【ワンピース考察】10人目に入る仲間とは誰なのか?【十人目のキャラクターの正体】

スポンサーリンク

日本一面白い漫画が『ONE PIECE』。集英社が世界に誇る人気バトル漫画。いずれハリウッドで実写映画化も予定されているとのこと。

(ONE PIECE80巻 尾田栄一郎 集英社)

この『ワンピース』は敵キャラなど含めて、やはり魅力的なキャラクターが盛り沢山なこと。画像は麦わらの一味と呼ばれる仲間たちが勢揃い。主人公・ルフィからサンジ、ゾロ、ウソップ、フランキー、チョッパー、ナミなど合計9名。

ただ『ワンピース』では将来的に10人目の仲間が加入すると言われてる。そこで今回は『ワンピース』の麦わらの一味の最後の一人とは誰なのか?最後に加入する仲間は誰か?などを考察したいと思います。

そもそも何故「仲間が10人」だと分かるのか?

まず何故「仲間が10人」と見られているのか。最初はそこからおさらいしたいと思います。いつの間にかワンピースの常識にはなってるものの、自分も思い返すと何故10人であるか断言できる根拠を忘れてた。

(ONE PIECE1巻 尾田栄一郎 集英社)

結論から書くと、主人公・ルフィがストーリー最序盤で仲間集めに際して「10人はほしいなぁ」とつぶやいてるから。特に大きく振り返るまでもなく、まさか『ワンピース』の1話目に表記されてたというオチ。

もちろん普通の漫画であれば、聞き流していい情報。ただ『ワンピース』の作者・尾田栄一郎は初期から様々な伏線を散りばめてる漫画家。あえて「10人」という具体的な数字を表記した以上、そこには具体的なプランやプロットがあったと考えて良い。

続いては麦わらの一味に入った仲間たちの「ある特徴」や「法則性」をまとめてみました。

麦わらの一味の仲間に入る法則性は「数字」にあり?

結論から書くと、『ワンピース』で加入した仲間は「数字」に関係してると言われてる。

残念ながら電子コミック版だとSBSが掲載されてなかったため、画像は割愛させてもらいますが『ワンピース』59巻で読者が指摘済み。作者・尾田栄一郎(おだっち)も暗に正しいことを匂わせています。

『名探偵コナン』の黒の組織たちのコードネームにも法則性や意味が込められているらしいですが、漫画家さんの立場で考えるとこういった遊びの要素は制作する上でちょっとしたモチベーションにも繋がっているのかも知れない。

(ONE PIECE80巻 尾田栄一郎 集英社)

厳密には主人公・ルフィの仲間には入っていないものの、バトルロメオやキャベンディッシュなど麦わらの一味の傘下に入った海賊たちと親子盃を交わす描写シーンでは「数字」が表記されています。

順番はそこまで大事なシーンとは思えないため、「仲間の法則」を印象付けるための伏線としてこれ見よがしに描かれたとしか思えません。