【漫画バキ】花山薫とかいう最強すぎる19歳まとめ【刃牙コミック】

スポンサーリンク

少年チャンピオンの大人気格闘漫画といえば『バキシリーズ』。このバキシリーズに登場するサブキャラクターで有名なのが花山薫(はなやまかおる)。一見すると女性のような名前に見えますが、実際は真逆も真逆。

(バキ外伝スカーフェイス1巻 秋田書店)

花山薫とは、まさかのゴリゴリのヤクザさん。しかも花山薫の年齢はこう見えて19歳。この顔面でまさかのお酒はまだ飲めない未成年。漫画内でも「そのたたずまいから、年齢を知った者は一様に驚きを隠せない」と紹介されてんですが、「でしょうね!」としか返しようがない。

そこで今回は「花山薫」というキャラクターに焦点を当てた考察記事を書いてみました。『バキシリーズ』ファンだけではなく、格闘マンガ好きの読者さんは興味があればチェックしてみて下さい。

花山薫の過去とは?

既にある程度は知ってる読者も多いと思いますが、まずおさらいもかねて簡単に花山薫とは一体どういうキャラクターなのかを解説したいと思います。

花山薫は花山組の二代目組長。冒頭で触れたように齢まだ19歳にして893のトップ。初代組長の父親・花山景三が抗争で他界したため、当時15歳の息子である花山薫に白羽の矢が立った。ちなみに当時13歳だった花山薫は母に手を上げた、父親の腕を握力だけで折ったこともある武闘派。

普段の服装は白スーツとふちなしメガネを常に愛用。さながらインテリヤクザを彷彿とさせますが、その服装からは隠しきれないほどの武闘派オーラが漂う花山薫は、いわゆる「ステゴロ(素手同士の喧嘩)」が得意。日本一の喧嘩師という異名を持ち、柴千春というハングレ系の弟子(?)なども従える。

(バキ外伝創面1巻 秋田書店)

そういえばWikipediaの花山薫の記事では「非武装・非鍛錬の美学を持つ」などと解説されていましたが、高校時代は常に様々な武器を持ち歩いていたのは内緒。ステゴロの精神どこ行った。花山薫をボウガンで襲おうとした同級生も、思わず見ただけで震え上がる。一応、花山薫はバレないように周囲の目はこれでも気にしている様子(笑)

ちなみに花山薫のモデルは「花形敬」という実在の893らしい。

花山薫の身体能力が人間離れしすぎw

ただ花山薫は「非武装でええやん」とツッコミたくなるのも事実。実際、花山薫の身体能力はハンパない。明らかにアジア人の遺伝子が微塵もないレベル。もはやゴリラやクマの遺伝子が入ってるんじゃないかと疑いたくなるほどの身体能力

(バキ外伝創面1巻 秋田書店)

例えば花山薫の身長。公式情報では身長191cm前後となってますが、明らかに教室の天井に当たりそうなぐらいにデカイ。一応、法律的には学校の教室の天井は2.1Mと決まってるらしいので、あながち間違いでもなさそう。ちなみに花山薫の体重は166kgらしい。コレほぼ牛やん。だから逆に花山薫にピッタリ合う学生服があったなという(一応完全オーダーメイドとのこと)。

でも花山薫がモンスター級なのは身長と体重だけじゃない。身体能力もエゲツないレベル。例えば高校時代に見せた体力測定が半端ない。

(バキ外伝創面3巻 秋田書店)

走り幅跳びだと砂場を超えそうになる。むしろ砂場の中に留まろうと必死に抑えてるぐらい。他の体力測定だと100メートル走でも10秒台出せる潜在能力を発揮したり、懸垂だと自身の体重の重さと持ち上げようとする勢いが相まって鉄棒が地面から抜けてしまう!その前に鉄棒の棒がへしゃげないのか不思議ですが(笑)

(バキ外伝創面1巻 秋田書店)

他にも体力測定ではありませんが、水泳の授業だと花山薫がひとカキしただけで巨大な波が発生して、隣で泳いでた生徒が打ち上げられる。ツッコミどころ満載すぎて笑えます。ちなみに花山薫は意外と泳ぎが得意なのか、巨大な凶暴ザメが襲ってきたときには目から腕を突っ込んで、サメの脳みそを握りつぶして倒すという偉業も残っています(笑)