【ワンピース】傅ジローの「正体」はトの康と判明!?【人斬り鎌ぞう】【丑三つ小僧】

どんどんと混沌さを深めていくワノ国編四皇最強カイドウの正体が龍と判明するなど、ますますワンピースが盛り上がっております。

(ONE PIECE921話 尾田栄一郎/集英社)

そこで今回ドル漫では「傅ジロー(でんじろー)の正体&能力強さ」を徹底的に考察していこうと思います。

傅ジローとは錦えもんも信頼を寄せるかつての仲間の一人。ただ、未だに傅ジローの正体が不明なまま。当初は人斬り鎌ぞうと目されていたものの、どうやら傅ジローと同一人物ではなかったらしい?

【解説まとめ】傅ジローとは「赤鞘九人男」の一人

まず現時点で判明してる傅ジローの「正体」をおさらい解説。

(ONE PIECE921話 尾田栄一郎/集英社)

傅ジローとは「赤鞘九人男」の一人。赤鞘九人男のリーダー・錦えもんも、アシュラ童子や河松と同様に傅ジローに対して相当信頼を寄せている様子。

現状だと消去法的に、画像右のシルエットの男が傅ジローにあたるらしい。だからどういったヘアースタイルなのか分かりませんが、傅ジローの髪型が非常に特徴的。また傅ジローは地味に耳も尖ってるのが特徴的。

ちなみに、傅ジローの読み方は「でんじろー」。難しい漢字ですが、どうやら「傅(ふ)」という漢字にも意味が込められてるっぽい。この衝撃の伏線については記事後半に考察してます。

そして、この傅ジローはめちゃくちゃ強いっぽい。

(ONE PIECE922話 尾田栄一郎/集英社)

何故なら、かつてアシュラ童子と傅ジローは共に最強カイドウと立ち向かったことがあるらしい。画像左下のシルエットを参照。もしかするとカイドウの懐の傷も、傅ジローかアシュラ童子が付けた可能性もありそう。

カイドウもアシュラ童子のことを覚えていたらしいので、当然にして傅ジローのことも記憶に残ってる可能性が高そう。下手すりゃ、傅ジローは余裕でルフィより強い?

傅ジローの「正体」は人斬り鎌ぞうではなかった説

ただ傅ジローはワノ国編で登場してないことになっており。未だに確定してる姿は「シルエット」のみ。ただ酒天丸がアシュラ童子だったように、既に傅ジローはワノ国・ワンピースで登場している可能性がありそう。

(ONE PIECE926話 尾田栄一郎/集英社)

そして目下の所、傅ジローの正体は「人斬り鎌ぞう」と見られていました。先程のシルエットの髪型とそっくり。また人相書きの人斬り鎌ぞうの「笑顔」も、どこか仲間の伏線や予感もさせます。

(ONE PIECE937話 尾田栄一郎/集英社)

ただし、残念ながらワンピース最新話によると、人斬り鎌ぞうの正体は黒炭オロチ直属の敵だったことが発覚。人相書きの張り付いた笑顔とも酷似。結局、イヤなキャラだった。冷静に考えたら、赤鞘九人男が悪さをしでかすはずがない。

ゾロ曰く、人斬り鎌ぞうは割と強そうな侍だったらしいんですが、最終的にゾロとの戦いで人斬り鎌ぞうは敗北済み。もしかすると、このまま大人しくワノ国編ではフェードアウトする流れかも。

○【傅ジロー考察】人斬り鎌ぞう=二重人格説は本当か?

もちろんキャベンディッシュのように「鎌ぞう=二重人格説」の可能性は考察できるため、まだ傅ジローが人斬り鎌ぞうの可能性も残されてる。光月おでんが処刑されたショックで記憶を失い、福ロクジュたちと同様に敵の手に落ちた可能性も。

ただ黒炭オロチは赤鞘九人男に対して強烈な恐怖感を抱いており、もし人斬り鎌ぞうが傅ジローであっても、さすがに光月日和に手をかけることなどはしない。ましてや光月日和も赤鞘九人男に詳しいはずで、当然にして傅ジローの正体を知らないはずがない。

だから、鎌ぞうに対して光月日和が何かしらのリアクションを示していいはずですが、終始一貫として光月日和側はあくまで「鎌ぞうを敵として認識」していた。そのため人斬り鎌ぞうは完全なるミスリードだった可能性が高そう。

最初はアシュラ童子で「未だに赤鞘九人男の風貌は変化してない」と髪型などで判別させておいて、今現在の傅ジローは全く別人になっている可能性が大。実際、花のヒョウ五郎の風貌が随分と昔と変わってた。

十年一昔とはよく言ったもんで、現在の傅ジローの見た目はかなり変わってそう。

【考察】傅ジローの正体は「トの康」なのか?

じゃあ、傅ジローの正体は誰なのか?そこで最近浮上してきた候補のキャラクターがおります。

(ONE PIECE938話 尾田栄一郎/集英社)

結論から書くと、傅ジローの正体は「トの康(とのやす)」の可能性がありそう。画像だと見えませんが、トの康の髪の毛がひょこっと頭頂部から出ており、傅ジローとの類似点も地味に確認できる。

トの康とは、ゾロに絡んでいた笑顔を絶やさないオッサン。えびす町に住むだけあってポジティブ思考バカ。当初ドル漫ではモブキャラとしてスルーしてたんですが、どうやら判じ絵の意味に勘付いてカイドウ打倒にこれから参戦してくる様子。

(ONE PIECE938話 尾田栄一郎/集英社)

しかも、このトの康は赤鞘九人男のカン十郎やしのぶの顔見知りの様子。でも逆に、カン十郎たちはトの康の素性を知らない様子。

これは一体どういうことなのか?

答えはシンプル。傅ジローの風貌が昔と全く変わっていたから、カン十郎たちはトの康の正体に気付かなかっただけ。つまり、錦えもんが示した傅ジローのシルエットとは「真逆のキャラ」になっている伏線ではないか?

○傅ジローの正体は「丑三つ小僧」の可能性

(ONE PIECE926話 尾田栄一郎/集英社)

更に考察しておくと、傅ジロー(トの康)の正体は「丑三つ小僧」の可能性がありそう。丑三つ小僧とは、丑三つ時にだけ現れる謎の怪盗。大金持ちから大金を盗んで、貧しい庶民にお金をばらまく庶民の味方。

トの康は常に手ぬぐいを頭に被っていますが、丑三つ小僧として泥棒を働く際には鼻の下にちょちょいと変えるはずです。傅ジローの正体はまだ不透明な部分はあるものの、少なくとも「丑三つ小僧=トの康」でほぼ間違いないはず。

そのためトの康の娘と思われるト子と光月日和(小紫)が仲が良かった理由も、トの康こと傅ジローの存在が裏で関係してる可能性や伏線だったが高そう。

実は、「傅(ふ)」という漢字は「子供のおもり役」を意味する言葉らしい。例えば、太傅という言葉は「君主の教育者」を意味しており、ワノ国で解釈するなら傅ジローというキャラ名の意味は「光月家の子供の教育者」だった可能性がある。

もし傅ジローが幼少の光月日和を逃し育ててきた赤鞘九人男だったと仮定すれば、割と納得感はありそう。だから当初予想されていた河松(かわまつ)が光月日和を助けた説は、もしかすると間違っている可能性もあるか。

だから小紫が「お金」に対してあそこまで必死に執着していた理由も、傅ジローこと丑三つ小僧に効率的にお金を渡すためだったと考察できます。要するに、小紫が集めた金は巡り巡って貧しい庶民に渡っていた。

そのため小紫こと光月日和はやっぱり良い子ちゃんだった。

そして、傅ジローのシルエットの特徴は「とがった耳」。人斬り鎌ぞうもトの康も耳が隠れてるので根拠を確認できないのが痛いですが、トの康の頬被りした手ぬぐいの下には「とがった耳」が隠されているのかも。

ちなみに【ONE PIECE】ワノ国登場人物一覧まとめ【ワンピース】懸賞金ランキングまとめ
【ワンピース】百獣海賊団メンバー一覧なども併せてご参照ください。

コメント

  1. fuu より:

    ヒョウゴロウが不動明王なら狂死郎は愛染明王ぽいですね

  2. abc より:

    傳ジロー(ふ)→トノ康
    将棋の歩とトってことで繋がる