【ワンピース考察】飛び六胞メンバー一覧まとめ!ドレーク,ページワン,うるティ,フーズフー,ブラックマリア,ササキの各々の能力や悪魔の実は?【とびろっぽう】

四皇最強の海賊と言えば、百獣のカイドウ。もちろんラフテルに到達したゴールド・ロジャーも最強の資格はありますが、ワンピースの懸賞金ランキングでは今後カイドウがロジャーの数字を塗り替えそうな予感。

このカイドウが船長として率いるのが百獣海賊団。最悪の世代(超新星)スクラッチメン・アプーバジル・ホーキンスといったキャラクターが「真打ち」として活動中。でもその真打ちを上回る幹部キャラクターが「飛び六胞(とびろっぽう)」

cf1a1a0939543af21e905afeba057bdd 500x319

(ONE PIECE978話 尾田栄一郎/集英社)

そこで今回ドル漫では「飛び六胞のメンバー一覧」をいつものように徹底的に考察してみました。

d-manga.net

飛び六胞は元海賊団の船長ばかり

まず飛び六胞とは「百獣海賊団の真打ちでも最強クラスの実力を持つ6名のキャラクター」のこと。ワノ国の市民も「真打ちの中の最強の6人…そのうち2人も来た」と恐れおののいてたほど。飛び六胞の読み方は「とびろっぽう」。

実際、飛び六胞のメンバーは「海賊団の元船長」ばかり。ビッグマム海賊団など四皇海賊団であっても、本来は傘下の海賊団として迎え入れるはずですが、飛び六胞はカイドウの直属の部下として従えてる。ドレークが2年前に百獣海賊団に潜入してるので、飛び六胞は最近できたグループか。

それ故にパリピが多い百獣海賊団において、飛び六胞はみんな意外とノリが悪いメンバーが大半。やはり人の下に仕えるという環境に慣れないのか。だから、飛び六胞の存在は百獣海賊団でもわりと「異色の存在」と言えそう。

d-manga.net

【意味】飛び六胞の由来は歌舞伎

飛び六胞の名前の由来は歌舞伎などで使用されている「飛び六法(飛び六方)」がモデルとのこと。実際、どっちも「飛び六胞の」と同じ読み方。既にワンピース単行本のSBSでも作者・尾田栄一郎もモデルが歌舞伎の飛び六法と解説済み。

じゃあ、歌舞伎の飛び六法とは一体何なのかというと、「いざぁ!いざぁ!」と叫びながら片足でドンドンと飛び跳ねる演出方法と言えば伝わるはず。Youtubeで「飛び六法」で調べるとすぐ動画が出てきます。ついでにドル漫のYouTubeチャンネルも登録よろしく。

六方の意味は手や腕を「東西南北と上下(天地)にまんべんなく動かす」ことを指します。だから、飛び六胞の「メンバー数が6名」だったことにも意味がありました。

d-manga.net

飛び六胞の強さは大看板並か?

一方、飛び六胞の実力や強さはどれほどなのか?

飛び六胞の百獣海賊団での階級は「大看板>飛び六胞>>>>真打ち>>>>ギフターズetc」という順番になることから、飛び六胞の実力もこの並び順と素直に考えていいでしょう。意外としょぼかったナンバーズの強さは飛び六胞並か、それ以下ぐらいか。

狂死郎(傳ジロー)の発言から、飛び六胞のドレークとページワンは疫災のクイーンの直属の部下である節が読み取れます。クイーンやキングといった大看板は合計3名いることから、飛び六胞はそれぞれの大幹部から2名ずつが選出されてるのかも知れない。

ただし、火災のキングが自身の名前で招集しても飛び六胞たちは集まらないと発言していたことから、必ずしも大看板の直属の部下とまでは言えないか。

○飛び六胞は大看板の地位を狙う

実際、飛び六胞のメンバーは「大看板の地位」を虎視眈々と狙う立場でもあります。飛び六胞のフーズ・フーは「クイーンがぽっくり死んだらよ…次の大看板は誰だと思う?」と挑発的に語るように、カイドウはロックス海賊団出身者だけあって百獣海賊団はいつでも下剋上可能。

そのため、飛び六胞の実力は意外と大看板と変わらない可能性も高そう。実際、大看板の干害のジャックの実力はアシュラ童子(酒天丸)とほぼ互角程度。正直、ジャックの見掛け倒し感は異常でした。

また飛び六胞のほぼ全員がクイーンを呼び捨てで呼ぶなど、そこからは実力差は大きく感じない。ジャックの懸賞金が10億ベリーだったことを考えると、飛び六胞のメンバーの懸賞金は7~9億ベリー前後が多いと予想してみる。

d-manga.net

ディエス・ドレーク…飛び六胞メンバー

まず最初の飛び六胞のメンバーは「ディエス・ドレーク(X・ドレーク)」最悪の世代(超新星)の一人にして、海軍の機密特殊部隊SWORDの隊長。つまり、飛び六胞という姿は仮初。ドレークは飛び六胞であって飛び六胞ではない(哲学的)。

ドレークは新世界編後にカイドウに近づいて「何かしらの目的」で百獣海賊団に潜入捜査してる状態。CP0も今後関わってきそうな雰囲気。同じ特殊部隊に所属するコビーが再登場する際にも鍵を握る?

シャボンディ諸島ではウルージさんと同レベルの端役キャラと思ってましたが、ドレークは想像以上に重要キャラでした。

だから、ドレークはわずか1年2年足らずで四皇海賊団の幹部クラスにまで上り詰めてる計算。そのためジュエリー・ボニーのような明らかな雑魚キャラと違って、ドレークの強さは最悪の世代の強さランキングでも上位に違いない。

○ドレークの悪魔の実は恐竜

ドレークの能力は「リュウリュウの実(アロサウルス)」の動物ゾオン系古代種。初登場時から恐竜の能力は判明してましたが、ワノ国編で肉食恐竜のアロサウルスと判明します。漫画を読んでると気付きにくいですが、古代兵器ポセイドンのしらほし姫並にデカイ。

ただし、ドレークは「スパイの正体」が既にバレてしまって、クイーンとフーズ・フーにフルボッコされる。ドレークは全く歯が立たないレベルで完敗してる。その後飛び六胞からは実質的に抜けてる状態ですが、結果的にドレークの強さは飛び六胞でも並以下に留まる模様。

かつてシャボンディ諸島では黄猿ボルサリーノ相手に不甲斐ない戦いも見せましたが、その頃からドレークは大して進歩してない雑魚キャラでした。残念。バトル漫画で弱いキャラクターはやっぱり魅力ないですよ。尾田さん。

d-manga.net

ページワン…飛び六胞メンバー

9524e13404ed494c227513ab4d9a6778 176x430

(ONE PIECE978話 尾田栄一郎/集英社)

続いての飛び六胞のメンバーは「ページワン」。名前のモデルは「同名のトランプゲーム」が由来。ちなみに、百獣海賊団のキャラ名の由来がことごとくトランプゲームだった理由は、アメリカ大統領のドナルド・トランプをディスってるから。

ページワンの見た目は『HUNTERxHUNTER』に登場した十二支んのミザイストムを何となく彷彿とさせますが、年齢は20歳。実はゾロよりも年下。前述のように飛び六胞は全員元海賊団の船長。そう考えると麦わらの一味のショボさが際立ちます。

そして、同じく飛び六胞の「ウルてぃ」の弟。姉のうるティは後述しますが、ページワンは「ぺーたん」と呼ばれて愛されてる。当初ドル漫ではドレークと同じく海軍仲間と考察してましたが、ページワンがカイドウや百獣海賊団を裏切る可能性は低そう。

ページワンの悪魔の実はスピノサウルス

226af1e2ed71804d19e616434e7b16f7 367x370

(ONE PIECE929話 尾田栄一郎/集英社)

ページワンの能力は「リュウリュウの実(スピノサウルス)」の動物ゾオン系古代種の能力者。ドレークのアロサウルスよりも、スピノサウルスは巨大な肉食恐竜。恐竜の種別だけで考えると、飛び六胞の中でも一番強そうに思えます。

一応、先にネタバレしておくと大方の予想通り、飛び六胞のメンバーは全員古代種でした。そのため飛び六胞の大きな共通項は「元海賊船長」と「古代種の能力者」という2点になります。

d-manga.net

うるティ…飛び六胞メンバー

b8b4d51f4ab49710dc331aa536e46f53 207x430

(ONE PIECE978話 尾田栄一郎/集英社)

続いての飛び六胞のメンバーは「うるティ」。やはりウルティという「同名トランプゲーム」が名前の由来。32枚のトランプガードを使った3人用ゲームとのこと。

うるティはページワンの姉。年齢は22歳。「ぺーたん」という愛称で弟を呼ぶものの、ページワンはそれを鬱陶しがってる様子。また初登場時は「ありんす」という語尾を使ったものの、喋り方はその時の気分でコロコロ変わってる模様。まさに性格は気分屋。

一方、うるティは口は悪い。「カイドウって馬鹿なの?」と臆面もなく話して、他の飛び六胞を慌てさせることも多い。いわゆる空気は読めてないキャラ。カイドウの懐の深さが相変わらず気になりますが、飛び六胞でもまさに問題児。

うるティもページワンも「口元を隠すマスク」を着用しており、どこかビッグマム海賊団シャーロット・カタクリのような特殊な種族性も匂わせます。

○うるティの悪魔の実はパキケファロサウルス

うるティの能力は動物ゾオン系古代種の「リュウリュウの実(モデル・パキケファロサウルス)」

パキケファロサウルスとは、体長は4~8メートルと中くらいのサイズの恐竜。ただ最大の特徴は「頭蓋骨」。パキケファロサウルスの頭頂部は数十cmほど分厚く盛り上がってる。「石頭恐竜」と呼ばれるなど、当時は頭突きで敵を威嚇していたそう。

8947c7e691d6405ee6310ad7065f0026 500x390

(ONE PIECE973話 尾田栄一郎/集英社)

そのため、うるティの攻撃も「強烈な頭突き」。

画像は「ウル頭銃(うるずがん)」という必殺技。一見するとルフィのギア2ギア4の技名にも思えますが、ルフィを軽く吹き飛ばす威力がある。特に武装色の覇気と組み合わせてるため、この衝撃波だけでも大砲が被弾したかのように周囲を木っ端微塵にさせるほどの威力がある。

だからか弱い見た目とチャランポランな性格からは想像できないほど、うるティは飛び六胞の中でも強そう。ただし、このうるティの頭突き攻撃に一度ナミが耐えてるのが笑う。

d-manga.net

ササキ…飛び六胞メンバー

0a2f4885b544449d7c86a572ff637d86 208x430

(ONE PIECE978話 尾田栄一郎/集英社)

続いての飛び六胞のメンバーは「ササキ」

ササキは海兵風の帽子を着用するなど、現在は黒ひげ海賊団に在籍する雨のシリュウのような雰囲気も漂います。ササキは足元には下駄を履くなど、いかにもバンカラ風ファッション。大正時代の不良がモチーフか。体には入れ墨が彫られるなど、一見すると893風。

飛び六胞が初めて全員集結した場面では、ドレークの横に並んでいたのも意味深。年齢も34歳とドレークとほぼ同じ。もしかするとササキも海軍出身かラフィットのように元警察官といった可能性もありそう。かつては花のヒョウ五郎を慕っていたヤクザパターンもあるか。

一方、ギザギザの歯から魚人族も彷彿とさせます。

ちなみに、ササキというトランプゲームは存在しないと思ってたんですが、2対2で戦う大富豪系のトランプゲームが存在するそう。敵味方はゲーム中に判明するなど、どこか人狼ゲーム要素もあるゲームっぽい。何故か北朝鮮で親しまれてるそう。

ササキの悪魔の実はトリケラトプス

5f594a20fc023d47d4996bdf7ac656bd 450x430

(ONE PIECE998話 尾田栄一郎/集英社)

飛び六胞・ササキの能力は「リュウリュウの実(モデル・トリケラトプス)」。やはり動物ゾオン系古代種の一種でした。画像シーンでは麦わらの一味のフランキーに対して、「観念しろ実在した最強生物さ」とドヤ顔を浮かべるササキ。

ササキはサイのように角を活かした突進攻撃(実質頭突き攻撃)を主体とするに違いない。だから飛び六胞は肉弾戦主体のキャラクターが多い。やはり動物ゾオン系全般が「特殊能力」を使える悪魔の実ではないですから、殴り合いの白兵戦がメインになりそう。

d-manga.net

フーズ・フー…飛び六胞メンバー

1c3cafbce31237139cbca920c9175f0d 200x430

(ONE PIECE978話 尾田栄一郎/集英社)

続いての飛び六胞のメンバーは「フーフーズ・フー」。フーズ・フーを英語に置き換えると「Who’s Who」。これは有名人の紳士録や人名録という意味もありますが、デヴィッド・パーレットが考案した同名のトリックテイキングゲームが名前の由来。

e2f5bf25ab796fcc6d8593c9e9ae4bd6 500x226

(ONE PIECE97巻 尾田栄一郎/集英社)

フーズ・フーも同様に口が悪い。同じ飛び六胞のページワンやうるティに対して「クソガキ」と表現するなど、それぞれのメンバーの年齢差が読み取れます。飛び六胞の各々の年齢は画像を参照。フーズ・フーは38歳とのこと。

ちなみに、フーズ・フーは「クイーンがポックリ死んだらよー…次の大看板は誰だと思う?」とクイーンに敵愾心むき出しでしたが、実は裏切り者のドレークをあぶり出すための罠だった。だからフーズ・フーは飛び六胞でもカイドウに対する忠誠心は強そう。

フーズ・フーの悪魔の実はサーベルタイガー

163beb8dcb99413ff187e624de60eccd 500x415

(ONE PIECE998話 尾田栄一郎/集英社)

飛び六胞・フーズ・フーの悪魔の実は「ネコネコの実(モデル・サーベルタイガー)」。やはり古代種。フーズ・フーの部下もどうやら猫系主体の能力者が多い模様。どうやら鬼ヶ島の中では「ネコ科フェ」を経営してるっぽい。

正直サーベルタイガーって牙がデカイだけじゃね?という気もしますが、名前のニュアンス的に弱そうな感はゼロ。既にネコネコの実の能力者ではCP0ロブ・ルッチなどがいるため、リュウリュウの実ほどではないにしてもフーズ・フーは順当に強いはず。言っても肉食動物ですからね。

ちなみに、フーズ・フーの悪魔の実がサーベルタイガーだった理由理由は、中国語で「虎」を「フー」と読むから。

○フーズ・フーは元七武海だった

事実、フーズ・フーの正体は「元王下七武海」だったんだそう。

確かにカイドウは現役の七武海だったドフラミンゴを配下に置いていたので不思議な話ではない。今後やはり元王下七武海のジンベエと戦う模様。かつて王下七武海時代にジンベエを見かけたこともあるそう。おそらく七武海だった過去を持つ飛び六胞はフーズ・フーだけでしょう。

ちなみに王下七武海制度は既に撤廃されてますが、ボア・ハンコックバーソロミューくまジュラキュール・ミホークエドワード・ウィーブルなどがおりました。ワノ国に参戦してるローも元七武海。意外と忘れがちですが、バギーも元七武海。

一方、ジンベエは「素顔を見りゃわかるかのう」と語るなど、どうやら七武海時代のフーズ・フーのことを覚えてないっぽい。

ただいくらフーズ・フーが仮面を被ってるとは言え、七武海はたった7名しかいない。どれも個性的なメンバーばかり。ミホークやドフラミンゴなどは七武海経験は長いはず。そもそも声や能力、性別でなんとなく予想付くだろっていう。

確かに飛び六胞・フーズ・フーが元七武海だったことには驚きましたが、その後の煽り方は付け焼き刃的ではあります。ハッキリと二人には因縁がある展開を描けば良かったんでは?とりあえずフーズ・フーの詳細が判明したら、七武海の考察記事も再編集したいと思います。

d-manga.net

ブラックマリア…飛び六胞メンバー

70b2671052da5c198d176c1d4a7b75f1 189x430

(ONE PIECE978話 尾田栄一郎/集英社)

続いての飛び六胞のメンバーは「ブラック・マリア」。やはり同名のトランプゲームが名前の由来。ブラック・レディとも呼ばれるゲームだそう。

ブラックマリアの見た目は花魁風。頭にかんざし代わりに刀を差すなど、意外と見た目は好戦的。ブラックマリアの年齢は29歳。光月モモの助ヤマトの母親説も考察する人もいましたが、両者の年齢が近いため可能性はゼロでしょう。

そして、ブラックマリアの最大の特徴は「身体のサイズ」。画像だけでは伝わりませんが、しらほし姫を彷彿とさせるほど巨大。身長は820cmとのこと。ただし種族は不明。当初は人魚族などを予想してみましたが、どうやら下半身を見る限りは普通。

○ブラックマリアの悪魔の実はクモクモの実

fe30f592788a7d8080132e235a1bbf9e 500x394

(ONE PIECE998話 尾田栄一郎/集英社)

飛び六胞・ブラックマリアの悪魔の実は「クモクモの実(モデル・ロサミガレ・グラウボゲリィ)」。やはり古代種。残念ながら飛び六胞の中に動物ゾオン系幻獣種はいませんでしたが、前述のように飛び六胞のメンバーは全員古代種の能力者でした。

一方、ブラックマリアの能力がロサミガレなんちゃらという具体的な種族を予想できた人は皆無でしょう。一応自分が調べる限り、タランチュラといったクモ類の最古種なんだそう。そのためブラックマリアは「飛び六胞でも唯一の毒攻撃」を使ってくるのかも知れない。

何故か嫌われてるサンジの無様な姿が見れるに違いない。

d-manga.net

○飛び六胞でも唯一のハーフ人間か?

ただブラックマリアは動物ゾオン系能力者でありながら、まるでドラゴンクエストのスライムナイトのように下半身だけ獣化してる。人獣型と仮定しても不自然。ブラックマリアも「本来の動物ゾオン系能力者とは違う傾向」が見られる。

例えばブラックマリアの種族がケンタウロスや半魚人、ハーフエルフといった「ハーフ人間」の可能性も考えられそう。部分的に人間とは異なるからこそ、その残りの部分が獣化するパターンもあるのかも知れない。

ブラックマリアが巨大すぎる理由も「飛び六胞の中でも特殊な種族」であることを物語ってる可能性はあります。

eca214fa050a0fa6373a86d6532800d6 347x430

(ONE PIECE998話 尾田栄一郎/集英社)

ただブラックマリアの下半身を見る限り、どうやら至って普通な感じ。

そもそもブラックマリアの種族がハーフ人間と仮定したとしても、動物ゾオン系の特徴を考えると「人間部分が獣化する状況」にはやはり変わらないはず。これまで魚人族にも悪魔の実の能力者は存在しましたが、ほとんどが超人パラミシア系悪魔の実ばかりでした。

他の考察記事でも言ってますが、最近のワンピースは詰めが甘いのは残念。

コメント

  1. 匿名 より:

    フーズフーもトランプのゲームみたい。
    https://gokurakism.com/whoswho/

  2. 貴重な情報ありがとうございます。修正しときました。
    尾田さんの博識っぷりに改めて驚かされます。

    でも飛び六胞のキャラ名もトランプゲームで徹底されてることを踏まえると、
    ササキの名前だけ浮きますよね。ドレークと同様に裏切り者説が濃厚になったのかも知れない。

  3. 匿名 より:

    ササキもあります

  4. 貴重な情報ありがとうございます。追記しておきました。
    これでササキの裏切り者説はほぼ消滅した感じですね。

  5. 匿名 より:

    フーズフーが元七武海確定的な内容はなぜ?

  6. ワンピース994話で元七武海のジンベエと対峙した際、フーズ・フーは「悪いな。七武海の頃、見かけたことがあるもんで…」などと語ってるからです。

  7. より:

    それで別に確定したってわけではねぇだろ。ジンベエが七武海って意味として捉えるだろふつうは

  8. a より:

    普通はジンベエが七武海に加入していた時期に見かけたことがあるから
    元の肩書で呼んだと捉えるよね、何でそれでフーズ・フーが七武海確定になるのか謎すぎる

  9. 「あァ悪いな七武海の頃…見かけた事があるもんで…」
    というフーズ・フーのセリフで終わってたらいいんですが、
    その後の「素顔を見りゃわかるかのう」と変に反応したジンベエのセリフが問題ですね。

    このセリフの意味は「ジンベエもフーズ・フーの正体は知ってるはずだけど顔が見えないから分からない」ってことなので、
    フーズ・フーも同じ元七武海だったと解釈したほうが会話の流れとしては自然だと思います。
    ジンベエの立場からしたら単に「そこらへんの海賊に見かけられただけ」だったら、
    フーズ・フーの素顔をわざわざ知ろうとする必要性がないし、覚えてるはずもないので。

    「お互い顔を知っているはず」ということは二人の会話からは読み取れるわけですが、
    それは「お互いが七武海だったから」と解釈するのがドラマとしても自然だと思います。
    七武海という強調表示も「」と””で分けられてることにも意味がありそう。

ドル漫@YouTubeチャンネルも運営してるので是非チェックしてね◀

タイトルとURLをコピーしました