【ワンピース】Dの一族とは?Dの意味とは?Dの意志とは?【ONE PIECE】

スポンサーリンク

日本で一番売れてるおすすめのバトル漫画と言えば、尾田栄一郎の『ONE PIECE(ワンピース)』。主人公・ルフィがひとつなぎの大秘宝(ワンピース)を巡る冒険活劇。

(ONE PIECE magazine vol3 集英社)

主人公のモンキー・D・ルフィを筆頭に、この中でもストーリーで重要な働きをするのが「ミドルネームにD」を持つキャラクターたち。『ONE PIECE』の作中では「Dの一族」や「Dの意志」といったワードで表現され、彼らはワンピースファンの読者の好奇心をくすぐっています。

そこで今回は「Dの一族」に関するまとめ記事を考察してみました。果たしてミドルネームの「D」に一体どんな意味があるのか?また『ONE PIECE』の今後の展開にどんな影響を与えるのか?

Dの一族は誰がいる?Dの名前を持つキャラ一覧

まずはミドルネームに「D」を持つキャラクターがどれだけいるのか、簡単にまとめてみたいと思います。

(ONE PIECE magazine vol3 集英社)

現時点でDの一族と呼ばれるキャラクターは合計9名います。

例えば、Dの一族の最たる例が主人公の「モンキー・D・ルフィ」。そしてルフィの父であり、革命軍総司令官の「モンキー・D・ドラゴン」もDの一族。ルフィの祖父であり、ドラゴンの父にあたる「モンキー・D・ガープ」なども当然にしてDのミドルネームを持ちます。

そしてルフィの義兄である「ポートガス・D・エース」もDの一族。2人に血の繋がりこそありませんが、エースの父であり、「ワンピース」を見つけ出した海賊王の「ゴール・D・ロジャー」が同じDのミドルネームを持ちます。そのためDの一族同士がたまたま知り合ったみたいな流れ。

また海賊王ロジャーの妻である「ポートガス・D・ルージュ」もDのミドルネームを持ちます。エースを胎内で20ヶ月近く身ごもり続けて、最後は亡くなってしまう。ただルージュは結婚したからDのミドルネームを付けたのか、元々Dのミドルネームを持っていたのかは不明。

他にも黒ひげ海賊団の船長である「マーシャル・D・ティーチ」。王下七武海であり、麦わらの一味ではありませんがルフィの仲間でもある「トラファルガー・D・ワーテル・ロー」。故人も何人か中には含みますが、『ONE PIECE』の中で主に活躍するメインキャラクターがDの名前を持つらしい。

(ONE PIECE41巻 集英社)

ちなみにマイナーどころだと「ハグワール・D・サウロ」という元海軍本部中将もDの一族。かつてニコ・ロビンを救出した巨人族の男もDのミドルネームを持っていたらしい。ここらへんは『ワンピース』のストーリーの核心部分に迫りそうな「オハラ」やニコ・ロビンに関与するキャラなので、いずれDの一族の謎が解明される時に登場するのか。