【ONE PIECE】ワノ国 登場人物キャラクター一覧まとめ【メンバー】

現在ワンピースはワノ国編真っ只中。既にドル漫では「ワノ国の正体」については考察済み。ただし何度か追記を積み重ねるうちに考察の量があまりに膨大になりすぎたため、今回は「ワノ国の登場人物キャラクター」の部分だけ分離させてみました。

今後もちょくちょく追記していく予定ですが、ワノ国の登場人物に興味がある方は是非参照してみてください。おそらくキャラクターの名前の殆どが実在する歌舞伎役者から来ているものと考察されます。

ちなみに「スーパー歌舞伎」で画像検索すると、ONE PIECEとコラボしたものしか出てこないほど侵食済み。ワンピースの知名度と影響力のデカさがハンパなさすぎて笑う。

錦えもん…ワノ国の登場人物メンバー

(ONE PIECE68巻 尾田栄一郎/集英社)

まずワノ国出身のキャラクターと言えば、やはり錦えもん。錦えもんはナミの格好に対してケシカランと言いつつも、いつも鼻の下を伸ばしちゃうようなスケベオヤジ。きっと作者・尾田栄一郎がモチーフか。

当初は後述する光月モモの助の父親として登場したものの、後に錦えもんは「単なる部下」であることが判明。理由はモモの助の正体が発覚すると、命が狙われる可能性が高いから。まさに忠臣。

画像の巻数を見ても分かるように、錦えもんはパンクハザード編から加入した古株キャラであり、既に20巻分程度は登場してる計算。ワノ国編に対する相当なロングパスであることも分かります。

(ONE PIECE68巻 尾田栄一郎/集英社)

一見すると錦えもんは弱そうなキャラに見えるものの、そこはワノ国の侍。錦えもんは「狐火流」という流派であり、爆炎すら一刀両断で焼き切る炎の奥義を持つ侍。錦えもん曰く、「拙者に切れぬ炎はない」とのこと。

また錦えもんは悪魔の実の能力者であり、詳細は不明なものの「変化の能力」を持っている様子。例えばパンクハザード編では錦えもんが極寒の中、石をコートなどに変身させて暖を取っております。

ただし持続効果は長くはなく、一度脱げば元通りに戻ってしまいます。

カン十郎…ワノ国の登場人物メンバー

(ONE PIECE82巻 尾田栄一郎/集英社)

続いてのワノ国のキャラクターは「カン十郎」。ドレスローザ編からいつの間にか加入してたワノ国のキャラ。剣を扱って攻撃するかどうかは今の所不明ですが、一応、カン十郎も侍とのこと。

先程貼った画像と同じになりますが、カン十郎はかなり奇抜な見た目。歌舞伎で言うところの「連獅子」と呼ばれるものがモチーフになっております。ただCP9のメンバーにいた「クマドリ」と親戚関係にあるかどうかなどは不明。

(ONE PIECE82巻 尾田栄一郎/集英社)

カン十郎も悪魔の実の能力者。自分が描いたものを「そのまま実体化」させる能力があるらしい。ただカン十郎は絶望的に画力がないため、ブサイクな生き物しか出せないのが玉にキズ。でも麦わら一味・ロビンだけは可愛いと好評価。

ちなみに画像の絵は「竜」と推察できるため、やはりワノ国とドラゴンの関連性は高そうです。ドル漫では「カイドウの正体はドラゴン」と考察しているものの、竜はワノ国では同時に親しみを持って崇められている存在でもありそう。

雷ぞう…ワノ国の登場人物メンバー

(ONE PIECE82巻 尾田栄一郎/集英社)

続いてのワノ国のキャラクターは「雷ぞう」。キャラ名の由来はおそらく市川雷蔵あたり。

雷ぞうは涙もろい忍者。当初ルフィたちは期待していた雰囲気と違っていたためガッカリしたものの、雷ぞうは「理想を押し付けるな」と激怒したことも。本人もルックス的なデメリットを意識してるのか、「モテ期は来ない」と自虐的な性格も覗かせる。

「霧の雷ぞう」という異名を持つだけあって、雷ぞうは「分身の術」を使用可能。おそらく悪魔の実の能力者。他にも手裏剣といった武器も使います。忍者でありつつも、雷ぞうも侍という位置付けのはず。

ただ雷ぞうの正体は登場機会が少ないこともあって、現時点ではあまり詳細は判明しておりません。ワノ国は侍で構成されてる国家とされておりますが、雷ぞうは数少ない忍者。今後特別な活躍は見られるか。

リューマ…ワノ国の登場人物キャラクター

(ONE PIECE48巻 尾田栄一郎/集英社)

続いてのワノ国出身のメンバーが「リューマ」。

元王下七武海ゲッコー・モリア編で登場した謎のゾンビ。リューマの初登場時は既に死んでいたものの、かつてはワノ国を代表する「伝説の侍」として名が轟いていた。ワノ国の名刀・秋水を所有しており、この切れ味はワノ国の侍なら誰もが惚れ惚れするレベル。

何故なら、リューマはワノ国にいる竜を斬り倒したという逸話を持つから。やはりワノ国と竜に関連性はありそう。リューマの遺体は23年前にワノ国で墓荒らしにあったらしく、この首謀者がおそらくゲッコー・モリアだろうと考察されます。

ただゲッコー・モリアはカイドウとの一戦後、悪魔の実の能力でゾンビ兵を大量に作ったはず。ここらへんのタイミングが合ってるのかどうかは不明ですが、少なくともリューマは随分前に死亡していた可能性が高そう。

(WANTED 尾田栄一郎短編集/集英社)

ちなみにリューマは作者・尾田栄一郎の短編漫画「MONSTERS」に出てくる登場人物・リューマ・ド・キングとして竜を切り倒してる。この世界観はワノ国とは似ても似つかぬアメリカの開拓時代を彷彿とさせるんですが、時間軸が相当空いてると考察すれば合点は行くか。

現在ワノ国編ではゾロが名刀・秋水を持っていることがバレて、ワノ国でお尋ね者状態になっております。ゾロはリューマとの対戦後に「勝負はなかったことにしようぜ」と意味深な発言を残しており、ワノ国では再びリューマの痕跡(子孫?)が垣間見えるか。

光月モモの助…ワノ国の登場人物キャラクター

(ONE PIECE82巻 尾田栄一郎/集英社)

最後のワノ国のメンバーが「光月モモの助」。大名・光月おでんの愛息子。年齢は8歳とのこと。ワノ国にある九里という国の次期大名。

シーザーが作ったスマイル(人造悪魔の実)を食べたことで「竜」に変身することが可能。やはりワノ国と竜に関連性が高そう。そして何故か光月おでんは「ズシーニャ」と意思疎通ができ、またズシーニャに命令を下せる唯一のキャラクター。

現在、光月モモの助ゾウ(ズシーニャ)に留まっており、ワノ国には向かっていない要する。どうやら何故自分がズシーニャと会話することができるのか、その謎を突き止めている模様。これ以外にもモモの助には謎が多い。

○光月モモの助は本当に幼児か?

(ONE PIECE82巻 尾田栄一郎/集英社)

何故なら現在モモの助は8歳であるにも関わらず、20年以上前に死んだはずの「ゴールド・ロジャーに会った」と述懐してる。作者・尾田栄一郎のミスではなく、何かしらの伏線や意図があることは間違いない。

、このモモの助の実年齢は実際にはもっと老いてる可能性が高い。例えば、モモの助の父親・おでんの年齢を考えても一目瞭然。

何故ならロジャー海賊団の船員だったことから、おでんの年齢はお爺ちゃんと考察されます。副船長だったレイリーが好例。つまりおでん視点で考えるなら、モモの助の年齢は本来「孫の世代」にあたるはず。

そのため例えば錦えもんの悪魔の実の能力によって、子供の姿に変えられているのかも知れません。何故なら敵からしてみると40代のモモの助が子供化していれば、まず攻撃の対象から外るのでまさに名探偵コナン理論。

お玉…ワノ国の登場人物メンバー

(ONE PIECE911話 尾田栄一郎/集英社)

続いてのワノ国のキャラクターは「お玉」。語尾に「やんす」を付けちゃうような少々粋な少女。

ただお玉は実はこれでも悪魔の実の能力者で、お玉は自分のホッペを千切るとお団子を作れる。しかも動物に食べさせると味方になるので、さながら「桃太郎」におけるキビ団子。キビ団子を作ったのはお婆さんですから、先程のモモの助の年齢の考察となにか関係が?

お玉は白ひげ海賊団メンバーのエースに救出された過去を持つ。当時スペード海賊団の船長だったエースは貧しい編笠村を訪れて、食べ物を分け与えたことをキッカケに当時5歳のお玉と仲良くなる。

エースに「おらも海に連れてってけろ」と頼むお玉に対して、「妖艶なくノ一になったら考える」と約束。お玉はワンピースの主人公・ルフィが来るまで、エースがワノ国に再訪することを心待ちにしていた。

お玉の悪魔の実の能力を考えたら、今後ワノ国編ではちょくちょく活躍しそうな雰囲気。

天狗山飛徹…ワノ国の登場人物メンバー

(ONE PIECE912話 尾田栄一郎/集英社)

続いてのワノ国の登場人物は「天狗山飛徹」。読み方は「てんぐやま・ひてつ」。まさに見たまんまのキャラクター名。

天狗山は刀鍛冶。その割にルフィと比較しても巨大な図体なので、意外と戦うと強いのか。確かにマンガの中では「天狗≒強キャラ」のイメージ。この天狗山は孤児のお玉を養いつつ、同様に「誰か」の来訪を待っている様子。

だから天狗山は優しいキャラかと思いきや、画像に小さく表記されてる「美少女こけしコレクター」という肩書が非常に気になる。少女を養いつつ、美少女のこけしを集める性癖を想像するとひたすら怖い。そもそも「美少女のこけし」ってなんだよ。

ちなみにワノ国では四皇・カイドウが率いる百獣海賊団が登場するものの、そちらに関しては「百獣海賊団メンバー一覧まとめ」を参照。