【強さ議論】四皇キャラ最強ランキング徹底考察まとめ【ワンピース】【キャラクター】

つい先日、シャンクスや黒ひげ、カイドウなど四皇メンバー新旧一覧まとめを作りました。でも疑問なのは、果たしてこの四皇の中で一番誰が強いキャラクターなのか?ってこと。

そこで今回ドル漫では「四皇最強キャラクターランキング」を徹底的に考察してみました。ワンピースマニアであれば、誰もがきっと興味があるはず!是非楽しんで読んでください。

四皇最強ランキング5位…ビッグマム(シャーロット・リンリン)

(ONE PIECE83巻 尾田栄一郎/集英社)

まず、四皇最強ランク5位はビッグマム(シャーロット・リンリン)。ちなみに何故四皇の強さランキングなのに5位かというと、それは四皇の旧メンバーも含んでいるから。もし今後四皇が増えるようなことがあれば新たにキャラクター追加していく予定。

ビッグマムのピンク一色の見た目はインパクト大。まさに「視覚的な暴力」という点では、四皇の中でも最強クラス。このビッグマムのルックスのいかつさに勝てる四皇は他におらず、リアル世界だと美輪明宏ぐらいでしょう。

(ONE PIECE89巻 尾田栄一郎/集英社)

ビッグマムの強さはやはり「圧倒的なフィジカル」にあります。

ビッグマムは生まれた時から、何故かめちゃんこに最強。年齢は70歳近い老婆にも関わらず、片腕だけで船をメリメリと破壊してしまうほど最強。まさに四皇の中でも、ビッグマムはナチュラルボーン・ストロング。

特に画像のように「食いわずらい状態」に入れば、誰もビッグマムの暴走は止められない。これぞバーサーカー状態。実際幼少時代にはわずか5歳にして、巨人エルバフの英雄をフルボッコするほどの強さを発揮。

【ワンピース考察】ビッグマムの正体&強さ能力まとめもご参照。

○ビッグマムの悪魔の実はそこまで強くない

ただ今のところ『ONE PIECE』を読む限りは、いかんせん強いような弱いような四皇としての強さはイマイチ決定力に欠けるのも事実か。

確かに危機的なダメージこそ負っていないものの、ジンベエの攻撃などでビッグマム自身が膝を付く場面も多い。大事な自身が収める国も破壊され尽くすなど、四皇という割に意外とポンコツっぷりも散見。

四皇という割にマンガ的な緊張感はいささか欠けるか。ビッグマム編ではどちらかと言えば、最側近の「カタクリ」を目立たせたい雰囲気が強かった印象。もちろんビッグマムの強さがカタクリを下回るとも思いませんが。

またビッグマムの「ソルソルの実」という超人パラミシア系悪魔の実も、そこまで戦闘やバトルに特化してない点もマイナス。「他者から魂を奪う」という能力は、あくまで民衆を支配する側面が強い。

例えば王下七武海だったゲッコー・モリアの「カゲカゲの実」のように他人から影を集めて自身の肉体を更に強化できるわけでもないなど、ソルソルの実は四皇の中でもかなり見劣りする悪魔の実。

そのためバトルシーンにおいては、基本的にビッグマム自身の戦闘力の高さに依存しがち。じゃあ他の四皇と比較した場合、そこまでビッグマムのフィジカルが最強に優れているかを考えると、これが微妙。

おそらく主人公・ルフィたちによって最初に倒される可能性が高い四皇キャラであり、今後、ビッグマムはカイドウと共にワノ国編で絡んでくるようですが(ロックス海賊団も参照)、高齢の点も考慮すると「他の四皇と比べると強くはない」とドル漫では評価。

四皇最強ランキング4位…白ひげ(エドワード・ウィーブル)

続いて四皇の強さランク4位は白ひげ(エドワード・ウィーブル)。既に死亡済みの旧四皇メンバー。

白ひげの強さは「グラグラの実」という悪魔の実。

このグラグラの実は空間を破壊的にゆがませる能力があり、とにかく攻撃範囲が広くて、また威力の規模が非常にデカイ。例えば大地を叩けば地割れが起きて地震が発生し、大地を丸ごと破壊することも可能。

頂上戦争においては海軍本部のマリンフォードをボッコボコにしてさしあげるなど、超人パラミシア系悪魔の実最強に恥じない強さを保持してる点もランキングで評価。いや、間違いなく四皇の中でも「最強クラスの悪魔の実」と言えましょう。

そのため白ひげの強みは、まさに「遠隔攻撃・遠距離攻撃」。地震を発生させられれば近付くことすら不可能。仮に白ひげに近付けたところでグラグラの実で直接殴れれば、巨人族相手ですらワンパンで倒してしまうほどのダメージを負ってしまう。

まさに「近接遠距離の全てのバトルに幅広く対応」しており、四皇の中でもトータルバランスの強さは指折り。

○白ひげの弱味は「高齢」がネック

ただし、王下七武海・クロコダイルに対して心の中で弱音を吐いたように、いくら白ひげでも「老い」や「年齢」には勝てない。おすすめジジイキャラランキングでも白ひげを選びましたが、さすがに高齢者を最強ランキング上位に選ぶのは無理がある。

もちろん晩年においての話。もし白ひげが若ければ、四皇の中で最強キャラに選んでもいいのかも知れない。だから、白ひげの弱みは唯一にして「年齢」だけとも解釈可能。でも、それでも若かりし頃に白ひげは海賊王・ロジャーの戦いに敗北済み。

実際にはロジャー相手に負った傷かは不明ですが、それ以降は点滴を打たなければいけないなど、白ひげの肉体はかなり弱体化済み。白ひげはどうやら心臓の持病も抱えてるっぽい。そう考えたら、BBAの割に四皇・ビッグマムは意外と頑張ってるのか。

また白ひげは四皇のキャラクターの中でも、とりわけ義理人情に篤い。これはバトルでは強みではなく「弱み」にしかならない。実際マリンフォード頂上戦争で義理堅い性格から、白ひげは深手を負って結果的に敗北済み。

そういったマイナス要素も考察していくと、白ひげを最強とまで評価できない要素がチラホラと目立つ。

四皇強さランキング3位…赤髪のシャンクス

続いて四皇最強ランク3位は赤髪のシャンクス

『ワンピース』1話目から登場するなど古株キャラクターではあるものの、未だにシャンクスは未知の部分が多い。悪魔の実の能力者かどうかすら不明で、シャンクスが率いる赤髪海賊団のメンバー一覧ですら判明していないキャラも多いほど。

でもだからこそ、いちワンピース読者としてはシャンクスの強さに強烈な期待感も抱いてしまう。実際シャンクスは覇王色の覇気を体得済みであり、やはり四皇の中でもきっと特別な存在として描かれてることは確実。

他にも四皇・カイドウとの一戦ではほぼ無傷のまま追い返し、四皇・白ひげとケンカ腰かつ互角に交渉してみせ、マリンフォード頂上決戦ではシャンクスの一言で戦争を終結させ、五老星ですらシャンクスを一目置くほど。

未だにシャンクスのバトルシーンはないものの、こういった状況証拠から「全世界が認める戦闘力の強さを誇る」ことは間違いないはず。

○片腕で四皇まで上り詰めた強さを評価

もちろん状況証拠だけで四皇内での強さを推し量ることは難しい。

ただシャンクスが「片腕の状態」でも四皇にまで登り詰めた実力をドル漫では評価したい。それこそ白ひげの「老い」に匹敵するほどのハンディを背負ってるはず。それでもシャンクスは四皇相手に勝ち抜いた強さや、四皇に留まり続けてる強さは本物。

白ひげに勝利したこともある海賊王・ロジャーの「麦わら帽子」をシャンクスが引き継いだのも大きな意味があるはず。そこには「白ひげを超えた強さを持ってる」というニュアンスや伏線が込められているのではないか?やはりシャンクスは四皇の中でも強い部類に入るはず。

ちなみに「シャンクスが片腕をあっけなく失った理由」も興味がある方は、あとで読んでみて下さい。謎やツッコミどころが全て解消できたとは思いませんが、当ドル漫の考察は意外と的を射てるはず。

四皇最強ランキング2位…百獣のカイドウ

(ONE PIECE79巻 尾田栄一郎/集英社)

続いて四皇最強ランキング2位は百獣のカイドウ

世界最強の生物という異名を持ち、自ら命を絶とうとしても死なない不死身の体を持つ四皇。カイドウの肉体は巨躯そのもの。巨人族とも比にならないほど大きく、おそらくカイドウはオーズ族の血を引く可能性が高そう。

だからビッグマムが幼少期に巨人を倒したと言っても、フィジカル的な強さはおそらく「カイドウ>>>ビッグマム」と予想されます。年齢的にもビッグマムより若いことを考慮すると、四皇最強のフィジカルの持ち主はカイドウと考察できましょう。

ただ実は先日まで、カイドウの強さを四皇5位ぐらいに設定してました。何故ならカイドウのバトル描写が少なく、一般的に「巨大な肉体のキャラクターは意外と弱い」というマンガ的なセオリーも存在するから。

○最強フィジカル×最強悪魔の実

(ONE PIECE921話 尾田栄一郎/集英社)

でも最近になって、カイドウの正体が「竜(ドラゴン)」の動物ゾオン系悪魔の実と改めて確定してからは前言撤回。まさにカイドウの強さは「最強(フィジカル)×最強(ゾオン系)」であり、四皇の中でも完全に戦闘力の高さは最強クラス。

例えば、ルフィがギア4で思いっきり頭部を攻撃しても、カイドウはヒト型の状態でもほぼ無傷。ダメージを一切与えられないどころか、ルフィが逆にカウンターで一撃粉砕されるほど。あのルフィ vs カタクリ戦の熱さはどこへやら。

もし、他の四皇キャラクターが無防備状態+本来は誰もが弱点の頭部にギア4の一撃をまともに食らっていれば、それなりにダメージを負って足がフラつくぐらいの悪影響は残るはず。でもカイドウは無傷。

老体の白ひげは言うまでもなく、ジンベエの一撃(武頼貫)で吹き飛ばされたビッグマムもただでは済まないはず。やはりカイドウの巨大さは「四皇としての強さ」にそのまま繋がると素直に考察していいでしょう。

もちろん「負けない(不死身)」という意味で強いだけ…と思っていた時期も筆者にはありました。

○カイドウは「超遠距離戦」まで対応する最強っぷり!

(ONE PIECE922話 尾田栄一郎/集英社)

ただ、挙げ句の果てにはカイドウはドラゴン化したことで「炎のブレス」も吐くことが判明。しかも、城がひとっ飛びするほど威力が最強。ハンターハンター最強メルエムがオーラ弾のみで巨岩を吹き飛ばした時の衝撃以来。

だから近接中距離は言うまでもなく、カイドウは四皇の中でも超遠距離戦まで対応してやがるとか最強すぎる。

当初ドル漫では四皇では白ひげの「グラグラの実」のような相手に遠距離戦で臨まれると辛いと思ってたんですが、むしろカイドウのブレスに勝てる四皇がおるんかというレベルに強そう。

そもそもカイドウは「空を飛ぶ」(そのことからトリトリの実の能力者かもとドル漫では考察してるんですが)ため、攻撃を当てることすら四皇随一難しいはず。白ひげのグラグラの実すら無効化してしまうか。

まさに「勝ちの方程式」が一切通用しないのが最強カイドウと言えましょう。せいぜいカイドウの弱点は気分屋な性格ぐらいで、それでも7度敗北しても死んでないことから点で考えても、「最終的にトドメをさすことが難しい四皇」であることは間違いない。

ちなみに【悪魔の実】カイドウの正体&強さまとめもご参照。実は「7度の敗北」という回数には実は重要な意味も隠されていたらしい。

○海賊団の勢力的にはビッグマムの方が強い?

ただ海賊団の勢力的にはビッグマムの方が強そう。

既にビッグマム海賊団メンバー一覧もまとめておりますが、スイート三将星などを好例にカタクリのような懸賞金10億円近い部下をビッグマムは多数抱えてる。一方、カイドウの百獣海賊団は人造悪魔の実で強化されたキャラも多く、正直イマイチ感は拭えない。

そのため四皇個人単体ではなく、もし海賊団を全部ひっくるめた「総力戦」での強さを比較するとお互い拮抗しているか、まだ統率力という点でもビッグマム海賊団の方が強さを上回っているかも知れない。

四皇最強ランキング1位…黒ひげ(マーシャル・D・ティーチ)

そして最後の四皇最強ランク1位は黒ひげ(マーシャル・D・ティーチ)最悪の世代の一人でもある四皇。

やはり黒ひげは悪魔の実を2つ所持してる点が大きい。

1つ目は「ヤミヤミの実」と呼ばれる自然ロギア系の悪魔の実。相手の悪魔の実の能力を無効化できる。当初は武装色の覇気などの設定追加で意味がない能力にも思えたんですが、同じく四皇のカイドウと黒ひげがバトルした場合、最強のドラゴン化を無効化できる点は強み。

しかも2つ目は前述の白ひげの「グラグラの実」。地震すら起こす威力を持ち、超人パラミシア系でありながら自然ロギア系でも上位クラスの強さを持つ。

まさに「最強の自然ロギア系悪魔の実」と「最強の超人パラミシア系悪魔の実」の2つを同時に使える強さは、四皇の中でも頭一つ抜け出ているかも知れない。最終的に黒ひげは動物ゾオン系悪魔の実も所有すると筆者ドルジ露瓶尊は考察済み。

白ひげの「グラグラの実」の強さを考えると、どう考えても自然ロギア系に該当しててもおかしくないんですが、黒ひげがそれぞれの悪魔の実のジャンル一つずつ所有できると仮定したら全て納得できちゃう。

この未知な部分も含めて、黒ひげを四皇最強と評価。

黒ひげの強さは複数の悪魔の実だけじゃない!

また黒ひげは勝つためなら手段を選ばない狡猾さや残忍さも強さランキングでは好影響。そこまで勝負にこだわるキャラクターが、もし悪魔の実を全て制覇したら黒ひげは名実ともに四皇最強と言えましょう。

しかも一方で、四皇・黒ひげは元海軍大将の青キジ(クザン)とも現在つるんでるらしい。「ヤミヤミの実」と同様に、黒ひげは周囲の仲間を引き寄せる魅力もある。まさしく『ワンピース』の主人公・ルフィと同じく「Dの一族」の血を引くキャラクター

もし主人公・ルフィと対比させるとしたら、黒ひげの強さは四皇の中でもやはりトップクラスを誇ると結論付けていいはず。

最強の海賊王ロジャーと黒ひげの共通点とは?

ちなみに海賊王・ロジャーも元四皇だったとドル漫では考察してるんですが、今のところ確証はないため、今回の強さランキング記事では割愛。ただ前述のように全盛期の白ひげに勝利していることから、もし今回の四皇ランキングに入れるとしたらロジャーの強さは1位かも?

そういえば、この海賊王ロジャーも口周りに黒いヒゲをたくわえておりました。もしワンピースの作者・尾田栄一郎が「黒ひげ・ティーチ」と何かしらの因縁めいたキャラデザに仕上げてたと仮定したら、やはり四皇の中で強さ1位に設定しておいて何ら遜色はなさそうです。

実際、ワンピース最新刊では「海賊王は最悪の世代から誕生」という大きな伏線が張られてる。前述のように、四皇の中で最悪の世代は黒ひげティーチのみ。ますます四皇の中で黒ひげ最強説が真実味が帯びてきたのではないか。

興味がある方は「悪魔の実強さランキング」も参照。意外と四皇が所有してる悪魔の実ってそこまで強くはなさそう。それゆえにワンピースの考察がまたいろいろと展開できるのではないか。