【漫画バキ】花山薫とかいう最強すぎる19歳まとめ【刃牙コミック】

スポンサーリンク

少年チャンピオンの大人気格闘漫画といえば『バキシリーズ』。このバキシリーズに登場するサブキャラクターで有名なのが花山薫(はなやまかおる)。一見すると女性のような名前に見えますが、実際は真逆も真逆。

(バキ外伝スカーフェイス1巻 秋田書店)

花山薫とは、まさかのゴリゴリのヤクザさん。しかも花山薫の年齢はこう見えて19歳。この顔面でまさかのお酒はまだ飲めない未成年。漫画内でも「そのたたずまいから、年齢を知った者は一様に驚きを隠せない」と紹介されてんですが、「でしょうね!」としか返しようがない。

そこで今回は「花山薫」というキャラクターに焦点を当てた考察記事を書いてみました。『バキシリーズ』ファンだけではなく、格闘マンガ好きの読者さんは興味があればチェックしてみて下さい。

花山薫の過去とは?

まず簡単に花山薫とは一体どういうキャラクターなのかを解説したいと思います。既に知ってる方はスルー推奨。

花山薫は花山組の二代目組長。冒頭で触れたように齢まだ19歳にして893のトップ。初代組長の父親・花山景三が抗争で他界したため、当時15歳の息子である花山薫に白羽の矢が立った。ちなみに当時13歳だった花山薫は母に手を上げた、父親の腕を握力だけで折ったこともある武闘派。

普段の服装は白スーツとふちなしメガネを常に愛用。さながらインテリヤクザを彷彿とさせますが、その服装からは隠しきれないほどの武闘派オーラが漂う花山薫は、いわゆる「ステゴロ(素手同士の喧嘩)」が得意。日本一の喧嘩師という異名を持ち、柴千春というハングレ系の弟子(?)なども従える。

(バキ外伝創面1巻 秋田書店)

そういえばWikipediaの花山薫の記事では「非武装・非鍛錬の美学を持つ」などと解説されていましたが、高校時代は常に様々な武器を持ち歩いていたのは内緒。ステゴロの精神どこ行った。花山薫をボウガンで襲おうとした同級生も、思わず見ただけで震え上がる。一応、花山薫はバレないように周囲の目はこれでも気にしている様子(笑)

ちなみに花山薫のモデルは「花形敬」という実在の893らしい。

スポンサーリンク

花山薫の身体能力が人間離れしすぎw

ただ花山薫は「非武装でええやん」とツッコミたくなるのも事実。実際、花山薫の身体能力はハンパない。明らかにアジア人の遺伝子が微塵もないレベル。もはやゴリラやクマの遺伝子が入ってるんじゃないかと疑いたくなるほどの身体能力

(バキ外伝創面1巻 秋田書店)

例えば花山薫の身長。公式情報では身長191cm前後となってますが、明らかに教室の天井に当たりそうなぐらいにデカイ。一応、法律的には学校の教室の天井は2.1Mと決まってるらしいので、あながち間違いでもなさそう。ちなみに花山薫の体重は166kgらしい。コレほぼ牛やん。だから逆に花山薫にピッタリ合う学生服があったなという(一応完全オーダーメイドとのこと)。

でも花山薫がモンスター級なのは身長と体重だけじゃない。身体能力もエゲツないレベル。例えば高校時代に見せた体力測定が半端ない。

(バキ外伝創面3巻 秋田書店)

走り幅跳びだと砂場を超えそうになる。むしろ砂場の中に留まろうと必死に抑えてるぐらい。他の体力測定だと100メートル走でも10秒台出せる潜在能力を発揮したり、懸垂だと自身の体重の重さと持ち上げようとする勢いが相まって鉄棒が地面から抜けてしまう!その前に鉄棒の棒がへしゃげないのか不思議ですが(笑)

(バキ外伝創面1巻 秋田書店)

他にも体力測定ではありませんが、水泳の授業だと花山薫がひとカキしただけで巨大な波が発生して、隣で泳いでた生徒が打ち上げられる。ツッコミどころ満載すぎて笑えます。ちなみに花山薫は意外と泳ぎが得意なのか、巨大な凶暴ザメが襲ってきたときには目から腕を突っ込んで、サメの脳みそを握りつぶして倒すという偉業も残っています(笑)

花山薫はこう見えて実は優しい

(バキ外伝創面2巻 秋田書店)

他にも花山薫は肺活量もすさまじくて、交際を申し込んできた女生徒とキスをした時には顔面の皮膚を思わず吸い取ろうとしちゃうことも。完全にホラー映像やんけwwwおそらく日本の妖怪を手当たりしだいに探せば「妖怪顔面吸い」とかいそう。

でも、実際の花山薫は舌先だけでチェリーの軸を結ぶことができるぐらい器用。実は花山薫なりの優しい遠回しの交際の不器用な断り方。女生徒が精神的に傷付かないように、敢えて嫌いになるように仕向けた。もちろん冷静に考えるまでもなく、逆に女生徒からしたらトラウマ必至。不器用にもほどがあるって話ではあるんですが…。

だから花山薫は、こう見えて心根は優しい。例えば花山薫が刑務所に入ってる最中に(この時点でツッコミどころ満載ですが)、病弱だった母親が誕生日を迎える。そこで花山薫は真正面から脱獄して、刑務所までやって来た母親の誕生日を祝ってあげる。刑務所に入らないことが最大の親孝行やろと誰もが思ったと思いますが、冒頭のエピソードも合わせると花山薫は意外とマザコン気質がありそう。

他にも花山薫の性格が優しいエピソードは探せばいっぱいあります。例えば宮本武蔵打倒のために警視総監が花山薫に白羽の矢を立てたときも、「警視総監のアンタがその先をやっちゃいけねぇ」と土下座を制することもあった。任侠に篤い花山薫。

スポンサーリンク

とにかく花山薫の握力がハンパない

身体能力が人間離れしてた花山薫ですが、その中でも最大の魅力というか強みは「握力」。先程少し説明しましたが、13歳の時に父親の腕を握力だけでパーンしたほど。

(バキ外伝創面2巻 秋田書店)

だからバキ最新シリーズの『刃牙道』に登場してる宮本武蔵でお馴染みの、竹を振り下ろしただけで割ることも可能。

(バキ外伝創面2巻 秋田書店)

他にも助川仙吉という一刀両断しまくりのアサシンと学校内で対峙したときには、相手の刀を鞘ごと握って抜けないようにする。そして、そのままタクシーで助川仙吉を送り返すw

(バキ外伝創面2巻 秋田書店)

元大関の雷王と握手したときには、花山は片手だけでひょいっと投げ回す。腕の筋力全体も含めて、花山薫の握力はヤバイ。

(バキ外伝スカーフェイス6巻 秋田書店)

他にもマスター国松に毒針を腕に刺されたときには、思いっきり手首を掴んで血管と皮膚ごと破裂させる。それで毒を防げるかはさておき、とにかく無茶苦茶な握力を持つ花山薫。

(バキどもえ1巻 秋田書店)

だからもし花山薫が握手会をやろうもんなら大変。ゲームセンターでこんな躯体があったような記憶がありますが、もし花山薫が握手会を開催したら是非全速力で警察に通報してあげましょう。大惨事しか待ってない。

スポンサーリンク

握力×速度×体重=破壊力(握撃)

花山薫の魅力は「握力」であり、そして圧倒的な「身体能力」。だから花山薫を語る時によく使われる表現が「握力×速度×体重=破壊力」という方程式。驚異的な握力で拳を強く握りしめて固めて、その鉄の塊となった拳を全速力で振り下ろす。そこから生み出される破壊力はとにかくつえー。

(バキ外伝創面3巻 秋田書店)

花山薫が全速力で拳を振り下ろすポージングも、さながら投擲フォーム。まさにタメから生み出される圧倒的なエネルギーを誰もが予感させるはず。この自身の防御を完全にないがしろにするからこそ、花山薫の拳が生み出す攻撃力は破壊的な威力を持つ。

(バキ外伝スカーフェイス7巻 秋田書店)

例えばバズーカ砲や地雷にも耐えうる装甲車を一撃で見事に粉砕せしめたこともある。花山薫が装甲車のフロントマスクを一発どついただけで、装甲車の後部も軽く浮いてるだけではなく、フロントガラスも衝撃だけでバッリバリ。まさに握撃力。

花山薫の頭が悪すぎてワロタ(笑)

「握力×速度×体重=破壊力」という方程式を駆使してる割に、実際には単に周囲なりがはやし立ててるだけで本人には一切の自覚はないのかも知れませんが、とにかく花山薫は見た目通りに頭が悪すぎる。そんじょそこらの頭の悪さじゃない。

例えば、夏休みの宿題を明日が始業式という日まで一切手を付けてなかった回。「お前は磯野カツオか」と言いたくなりますが、。そこで舎弟の木崎(まさかの国立大卒)の助けも借りて、花山薫は「神憑り的なピッチ」で宿題を終わらせていく。ただそこで花山薫の驚異的なバカっぷりが発覚。

(バキ外伝創面2巻 秋田書店)

花山薫はまさかの九九(七の段)が分からなかった。7×6の答えが42か48で迷う。確かにたまーに九九をやると一瞬どっちやったかなと迷わなくはないですが、真剣に議論するようなもんでもない。

(バキ外伝創面3巻 秋田書店)

だから花山薫の成績通知表も無残な結果。体育だけは満点の5ではあるものの、他は軒並み2か3。

でも注目したいのは数学Ⅱの評定は2を取ってること。数学Ⅱといえば微分積分、三角関数などが出てきた記憶がありますが、花山薫は九九ができないのに1ではないという事実。裏で教師に手を回してるとしか思えませんが、そこに触れるのはきっとタブー(笑)

スポンサーリンク

花山薫が傷だらけの理由は「侠客立ち(おとこだち)」にあり

ただ今まで引用した画像を見てもらったら分かるようにここまで強いのに、何故か花山薫の体は傷だらけ。リアルな考察をするのであれば、めちゃめちゃ強い人間だったらそもそもダメージを負わない。弱い人間だからこそ負傷する機会が増えて様々な傷もできちゃう。

(刃牙道18巻 秋田書店)

例えば花山薫の背中を見ると、花山家で代々受け継がれる「任侠立ち」という入れ墨も傷だらけ。背中に傷がつくということは、きっと花山薫は逃げたのではないかと疑われます。『ONE PIECE』のゾロもかつて「背中の傷は剣士の恥だ」とも言っていました。

ただ、花山薫が傷だらけなのは背中の「任侠立ち」にこそ理由がある。

この「任侠立ち」が生まれた背景を解説しておくと、1616年に武蔵野の豪農・花山家にやって来た博徒を厚遇したことが始まり。博徒がやって来た夜、花山家に十数名の大盗賊団が襲来。でも、そこで博徒が花山家の長男・弥吉を命を呈して守った。具体的に言うと寺の鐘に弥吉を入れて、絶命してもなお我が身を盾に立ち尽くした。

結果、博徒のおかげで助かった弥吉は「博徒稼業」へ転じ、感謝の念を表すように背中に侠客立ち(おとこだち)の彫り物(タトゥー)を掘る。そのまま花山家16代目家長にあたる花山薫も「任侠立ち」を背中に彫るものの、花山薫は納得しなかった。

何故なら「まっさらな侠客立ちの彫り物は侠客立ちに非ず」だから。かつての博徒は身を挺して傷だらけで守ったにも関わらず、背中の彫り物にはキレイなまま。これは不自然だという話。

そこで花山薫は花山家の敵対する組組織に乗り込み、敢えて敵から様々な攻撃を受けることで刀傷を無数に付けた。ちなみに傷は負ってはいるものの、花山薫は敵組織を10分足らずで壊滅させてます。しかも、このとき花山薫の年齢はわずか14歳というのだから色々とツッコミどころ満載(笑)

スポンサーリンク

花山薫は実際最強なのか?ついに死亡?

以上、ここまで花山薫という漢を見てくるともはや最強としか思えません。グランドマスターと呼ばれる最強のアサシンを倒した(厳密には花山薫より実力が下のレックスが倒す)こともあります。それにも関わらず、『バキシリーズ』本編での花山薫の強さは意外と微妙。

(刃牙道2巻 秋田書店)

実際、花山薫がこれまでに負けた相手は範馬勇次郎と範馬刃牙の2人。例えば画像だと本気の顔面パンチを繰り出しても、範馬勇次郎は全くの無傷。装甲車を一発で潰したパンチに対して微動だにしないとかあり得へんやろと思っちゃいますが、花山薫でも超えられない壁はあるらしい。

現在バキシリーズの最新刊『刃牙道』18巻のネタバレ感想でも触れましたが、現在は花山薫と宮本武蔵が対決中。少年チャンピオンを読んでないので分かりませんが、どうやら花山薫は宮本武蔵に倒されて死ぬ模様。

ただ先程解説したように、花山薫は宮本武蔵と同様に握力・一振りだけで竹割りできる。ましてや日本刀の刃先を掴んで鞘から抜かせないなど、宮本武蔵と戦った範馬勇次郎並のこともやってのけてる。正直これで花山薫が負けるってどうなんだという。回を重ねるごとに実は弱くなってる感がある花山薫。

だから花山薫の「所詮は脇役」という立ち位置が、結果的に誰かから勝利をもぎ取る機会が少なかったと考察できます。ある意味、良く言えば花山薫は「噛ませ犬としては最強」だったと言えるのかも知れない。以上、バキシリーズの登場キャラクター・花山薫まとめでした。

ちなみに既に【考察】刃牙道が面白いw【おすすめ感想】や「おすすめ格闘漫画人気ランキング」といった記事も既に執筆済みなので興味があれば、お暇な時にでも御覧ください。