【ワンピース】光月トキの「正体」がDの一族と判明か!!【モモの助の母親】【おでんの奥様】

ワノ国の登場人物で謎多き存在が「光月トキ」。なんと光月モモの助や錦えもんたちを「20年前の過去から現代にタイムスリップ」させたのが光月トキらしい。『ONE PIECE』が連載20年目に突入したことと関係してるかは不明。

しかも光月おでんが黒炭オロチに処刑される直前、そして光月トキが自らの光月モモの助たちを20年後の現代にタイムスリップさせる直前、光月トキが遺した「遺言」がいかにも伏線臭がプンプンだった。

(ONE PIECE919話 尾田栄一郎/集英社)

具体的には「月は夜明けを知らぬ君、叶わばその一念は二十年を編む月夜に九つの影を落とし、まばゆき夜明けを知る君と成る」という意味深すぎる遺言を光月トキは死に際に遺していたそう。

そこで今回ドル漫では「光月トキの正体」について徹底的に考察していこうと思います。

【解説】光月トキの正体は「ワノ国大名の奥方」

そこで改めて「光月トキの正体」についておさらい。

光月トキは光月モモの助や光月日和の母親。そして、当時ワノ国の大名だった光月おでんの奥方(奥さん)。当時で言うところの「御台所」や「御簾中」。現代では「皇后」や「姫宮」みたいな階級で認識すると分かりやすいか。

まだ年齢は不詳ですが幼い子供を出産してることから、光月トキの年齢は最高でも40代前半か。残念ながら黒炭オロチのクーデターによって、光月おでんと共に光月トキは20年前に死亡済み。

ワノ国では光月トキを筆頭に「光月家は悪魔や亡霊」などと教え込まれてる。その割に光月トキを「奥方」と表現するなど、冒頭画像の黒炭オロチの側近・狂死郎は光月トキと親しい間柄だった可能性もありそう。

○【悪魔の実】光月トキの能力は「未来移動」

そして、光月トキの最大の特徴が「トキトキの実」と呼ばれる悪魔の実能力者だったこと。当初は自然系ロギア系悪魔の実を予想しましたが、おそらく超人系パラミシアの可能性が高そう。

トキトキの実は「未来移動」ができる能力。この悪魔の実を使って息子・モモの助たちを逃した。また光月トキは昔からずっと時間移動してきたらしい。そのため光月トキは現代世界に生まれたキャラクターではなさそう。

ただ何故、光月トキは燃え盛るおでん城に残ったのかは不明。モモの助たちと同じように未来に逃げれば助かったはず。光月トキ曰く、「終着地点に着いた」と死を間際にして語っており、「何かしらの目的を達成した」と考察することが可能。

もっともらしい理由としては、最愛の光月おでんが既に死亡したことが大きそう。光月おでんが死亡した以上、妻である光月トキも生きる理由がなくなった?光月トキの正体については後半に改めて考察。

そのため光月トキというキャラ名の由来も悪魔の実(トキトキの実)と考察できます。ちなみに当初ドル漫ではおでんにちなんで、光月トキの名前を「からし」「はんぺん」「つみれ」と予想してたのは内緒(笑)

○光月トキは「過去」に戻ることはできない

既に能力の詳細は別記事で考察済みですが、あくまでトキトキの実は「未来のみ」にタイムスリップできるだけ。光月トキは過去に戻ることは不可能。ネット上では悪魔の実が覚醒すれば可能とする考察も見受けられますが、さすがに無さそう。

トキトキの実は今どこにあるのかは不明ですが、それでも過去起きた歴史を変えることは不可能。

まだトキトキの実の正体が判明してない段階では、「ベガパンクがタイムマシーンを作っていた」や「麦わらの一味が過去のワノ国にタイムスリップ」「ゾロが過去に生存していた時のリューマと再戦する可能性」などドル漫では考察してましたが、こういった展開も起きないでしょう。

突然名前が浮上した40年前に壊滅したロックス海賊団が登場することも、ロックス海賊団の残党と思われるビッグマムやカイドウがワノ国を植民地支配する前に叩き潰すパターンも起きません。

ちなみに光月トキの娘の光月日和の正体は海軍たしぎ説小紫説などがあります。

【予言】光月トキの遺言の中身まとめ

ということで光月トキの遺言の中身を改めて確認。

『ONE PIECE』作中のセリフをほぼ引用すると、「20年後の月夜にこの恨み晴らすべく、九人の侍たちが化けて出て貴様を殺してワノ国を開国する」という内容にざっくり解釈することができる。

更にドル漫で端的に解説すると、「今から20年後のワノ国に9人の侍がタイムスリップして、黒炭オロチを筆頭にカイドウたちを倒してワノ国を開国してやるぜ」みたいなことを光月トキは予言してた。

この光月トキの遺言に対して、オロチは20年以上経った今も信用してブルってるそうなので弱そう…とドル漫では考察してたんですが、結果的に黒炭オロチの正体はどうやらヤマタノオロチに変身するらしい。キャラ名通り、侍だけあって強そう。

この光月トキが予言した9人の侍には、まず錦えもんや雷ぞう、お菊などのメンバーが想起されますが、光月モモの助と共に過去のワノ国からタイムスリップしてきた侍は「合計4名のみ(モモの助除く)」

どう考えても計算が合わない。

○光月トキは「赤鞘九人男」のことを予言していた!

そこで当初ドル漫ではいろんな考察をしてたんですが、既に赤鞘九人男のメンバーはほぼ判明済み。そのため光月トキが予言してた9名という数字も、赤鞘九人男を意味していたことが分かっております。

ミンク族のイヌアラシやネコマムシも含め、酒天丸(アシュラ童子)など新メンバーが今後加勢してくる模様。酒天丸は百獣海賊団ジャックと渡り合うほど強く、他にも河松、傅ジローなども新たに加わることでぴったり合計9名。

当初イヌアラシたちはミンク族のため侍に含まれてるか微妙でしたが、実はイヌアラシとネコマムシはワノ国で育ったらしい。モモの助や錦えもんは現代にタイムスリップした直後、真っ先にズニーシャに向かったことには意味があった。

ただ、光月トキの能力はあくまで「未来移動」に過ぎない。何故、予言めいたこともできたのかは疑問が残ります。結果的にルフィたちが別に加勢するとはいえ、既に一度敗北したカイドウやにたった9名の侍だけで勝つるのか?

そのため世界会議(レヴェリー)に参加してる面々なども含めて、今後は麦わらの一味傘下の海賊団たちも続々とワノ国に参戦してくる可能性は高いでしょう。

光月トキは「ラフテル」で生まれたDの一族だった?

というこで更に「光月トキの正体」に迫っていこうと思います。

結論から書くと、光月トキの正体はルフィたちと同じく「Dの一族」である可能性が高いと思います。

例えば、光月おでんと結婚する前の本名は「モンキー・D・トキ」や「ポートガス・D・トキ」などとドル漫では予想してみる。

しかも、光月トキはただのDのミドルネームを持つだけではなく、実際に800年以上前にラフテルで生まれ育った純粋なDの一族である可能性が高い。そのため結果的に光月モモの助の正体もDの一族になるのか?

何故なら、光月トキはトキトキの実を使って過去から未来へと旅し続けていたことを自ら語っており、錦えもんも「遥か遠い過去に生まれたお方だというお噂があった」と語っているから。

でも、ここで問題が出てくる。

何故光月トキは未来へ旅する必要があったのか?また、いつから光月トキは未来へ旅するようになったのか?という理由と時期。実はこれを突き詰めて考察していくと、まさに前述の答えが浮かび上がってくる。

○光月トキは800年前にトキトキの実を使って逃亡した?

おそらくDの一族がイム様との戦いで敗北したことで、光月トキもラフテルを追われるようになった。

そこで息子・モモの助や赤鞘九人男を逃した時のように、自らも光月トキは時間移動で逃亡して事なきを得たのではないか。そして、光月トキは未来を旅しながらDの一族が再び勃興するタイミングを伺っていた?

未だにDの一族の末裔が生存してる現状を考えたら、ラフテルから実際に命からがら逃亡した人間が多数いたことは想像にかたくない。光月トキも同様にラフテルから逃れ、トキトキの実を使用して結果的に800年以上も生存し続けていたとしても何ら不思議ではない

そして、ワノ国に辿り着いて光月おでんと遭遇。そのままロジャー海賊団と共に、光月トキはラフテルに再び辿り着いた。結果的にカイドウたちに敗北したものの、既に目的をある程度達成した光月トキはおでんと共に死を選んだ。

○光月トキにとっての終着点はロジャーだった?

…という流れが20年前にあったとドル漫では考察してみる。

例えば、おでんも光月トキがDの一族であることを知ってたのではないか。そのため、実はおでんがロジャー海賊団に入団したのも光月トキの目的を叶えるためだった可能性も。わざわざ白ひげ海賊団からロジャー海賊団に乗り換えた理由に光月トキの存在が。

Dの一族が負けそうになって未来に逃げてきた光月トキにとって、ロジャーとの出会いは「旅の終着点」と言い換えることは可能。もちろん光月トキがおでんやロジャー海賊団と一緒にラフテルに到達したのかは不明ですが…。

また光月トキがいつの時代から未来飛行してきたのかも現在不明ですが、ワノ国の伝説的な剣豪・リューマの正体もDの一族である可能性もあり、大昔に生きていたリューマと光月トキとの接点も実は予想される。

ちなみに【ワンピース考察】カイドウの正体&能力強さ【ワンピース考察】ルフィの母親の正体まとめ【ハンターハンター】ゴンの母親の正体まとめ【ワンピース考察】懸賞金ランキングなども併せてご覧ください。