【ワンピース考察】ヤマトの正体は10人目の仲間か?母親はロックス海賊団?おでんと同一人物?モデルや性別は?【カイドウの息子 娘】【おでんの航海日誌】

『ONE PIECE』の最強キャラクターと言えば、百獣のカイドウ。四皇でも最強クラスの実力を誇ります。最近の『ワンピース』を読む限り、カイドウの強さは弱体化補正がかかってる気もしますが、このカイドウには実は「子供」がいたことが判明。

確かに主人公・ルフィの父親は革命軍モンキー・D・ドラゴンだったり、エースの父親は海賊王のゴール・D・ロジャーだったり、バーソロミュー・くまジュエリー・ボニーの関係性然り、『ワンピース』の世界観でも親子関係がクローズアップされることが多い。

38c38bf9a07ef703532dd0d289f46801 500x419

(ONE PIECE984話 尾田栄一郎/集英社)

そこで今回ドル漫では「ヤマトのヤバい正体と能力強さ」を徹底的に考察してみたいと思います。今後ヤマトはどう立ち回るのか?モデルは誰なのか?おでんとの関係性は?

ヤマトはカイドウの息子?娘?

まずはヤマトの正体を簡単に考察。

d-manga.net

ヤマトは百獣のカイドウの子供ビッグマム(シャーロット・リンリン)はかなりの子沢山でしたが、どうやらヤマトは一人っ子っぽい。おそらくヤマト以外にカイドウの子供はいないはず。

ただし、ヤマトの「性別は女性」だった模様。当初カイドウは「バカ息子」とヤマトを表現してましたが、結果的には「カイドウの一人娘」が正しかった。どうやらカイドウの口ぶりからは、ヤマトを新鬼ヶ島計画の中心に据えたい様子。

3f5edd291e05544bbefebf99c43e1270 500x325

(ONE PIECE983話 尾田栄一郎/集英社)

性別=女性説を裏付ける伏線だったのが、ヤマトが被っていた「般若のお面」。

実は能楽や雅楽で用いられる能面の世界において、般若は「女性が被るお面」とされます。一見すると男性にも見えますが、嫉妬が強まって鬼の形相になった女性がモチーフにされてる。実際の般若の面には女性的な眉もしれっと描かれているとか。

赤鞘九人男お菊(菊の丞)も鬼のお面を被っていましたが、どうやら能面の世界では「角が生えてるお面」はすべて女性を象徴している模様。考えてみると、ワノ国初期から光月日和は「謎の狐のお面」をかぶってましたが、どうやら仮面は意図的に描写している模様。

ヤマトとカイドウの違い比較まとめ

続いてはヤマトとカイドウの違いを考察。

カイドウはヤマトを「バカ息子(実際には娘)」と表現してましたが、実際のヤマトの立ち振る舞いを見る限りは真逆でした。かつて光月おでんがバカ殿とディスられてたように、周りの評価と実際の性格は真逆と考えた方が良さそう。

つまり、カイドウにとって優秀な息子とは「粗暴な息子」。カイドウがバカ息子と表現するということは、ヤマトの性格は温和。ヤマトの一人称も「僕」。カイドウの破天荒すぎる性格は、結果的にヤマトには継承されてなかった模様。

0e8a48ee76baf16f2795b121a4741913 407x430

(ONE PIECE973話 尾田栄一郎/集英社)

例えば、ヤマトはカイドウの子供であることを裏付けるように、「雷鳴八卦」という技が使用できる。これでルフィを飛び六胞のうるティから救い出した。でも、ここで見るべき部分は金棒のトゲトゲ部分。ヤマトの場合はどれもが「丸み」を帯びてる。

4141b55d916ba3ca58a8798f58998681 432x430

(ONE PIECE92巻 尾田栄一郎/集英社)

それに対して、ヤマトの父親のカイドウの金棒はまさに「トゲトゲ」。見た目から殺す気マンマン。カイドウからしたら女性より男のほうが何かと都合は良さそうですが、ヤマトのこういった優しさに対して「バカ」と表現していたのかも知れない。

更にヤマトとカイドウを対比させて気付くのは「手錠」の存在。カイドウが手錠を使ってヤマトを捕縛してた説もありますが、カイドウには『ストリートファイター』の春麗のようなトゲトゲの腕輪を着用してることが分かります。

もしカイドウが捕縛していたとしたら「ヤマトが逃げた」と飛び六胞に語ってるはず。カイドウが招集をかける行動と相矛盾する。そのためヤマトの手錠は「父親のカイドウの腕輪」との対比に過ぎないのではないか。つまりファッション以上の意味を持たない?

ちなみに、酒豪のカイドウの遺伝を引いてるとしたらヤマトは「酒を飲んだ時にだけ性格が変わるパターン」も考えられそう。

d-manga.net

ヤマトの能力も「龍」か?強さはルフィ超え?

続いてはヤマトの悪魔の実や能力強さを考察しようと思います。ご存知のようにカイドウの悪魔の実は「龍」と判明したわけですが、果たして息子のヤマトの能力は一体何なのか?

73e5fa17b3336957f211ff3d0ee8b84d 372x430

(ONE PIECE984話 尾田栄一郎/集英社)

まずヤマトのフィジカル的な強さを確認しておくと、どうやらルフィのギア3とはほぼ互角。むしろルフィの攻撃を簡単にいなしてるぐらいですので、ヤマトも武装色の覇気や見聞色の覇気は当たり前に使用し、カイドウ譲りの覇王色の覇気も使用できる可能性はありそう。

ルフィが流桜を体得した意味は?とツッコミを入れたくなりますが、一見すると貧弱な女性キャラにも見えるものの、ヤマトの実力そのものはカイドウの「それ」をしっかり継承してる模様。飛び六胞のブラック・マリアが「手強い」と表現したのも、おそらく純粋なヤマトの強さからか。

一方、悪魔の実に関して詳細は不明。

d-manga.net

ただ百獣海賊団の幹部メンバーは「動物ゾオン系古代種」の能力者が多い。特にリュウリュウの実に関してはカイドウの悪魔の実を応用して作った実の可能性も考えられるので、ヤマトもリュウリュウの実の能力を継承してる?少なくとも、ヤマトも動物ゾオン系悪魔の実の能力者である可能性は極めて高いはず。

例えば、黒ひげ海賊団カタリーナ・デボンは「九尾の狐」と判明してますが、ヤマトも同様に「日本の妖怪」なのかも知れない。要するに動物ゾオン系幻獣種の可能性が考えられます。ワノ国は日本がモデルのはずなのに、妖怪に関する悪魔の実の能力者は皆無と言っていいほど登場してない。

さすがにそろそろ登場していいはず。まさにヤマトの能力に出し惜しみしてた?

ヤマトの年齢はモモの助と同じ28歳

続いてはヤマトの「年齢」を考察。冒頭のご尊顔を見る限り、ヤマトは若々しい。31歳のボア・ハンコックと比べても年齢はあまり変わらないか、むしろ若いぐらいに見えます。

(ONE PIECE985話 尾田栄一郎/集英社)

結論から書くと、ヤマトの年齢は28歳。8歳の頃からずっと鬼ヶ島に監禁状態にあったそう。兎丼の収容所で使用されていたような両手首の手錠は鬼ヶ島から出ると爆発するそう。つまり、ヤマトが産まれた時期は光月モモの助と同じ。

モモの助の身体年齢は8歳ですが20年前にトキトキの実で現在にタイムスリップしてきたため、もしそのまま生きていればヤマトと同じ28歳だったはず。意図的にヤマトと光月モモの助を対比して描いてる模様。

84c76c419406431871e1c41d99d76990 500x367

(ONE PIECE96巻 尾田栄一郎/集英社)

ただヤマトは20年前に行われた「光月おでんの処刑シーン」に立ち会ってるとのこと。画像のキャラがヤマトと言われてるんですが、どうやら当時の時点でそれなりに大人風に見えます。そのためヤマトの年齢は中高年と考察する向きも強かった。

また改めて後述しますが、ヤマトは九里で光月おでんの航海日誌を拾ったはず。もし鬼ヶ島でカイドウに20年間監禁されていたのであれば、いつ拾ったのかタイミング的にかなり微妙。おでんは処刑直線まで航海日誌を持っていたはずですし。

ヤマトも新たに追加されたキャラだったのかも知れない。

ルフィを知っていた理由はエース?影の正体もヤマト?

3d08040fe6206f300df3dc74ce11966d

(ONE PIECE984話 尾田栄一郎/集英社)

その一方、ヤマトはかつて白ひげ海賊団に入る以前に、何故かワノ国に訪れたポートガス・D・エースとも親交があった様子。当時のエースは18歳前後。お玉との約束を交わした時期に、エースはヤマトともワノ国のどこかで遭遇していた模様。

ヤマトの口ぶりから考えると、エースとヤマトはバチバチにやりあった後に友情も芽生えたっぽい。ただ4年前でもヤマトの年齢は20代後半ぐらいでしょうから、二人の年齢差を考えるとやや違和感も残ります。おでんの開国姿勢に感化されるなど、ヤマトはどこか青臭さは否めない。

おでんの処刑シーンに立ち会わせた描写の演出は微妙だった気もします。

とりあえず、ヤマトがルフィを知っていた理由もエースが関係してそう。またジンベエやニコ・ロビンを観察していた「謎の影」の正体もおそらくヤマトでしょう。ヤマトはルフィをずっと探していたことから、当然にして麦わらの一味の動向も同時にチェックしていたに違いない。

更にヤマトはカイドウの命令に背いて、百獣海賊団からコソコソと逃げ回っていた状況とも符号する。

d-manga.net

ヤマトは光月おでんと同一人物?

続いては「ヤマトと光月おでんの関係性」を考察。

d9b83f43ea3b46be2d1662cae5809aa2 500x265

(ONE PIECE973話 尾田栄一郎/集英社)

ヤマトの服装の特徴を見ても分かるように、どうやら父親のカイドウではなく、光月おでんの生き様に惚れていた模様。手錠やしめ縄はおでんリスペクトゆえの衣装。前述のように、光月おでんの死に様を20年前に見たことがキッカケ。

当初ネット上では光月おでんが生存してた説もありましたが、この処刑シーンでは素直に「おでん=Dの一族説」を強調付けたかっただけのはず。

詳細はまだ不明ですが、その後、ヤマトは性別を男に変えたそう。革命軍エンポリオ・イワンコフが何かしらの手を貸してる?ヤマトの心が男性なだけなのか、生物的にも男性に変わったのか不明ですが、胸の膨らみを見る限り、肉体は女性としか思えないのでうーん。

8bd243423b20595acc3a533c15757085

(ONE PIECE984話 尾田栄一郎/集英社)

もはやヤマトは「光月おでん」を自称している模様。それこそ黒炭オロチがブチ切れそうですが、自称・光月おでんのヤマトがワノ国にいたからこそ、白ひげ(エドワード・ニューゲート)はワノ国に敵討ちしに来なかったとする説が一番しっくり来ました。

ここにも何かしらの伏線が隠されてそう。

858dd574ee8f457942605fbe29f42ed8 500x430

(ONE PIECE52巻 尾田栄一郎/集英社)

一方、光月おでんとヤマトの同一人物説も流れましたが、巨大なしめ縄は海軍の戦桃丸も腰に携えてることから、誰でも着こなせる衣装の一つっぽい。さすがにおでんと同一人物説は突飛すぎました。

ヤマトが光月おでんの日誌を持ってる?

9237da4fca8ce2f3532e28ff9e1cecca 500x290

(ONE PIECE984話 尾田栄一郎/集英社)

そして、ヤマトは「光月おでんの航海日誌」を所有してた張本人でした。

「聖書(バイブル)」とまで言わしめるなど、ヤマトの人生観に大きく影響を与えてる。ワンピースの設定や世界観はフリーメイソンと絡めて考察されることもありますが、聖書という大げさな表現を見る限り、やはりワンピースには宗教めいた伏線が隠されてるはず。

振り返ってみるとワノ国過去編は、なぜか光月おでんの「航海日誌」がベースで語られておりました。何の違和感もなく読んでたワンピース読者も多そうですが、そこには大きな伏線が隠されていたというオチ。

実際、錦えもんやスパイだった黒炭カン十郎の話を聞く限り、肝心のおでんの航海日誌は赤鞘九人男の誰もおそらく読んでないはず。とはいえ、ワノ国の過去編が語られてる以上、光月おでんの日誌は確実に存在し、誰が所有していたはず。

じゃあどこにか?誰が所有しているのか?それがまさにヤマトでした。考察はドンピシャに当たったカタチ。

d-manga.net

ヤマトは麦わらの10人目の仲間か?

続いては「ヤマトが仲間に入る説」を考察していこうと思います。カイドウの娘のくせに、光月おでんに感化されるなど裏切る要素は満載。改めて裏切る説は後述しますが、父親のカイドウを裏切る以上、その先に待ってるのは麦わらの一味への加入しかない。

実際、ヤマトが着用していた般若の面で考察を広げると、仏教の世界において般若を取得するには「7つの方法」があるそう。その一部を抜粋すると「賢い人と付き合う」「愚かな人を近づけない」「清廉潔白でいる」「法を大事にする」など。

賢い人とは麦わらのルフィ、愚かな人とは父親のカイドウ。本来は敵であるはずのヤマトが怖い般若のお面をかぶるのは当然のように思えますが、これまでのヤマトの言動を振り返る限りは「般若のお面をかぶる必然性」しか感じない。

つまり、ヤマトはカイドウを裏切る気マンマン。しかも、これまで麦わらの一味に加入した仲間を見ると、どれも「新キャラクター」が多い。ジンベエだけ若干間は空いたものの、これまでの法則を考えるとヤマトは十分資格を有してるカタチ。

一方、仲間の数が10人が限界と考えた場合ですが、光月モモの助を差し置いてヤマトが最後の仲間に入るのか?という疑問も残ります。ただ新生ワノ国の今後の統治を考えると、モモの助がワノ国に残って新たなリーダーとして迎え入れられる流れが自然か。

またこれまで麦わらの一味に加入したメンバーを見てみると、タイトルに「○人目」と表記されてることが大半でした。現状だとヤマトの初登場シーンのタイトルを見る限り、そういった表記はない。でも最終的に仲間になった時点で「○人目」とタイトル表記されてる。

つまり、まだヤマトが10人目の仲間に入るかどうかは未知数と言えそう。尾田さん自身もまだ最終的な着地点は考えてないのかも知れない。

d-manga.net

強いて言えば、ポーネグリフの古代文字の読めるキャラクターは一体誰になるかは興味深いですが、一応、現時点でドル漫では10人目の仲間はビビと個人的に見ております。

ヤマトのモデルは「奈良街道」か?

続いてはヤマトの「モデル」を考察。

赤犬サカズキ青キジクザンといったキャラクターは実在する俳優がモデルでしたが、ヤマトは女性キャラだったことを踏まえると実在するモデルが誰かいるわけではなさそう。ただ、ヤマトという日本人なら誰でも知ってる響きからいろんなモデルが考察できそう。

例えば、ヤマトのモデルは「大和街道(やまとかいどう)」説。奈良街道という別名からも分かるように、大和街道は京都から奈良に続く道。言うまでもなく、奈良はかつて大和と呼ばれたことが由来。

つまり、ヤマト(大和)という名前は実は「何かしらの道」を意味してる可能性がある。更にはヤマトとカイドウでセット。2つで一つ。二人の親子の絆の深さも匂わせますが、『ワンピース』における道といえば何なのか?

d-manga.net

やはり最終地点のラフテルに続く道以外に考えにくい。

要するにカイドウもヤマトもラフテルに繋がる何かしらの鍵を握っているのではないか。当初こそヤバい雰囲気で描かれていたカイドウが、ややもすると良いキャラ風に描写されてるのも麦わらの一味加入の伏線やラフテルと一緒に行く伏線だったりする?

ジョイボーイの意味はカイドウ説」なんてのもありましたが、カイドウの息子(ボーイ)という点で考えるとヤマトがジョイボーイなんていう説も考えられるか。

ヤマトのモデルはヤマトタケルか?

続いてのモデル候補は「ヤマトタケルノミコト」説。

例えば、戦艦大和といった旧日本軍の戦艦も考えましたが、ここで唐突に出てくるのも不自然な話。戦艦はカッコいい名前が多く、カイドウ含めてヤマト以外にもっと命名されてても良さそう。でも日本でヤマトと言えば、やはり日本神話に登場するヤマトタケルノミコトが最有力候補か。

ヤマトタケルとは天皇家の血筋を引く皇族とされます。西暦70年前後に生まれたとされますが、もちろん当時の歴史を証明する物証は何も残っておりません。現実的に実在したかは非常に疑わしいため、ヤマトタケルノミコトはいわゆる神話の類とされます。

それでも神話上のヤマトタケルの性格は豪放磊落にして豪胆だったとのこと。まさにカイドウですら手をこまねくヤマトの性格そのもの。カイドウが不動明王と仮定すると、ヤマトはヤマトタケルノミコト。どっちも信仰の対象とされます。

ヤマトタケルは尾田さんが好きな歌舞伎でもよくモチーフにされる。コロナの影響もあって『ワンピース』に限らずいろんなアニメの制作が滞ってるようですが、ヤマトの声優も有名な歌舞伎俳優さんがいずれ起用されるかも知れない。

○ヤマトはカイドウを裏切る伏線があり?

一方、ヤマトタケルは父親の景行天皇に嫌われていたそう。

その詳細をここでは解説しませんが、ヤマトも同様に父親のカイドウに少し疎まれてる節が見られる。少なくとも二人の関係性は良好とは言えず、逆にヤマトの言動からは父親・カイドウを嫌ってる可能性は高い。つまり、ヤマトは今後父親のカイドウを裏切るのではないか?

実際、ヤマトタケルはヒーローとして名高い。漫画やアニメ、映画でもヤマトタケルは英雄扱い。本来敵である百獣のカイドウの息子の名前として相応しいのか?ヤマトタケルを漢字に変換すると「日本武尊」。果たして、敵であるはずのヤマトに日本という単語を入れるのか?

例えば、ヤマトタケルは「白鳥」となって大和を目指して飛んでいったとされます。神話の話なので深くツッコミを入れると負けですが、光月家の家紋と言えば「鶴」。当時の白鳥は「白い鳥全般」を指したとされるため、まさに鶴であっても問題ない。目指す先はラフテル?

ヤマトは「光月家側」という伏線が込められているとしたら、ヤマトがやはりカイドウを裏切る伏線が盛りだくさん。

○ヤマトは錦えもんに助けられる?

このヤマトタケル説を応用して考察を広げると、ヤマトは錦えもんとの関係性も見えてくる。

何故なら、ヤマトタケルが駿河(現在の静岡県)で焼き討ちされそうになった際、そこで愛刀が独りでに草を薙ぎ払って事なきを得た逸話があるそう。このときに生まれた名刀がまさに「草薙の剣」。

一方、赤鞘九人男のリーダーである錦えもんは「狐火」という異名からもわかるように、炎を焼き払う剣術に長けていた。今後、錦えもんが「草薙の剣」としてヤマトを守るような展開も発生する?ヤマトを焼き払う攻撃とは、カイドウのホロブレス?

コメント欄でもご指摘いただきましたが、草薙の剣はヤマタノオロチを退治した武器としても知られる。正確には倒した後にオロチの体内から見つかった剣。つまり、黒炭オロチを最終的に倒すのは赤鞘九人男の錦えもんなのかも知れません。

草薙の剣は「八尺瓊勾玉」と三種の神器の一つとされますが、今後ワノ国に黄猿・ボルサリーノといった海軍勢力が参戦してくる伏線も読み取れるのかも知れない。他にもヤマトのモデルを「宇宙戦艦ヤマト」と仮定すると、ルフィとの関連性も見えてくるんですがいずれ…。

ヤマトの母親も元ロックス海賊団か?

最後は「ヤマトの母親」について考察したいと思います。

父親のカイドウ一人だけでヤマトは出産できない。母胎となる母親の存在もいたはず。ネット上では黒ひげの母親ルフィの母親の正体も考察の的になりやすい。ワノ国では光月トキが登場してる以上、ヤマトの母親もいずれ登場したっておかしくない。

d31dc828549ab4848b3c8ccbee16fcab

(ONE PIECE96巻 尾田栄一郎/集英社)

結論から書くと、マネマネの実の能力者だった黒炭ひぐらしが金獅子のシキと合わせて登場させた「謎の美女」がヤマトの母親と予想してみる。少なくとも光月日和の母親が超絶美人の光月トキだったように、ヤマトの母親も相当美人なはず。

d-manga.net

そして、カイドウの奥さんということは、おそらく同じロックス海賊団だったに違いない。実際、黒炭ひぐらしは金獅子のシキの次のタイミングで謎の美女に変身してることから、二人の顔を触ったタイミングは同じくロックス海賊団に所属していた時期と考えるべき。

他にもビッグマムが母親とする説もあります。確かに若かりし頃のビッグマムは異様に美形。個人的には微妙だと思いますが、カタクリとヤマトをかつて交換して育てた可能性もある?年齢的な違いは気になりますが、これがビッグマムが言う恩?

あとカイドウにやたらとベタベタ接してる飛び六胞のブラック・マリアが母親という説もありますが、「ヤマトぼっちゃんは手強い」と他人事のように語っていたことからこの可能性は低いでしょう。光月トキ説もありますが、それだとヤマトと日和が姉妹ということに?

コメント

  1. 匿名 より:

    ヤマトはヤマトタケルがモデルだと自分でも思いました。でも、錦えもんがヤマトを助け草薙の剣だとするならば、オロチを倒すのは錦えもんではないでしょうか?どうでしょう

  2. 面白い考察ですね。確かに錦えもんを草薙の剣と考えたら、オロチ撃破の未来も見えてくる気がします。
    ありがたくアイデアを拝借させてもらいました。

タイトルとURLをコピーしました