【ONE PIECE】第6回人気投票ポスターが豪華すぎwww【画像あり】

バトル漫画『ONE PIECE』は今年2017年に連載20年目を迎えました。

(少年ジャンプ36・37合併号)

そこでつい何週間か前の少年ジャンプではワンピースの第6回人気投票が行われました。この時のONE PIECEのポスターがえらい豪華だったという話。

最新の『ワンピース』では一体どのキャラクターが人気だったのか?など考察しながら、今回の人気キャラ投票をチェックしてみたいと思います。

ルフィ、シャンクス、サボ、ドフラミンゴ、クロコダイル、ハンコックが勢揃い

まずは第六回人気キャラクター投票のポスターからチェック。

(少年ジャンプ36・37合併号)

まさに悪役から味方キャラまで人気キャラクターが勢揃い。ルフィ、シャンクス、サボ、ドフラミンゴ、クロコダイル、ボアハンコック、ロー。何故かキャベンディッシュもしれっと登場しています。

彼らが乗っている生き物も「竜」。実はワンピースではちょいちょい登場している架空の生き物。ただおそらくワノ国に登場する可能性もドル漫では見ております。詳しくは「ワノ国編」に関する考察記事を参照。

って、第6回ONE PIECE人気投票の結果を見たいと思います。

主人公・ルフィの順位は鉄板として、ポスターの登場キャラから推察するとまだまだボアハンコックなどは人気なのか。もしかするとキャベンディッシュも人気上位にランクインしているのか?

人気1位…ルフィ、2位…ゾロ、3位…サンジ

まずは『ONE PIECE』の人気キャラクター1位から3位を確認したいと思います。

(少年ジャンプ36・37合併号)

ワンピースの人気1位はルフィ、2位はゾロ、3位はサンジ。

まさに不動の人気トップ3の麦わらの一味メンバーがランクイン。ただルフィとゾロの票差は1000差程度しかないため、意外と接戦といえば接戦。思ったほどルフィがダントツで人気ということではない。

あとはビッグマム編に突入している最近のストーリー展開を考えれば、サンジがゾロを上回ってて良さそうですが結果的にゾロが逆転して2位に返り咲き。『ワンピース』の中では「ゾロ>>サンジ」は完全に定着してるのか。

人気4位…ロー、5位…エース、7位…チョッパー、8位…ナミ

続いてワンピースの人気キャラクターの更に下位の4位から9位までをチェックしたいと思います。

(少年ジャンプ36・37合併号)

ワンピースの人気キャラ4位はトラファルガー・ロー、5位がエース、6位がジンベエ、7位がチョッパー、8位がナミ、9位がサボ。

ルフィと同じ最悪の世代でもあるローは前回の人気投票は2位だったそうですから、まさかの露骨にランクダウン。おそらくドフラミンゴ編が完結したことが大きそう。革命軍メンバーのサボの人気ダウンも以下同文。

とはいえ、それでもローはエースから3000票以上も上回っている状態。だからローは途中から『ONE PIECE』に参加した割に、そこそこ定着した人気キャラとは言えそう。ルフィと同じく「Dの一族」ではあるため今後人気ランキングで再浮上する余地は多い。

人気キャラ6位のジンベエは現在のビッグマム編に関わる重要キャラのため、そのことが影響して順位が上昇したものと考察されます。チョッパーとナミの人気ランキングもやや意外な印象も受けますが、やはり『ONE PIECE』内ではバトルに参加できないのが影響してそう。

先程のONE PIECEポスターにロー、エース、サボが入っていたのも納得。

【ワンピース】人気10位以下のキャラクター

続いては10位以下のワンピースの人気キャラクターをチェックしたいと思います。

(少年ジャンプ36・37合併号)

人気キャラ10位がボア・ハンコック、11位がシャンクス、12位がニコ・ロビン。

相変わらず「自称ルフィの妻」であるボアハンコックが人気だったのは個人的に驚き。最近の『ONE PIECE』では全く登場してないので、ボアハンコックは今頃何をしてるの?状態で完全に動静が不明。

それでもボア・ハンコックの人気順位は、前回と変わらず。しかも今回6回目の人気投票では票数そのものが伸びてる模様。色仕掛けのフィギュアの投入が効いていたのか。エロいワンピース読者が多すぎだろ(笑)

四皇メンバーのシャンクスも『ONE PIECE』の要所要所で登場するので、割りと安定した人気キャラクターを維持。麦わらの一味のニコ・ロビンはナミたちと同様に空気化してますが、それでも女性キャラは安定して投票されやすいのか。

順位こそそこまで高くありませんが、ハンコックと同じ王下七武海メンバーのドフラミンゴの投票結果は17位。クロコダイルも18位とそこそこ健闘。

ドフラミンゴ編は記憶に新しいので理解できますが、これぞ「悪役キャラ」という存在感・インパクト感がONE PIECEファンにウケているのか。確かに冒頭のONE PIECE人気投票ポスターに登場させるのも頷けます。

○ワンピースの新キャラクターも人気ランキングでは食い込む

(少年ジャンプ36・37合併号)

続いての人気投票結果を見てみると、13位がキャベンディッシュ、14位がレイジュ、15位がウソップ、19位がブルック、20位がフランキー、同率順位でマルコ。

意外だったのはポスターにも登場した、麦わらの一味傘下に入ったキャベンディッシュ。現在ビッグマム編で登場してるサンジの姉であり、ヴィンスモーク家メンバーでもあるレイジュすら人気投票では上回るほど。

男読者からしたらひたすら鼻につくギャグキャラ以外の何物でもありませんでしたが、やっぱりイケメンキャラクターは投票されやすい。逆に考えると、『ワンピース』読者には女の子も多い裏返し。

一方、麦わらの一味でもウソップはやや不人気。ブルックやフランキーと比べるとまずまずの人気ですが…。一方、ブルックなど麦わらの一味と同等の人気を誇るのがマルコ。『ONE PIECE』の今後の展開を考えると「期待票」なんかも含まれていそうです。

【ワンピース】人気20位以下のキャラクター

ラストはONE PIECE(ワンピース)の人気下位キャラクターの順位(20位台以下)を確認して終わりたいと思います。下位は下位で、意外と面白い結果になってます。

(少年ジャンプ36・37合併号)

ワンピース人気23位がビビ。

ビビは未だに人気キャラだなぁと思いつつも、さすがにワンピースで登場したのが60巻以上前ということもあってやや下火気味。まさかのペローナに惜敗しており、謎のペローナ人気に草。おそらくONE PIECEのアニメの影響か。

でも「世界会議(レヴェリー)」で再びビビが登場するため、次の人気投票では一矢報いる可能性もあり。

海軍大将・クザンあたりはもっと人気が出ても良さそうですが、さすがに『ONE PIECE』に登場しなさすぎか。ちなみにドル漫ではクザンの強さはイマイチと評価。詳しい理由は「海軍大将強さランキング」を参照。

最近の『ONE PIECE』で言うならビッグマム海賊団のプリンやミンク族のキャロットが人気出ても良さそうですが、意外と人気はパッとしません。順位的には30位前後。やはりプリンちゃんは性格に難がありすぎるというのが足を引っ張ったのか。

【ワンピース】人気30位以下のキャラクター

(少年ジャンプ36・37合併号)

ワンピース30位以下の人気キャラはこんな感じ。もはや「人気」と表現していいかは分からないランキングですが、見事におっさんキャラばかり。レイリー、ロジャー、ティーチ、カポネ、藤虎、尾田栄一郎などなど。

その中で紅一点キャラとして、注目がレベッカ。ただ人気順位(40位)ということからも跳ねなかったキャラだったことは間違いなさそう。下位にはヴィンスモーク家の兄弟がズラッと並んでる。このことでサンジやレイジュ人気が分散した可能性もありそうです。

ルフィと壮絶な戦いを繰り広げたカタクリも人気ランキングでは45位と奮わず。ただ人気投票時にはかなり話題を生んだ「ルフィvsカタクリ戦」は描写されていなかったので、次の人気ランキングではもっと健闘する可能性は高そう。

以上、『ONE PIECE(ワンピース)』第6回人気投票ポスターが豪華という記事でした。