【ワンピース】ビッグマムの正体&能力強さ 徹底考察まとめ【ソルソルの実】【マザーカルメル殺し】【死亡説】【シャーロット・リンリン】

おすすめバトル漫画の『ONE PIECE』。

このワンピースに登場する最強クラスのボスキャラが「ビッグマム」。本名はシャーロット・リンリンとめちゃめちゃ可愛らしいんですが、実際の正体は真逆のルックス。

(ONE PIECE87巻 尾田栄一郎/集英社)

まさかのピンクのパーマヘアーをなびかせている巨漢のクソババアwwwでも不思議と「ビッグマム感」はありあり。ただビッグマムの正体や過去について、未だに判明してない謎も多い。

そこで今回ドル漫では「ビッグマム(シャーロット・リンリン)の正体」を徹底的に考察してみた。もしかするとビッグマムはかつて育ての親であるマザー・カルメルを殺害した容疑もあって、そんな多くの謎を抱えるビッグマムの強さをチェックしてみましょう。

ビッグマムが統治するホイールケーキアイランドとは?

まずビッグマムの正体について簡単におさらい。

ビッグマムはビッグマム海賊団の船長。四皇メンバーの一人。本名は「シャーロット・リンリン」。

ビッグマムの性格はお菓子好き。「お茶会」と称して頻繁に子供たちを集め、このお茶会を拒否る人間は即座に抹殺するなど見た目通りに至って好戦的。

ビッグマムの年齢は68歳ではあるものの、子供は85名。現段階で確認できる最年少メンバーが8歳なので、ビッグマムは還暦超えても出産してることは確実。ビッグマム海賊団の主要メンバーも、まさに自分の子供たち。

笑い方も「ママハハ」と母親やママと彷彿。

(ONE PIECE82巻 尾田栄一郎/集英社)

ビッグマムが統治する国が「ホイールケーキアイランド」。このホイールケーキアイランド周辺の海域は「万国(トットランド)」と呼ばれてる。

ワンピース内では頭文字を取って「WCI」と省略されていることが多い。巨大なホイールケーキのような山の頂上にビッグマムの城が立っており、まさにシャーロット・リンリンは「WCIの女王」。

このホイールケーキアイランドの周りには34の島が点在。

それぞれの島をビッグマムの子供たちが大臣として各々統治し、チョコレートの島であったり、ビスケット、キャンディーの島であったり、どの島の名前も「大のお菓子好き」というビッグマムの好みが反映されてる。

そして、ホイールケーキアイランドの大臣たちもめちゃめちゃ強い。例えば、ビッグマムの次男のカタクリの懸賞金はまさかの10億円超え。そのためルフィ vs カタクリ戦は壮絶なものがありました。

他の大臣たちは【画像あり】ビッグマム海賊団のメンバー一覧まとめも併せて参照してもらうとして、まさに万国(トットランド)は誰も近付けない魔の海域。

【ビッグマム考察】聖母マザー・カルメルに育てられた過去

このトットランド(万国)では名前通り、どうやら全世界の種族が半強制的に集めさせられて暮らしている。理由はシンプル。ビッグマムの夢は「全種族が差別なく暮らせる国」を目指しているから。

(ONE PIECE82巻 尾田栄一郎/集英社)

何故こういう考えに至ったのかと言うと、ビッグマムは聖母マザー・カルメルに育てられたから。このマザー・カルメルはかつて若かりし頃に処刑されかけたエルバフの巨人たちを救出し、全種族の和解を唱えた過去を持つ。

そしてその後、マザー・カルメルは聖母と世界から崇められるようになり、「羊の家」という種族や身分を問わずに子供を育てる養護施設をエルバフの地に作った。そこに孤児として捨てられた5歳のビッグマムもいた。

そのためビッグマムはマザー・カルメルの影響を強く受けており、常にマザー・カルメルの写真を持ち歩く。特にマザー・カルメルは幼少期に謎の失踪を遂げており、そのことがビッグマムにとって強烈なトラウマとして残っている雰囲気。

マザー・カルメル失踪の謎については後述しますが、実は聖母姿は偽り。

マザー・カルメルの正体はウラで子供を売りさばく人身売買仲介業者。だから善意でビッグマムに優しく接していた訳ではなく、あくまでビッグマムの生粋の強さに目をつけて世界政府CP0に高く売りつけようと画策していただけ。

ビッグマムの悪魔の実は「ソルソルの実」

このビッグマムの悪魔の実は「ソルソルの実」。

超人パラミシア系悪魔の実に該当し、ソルソルの意味は「ソウル(魂)」。もともとは前述のマザー・カルメルが所有していた悪魔の実なんですが、結果的にビッグマムが幼少期に継承したカタチ。

(ONE PIECE83巻 尾田栄一郎/集英社)

このソルソルの実を使って、ビッグマムは税金の代わりに国民から半年に一度1ヶ月分の寿命を奪って集めてる。具体的には「1年住む権利を与える代わりに2ヶ月分の寿命が奪われてしまう」らしい。

そして、ビッグマムは奪った魂をトットランド内の木々や建物に分け与えてる。魂が分け与えられた意思を持った無機物は「ホーミーズ」と呼ばれ、他の住民たちと共に一緒に見かけ上は楽しく暮らしている。

そのためワノ国の世界観が桃太郎とすれば、さながらホイールケーキアイランドは「不思議の国のアリス」の世界観がモチーフ。

○【悪魔の実】ソルソルの実はそこまで強くない?

でも、正直ビッグマムのソルソルの実はそこまで強くないとドル漫では見てる。

何故なら、あくまで「無機物に生命を与える能力に過ぎない」から。

確かに魂や寿命を奪う能力は強いものの条件付き。ビッグマムの恐喝に恐怖感を覚えた場合のみらしく、ジンベエあたりの魂(寿命)をビッグマムは奪えなかったはず。しかも、ソルソルの実単独で敵を攻撃できない。

そのためトットランドを統治する上では非常に有用な能力ではあるものの、ことバトル面において活躍する悪魔の実ではないと考察。

言うなれば、元王下七武海のゲッコー・モリアが持っている「カゲカゲの実」と性質的には被ります。下手すると、ソルソルの実はその下位互換ですらあるかも知れない。ビッグマムの悪魔の実が四皇クラスに強いかと言うと、いささか疑問。

じゃあ、ビッグマムの悪魔の実が覚醒していた場合はどうなのか?

ビッグマムはやはり四皇ですから、悪魔の実が覚醒していておかしくない。ましてやビッグマムの息子カタクリですら覚醒済み。仮にソルソルの実が弱い悪魔の実であったとしても、覚醒すればそれなりに強さを発揮する可能性はあるのか?

○ビッグマムの悪魔の実は「覚醒」してるのか?

ただ結論から書くと、ビッグマムの悪魔の実が覚醒しているかは不明。もっと言えば、ソルソルの実が覚醒したところで「だから何?」という一言に尽きます。

何故なら、ソルソルの実は魂を奪うだけではなく「周囲に分け与える」という能力もセットだから。つまり、超人パラミシア系悪魔の実の覚醒の特徴である「周囲に影響を与える」点を既に満たしてる状態。

実際マザー・カルメルも最初から魂を炎に分け与えるなどしており、現段階でソルソルの実を隠し子に更に強くする余地は少なく、仮に覚醒したとしても「さらなる次の展開(上のステージ)」も思いつかない。

だからビッグマム自身の身体能力はハンパなく強いものの、悪魔の実に関してはイマイチ…というのがドル漫での評価してみる。

ちなみに【最強】ワンピース悪魔の実強さランキングまとめなども併せてご参照。

【ビッグマム】幼少期から巨人を倒すほど最強の身体能力!

そもそもビッグマムの悪魔の実が覚醒してようが覚醒してまいが、ビッグマムの強さにほぼ影響しない。じゃあ、ビッグマムの強さの本質は何なのか?どうやってビッグマムは四皇に上り詰めたのか?

結論から書くと「ひたすらにフィジカルの強さ」という一点に尽きます。

何故なら、ビッグマムは幼児期に巨人族をフルボッコするぐらいに生まれた瞬間からとにかくめちゃんこ強いから。言うなれば、ビッグマムはナチュラルボーンストロング。ナチュラルボーンキチガイの安倍昭恵も真っ青。

(ONE PIECE86巻 尾田栄一郎/集英社)

ビッグマムは幼少期にマザー・カルメルに連れてこられて、エルバフの地で「ヤルル」と「ヨルル」と呼ばれる最高齢の巨人戦士たちとも暮らしていた。

この二人は「巨人の英雄」として誰からも崇められており、ヤルルとヨルルはお互い何百年も戦い続けてきた戦友。非常に高齢ではあるものの、巨人族の中でも実力的には強いと考察されます。

(ONE PIECE86巻 尾田栄一郎/集英社)

しかしある日、ビッグマムは5歳の頃に巨人・ヨルルを思いっきり一本背負いで投げ飛ばして再起不能なダメージを与えてしまう。

画像は「食いわずらい」という空腹時に発動されるビッグマムの暴走モード。ビッグマムは空腹状態に陥ると、周りを見境なく誰でもフルボッコしてしまう。実際、ビッグマムと血が繋がった子供たちですら餌食になることも。

とはいえ、フィジカルの強さだけで相手をここまでキレイに投げることは不可能。ましてや人間の子供と巨人族との身長差を考えると尚更。そのためビッグマムの「投げ技の格闘センス」も地味に発揮されていたに違いない。

○ビッグマムが強すぎる故に巨人族から恨まれる羽目に

そのため「巨人族の英雄が5才児が見事に叩きのめされる」という、まさに巨人族にとって歴史とプライドに不名誉すぎるトラウマを刻み込んでしまった結果、ビッグマムは全ての巨人族から壮絶に恨まれてしまう。

一方、ビッグマムも巨人族を忌避しており、トットランドには「巨人族だけが唯一いない理由」もこういった背景と経緯があります。

またビッグマムはシーザーに命令して「巨人化の薬」を製薬させていた理由も、本物の巨人族を嫌悪しているため、とりあえず「見た目だけでも巨大なエセ巨人」を作ろうと目論んでいたから。

ちなみにビッグマムがヨルルを投げ飛ばした場面には、後に麦わらの一味傘下に入るハイルディンがおりました、もしかするとビッグマムとの因縁がいずれワンピースで描写されるのでしょう。

○ビッグマムの生まれ持ったフィジカルの強さの秘密とは?

ただビッグマムの正体は未だに判明してない部分も多い。

現在のビッグマムの身長は880cm。5歳の時点で身長が4メートル5メートル近くあったのでさながら巨人族を彷彿とさせますが、前述の因縁を考えるとビッグマムは普通の人間。実際、ビッグマムを捨てにやって来た実親たちは普通の人間サイズでした。

もちろんビッグマムがこのままのサイズで出産されたと推察すると、お母ちゃんのアソコが思わず心配になっちゃいますが、少なくともビッグマムの赤ちゃん(嬰児)の頃は通常サイズだったものと考えられます。

じゃあ、何故ビッグマムは急速に大きくなったのか?驚異的な身体能力は何かしらの遺伝の異常だったのか?後天的に実験めいたものが施されたのが理由なのか?などについては、さすがのドルジ露瓶尊でも考察する上で情報が足りないため割愛。

ビッグマムはシーザーに巨人薬の開発を依頼していたものの、実はベガパンクなどがそういった巨人薬を開発しており、ビッグマムはその実験台だった可能性もありそう。いずれビッグマムの出生の秘密などもワンピース内で明らかにされるはず。

【ドル漫考察】ビッグマムとカイドウの関係性とは?

他にも例えば、ビッグマムと同じく四皇の一角を担う「カイドウとの関係性」も謎が多い。最近になってカイドウの悪魔の実が龍であることが判明しましたが、二人は同じ四皇同士なので当然顔見知り。

(ONE PIECE90巻 尾田栄一郎/集英社)

ただし、実はビッグマムとカイドウはどうやら随分と昔から知り合いだった様子。

確かに、カイドウはビッグマムのことを「リンリン」とフルネームで呼んでる。ビッグマムは最初からビッグマム(子沢山)だったわけではない。つまり、ビッグマムが子供を出産する以前の若かりし頃から二人は顔馴染みだった可能性が高い。

そのためネット上では「ビッグマムとカイドウは元夫婦や元恋人」といった考察も。

でもカイドウは古代巨人族の可能性が高い。ただ前述のように、ビッグマムは巨人族嫌い。

果たしてビッグマムはそんなカイドウと肌を交じらわせるかは疑問。仮に元夫婦としても、ビッグマムには巨人族に匹敵するような巨大な子供はいない。カタクリですら身長5メートルとビッグマム以下。

そのためドル漫ではビッグマムとカイドウの元夫婦説はないと見た。じゃあビッグマムとカイドウの関係性は何なのか?

おそらく現時点で最も可能性が高そうなのが「ビッグマムとカイドウは元ロックス海賊団説」かなと思います。

詳細は【ワンピース考察】ロックス海賊団メンバー一覧まとめも参照してもらうとして、40年前に海軍中将・ガープに潰された伝説の海賊団。例えばロジャーの下でシャンクスたちが働いていたように、ビッグマムたちもロックスの下で働いていたのではないか?

またビッグマムはカイドウに一生の恩とも言えるほどの「貸し」があるらしい。普通に考察すれば、ロックス海賊団時代でカイドウがビッグマムに助けられた可能性が考察できそうですが、実はそうとも限らない?

個人的には「カタクリの呪い」と実は関係してくるんじゃないかと見てるんですが、いずれ機会があれば詳細な考察を披露したいと思います。

【能力】最強ビッグマムの必殺技一覧まとめ

幼少期でこんだけ強いってことは、大人になった時のビッグマムの強さはこんな比ではない。そこで続いてはビッグマムが披露した必殺技をチェックしていこうと思います。

(ONE PIECE87巻 尾田栄一郎/集英社)

例えば、「雷霆(らいてい)」。

カミナリ雲に魂を与えたゼウスを利用して、ビッグマムは雷の掌底を敵に食らわせる。画像はヴィンスモーク・ジャッジ(ジェルマ66)が一撃で倒された場面。胸ぐらをつかんでの掌底も、かなり乱暴で粗雑。

一方、ビッグマムはナミの雷でダメージを食らってたりもするのは不思議ですが。

(ONE PIECE87巻 尾田栄一郎/集英社)

またビッグマムは「エルバフの槍」といった巨人族特有の技も使えるらしい。

ビッグマムは巨人族を憎みつつも必殺技を取り込む姿勢を見てる限り、ちょっとした羨望や共感を抱いているのかも知れない。幼少期に一緒に育てられた恩義を少なからず感じているのか。

○食いわずらい時のビッグマムは誰にも止められない!

(ONE PIECE88巻 尾田栄一郎/集英社)

そして、やはり空腹状態(食いわずらい)のビッグマムの強さは筆舌に尽くしがたいもんがある。食えば食うほど強くなるルフィとは真逆で、ビッグマムは腹が減れば減るほど強くなる。

画像のビッグマムの見た目が、完全に「山姥(やまんば)」。この極悪すぎる見た目で、ローラばりの舌出しはアカン。幼少期で巨人を投げ飛ばすぐらいなんで、大人のビッグマムの強さは言うまでもないでしょう。

(ONE PIECE89巻 尾田栄一郎/集英社)

例えば食いわずらい時のビッグマムは、主人公・ルフィたちが乗船してるサウザンドサニー号も片手でグイッと壊す。「大将、お店やってるぅ~」的な感じで、店のノレンをくぐって料理屋に入ってくるサラリーマンぐらい軽いノリで潰す。

(ONE PIECE89巻 尾田栄一郎/集英社)

ソルソルの実で命を吹き込んだ三角帽のナポレオンを持ち上げての、「スライスしよう」は恐怖でしかない。スライスチーズは雪印~♪スライス(人肉)ミートはビッグマム~♪といったところか。

ビッグマムの悪魔の実は「マザーカルメル」から奪ったのか?

ただビッグマムで一番の謎といえば、やはり「ソルソルの実」。何故ビッグマムが悪魔の実を使えるのかという疑問。

(ONE PIECE86巻 尾田栄一郎/集英社)

前述のように、ビッグマムは悪魔の実(ソルソルの実)は幼少期から使用してる。ただ当時はビッグマム本人も何故、自分が悪魔の実が使えるのかは知らない様子。もっと言えば、ビッグマムは悪魔の実を食べた記憶がないらしい。

(ONE PIECE86巻 尾田栄一郎/集英社)

「マザーがやってた手品。なんで?おれにもできた」というビッグマムのセリフからも分かりますが、このソルソルの実は元々マザーカルメルが所有していた。画像はエルバフの巨人族を救うため、炎に魂を分け与えた場面。

ただやはり気になるのは、何故ビッグマムがマザーカルメルの悪魔の実を使用できるのか?という話。ここからは「悪魔の実の正体の根幹」に関わってくる部分のため、ここからは非常に重要な考察になります。

○マザー・カルメルは既に「死亡」してることは確実

まず状況をおさらいしておくと、確実に「マザーカルメルが死亡」していることは間違いない。

何故なら、悪魔の実は世界にひとつだけしか存在しないから。既に所有者がいる場合、他の人間に能力が移行できる代物ではない。そして悪魔の実は能力者が死亡後、どこかに新たに現れると言われてる。

悪魔の実の詳細については、【ワンピース考察】悪魔の実の正体まとめも併せて参照。

軽くネタバレしておくと、能力者が死亡すると近くの果物に悪魔の実は憑依する。この理屈で考えたら、何故黒ひげ(マーシャル・D・ティーチ)がグラグラの実をゲットできたかも分かるはず。

つまり、マザー・カルメルが確実に死亡したからこそ、所有していたソルソルの実は別の果物に憑依した。この果物をビッグマムが知らず知らずの内に食べてしまって能力が継承された…と考えるのが最も自然な流れだとドル漫では考察します。

現在70歳近いビッグマムの幼少期の時点でマザー・カルメルはBBAだったわけで、そもそも年齢的に生存してる可能性は低いでしょう。

○【ほぼ確実】ビッグマムは「マザー・カルメルを殺害」してる件

ただし、まだ謎が残る。

じゃあ、マザー・カルメルはどういった理由で死亡してしまったのか?

マザーカルメルが行方不明になった場面を思い返すと、ビッグマムの6歳のお誕生日会を開いていました。こんな楽しい場面でマザー・カルメルがいきなり死亡に至る根拠や理由を見出しにくい。仮にマザー・カルメルが亡くなったとしても死体はどこに?

この誕生日会でクロカンブッシュを頬張るビッグマムは嬉し涙を流しながら、周囲の状況が見えなくなるほど歓喜していた。しかし気付くと、ビッグマムの周りには忽然と誰もいなくなっていた。マザー・カルメルだけではなく、他の子供たちも同様に行方不明。

(ONE PIECE86巻 尾田栄一郎/集英社)

そこでさっそく結論から考察すると、「ビッグマムがマザーカルメルを食べた可能性」が真っ先に思い浮かびます。

左下のコマのマザー・カルメルの衣服はズタボロになっており、右横の机はビッグマムの歯型も確認できます。ワンピースというマンガの特性上あまり想像したくありませんが、非常にスプラッター的なことが起きた可能性は否定できない。

しかも、この光景をある巨人族のエルバフの戦士が見ており、かなり震え上がっていたらしい。

もし男の目に「全巨人族の敵であるビッグマムが全巨人族の恩人であるマザー・カルメルを食べた」という悲惨な光景が写ってたら宜なるかな。そらぁ、巨人族がビッグマムの存在を「脅威」とみなしてるのも頷けます。

○【狂気】胃袋のマザー・カルメルに話しかけるビッグマムがヤバすぎwww

そう考察すると、ビッグマムの狂気っぷりが更に際立つシーンが。

例えば、『ONE PIECE』89巻でサンジの激ウマケーキを食べた場面、ビッグマムの口の奥がアップになった時に「味の死骸演舞場」という言葉が使われており、さながらビッグマムの胃の中は墓地であるかのように表現されてる。

また亡きマザー・カルメルに対して、「ねえ♪マザー感じる?この溢れ出す幸せな甘み」と語りかけてるんですが、さながらビッグマムの胃袋の中にいる殺害したマザーに語りかけてるようではないですか?

マザー・カルメルの居場所を知らない前提で話が進んでますが、ビッグマム自身は既に「マザー・カルメルの現在の居場所(生死の有無)」を知っていそうだから恐怖でしかない。何のホラー漫画だよw

ドル漫では当初「結果的にマザー・カルメルを殺した事実」を何らかのカタチで知って、自責の念で自滅するパターンも考えてたんですが、ビッグマムの性格や性質を考える限り、答えはありえない。

【vs 百獣キング】ビッグマムがついに死亡か?

しかし、こんな最強のビッグマムも年貢の納め時が早速来たらしい?

(ONE PIECE930話 尾田栄一郎/集英社)

ビッグマムも悪魔の実の能力者。そのまま力が抜けて海底に沈んでしまえば、当然死亡してしまう可能性が高い。ジャックのようにウォータンと呼ばれる半魚人族ではあれば、生存の余地も残されていますが、ビッグマムも所詮はあくまで人間。

でも、四皇・ビッグマムがこんなにあっさり死亡してしまっていいのか?

当初ドル漫では配下に収めてる魚人に助けさせる説や、 シャーロット・オーブンのネツネツの実で「海水を蒸発」させる説、ソルソルの実=仮死化説、ホーミーズに憑依する説などを考察してみました。

ワノ国編や世界会議編であまりストーリーには絡んでこないものの、中でも元王下七武海黒ひげ海賊団ゲッコーモリアが「ビッグマムの最強すぎる死体」を入手する説は自信がありました。

(ONE PIECE931話 尾田栄一郎/集英社)

ただネタバレしておくと、結果的にビッグマムは生存していました。実は海流に運良く流されて、海岸に打ち上げられて一命はとりとめたらしい。でも海水を飲んだショックか、現在ビッグマムは「記憶喪失」の状態。

そのためチョッパーを「チョパえもん」と呼ぶなど、麦わらの一味に対する敵愾心はゼロ。つまり、今後ビッグマムはルフィの仲間に入る可能性が高そう。一方、提督を失ったビッグマム海賊団は百獣海賊団に一部取り込まれる可能性が高いか。

だからビッグマムの記憶喪失で、四皇の勢力がさらに集約化される流れが予想され、まさにワノ国ではいつ大きな戦いが勃発してもおかしくない予兆が垣間見えます。

ちなみに【ワンピース考察】四皇カイドウの正体&能力強さまとめ【最強】四皇強さランキングまとめなども併せて参照してください。