ワンピース最新951話 ネタバレ感想!最新952話の展開予想まとめ

ワンピース最新951話のネタバレ感想をレビュー。

そういえば冷夏が続くと思ったら、最近になって急激に暑くなってきましたね。40℃近い気温に外出してるとフラフラで倒れそう。本当にこんな調子で東京五輪を来年開催するつもりなんでしょうか?

最近は社会人より炎天下で部活を頑張る中高生の方が大変なような気もしてきました。ということで、今週のワンピース最新話も今夏の暑さに負けないぐらい激アツ展開とか!まさか四皇 のカイドウとビッグマムの対決が早くも?

ワンピース最新951話までのあらすじまとめ

まずはワンピース最新951話までの展開をおさらい。

ワノ国・兎丼を完全に制圧したルフィたち。百獣海賊団のクイーンから水攻めを受けていたユースタス・キッドキラー(人斬り鎌ぞう)は命からがら助かるものの、ルフィとは別行動を開始。再びキッド海賊団の結成に動く。

そして、兎丼の勢力は光月モモの助を中心として結束を深める。かつてワノ国の大名だった父親・光月おでんの姿を重ね合わせたのか、囚人たちは光月モモの助に深々と頭を垂れた。ルフィは疫災弾を被弾して動けず、河松はどこかに行くとドロン。

一方、ワノ国・久里ではアシュラ童子が20年で何が起きたのかこれまでの過去を錦えもんたちに話す。多くの侍たちは錦えもんたちの帰りを待てず、カイドウがいる鬼ヶ島にかつての日の丸特攻隊よろしく無残に死亡していた。まさに捨名知(すなっち)。

そして、ワノ国・花の都近くの森ではゾロと光月日和がトの康の敵討ちを誓い、鈴後のおいはぎ橋に向かおうと動く。花の都ではローがバジル・ホーキンスディエス・ドレークに捕縛されるものの、何故か不敵な笑み。

ますます混沌を極めるワノ国に明日はあるのか?

d-manga.net

ハートの海賊団は開放されたが…

ということでONE PIECE最新951話のネタバレ感想をレビュー。

まずはワノ国・花の都。

ワノ国大名の黒炭オロチはサンジたちを取り逃がしたことに対して激怒するものの、お庭番衆の福ロクジュは「ローを捕えた。拷問の末にいかようにも利用する」と説得。オロチは「苦しゅうない」とニンマリ笑顔。

花の都はお庭番衆や見廻組などが張り込んでおり、サンジも近付けない。やはりお庭番衆などはそれなりに強そう。いずれ各々のキャラの詳細が判明すればまとめて考察記事を書きたいと思います。

d-manga.net

えびす町では何が起きた?

一方、はずれのえびす町には、何故かベポなどハートの海賊団の姿。実はローはバジル・ホーキンスの脅しに屈せず、逆に「仲間ごとホーキンスを殺す」と脅しをかけた。これにブルったホーキンスはハートの海賊団たちを逃がす。

ただし、ローはそのまま捕縛されたまま。ここらへんの流れがよく分からない。ローとホーキンスは実は裏で繋がってる説もありますが、だったら最初からハートの海賊団を捕らえる必要性もない。この茶番劇に何か意味があったのか。

そして、ベポなどはナミに康イエが遺したメッセージを託すものの、ローに「おれが捕まったことは絶対に麦わら屋には話すな」と言われたため沈黙を貫く。そして、今度は逆にローの救出に向かうような展開。

また別の場面では、カン十郎が康イエ(トの康)の遺体を白い布でくるんで涙を流す。個人的に生き返る説も考察しましたが、どうやら康イエは完全に死亡していた模様。光月日和のように今後生き返る可能性は低そう。

d-manga.net

アシュラ童子お手製の船を造船する?

一方、久里の南西の廃港。

アシュラ童子が20年の歳月を利用し、久里で巨大な船を作っていた。ただし、状態はボロボロ。赤鞘九人男のイヌアラシや錦えもんは称賛するものの、あくまでカイドウに破壊された船の部品を寄せ集めて作っただけの何とも心もとない状態。

えびす町にいたフランキーなどが合流して、更に強固な船に作り直す展開に。

また久里ではニコ・ロビンとウソップがおトコを逃がす。一応、黒炭オロチたちは人相書きの手配書を流すものの、ムダにキレイに描写しすぎて全く効果を発揮せず。サンジと一緒にいるしのぶは完全に別人。

ちなみに、逃亡したハートの海賊団たちも指名手配されてるっぽい。取り逃がしてしまったバツでホーキンスこそ拷問を受けないのか不思議。キッドの言動を見る限り、最悪の世代メンバーが全部繋がってるとは想定しにくいですが。

d-manga.net

鬼ヶ島ではカイドウとビッグマムがついに対決?

そして、ワンピース最新951話の目玉が「鬼ヶ島」。

何話か前にクイーンが覚醒したビッグマムにブルって、そのままカイドウがいる鬼ヶ島に連れてきてしまう。ビッグマムを溺死させたと思っていただけにポカーンとするキングに対して、「半端な仕事しやがって」と逆ギレするクイーンに思わずワロタ。おまゆう。

ここでキングの正体も新たに少し判明。

ビッグマムは「(巨人族以外にも)おれの国にいねぇ種族が3種いる。1種は歴史の彼方に消えたが、お前は生きてる」とビッグマム海賊団への入隊を誘っており、どうやらドル漫の読み通り、キングは「特別な種族」だった模様。

キングは何故か背中から炎が出ており、黒い羽が生えてるのが特徴。プテラノドンの能力を持つものの、どうやら黒い羽とは別なのかも知れない。意外と「炎人間」「悪魔」などの可能性も十分有り得そう。

ジャックの種族が超希少な魚巨人(ウォータン)だったことも踏まえると、クイーンも人間ではない別種族という可能性もあるのか。

d-manga.net

○二人の攻撃がぶつかると空が割れるほどの衝撃w

ただビッグマムは単独でカイドウの根城に乗り込んだようなもの。普通はビビっても良さそうですが、ビッグマムは一切動じず。大災害を目の前にしても大量の食事を用意させ、平然とバクバクと食べまくる。

(ONE PIECE951話 尾田栄一郎/集英社)

そこに「手錠を外してやれ。とうとう来やがったなリンリン」とカイドウが登場。手錠を外されたビッグマムはナポレオンを具現化。ビッグマム相手でも海楼石は十分効果を発揮することが改めて判明。

そして、「来たら殺すと言ったよな?」と棍棒を振り上げるカイドウに対して、「殺されに来るバカがどこにいる?」と余裕しゃくしゃくのビッグマム。二人の攻撃が交わった瞬間、その衝撃で空がバリバリと割れてしまう。

赤髪シャンクスと白ひげの邂逅シーンが思い出されますが、もしかするとカイドウも覇王色の覇気が使える可能性も。果たして、カイドウとビッグマムの対決の決着は?

d-manga.net

ワンピース最新952話の展開予想

以上、ワンピース最新951話のネタバレ感想でした。

今回の感想をおさらいしておくと、まさかのカイドウとビッグマムの対決がこんなに早く行われるとは!?といったところ。ドル漫でも既に予想していた展開ですが、もっと出し惜しみするもんかと思ってました。

かつて「20年の歳月が必要だったに違いない」とアシュラ童子などは言ってました。

基本的に成長した光月日和が鍵を握ってくる可能性は高そうですが、敵のカイドウも戦力が20年で充実してしまってる。だからこそ、カイドウの勢力を相殺する上でビッグマム海賊団の存在が必要だったのかも知れない。

しばらく兎丼の展開が続いてたものの、ここ数話のワンピースの展開は非常に目まぐるしく早い。確かに鬼ヶ島に乗り込むまであと8日しかないことも考えると、しばらく展開はどんどん立て続けに消化されていく可能性も高いか。

ルフィも思ったほど早く回復しなさそう。兎丼とは別展開を始めるために、ルフィにウイルス弾を被弾させた可能性が高そう。つまり、花の都や久里など別に舞台を移した展開がしばらく始まるのでしょう。サンジの透明化スーツも意外と早く活用されるか。

またカイドウとビッグマムが「同じ海賊団だった」ことが改めて強調されるなど、ロックス海賊団の存在も改めて気になるところ。

d-manga.net

○最新952話もビッグマムとカイドウの対決が描かれる?

続いてはワンピース最新952話の展開予想。ちなみに今週号は合併号のため、最新952話は再来週の月曜日発売になります。

おそらく最新952話でもカイドウとビッグマムの戦いが引き続き描かれる可能性が高そうです。何故なら、951話のタイトルが「RAMPAGE」だったから。日本語に直訳すると「大暴れ」といった意味。

現状、大暴れしてるのはカイドウとビッグマムだけ。百獣海賊団も「鬼ヶ島から脱出しろ」と泣きべそ垂れるほど二人のバトルは初っ端から災害級。引き続き最新952話でも二人の対決が描写される可能性は高そう。

ただし、前述のように麦わらの一味は鬼ヶ島に向かう最中。その頃には鬼ヶ島の状態がどうなってるかは不明。8日後も待たず鬼ヶ島に向かう展開も描かれるかも知れない。そもそも鬼ヶ島消失?w

カイドウの方が実力では上回るはずなので、ビッグマムがどこまで百獣海賊団の勢力を削ってくれるかがワノ国編の今後の鍵になりそう。到着した瞬間、ビッグマムの死体が?なんてオチも待ってるか。

そして、ついに二人の高額の懸賞金額も明らかになるか。黒ひげ(マーシャル・D・ティーチ)の23億も目ではない?

d-manga.net