ワンピース最新979話ネタバレ感想!百獣海賊団で内紛勃発?最新980話展開予想まとめ

ワンピース最新979話のネタバレ感想をレビュー。

ちなみに、引っ越しを機にパソコンも新調したんですが、設定を引き継いだり元の状態に戻すのにいろいろ手間取ってました。ちょうど良い機会と思ったんですが、何事も一気に物事を進めようとするもんじゃないなと。

d-manga.net

ちなみに翌週号の最新980話は既にレビュー済みなので御覧ください。

最新979話までのあらすじまとめ

まずはワンピース最新979話までの展開を簡単におさらい。

ついに百獣のカイドウたちが棲まう鬼ヶ島に乗り込む忍者海賊ミンク侍同盟。錦えもんが「腕はナマっておらんか傳ジロー」と発破をかけると、傳ジローは「腕を上げてなきゃ20年生きた意味がない」と応じる。

錦えもんを筆頭に作戦ミスで大チョンボを起こした直後とは思えないほど、準備万端の意気揚々の雰囲気。そして、上陸直後に船を沈める錦えもん。何故なら、「帰りの船など要らぬ」と完全に退路を断ったから。まさに勝つか死ぬかの戦い。

そして、錦えもんの悪魔の実(フクフクの実)を使って、侍や麦わらの一味は百獣海賊団風に装う。正直、その程度の変装でごまかせるんかよと思っちゃいますが、多少の時間稼ぎはできそう。鬼ヶ島襲撃のためだけの悪魔の実だった?

ちなみに、黒炭カン十郎は先に鬼ヶ島に戻ったはずですが、鬼ヶ島の警戒態勢のレベルが上ってなかったことから、カン十郎は実は「二重スパイ説」も考察されてます。要するに、錦えもんたちを裏切ったように見えて実は裏切ってない。

一方、宴を開催中の鬼ヶ島では疫災のクイーンが独特のマイクパフォーマンスで「金色神楽」のステージを盛り上げる。黒炭オロチもくるしゅうない状態でご満悦。しかし、その場で盛り上がってない存在が「飛び六胞」。大看板に最も近く、真打ちの中でも最強クラスの6名とされます。

d-manga.net

この飛び六胞のメンバーがついに先週号でようやく完全判明。果たして最新979話では、飛び六胞の新情報が更に明らかになるのか?

カン十郎がオロチにまだ報告してない理由

ということでONE PIECE最新979話のネタバレ感想をレビュー。

黒炭オロチは完全に有頂天。スパイのカン十郎からの情報をもとに全て作戦が機能していたから。でも気になるのは、モモの助を拉致ったカン十郎の情報が未だにオロチの耳に入ってないこと。

どうやらこれまではオロチ城に自らの伝書鳩を送っていたカン十郎でしたが、鬼ヶ島城内は複雑そのもの。それによってカン十郎は未だに鬼ヶ島で迷子の状態になってる模様。

またオロチ以外に「カン十郎の正体」は知られてないことから、カン十郎は百獣海賊団の相手に手間取っている様子。モモの助をひっ捕らえてる時点で百獣海賊団もカン十郎の言葉を信用しろよって思いますが、そこは赤鞘九人男。何かしらの罠と考えたのか。

だから、前述のカン十郎の二重スパイ説みたいな考察は否定されそう。とはいえ、大量のスズメや鶴を量産して鬼ヶ島全域に飛び立たせるなどすればいいのにと思ったのは内緒。

鬼ヶ島にどう向かうか

ワノ国編の考察記事でも既にまとめてますが、改めて確認しておくと、鬼ヶ島の討ち入りに関しては東軍が錦えもん、南軍が傳ジロー。なんで西軍じゃないのか不思議ですが、後方はローの潜水艇に河松などが乗り込む。

麦わらの一味はフランキーの「クロサイFR-U4号」、チョッパーの「ブラキオタンク5号」にそれぞれ乗り込んで錦えもんたちに続くものの、ルフィやゾロはユースタス・キッドたちの後を追うように鬼ヶ島の正面から堂々と乗り込む。

大人組のジンベエとロビンは徒歩でゆっくり進行。ちょっとしたイケない逢瀬にも見えますが、「戦況を見渡すものが要になる」とジンベエが語ると、ニコ・ロビンは「心強い」と対応。しかし、その背後に写る謎の人物。果たして敵か味方か。

カイドウの息子・ヤマトを捕まえろ

一方、鬼ヶ島城内。

飛び六胞たちを前にカイドウが「飲んでるか?今日は無礼講。お前らをリンリンに会わせるつもりだったが、今は着替え中」と語る。うるティは「きゃー!カイドウ様でありんす」とハートマークですが、カイドウが「ちょっと事件が起きた」と神妙な顔つきで語ると、「グダグダじゃねぇか」と激おこ。情緒不安定すぎて草。

ただカイドウ自身は飛び六胞を招集した覚えはないそう。確かに飛び六胞はノリが悪い。怒らせるとめっちゃ怖いという初期設定はどこへやら、部下にタメ口を利かれてもスルーを決め込む懐の深いパリピッピのカイドウからしたら、あまり飛び六胞は好きではないのかもしれない。

カイドウの名前を使って招集した張本人は火災のキング。「今しがた起きたあんたの問題をいち早く聞きつけたので…」とのこと。カイドウの問題とは「息子のヤマト」の存在。ようやくカイドウの息子の名前も判明したわけですが、今回の火祭りに招集したものの未だにヤマトが現れない。

5b184433e71b1e67a1e3cdc256146f30 412x430

(ONE PIECE979話 尾田栄一郎/集英社)

そこでカイドウは息子・ヤマトを連れ戻すように命令し、これに成功した飛び六胞には「大看板の挑戦権」が与えられるそう。飛び六胞はやはり想像以上に強く、実力的にはほぼ大看板と変わらないっぽい。

また飛び六胞の共通点は「元海賊団の船長」だそう。そう考えると、うるティとページワン姉弟コンビは血筋的にヤバそう。言ってしまうと、飛び六胞は「傘下の海賊団」の性質が強そうですが、あえて直接従えてる点でカイドウの強さが更に推し量れる?

そして、カイドウが飛び六胞と大看板に発破をかけた直後、既にルフィは宴会に潜り込んでいた。しかし、お汁粉を粗末に扱う百獣海賊団を見たルフィがブチ切れる。確かに酒の席に甘い飲み物は要らん気もしますが、早くも一波乱の展開。

d-manga.net

ワンピース最新980話予想まとめ

以上、ワンピース最新979話のネタバレ感想でした。ちなみに次号は休載。

今週979話の見どころは、やはりカイドウの息子・ヤマトの存在。当初ドル漫では古道といった名前も予想してましたが、まさかの大和。戦艦大和が一瞬頭をよぎりましたが、それだと他のキャラクターも戦艦の名前でも良かったはず。

実はどうやら日本には「大和街道(やまとかいどう)」なる道が実在するらしい。道という側面が強まったとしたら、カイドウを倒すワノ国編後に続く道といえば、やはりラフテルに続く道なのか?ヤマトは踏み台?

つまり、カイドウとヤマトで一つでセット感が強い。それがカイドウの「重大発表」とも関係してるはず。例えば四皇や百獣海賊団をヤマトに譲り渡すとか?またビッグマムと海賊同盟を組んだ以上、もしかするとヤマトとカタクリのコンビが今後日の目を見る可能性も?

うるティごときにタメ口を利かれるなど、確かにカイドウの威厳はすっかり消え去ってる感はあります。ロックス海賊団の面影もなし?うるティを孫娘と仮定したら、カイドウはちょっと強面のお祖父ちゃん。カイドウのサイズ感も急激に小さくなるなど弱体化させてるフシは読み取れる。

ただキングにも「あんたの問題」と呼び捨てで呼ばれてるのは気になる。

些細な会話表現に過ぎませんが、狂死郎時代の発言から傳ジローの伏線が読み取れたように、火災のキングの裏切り者説も考えられそう。何故キングが飛び六胞をあえて呼んだのか。百獣海賊団の内紛の呼び水を作ろうとしてるのではないか?既に裏切り者と判明してるディエス・ドレークとの関係性も疑えるとしたら、キングも海軍?

コメント

タイトルとURLをコピーしました