【画像あり】ドフラミンゴのグラサン下の素顔ってどうなってるの?【ONE PIECE】

『ワンピース』が誇る最凶の敵キャラクターと言えば、王下七武海メンバーだったドフラミンゴ(ドンキホーテ・ドフラミンゴ)。天竜人の血筋を引くものの、数奇な運命を辿った結果、天下に名を轟かす悪名高い海賊の一人にまで成長した男。

ドフラミンゴの特徴的な見た目と言えば、やはり奇抜なサングラス。いついかなる瞬間でも着用しており、ドフラミンゴの本心や心内を読み取ることは難しい。つまりドフラミンゴの素顔が気になる所。

(ONE PIECE85巻 集英社)

ただようやくドフラミンゴの素顔を明らかにされたらしい。

コミックス版ではお馴染みのSBS内で読者の「ドフラミンゴがサングラスをはずすと、どんな顔になるのですか?」という質問に、『ワンピース』の作者・尾田栄一郎がなかなかもったいぶって答えてくれました。

サングラスの下にもサングラスを装着するドフラミンゴw

(ONE PIECE85巻 集英社)

ただ結論から書くと、ドフラミンゴは「サングラスの下にサングラスを着用」していたというオチ。

安心して下さい、サングラス着用してますよ。パンツの下にパンツを履いていたみたいなノリ。どこのお笑い芸人だ。

うーん、もしかすると今後のワンピースの伏線になっている or 再びドフラミンゴがストーリーのカギを握るからかも知れませんが、ドフラミンゴの素顔はまだまだ公開しないらしい。「元天竜人」というステータスを考慮すると、ドフラミンゴの利用価値はあるのかも。

でも既にドフラミンゴの素顔(サングラスしてない状況)は一度だけ『ワンピース』の中で公開済みという事実。尾田っち、抜かりましたね(ニヤリ。

ドフラミンゴの素顔は既に公開済み

(ONE PIECE76巻 集英社)

それが『ワンピース』76巻のあるシーン。

ドフラミンゴがかつて天竜人だった幼少期に起きた事件を悪夢として見てしまう。まさに寝汗をかきながらガバッと起き上がった瞬間、そこで一瞬だけドフラミンゴの素顔が描写されています。

具体的には、左コマの目がドフラミンゴの目になります。重たいマブタは、さながらクロコダイルを彷彿とさせます。だからドフラミンゴは性悪のキャラも被ってるクロコダイルに配慮して、きっとサングラスを着用してるんだと思います()。

リアルでもサングラスをかけてる人は、極端に目がキラキラしてる二重まぶたか極端に目が細いかが多い印象。サングラスの目的は、良くも悪くもコンプレックスを隠すためと思われます。

そう考えたら、ご多分にもれないドフラミンゴって可愛いヤツです。

幼少期からドフラミンゴがサングラスを着用する理由

更にドフラミンゴを掘り下げると、じゃあいつからサングラスを着用してたのか?って話。

現在ドフラミンゴは就寝中はサングラスを外しているようですが、前述のようにグラサンが体の一部ってことはありません。しっかり取り外し可能。サングラスをかけたままお母さんのお腹から出てきたはずもありません。

(ONE PIECE76巻 集英社)

残念ながら具体的な時期までは分かりませんが、ドフラミンゴはかなり幼い頃からサングラスを着用していたことが分かります。画像を見る限りは大人バージョンとは形状は異なるものの、ドフラミンゴの独特のセンスが光ります。

でも、いくら天竜人であってもサングラスをかけてる人は少ない。もしかするとドフラミンゴは先天的な病でも抱えてるのかも知れない。かつて【ONE PIECE】Dの一族とは?という考察記事でも触れましたが、天竜人は元々は月の民である説も有力。

そうするとドフラミンゴの目は太陽光に極端に弱い可能性もあるのではないかとドル漫では考察してみる。