えば、Dの一族の最たる例が主人公の「モンキー・D・ルフィ」。その父であり、革命軍総司令官の「モンキー・D・ドラゴン」もDの一族。だからルフィの祖父であり、ドラゴンの父でもある「モンキー・D・ガープ」なども当然にしてDのミドルネームを持ちます。

そしてルフィの義兄である「ポートガス・D・エース」もDの一族。2人に血の繋がりこそありませんが、エースの父であり、「ワンピース」を見つけ出した海賊王の「ゴール・D・ロジャー」が同じDのミドルネームを持ちます。そのためDの一族同士がたまたま知り合ったみたいな流れ。

また海賊王ロジャーの妻である「ポートガス・D・ルージュ」もDのミドルネームを持ちます。エースを胎内で20ヶ月近く身ごもり続けて、最後は亡くなってしまう。ただルージュは結婚したからDのミドルネームを付けたのか、元々Dのミドルネームを持っていたのかは不明。

他にも黒ひげ海賊団の船長である「マーシャル・D・ティーチ」。王下七武海であり、麦わらの一味ではありませんがルフィの仲間でもある「トラファルガー・D・ワーテル・ロー」。中には故人も何人か含みますが、『ONE PIECE』の中で主にメインで活躍するキャラクターがDの名前を持つ。

(ONE PIECE41巻 集英社)

ちなみにマイナーどころだと「ハグワール・D・サウロ」という元海軍本部中将もDの一族。かつてニコ・ロビンを救出した巨人族の男もDのミドルネームを持っていたらしい。ここらへんは『ワンピース』のストーリーの核心部分に迫りそうな「オハラ」やニコ・ロビンに関与するキャラなので、いずれDの一族の謎が解明される時に登場するのか。

スポンサーリンク

Dの一族は天竜人の天敵

じゃあ「Dの一族」とは一体何者なのかというと、現時点で『ONE PIECE』内で詳細に語られてはいません。

(ONE PIECE magazine vol3 集英社)

ただ「Dの一族」はざっくり解説すると、世界政府を根本からひっくり返してしまうような存在だろうと考察されます。

例えば最高権力を握る「五老星」はDの一族を警戒し、元天竜人のロシナンテは「神の天敵」などと表現してる。天竜人が住まう聖地マリージョアでは「行儀の悪い子供は『ディー』に食べられる」と教えられているほど。ドフラミンゴも「Dの一族は歴史のそこでくすぶり続けている」と言ってる。

とりわけ老人のキャラクターは「Dの意志」というワードを使い、Dの一族に関する存在を深く知っている様子。世界貴族である天竜人がここまで忌み嫌う理由は、やはり「空白の100年」でDの一族が何かしらの行動を働いたと考察されます。世界の歴史は天竜人の歴史でもある。

Dの意味は「半月のカタチ」を現している?

ということで「Dの意味」とは何なのか。結論から書くと、インターネット上ではDとは「月」を意味しているのではないかと見られています。Dのカタチだけを見ると、確かに「半月」を現しているように見えます。

(ONE PIECE4巻 集英社)

『ONE PIECE』を振り返ると「月が出てくる描写」が何気に多いらしい。いろいろ振り返ってみると作中タイトルも含めて、海賊の漫画であるにも関わらず、月や空に関する描写も目立ちます。麦わらの一味であるフランキーの家にも「三日月マーク」がありました。

(ONE PIECE32巻 集英社)

『ONE PIECE』の読者であれば誰もが思い付くシーンだと、最強の能力者・エネルがルフィに倒されるものの、最後は巨大な満月に向かうラストが印象的なシーンとして頭に残っているはず。エネルの「さあ行こう。あの神の世界へ」というセリフも何とも今となっては意味深で印象的。ちなみに扉絵ネタを見る限り、実際にエネルは最終的に月まで到達してる。

『ワンピース』の作者・尾田栄一郎は実に芸が細かい。一つ一つ一つの描写に全て意味が込められている。もはや「意味のない描写は描写されない」と考えてもいいぐらい。読者が一見すると気付かない部分の描写こそ、意味ありげな情報をしれっと伏線として残す。

スポンサーリンク

Dの一族は「月の民の血を引くハーフ」説

じゃあ「Dの一族」は何者なのかというと、かつて「月の民と地球人のハーフ」という説。満月の半分ということは、「月の民の血を半分引いている」と意味してるのは何となく察知できます。もしくは「月の民として半人前」というディスった意味が込められているとしたら、「半月の一族」といった表現も使えるか。

(ONE PIECE51巻 集英社)

そのため同時に浮かんでくる考察としては、現在世界を支配している天竜人が「月の民」なのではないかということ。確かに天竜人の服装を思い返すと何故か「宇宙服」のようなコスチュームを着用していた。常々疑問だったのは自分だけではないと思いますが、これを素直に月の民だと解釈すると合点がいくはず。

(ONE PIECE51巻 集英社)

かつて800年前に「世界政府」を樹立させたのが20名の王様。その王様の末裔たちが「創造主」として、「天竜人」として現在もなお世界を裏から支配してる。この更に100年前がいわゆる「空白の100年間」と呼ばれる隠された歴史。

つまり900年以上前に地球にやってきたのが「月の民」だという考察が成り立ちます。そこで「Dの一族」と呼ばれるものとの戦いに制し、今日の天竜人に繋がる民族が勝利を収めて、現在の世界が形作られたと考察されます。

それ以前は月の民が地球を支配していたものの、一緒に地球にやって来た月の民の一部がそれに反旗を翻して一部の地球人たちの勢力に付く。そして月の民と地球人のハーフが生まれ、それが「Dの一族」として本格的に戦争を仕掛けたのが空白の100年間。

それ故に天竜人は自分たちの支配を壊そうとするDの一族を天敵として敵視している。確かにロシナンテがDの一族を「神の天敵」と表現し、エネルが月を「神の世界」と表現した。この二つの発言も考え合わせるなら、やはり月と天竜人とDの一族の三者に何かしらの接点があると考えざるを得ません。

他にも元々地球は平和だったものの、敢えて「海賊」という敵を作り上げることで「世界政府の正当化」を図った。また悪魔の実やプラトンやウラヌス、ポセイドンといった古代兵器もDの一族が世界政府に対抗するために作り出したのではないか?巨人族や魚人族は月の民が地球に持ってきた説など、まことしやかな考察もありますがさすがに真偽は不明。

スポンサーリンク

Dの一族まとめ

一見するとファンタジー感満載の考察ですが、前述のように既にエネルは月に到着済み。有り得ないことはあり得ない。月の世界観は少なくとも『ONE PIECE』の中ではリアルなものとして描写されてる。

(ONE PIECE49巻 集英社)

例えば『ONE PIECE』では扉絵もストーリーの一部。そこでエネルが月に到着した後の展開を読むと、この壁画らしきものが実に怪しい。月の民が何かしらの理由で地球へ渡った瞬間を指し示してる感じ。もしくは月から地球に降り立った時に地球人と争う瞬間。

もちろん『ONE PIECE』で月の世界に実際行くかは別にして、少なくとも「空白の100年」の間にDの一族が天竜人や世界政府を圧倒し、今は亡き「巨大な王国」を築き上げたと考察するのが一番自然な解釈かも知れません。

天竜人はかなりクソッタレに描写されているため、悪しき海賊と恐れられているDの意志とやらは「支配からの開放」に近い目的もあると推察されます。「ひとつなぎ」という表現も「天竜人によって壊された人類同士の連帯を復活させる」という意味合いも込められているのかも。

考えてみると、ポーネグリフ(歴史の本文)を作ったのも光月一族。ここにも「月」の文字がある。ポーネグリフは地球上の武器を使って一切破壊できない石ですが、これも月の科学力や鉱物で作られていると仮定したら納得いく部分も多い。もちろん月の民である天竜人が何故壊せないんだという疑問も湧きますが、「Dの一族が月の民説」は意外と確度が高い考察だと思いました。少なくとも「Dの意味」は何かしらの頭文字ということではなさそう。

以上、『ONE PIECE(ワンピース)』のDの一族やDというミドルネームの意味に関する考察記事でした。