【ワンピース考察】Dの一族とは?Dの意志とは?Dの「意味」はDawn?Dの名前を持つキャラクター一覧まとめ【笑う説・Devil説・Dragon説】【ディーのいちぞく】

日本で一番売れてるバトル漫画が、尾田栄一郎の『ONE PIECE』。ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)を巡る冒険活劇ですが、中でも重要な働きをする存在がミドルネームに「D」の名前を持つキャラクターたち。

1a43a9888468c09237e2d3b79986554d 500x245

(ONE PIECE magazine vol3 尾田栄一郎/集英社)

『ワンピース』の作中では「Dの一族」や「Dの意志」といった伏線を匂わせるワードが度々登場し、ワンピースファンの読者の好奇心をくすぐっております。じゃあ、ミドルネームの「D」に一体どんな意味や伏線が隠されているのか?

そこで今回ドル漫では「Dの一族」に関する謎や伏線を徹底的に考察してみました。Dの一族は『ONE PIECE』の今後の展開にどんな影響を与えるのか?そもそもDの一族とは果たして何者なのか?Dの名を持つキャラクターは何名いるのか?

Dの一族とは「天竜人」の敵

まずは「Dの一族」について簡単におさらいしたいと思います。『ワンピース』では頻繁に登場するワードですが、現時点ではまだ詳細に語られてはおりません。だからこそ考察しがいがあるってもんです。

9003ff7d755d5109c1f69b7523bd5978 395x430

(ONE PIECE77巻 尾田栄一郎/集英社)

結論から書くと、Dの一族とは「天竜人(世界貴族)の天敵」とされます。画像は元天竜人のコラソン(ロシナンテ)ですが、Dの一族は「神の天敵」と表現されることもあります。まさに世界政府を根本からひっくり返してしまうような存在。

例えば、世界政府の中枢で最高権力を握る「五老星」などもDの一族を警戒し、天竜人が住まう聖地マリージョアでは「行儀の悪い子供は『ディー』に食べられる」と教えられてる。元天竜人のドフラミンゴも「Dの一族は歴史の底でくすぶり続ける」と語ってる。

とりわけシルバーズ・レイリーやドクターくれはなどは「Dの意志」というワードを使うなど、どうやら長く生きた老人ほどDの一族の存在を深く知っている様子。

こう表現すると革命軍の存在とダブらせてしまいますが、Dの名前を持つキャラクターは必ずしも世界政府の転覆を直接目論んでるわけではありません。あくまでDの一族の子孫が取る行動が結果的に天竜人に歯向かってることが多いというだけ。

じゃあ、天竜人がここまでDの一族を忌み嫌う理由は一体何なのか?

Dの意志とは?

d-manga.net

結論から書くと、Dの一族と世界貴族である天竜人の因縁は「空白の100年」が関係してる可能性が高いはず。空白の100年には両者の戦いが勃発し、結果的に天竜人(世界貴族)側がDの一族に勝利したのではないかと予想してみる。

世界貴族は当時存在した20の王家で構成されていましたが、Dの一族も同様に「貴族の一つ」だった模様。Dの意志とは、さながらDの王国を再び復活させること。ワンピースのストーリーの根底には「Dの一族 vs 天竜人」という構図が隠されてる。

つまり、さしずめDの意志とは「天竜人の打倒」と考察すると一番しっくり来るはず。ひとつなぎの大秘宝も「Dの意志そのもの」とも言えそうか。実際、天竜人にとってラフテルに隠されてるそれは最もDの一族に入手してほしくない代物。別考察記事もご参照。

一方、五老星を超える天竜人の頂点であるイム様はフランス革命になぞらえて考察されることもあります。フランス革命とは庶民が貴族を倒して、身分制度や封建的制度を打倒した武力闘争。いわば民主主義の萌芽でもあった。

この表現だと王族であるDの一族側がすごく嫌な連中に聞こえますが、むしろ当時のDの王国は「自由を謳歌できた時代」だったに違いない。かつては魚人族や人魚族など他人種に対する差別は少なくともなかったか。

でも、現在の天竜人(当時は身分の低い貴族だった?)は 「法の下の平等」を盾にDの一族を駆逐したのか。ワノ国で例えると、さながら天竜人が黒炭オロチと仮定したら、光月おでんに代表される光月家はDの一族という関係性か。

そう考えると、天竜人の底意地が悪い表情が品の無さも納得。天竜人はかなりクソッタレに描写されているため、悪しき海賊と恐れられているDの意志とは「支配からの開放」に近い目的もあると推察されます。

Dの一族の特徴や能力とは?

続いてはDの一族の「特徴や能力」を考察していこうと思います。

dce8020ab014c2be8da63feb632b19d3 500x274

(ONE PIECE967話 尾田栄一郎/集英社)

結論から書くと、Dの一族は海王類やズニーシャ(象主)といった超巨大生物の声が聞こえることが特徴。

実は海王類の声は魚人族や人魚族ですらも聞こえないんですが、何故かDの名を持つキャラクターだけには聞こえる。ロジャーやおでんが「20年以上先の未来を」と語っていたクダリがありましたが、これは海王類の発言が元。

一方、必ずしもDの一族全員が海王類の声が聞こえるとは限らない可能性もあります。例えば、ズニーシャの声はルフィ、ロジャーなどは聞こえたものの、意思疎通できたのは光月モモの助だけ。Dの一族でも能力差がある可能性もあります。

他にも「仲間が自然と集まる」のもDの一族の特徴。ミホークがルフィを称賛してたりもしましたが、ルフィ、ロジャー、ガープに代表されるように次々と人を引き寄せる能力も併せ持つ。ただ、ローなどやはり一部例外キャラもいそうですが…。

あとDの一族はラフテルに到達する資格や「ひとつなぎの大秘宝を行使する資格」も備わっている可能性が高そう。例えば、赤髪のシャンクス白ひげもラフテルを目指そうとはしてなかった。どちらもDの一族ではない。10代のシャンクスの涙も自分に資格がないと知ったからだった?

もちろんカイドウやビッグマムもラフテルを目指してますが、この理由は「詳細」をおそらく知らないだけ。シャンクスも白ひげもロジャーにラフテルの詳細を教えられて目指すのを止めたのか。少なくとも、「ひとつなぎの大秘宝」に近づく海賊は軒並みDの一族ばかり。

【顔文字】Dの一族は笑う説

d-manga.net

続いてはDの一族は「笑う説」を考察

1a190378a073fca8bf2918b8ce0865f2

(ONE PIECE11巻 尾田栄一郎/集英社)

例えば、ロジャーとルフィの共通点に挙げられることも多いですが、ルフィもロジャーも死に際に「ニヤッと笑顔で笑った」ことで有名。画像はグランドライン突入直前のローグタウンで海軍のスモーカーも二人を重ねてガタガタと震え出したシーンも印象的でした。

18469eed4a64a177a9b8a504f1772f57

(ONE PIECE59巻 尾田栄一郎/集英社)

例えば、ポートガス・D・エースも赤犬・サカズキに殺される直前に「力を振り絞って微笑み」を浮かべてることが分かります。

実際、海外のネットでは笑顔の顔文字(アスキーアート)を表す場合、「:D」と一般的に表記されます。首の角度を左に90度曲げて見てください。スマホから閲覧してる場合、それを90度左に傾けると「:」が目、「D」が口に見えると思います。

そのため「D」のカタチは人間の笑った口そのもの。笑顔とはまさに「自由」の象徴。Dの一族は「死を間際にしても何物にも縛られない」という特徴を表してる可能性がありそう。ネット上では随分と昔から噂されていた考察でしたが、最近ようやく事実と判明。

43ad56e2a29b1c0a682e3e44d53c235a 347x430

(ONE PIECE967話 尾田栄一郎/集英社)

無表情キャラの代表格であるトラファルガー・ローなどもいて個人的にスルー気味だったんですが、ワノ国過去編で「Dは笑う説」の伏線が完全に回収されたカタチ。画像はロジャーが「あまりに壮大な宝(ONE PIECE)」を目の前にして笑った場面。

もちろん意味もなくDの一族は笑うわけではない。Dの一族は苦境に陥った時ほど笑う傾向にあるため、ひとつなぎの大秘宝は「悲しいDの歴史」に直結してる可能性はやはり高そう。この笑う説は後述するDevil説にも関係してきそう。

「D」の名を持つキャラクター一覧まとめ

じゃあ、ミドルネームに「D」を持つキャラクターは現在何名いるのか?

1a43a9888468c09237e2d3b79986554d 500x245

(ONE PIECE magazine vol3 尾田栄一郎/集英社)

結論から書くと、現時点で「Dの一族」と呼ばれるキャラクターは合計10名に上ります。

そこでDの名前を持つキャラクター一覧をまとめてみたいと思います。死亡してるか生存してるかなど簡単に経歴を解説。さらなる詳細は個別の考察記事も後でご参照ください。

○モンキー・D・ルフィ(生存)

まず最初のDの一族は「モンキー・D・ルフィ」。

ルフィは『ワンピース』の主人公。麦わらの一味(麦わら大船団)の船長。また最悪の世代(超新星)の一人。ゴムゴムの実の能力者。ワンピースの懸賞金ランキングでは15億ベリーを超えて五皇と称されております。

○モンキー・D・ドラゴン(生存)

d-manga.net

続いてのDの一族は「モンキー・D・ドラゴン」。

ドラゴンは革命軍の総司令官(リーダー)。世界政府を倒すためにドラゴンが設立した組織。Dの一族の過去を考えると、ドラゴンの行動原理が最もDの一族らしさを象徴しているか。

そのため世界会議(レヴェリー)では早くからドラゴンの存在は危険視されていたものの、聖地マリージョアに堂々と乗り込んだ際にサボが大きなチョンボを犯してしまって革命軍は敗走。正直、何やってんねん感は半端ない。

○モンキー・D・ガープ(生存)

d-manga.net

続いてのDの一族は「モンキー・D・ガープ」。

ガープは海軍中将。本来は海軍大将の実力を持つものの、天竜人嫌いの性格から40年以上前から中将にとどまったまま。何故なら、海軍大将は天竜人直轄の階級になるから。そのためガープの実力は未だに海軍でも最強クラスを誇る。

冷静に考えると、「Dの一族が海軍にいるってどうなん?」と思いますが、約40年前には当時最強のロックス海賊団をロジャーと共に撃破するなど、英雄譚には枚挙に暇がない。後の海軍大将となる青雉クザンを育てるなど、Dの一族らしく人望もとりわけ厚い。

○ポートガス・D・エース(死亡)

d-manga.net

続いてのDの一族は「ポートガス・D・エース」。

エースは白ひげ海賊団の2番隊隊長。メラメラの実の能力者。そして、ゴール・D・ロジャーとポートガス・D・ルージュの息子。両親が死亡した後はガープに引き取られ、ルフィやサボの兄貴分として一緒に育ってきた。

しかし、仲間殺しの黒ひげを追い詰めようと動くものの、逆にエースは返り討ちにあってしまう。その後、マリンフォード頂上戦争で赤犬の攻撃が直撃。最後はDの一族らしく笑顔のまま死亡。

○ゴール・D・ロジャー(死亡)

d-manga.net

続いてのDの一族は「ゴール・D・ロジャー」。

ロジャーはロジャー海賊団の船長。25年前にラフテルに唯一辿り着いた男。その一年後に何故か海軍に出頭して処刑。その直前に発したロジャーの言葉から「大海賊時代」が幕を開けた。

そのためロジャーは懸賞金55億ベリー超えと『ワンピース』で一番金額が高い。またDの一族の中でも抜きん出て強そう。

○ポートガス・D・ルージュ(死亡)

続いてのDの一族は「ポートガス・D・ルージュ」。

ルージュはロジャーの妻。ワノ国の過去編を読み解く限り、ロジャーは海賊王と呼ばれるようになった以降に知り合ったくさい。ロジャーは「自らの子供」にひとつなぎの大秘宝を入手させたがっていたため、意図的にDの一族を探し出したのか。

このルージュはロジャーの子供とバレると殺されてしまうため、エースを胎内で20ヶ月近く身ごもり続けたことでも有名。しかし、その反動で力尽きてエース出産後に最後は亡くなってしまう。その後、エースはガープに引き取られて…という流れ。

○マーシャル・D・ティーチ(生存)

d-manga.net

続いてのDの一族は「マーシャル・D・ティーチ」。通称黒ひげ。

ティーチは黒ひげ海賊団の船長。過去や生い立ちは不明な部分は多いものの、幼少期は孤児だった。その後は白ひげに拾われて海賊の道を歩む。そのためエースと同じく元白ひげ海賊団だったが、ヤミヤミの実を入手するために仲間を殺害。

その後、自ら黒ひげ海賊団を立ち上げて王下七武海から四皇とトントン拍子で出世。

ルフィと同じく最悪の世代と呼ばれ、現在は仲間を強化するために悪魔の実狩りを実行中。クズすぎる性格は典型的な悪役キャラクターそのものですが、意外とDの一族らしく仲間に恵まれており、ルフィと共通する部分も少なくない。

○トラファルガー・D・ワーテル・ロー(生存)

続いてのDの一族は「トラファルガー・D・ワーテル・ロー」。

ローはハートの海賊団の船長。ルフィたちと同じく最悪の世代にして元王下七武海。オペオペの実の能力者。かつては珀鉛病と呼ばれる不治の病に罹患するものの、オペオペの実で自ら根治させる。

当初は完全に脇役キャラでしたが、まさかのDの一族と判明した時には驚きました。おそらくオペオペの実の「不老不術」と呼ばれる能力が今後関係してきそう。現在はワノ国にルフィと共に潜り込んでるものの、ローだけ離脱中。

○ハグワール・D・サウロ(死亡)

e0b3290b60b8970df0a83564db9e0047

(ONE PIECE41巻 尾田栄一郎/集英社)

続いてのDの一族は「ハグワール・D・サウロ」。

サウロは巨人族の元海軍中将。しかし、「オハラ」に対する海軍の行き過ぎた正義を疑問視して、海軍を辞める。その後、幼きニコ・ロビンを救出するものの、友達だった青雉クザンに氷漬けにされて死亡してしまう。

一見するとモブキャラでしたが、現在確認できてる中でDの一族で唯一の巨人族。聖地マリージョアに隠された巨大な麦わら帽子の存在も考えると、かつてDの一族にも色んな人種がいたことが考察できます。

○ロックス・D・ジーベック(死亡)

d-manga.net

続いてのDの一族は「ロックス・D・ジーベック」。

ロックスはロックス海賊団の船長。海賊団のメンバーには白ひげ、ビッグマム、カイドウ、金獅子のシキといった後の四皇と呼ばれる最強海賊たちが数多く在籍。40年前までは最強をほしいままにした最凶の海賊。

最終的にガープやロジャーに倒されてしまうものの、戦いの構図は「Dの一族 vs Dの一族」だったことは興味深い。また「ジーベック」「ハチノス島」という共通のワードを考えると、黒ひげの父親だった説が濃厚。黒ひげの悪どさはロックス譲りか。

Dの一族と予想されるキャラまとめ

続いては「Dの一族候補」を考察。まだ現時点では判明してないものの、今後の『ワンピース』ではもしかするとDの一族であることが判明しそうなキャラクターたちをピックアップしていこうと思います。あくまで予想。

まずはワノ国をかつて治めていた「光月家」の面々。

例えば、光月モモの助光月おでんは前述のように、Dの特徴である海王類やズニーシャの声が聞こえる。モモの助に至ってはズニーシャと意思疎通できるなど、Dの一族のルフィの能力すら凌駕してた。この二人がDの一族ではないとは考えにくい。

一方、光月トキはDの一族ではないのか?やはり息子のモモの助がDの一族と仮定すれば、もちろん母親の光月トキもDの一族でしょう。そう考えたら、妹の光月日和もDの一族の可能性が濃厚か。

だからポートガス・D・エースの両親がどちらもDの一族であったように、基本的に「Dの両親もDである可能性が高そう」です。例えば、「Dの一族と普通の人間のハーフ」みたいな人種はおそらく存在しないのかも。

そう考えると、ルフィの母親黒ひげの母親、ガープの奥さん(ドラゴンの母親)なども同様にDの一族の可能性が高そう。今後『ワンピース』で登場するかは不明ですが…。

○コビーやキッドもDの一族か?

続いてのDの候補は「海軍将校のコビー」。

コビーもマリンフォード頂上戦争において、死にゆく兵士や海賊の心の声(断末魔)が聞こえて苦しんだシーンが描写されておりました。ルフィと共通する部分も少なくない。ただし、ビッグマム海賊団カタクリの登場以降に俄然存在感を発揮してる見聞色の覇気の能力が極まった結果とも解釈できそう。

実際、ゲーム版『ワンピース』で登場したパトリック・レッドフィールドと呼ばれる海賊は「人間の記憶を読み取ること」ができた。あくまで人間の心の声であれば見聞色の覇気で代用できそう。コビーの破竹の勢いで強くなってる延長線上と捉えるのが自然か。

一方、空白の100年に生存していたとされるジョイボーイも、これまでの経緯を考えるとDの一族だった可能性が高そう。ただし、ジョイボーイは特定の個人名ではない可能性も出てきたためやや微妙説。

他にもユースタス・キャプテン・キッドもDの一族の可能性がありそう。実際、キッドも覇王色の覇気の使い手であることが判明したばかり。今後キッドが『ワンピース』で活躍する兆しはビンビン。

何故なら、キッドの英語名は「Kid」と表記されるんですが、実はキッドのモデルとなった海賊のウィリアム・キッドの英語名は「William Kidd」と表記されるから。dが2つもある。そのためキッドの本名も「ユースタス・D・キッド」という伏線が隠されていたのかも。

Dの意味は「Dawn(ドーン)」で確定?

続いては「Dの意味」を考察。

結論から書くと、Dの意味は英語の「Dawn」の可能性が最も高そう。Dawnとは日本語で「夜明け」「明け方」などの意味になります。天竜人が支配する暗黒の時代を打倒して、真の明るい未来を切り開くというニュアンスがDに込められてるっぽい。

404d93f30a74e662ba9b1a9baadc7bd7 500x235

(ONE PIECE1巻 尾田栄一郎/集英社)

実際、『ワンピース』1話目のタイトルも「ロマンスドーン(冒険の夜明け)」。これはDの意味は連載当初の構想からあったという裏返し。おそらくワンピースの最終回も連載前から考えてた結末がそのまま描かれるに違いない。おだっち、恐るべしやで。

0551106d58f49b0e176b95bac95ad3a1

(ONE PIECE41巻 尾田栄一郎/集英社)

他にも『ワンピース』を象徴する「ドーン」という効果音も「Dawn(夜明け)」から来てると言われてる。ドーンの効果音はしつこいぐらいに毎話使用されており、「この作者アホなん?」と誰もが思ったと思いますが実は深い意味が隠されてた。

ワノ国編では「べべん」に効果音が置き換わってますが、これも意図的な演出でありましょう。ポーネグリフを製造した光月家とDの一族の過去の関係性を考えると、ワノ国で「腐敗した世界の夜明け」をモチーフに語るのは不自然という演出か。

ccc41b065b470b0f1d3a20a94e44fca3 500x292

(ONE PIECE87巻 尾田栄一郎/集英社)

かつて海賊王のロジャーと約束を交わしたミンク族のペドロも「夜明け」という表現をハッキリと使ってる。ミンク族は光月家や月との関連が深い存在。「Dの意味≒Dawn説」はほぼ確定的と言っても良さそうです。

Dの意味は「半月のカタチ」を現している?

続いては「Dと月との関連性」を考察しようと思います。Dのカタチは人の笑った口に見えますが、どうやら更に別のカタチを意味してる可能性もありそう。

結論から書くと、Dのカタチは「月」を意味してる説。正確には半分影に隠れた「半月」ですが、確かにDは半月を現しているようにも見えます。Dの一族は「Dawn(夜を明けさせること)」が目的。逆に言うと、まだ夜は明けてない状況だからこそ現在月が見える。

a2edba0ccff25e53e6fa4012c6cbf309 500x265

(ONE PIECE4巻 尾田栄一郎/集英社)

実際『ワンピース』は海賊の漫画にも関わらず、これまでを振り返ると「月の描写」が何気に多い。背景にしれっと写ってる事が多いのでコミックスを確かめてみてください。画像のシーンはタイトルも「三日月」と直球。麦わらの一味のフランキーの家にも「三日月マーク」も刻まれていました。

1cda43e5e7dfc8f98bb7c476493430bd 424x430

(ONE PIECE32巻 尾田栄一郎/集英社)

ルフィに撃破された直後、神エネルが「巨大な満月」に向かうラストシーンも印象的。しかも、エネルの「さあ行こう。あの神の世界へ」というセリフも印象的。実際、エネルは最終的に月まで到達し、そこには謎の超科学的な古代都市が存在しました。

考えてみると、ポーネグリフ(歴史の本文)を作ったのも光月一族。その配下の大名(霜月家など)も含めて、ここにも「月」の名前が隠されていました。ポーネグリフは地球上に存在する兵器では一切破壊できない石ですが、これも月の科学力や鉱物だと仮定したら納得いく部分も多い。

少なくとも月とDの関連性は強く感じさせる。

Dの一族の正体は「月の民のハーフ」説?

じゃあ、「Dの一族」とは一体何者なのか?

結論から書くと、Dの一族の正体は「月の民」の可能性がありそう。ただし、前述のようにDのカタチも正確には「半月」でしたから、月の民の完全な子孫とまでは言えずに、例えば「月の民と地球人のハーフ」という説もありそう。

5b4039aee2a1e8bed29f4a24176a54b3 500x335

(ONE PIECE51巻 尾田栄一郎/集英社)

またDの一族を忌み嫌う天竜人のコスチュームもどこか「宇宙服」を匂わせるデザインでした。だから、天竜人の存在もどこか月を彷彿とさせる存在。エネルの「月≒神の世界」という表現を重ね合わせるといろいろ見えてくるものがありそう。

つまり言ってしまえば、Dの一族も天竜人も「元は同じルーツ」という解釈も可能か。

例えば、900年以上前はDの一族が世界を支配していたものの、そこに月の民である後の天竜人が襲来して滅ぼされたパターンなどが考えられそう。後の世界政府は「海賊」という敵を敢えて作り上げることで「世界政府の正当化」を図った可能性もありそう。

逆に宇宙服をまとう天竜人が「地球人」と仮定すると、Dの一族側は月から飛来した「宇宙人」という立ち位置にも見えてくる。Dが超科学的な技術を地球に伝来させてきた側だった?それなら悪魔の実を科学的に作ることも可能。

他にも、月の民(Dの一族)が巨人族や魚人族を地球に持ってきた説もあります。海王類がDの一族としか意思疎通できない理由も、Dが月から連れてきた説などが考えられそう。少なくとも、海王類が魚人と意思疎通できないのは「地球外生命体だから」という説が最も自然か。

Dの一族とはミンク族をラフテルで匿うなど、他の地球外生命体を現天竜人たちから守った王族説も考えられそう。

【Dragon説】もともとDの一族が「天竜人」を名乗っていた?

d-manga.net

続いては「Dragon(ドラゴン)」説。天竜人とDの関連から更に考察を深めようと思います。

結論から書くと、Dの意味は「Dragon(ドラゴン)」と見る考察もあります。確かに天竜人の紋章は「天駆ける竜の蹄」と称されるなど、竜(ドラゴン)をモチーフとしてる。また数百年前のワノ国にも竜が飛来したという逸話もあります。

既にカイドウの悪魔の実を筆頭に、どうやら『ワンピース』の世界ではドラゴンが頻繁に登場してる。少なくとも、かつては確実に存在したことは間違いない。だからカイドウの悪魔の実もおそらく動物ゾオン系幻獣種でもなさそうです。

かつてドラゴンが繁栄を誇っていた時代があったとしたら、その時代がまさに「空白の100年以前の時代」だったのではないか?つまり、Dの一族の正体は「ドラゴン(竜)」だったのではないか?という理屈。

ただ、さすがにどのDの一族を見ても「竜の要素」は垣間見ることはできない。Dの一族の肌に鱗でもあれば別ですが、ルフィも黒ひげもあくまで「普通の人間」に過ぎない。でも、ここまでドラゴンの存在が登場してる以上、完全に捨て去るのももったいない説。

例えば、天竜人の名前は実はもともとDの一族が名乗っていた可能性が考えられそう。

800年前にDの一族を倒したことをキッカケに、現世界貴族が「天竜人」の称号も奪い去った。それなら権限移譲もすんなり可能。現在天竜人は自らを神と名乗っているものの、実は800年以上前に「神扱い」だった存在はDの一族だったのではないか?それを意趣返しとして奪っただけ?

いかにも竜を想起させる名前の「モンキー・D・ドラゴン」の存在は気になりますが、どうやらガープは意図的に命名してるっぽい。基本的には「天竜人を倒せ」という思いを込めて名付けた可能性が高そうですが、もしかすると「ワシらDの一族が本物の竜(天竜人)やぞ」的なノリで命名した?

Dの意味を「数学」的に考察してみる

ただ「Dの意味」は他にも色んな説がありそう。そこで続いては「数学的な観点」からDの意味を考察していこうと思います。

まずは「16進法」。詳細は省きますが、16個(0~F)までの数字を用いて数を表現する記数法。プログラミング言語などでも使用されるそうですが、16進法でdは「13」を意味するそう。0から順番に数えると13番目に来ます。

つまり、Dの一族は合計で「13の王家」が存在した可能性が考えられます。

天竜人が20の貴族で構成されていたように、Dの一族も13の貴族で構成されていたのではないか?実際、海王類は「王」という表現を使うなどかつてDの一族が王家や貴族だった片鱗が伺えます。ゴールやモンキーといった複数の名字も王家の名残?

ちなみに、ローマ数字でdは「50」を意味するものの、さすがに数としては多すぎるので却下。

続いてはコメント欄で頂いたアイデアですが、「円周率説」。

「半径」を英語に直訳すると「radius」。そのため一般的に数学で半径を表す記号にはRが用いられます。ただし、直径(diameter)はDという記号で表現されるため、この小文字である「d」で半径が表現されることもあるそう。

このdを180度左回転させると「p」というアルファベットに変わる。pは数学的には円周率の「π(パイ)」を意味するんだそう。πとは、まさに「まるい円」のこと。ぐるぐると同じ場所を回転し続ける様は、さながら輪廻転生。

例えば、Dの文字には「運命は再び流転する」「歴史は繰り返す」という意味やニュアンスも隠されているのかも知れない。またπは中国語でローと読むため、トラファルガー・ローも最初からDの一族の伏線が隠されていた可能性もありそう。

Dの意味は「Devil(悪魔)」 のことか?

d-manga.net

続いては「Dの意味≒Devil(デビル)説」を考察。個人的に割とスルーしていたネタですが、別考察記事でもコメントをいただいたようにワンピース最終盤に来て俄然可能性が高まってきたかも知れない。

結論から入ると、Dの一族と「悪魔の実」の関連性も考えられます。正確には「人造悪魔の実(SMILE)」。中学生でも理解できそうですが、もちろんDevil(デビル)を日本語に訳すと「悪魔」のこと。Dの意味はデビルだった説。

実際、Dの一族と人造悪魔の実の「決定的な共通点」がまさに「笑う」こと。

例えば、SMILE(人造悪魔の実)の主成分が「SAD」と呼ばれる物質でした。SADの日本語の意味は「悲しみ」。そして、SMILEの副作用は「笑顔」でした。どんな悲しい場面でもずっと張り付いた笑顔を強いられていた。

一方、前述のようにロジャーやルフィは死ぬ直前に笑顔でニカッと笑っていた。どんな凶悪な海賊でも死を簡単には受け入れられるものではない。もちろんDの一族の超常性を演出した表現とも言えますが、実はDの一族も「悲しい時に笑えない民族」だったのではないか?

ひとつなぎの大秘宝の正体を知ってシャンクスは涙し、ロジャーは大爆笑したものの、本来ロジャーも泣きたかったのではないか?SMILEの笑顔を強いられることも「副作用」ではなく、実は「Dの一族の血筋や特性」が発現していただけだった?

○悪魔の実には「Dの一族の魂」が入ってる?

つまり、悪魔の実の「中身」にはかつてDの王国に住んでいた人々の魂が入っている?かつてのDの一族は強力な能力者たちの集まりだった?かつてDの一族と戦った天竜人は「悪魔のような連中」と恐れをなしてDと名付けた?

悪魔の実の正体とは、Dの一族が後の天竜人に対抗するために作り出した可能性が考えられます。

例えば、特殊能力を使えたDの一族が子孫が再び天竜人を撃破できるように、自らの命と引換えに魂を果物に憑依させたのではないか?ここまで現存するDの一族の生き残りの少なさを考えると、悪魔の実を大量に生み出すことと引き換えにDの大半が絶滅した可能性もありそう。

他にもプラトンやウラヌス、ポセイドンといった古代兵器もDが生み出した可能性も考えられますが、少なくとも、Dの一族と悪魔の実の関連性は強く推認できそう。

また聖地マリージョアの巨大な麦わら帽子の秘密を筆頭に、ドフラミンゴはDの一族と天竜人の「過去の因縁」も何故か全て知っているからこそ、「SMILEとSAD」という敢えて皮肉めいた名前を命名した可能性が高そう。Dの一族の秘密を最後に暴露してくれる存在がドフラミンゴかも知れない。

コメント

  1. 匿名 より:

    『D』(『…・D・…』も含めて)の一族の件だが、
    Dは数学的な要素が隠されている。
    (D→半径を表す)
    そのDを小文字に変換すると『d』となり、
    これを逆さまにすると『p(P)』となる。
    (これも数学的な要素が含まれていて、p→円周率のπという意味になり、π=3.14…→Pとなる。)
    『ONE PIECE』→1つのピース(一欠片のピース)
    (ONEのPのiece)
    (Eを省けば、on-p-ic)

    (色々な考察があり、その何れもが数学的・文学的に繋がってくる。ONE PIECE自体が物ではなく人の名前や精神に由来するのかもしれない。)

    (因みに、π(パイ)の事を世界中の国々では色々な発音をする。例えばπ(パイ)の事を『ロー』『ペー』とも言う。)
    (胸が大きな女性キャラはオッパイで繋がっているのかも知れないしw)

  2. コメントありがとうございます。
    Dの意味は数学的にもいろいろ考察できそうですよね。
    π説を参考にDの意味など追記しておきました。

  3. 匿名 より:

    トキの部分、息子がDの一族なら母親もDの一族ってのは変かと。
    親がDなら子もDなら分かるけど、子がDだから親も…はちょっと。
    父おでん・兄ももの助がDなら日和はD濃厚ではなくDでは?

    エネルの「さあ行こう。あの神の世界へ」ってセリフ、エネルが「神の世界」と思い込んでるだけと考えるのが妥当では?
    そうじゃないと、エネルはDの一族について知っているってことに…
    エネルがどうとかではなく、セリフや行動が「月が重要」って伏線…ってなら分かるけど。

    ケチつけるようですが気になったのでコメしました。

  4. 匿名 より:

    元々月に住んでいたのでは?

    領土を半分おさめる一族だったとかで。
    ただ戦争で住める星ではなくなり地球っぽい星に移住したとか。
    移住期間が100年で前の期間は月の歴史、後ろが今の歴史となるとか。
    で、今の星に住めるよう環境作りのため開発されたのが、いまある種族で、悪魔の実もその過程で作られたとか。
    ただ、同じ実が存在しない縛りがあるのでもしかしたら戦争の代替手段の可能性があるかも。
    と妄想してみました。

タイトルとURLをコピーしました