【ワンピース考察】くいなとは結局何者なのか?【ゾロの幼馴染】【ワノ国】【光月一族】

ワンピース(ONE PIECE)』で再び脚光を浴びるかも知れないキャラクターが「くいな」。ワンピース1巻に登場しているものの、未だに謎多き少女。

(ONE PIECE1巻 尾田栄一郎/集英社)

そこで今回ドル漫では「くいなの正体」について徹底考察してみたいと思います。もしかすると今後ワンピースで重要なカギを握るかも知れない。

くいなはゾロに完勝した最強の剣道少女

まず最初は「くいなの正体」について解説しておこうと思います。

くいなとは、一心道場の師範・コウシロウの愛娘。同じ道場に麦わらの一味・ゾロがおり、さながら2人は幼馴染の関係性。そして、くいなとゾロはいつも道場で切磋琢磨していた。

(ONE PIECE1巻 尾田栄一郎/集英社)

ただ、くいなはゾロよりも年上ということもあってか非常に強い。どんだけ強いかと言うと、くいなは一度もゾロに負けたことがないのだから驚き。そのため剣道の試合では我らがゾロはくいなにフルボッコされていた。

ちなみに、当時からゾロは二刀流だったらしい。

(ONE PIECE1巻 尾田栄一郎/集英社)

真剣を使った戦いでも、ゾロはくいなに敗北。「私の2001勝目ね」と、くいなはニヤリ。一方、ゾロは今では見られない涙を流して、ザブングル加藤並に「悔しいです」と自身の不甲斐なさを表現。

今のワンピースでは考えられない状況。まさにゾロからしたら黒歴史ってヤツか。

○ゾロは「くいな」のために世界一の剣豪を目指す

ただ一方、くいなは女性であることを思い悩む。今はゾロに圧勝してても、大人になれば男女の体格差は広がる一方。くいなはいずれゾロに負けるだろうと自覚していた。現実世界でもプロであればあるほど、男女間の格差が生まれがち。

(ONE PIECE1巻 尾田栄一郎/集英社)

でもゾロは「いつか必ず俺かお前が世界一の剣豪になる!どっちが早くなれるか競争だ!」と半分本気で宣戦布告したものの、ゾロなりにくいなに対して励ます。この時のくいなとの約束が、ゾロが世界一の剣豪を目指すキッカケになってる。

『ワンピース』では非常に有名な場面。まさに「くいな」こそゾロの出発点。

くいなが強すぎ?ゾロが弱すぎ?

でも、くいなはさすがにいくらなんでも強すぎる。

いくら幼少期とはいえ、ゾロに完勝するなんてさすがに大げさ。きっとJAROなら怒ってくるレベル。そろそろロシアワールドカップですが、いくら弱小のサッカー日本代表でも2000回も戦えば、さすがにブラジルやスペイン相手に一度や二度は勝つことだってあるでしょう。

もしかすると当時のゾロが弱すぎただけ?

ただ結論から書くと、答えはやはり「くいながひたすら強すぎた」だけらしい。ゾロは決して弱いことはなかった。

(ONE PIECE60巻 尾田栄一郎/集英社)

何故なら、サボが革命軍ドラゴンに救出された夜、くいなは剣道の練習をしているのに対して、ゾロは巨大な岩を持ち上げてスクワットするという修行を行ってるから。しかもスクワットの数が600回にも迫る勢い。

これでゾロが弱いはずがないwww

おそらく天賦の才というより、努力の賜物によるものだとは思いますが、ここまで身体能力を強化してるゾロに余裕で勝つ以上、くいなという少女がめちゃめちゃ強かったことは紛れもない事実でありましょう。

【死亡】くいなの死因がひどいwww

(ONE PIECE63巻 尾田栄一郎/集英社)

ただ既にくいなのお墓もあるように、残念ながらくいなは死亡済み。

前述の「世界一の剣豪になろうぜ」とゾロと約束した翌朝、くいなはあることが原因で亡くなってしまう。結果的にゾロは「くいなの遺志」を継ぐカタチで世界一の剣豪を目指している。ゾロの愛刀・和道一文字もくいなの形見。

じゃあ、どういったことが原因でくいなが亡くなったのか?結論から書くと、くいなの死因がヒドい。

(ONE PIECE1巻 尾田栄一郎/集英社)

その死因が「階段で転んで」という呆気ないもの。父・コウシロウも「人間はなんて脆いんだろうね」って言ってるんですが、いやいや脆すぎるやろ。この程度で死んでたら、ワンピースのキャラ全員死亡してるやろ。

まだルフィとかならいざ知らず、ウソップあたりは既に数十回は死んででもおかしくないw

【生存可能性】くいな=海軍たしぎ説

だから、ワンピースマニアの間では「くいなは本当に死んだのか?」といった考察をされるのが一般的。

(ONE PIECE66巻 尾田栄一郎/集英社)

実際、くいなと瓜二つのキャラクターに「たしぎ」という海軍の女兵士がいる。

もし「くいな」が生存していれば、ちょうど「たしぎ」ぐらいの年齢になってる。また、たしぎのような見た目になっている可能性が高く、ゾロもたしぎの姿とくいなの面影を重ねることがしばしば。

(ONE PIECE1巻 尾田栄一郎/集英社)

特に自分が女性であることにひどく「劣等感」や「コンプレックス」を持っている点で、たしぎもくいなも共通してる。画像は「女の子が世界一強くなれないってパパが言ってた」と涙するくいな。

(ONE PIECE12巻 尾田栄一郎/集英社)

一方、たしぎも完敗を喫して手心を加えられたゾロに対して、「私が女だからですか」と詰め寄る場面。ゾロはゾロで泣きたしぎと重ね合わせるものの、くいなとたしぎは実際にワンピース内でも同一人物かのように描写されてる。

○名前からも分かる二人の共通点

他にも、くいなもたしぎには更に共通点が存在。そのことが「くいな=たしぎ同一人物説」を更に疑わせる根拠となってる。

実は、くいなもたしぎも「鳥の名前」をモチーフにしたキャラクター名で同じ。

「くいな(水雉)」は普段は「水田などに生息」する半夜行性の鳥のこと。一方、「たしぎ(田鴫)」は世界各地に生息し、日本だと春や秋に飛来する「渡り鳥」のこと。「ワンピースの扉絵伏線一覧」でもまとめましたが、意外と鳥に関するネタが多い漫画。

そのためグランドラインに到達できなかったのが「くいな」名。グランドラインにに到達できたのが「たしぎ」名で使い分けられた可能性。少なくとも、ワンピースの作者・尾田栄一郎が何かしらの意味や伏線をくいなたち2人の名前に込めたことは間違いないはず。

「光月くいな説」なるものを検証してみた

そして、最近どっかのワンピース考察サイトで確認して、ちょっとハッとした「くいな」に関する考察がありました。

それがモモの助などと同じように、「くいなは光月一族の一人ではないか」という考察。正直、意外な盲点でした。ただスマホのマイフィードに表示されてただけなので、サイト名は失念。確か拾い画など使って毎週ネタバレしてる数あるワンピースブログの一つ。

そこでドル漫でも「くいなは光月一族説」を検証してみたいと思います。

『ワンピース』も現在までに90巻程度の巻数が発売されてるだけあって、これまで様々なキャラクターの本名が判明済み。それにも関わらず、くいなやコウシロウも「名字」は未だに不明のまま。

確かにくいなやコウシロウの本名になにか伏線が隠されてる可能性はあり、その一つが「光月一族」である可能性は否定できない。ただ結論から書くと、光月くいな説は考察としては微妙だとドル漫では判断します。

○くいなの死は隠蔽されてるらしい?

一応、光月くいな説の根拠としては、「くいなは世界政府に狙われる重要人物の家系であり、死亡は偽装である」という考察や予想に成り立っている。でもうーん、分かるようで分からない。

理由はシンプル。

何故なら光月くいな説とやらは、くいなとコウシロウの関係性がどうやら弟子師匠の関係としか見ておらず、肝心の「親子関係」であることを見逃しているから。これではくいなの生死だけが偽装されて、何故コウシロウがのうのうと生きたままなのかを説明できない。

さすがに強引な考察。

また「光月家」と限定してしまうと、くいなやコウシロウがポーネグリフと関連性があるという伏線に繋がる。光月家はロードポーネグリフありきの重要な存在。確かに伝承手段が光月おでんで途切れてる以上、コウシロウが古代文字が読める可能性もゼロではないもの…。

だから非常に面白い考察だとは思いましたが、それでも光月くいな説は個人的に微妙。今後のワンピースのストーリーを考えれば、光月家説に寄り立ってしまうと「くいな」をかえって再登場させづらくなると思います。

くいなやコウシロウがワノ国・サムライである可能性が高い!

でも逆に考察すると、くいなやコウシロウが「ワノ国出身」である可能性は高いとドル漫では考察します。「くいな」「コウシロウ」「たしぎ」など日本的なキャラクター名からもほぼ間違いないと言ってもいいぐらいか。

つまり、くいなやコウシロウは「サムライ」の可能性が考えられる。くいなの圧倒的な強さもサムライの血を引いているから、と考察すればすごく自然。巨大な岩を背負ってスクワットしてるゾロをフルボッコできるって、なかなか普通では考えられない。

少女・くいながここまで異様に強い以上、コウシロウは更に強いはず。ましてやワノ国に登場するサムライは言わずもがな。ただ鎖国国家・ワノ国から海外に出てる点で、やはりコウシロウやくいなは異質。

そのためコウシロウはサムライの中でも更に異端である可能性がありそう。ワノ国の人間であれば良くも悪くも誰でもコウシロウの存在を知っており、ゾロもきっと驚きそう。そこから「ゾロの過去」にいよいよ踏み込んで描写されるのかも。

○「くいな=たしぎ説」を裏付ける根拠がメガネ

でも、やっぱり疑問なのが「くいなの死因」。ここまで強いサムライの末裔が、単に階段で転んだだけで死亡するのかって話。当然、この疑問の行き着く先が前述の「くいな=海軍たしぎ説」。

結論から書くと、やっぱりくいなは何らかを経由して海軍に入った可能性は高いと考察される。

この根拠の一つが、海軍兵士・たしぎの「メガネ」。たしぎは事あるごとにクイクイっとメガネを調整してるのはワンピース読者なら誰でも覚えてるはず。一方、くいなの父であるコウシロウもメガネをかけてる。

つまり、くいなは幼少期こそ裸眼でしたが、成長するにつれて近眼になった可能性が考察される。たしぎが執拗にメガネをクイクイっとさせるのも、父である「コウシロウの遺伝」を暗に伝えてる伏線の可能性。

コウシロウは革命軍メンバーだった!?

そこで新たに浮かび上がる考察が「くいなの父・コウシロウ=革命軍メンバー」説。

(ONE PIECE60巻 尾田栄一郎/集英社)

この考察を裏付けるのが、先程の革命軍メンバーが東の海のとある港村にやって来た場面。ゾロとくいなが修行に明け暮れている最中、その背後では革命軍の船が確認。この場面は革命軍リーダー・ドラゴンがサボを救出した伏線。

ただこの場面で「もう一つの伏線」が隠されてるとしたらどうだろう?

○革命軍はシモツキ村のコウシロウに会いに来た?

結論から伏線の答えを書いてしまうと、「革命軍メンバーがコウシロウに会いに来た」という可能性が考察されます。何故なら、確かにサボがドラゴンに救出されてはいるものの、あくまで結果論にすぎない。

じゃあ何故革命軍が東の海にやって来たかまでは未だに解明されてない。しかもルフィたちがいるフーシャ村ではなく、くいなやゾロがいるシモツキ村周辺に革命軍が降り立っているのか?

でも革命軍の動機が「コウシロウに会いに来た」と仮定すれば、コウシロウそのものが革命軍メンバーである可能性がもっとも考えられる。仮にメンバーではなくても、コウシロウが革命軍と繋がっているのは間違いないか。

(ONE PIECE63巻 尾田栄一郎/集英社)

また、くいなの墓の隣には「イワンコ…」と書かれた謎の墓標も確認できる。イワンコフとは革命軍の幹部。何故イワンコフの墓があるのかは不明ですが、もしかするとこの場所で連絡を取り合っていた可能性。

少なくとも、革命軍とコウシロウの関係性を匂わす点では十分。その過程で娘・くいなが海軍に入れられた可能性があり、またくいなの記憶が欠落してるのもベガパンクの存在を考慮すれば何も違和感はない。

しかもDの一族との関連性も考えられる。何故なら、「シモツキ(下月)」という村名がカギ。Dの一族はことごとく「月」に関係してきた。光月一族も含めて、くいなやコウシロウの存在はワンピース当初から重要な意味や伏線をはらんでいる可能性も。

ワンピースは今後ワノ国に舞台を移し、革命軍のメンバーが活躍すると思われるため、もしかするとたしぎの存在も含めて「くいなの謎」が解明されるかも?