【ワンピ考察】サンジがタバコを吸い続ける意外な理由とは?【喫煙】

少年ジャンプで連載中の面白いバトル漫画が『ONE PIECE』。

このワンピースの名物キャラクターと言えば、やはり麦わらの一味メンバーのサンジ。「黒足のサンジ」という異名を証明するようとにかく蹴りが強いキャラクター。

(ONE PIECE51巻 集英社)

でもサンジの本職は料理人(コック)のくせに、常にタバコを吹かしてるのが特徴。

アメリカ版のアニメ『ONE PIECE』では、タバコの部分がキャンディーか何かに変更されてることは有名な話。日本のPTAがどう主張してるか知りませんが、確かに教育上はタバコ描写はよろしくなさそう。

いや、そもそもタバコは味覚や嗅覚を損なうため、料理人・コックとしては致命的なんじゃね?設定的にどうなんだ?じゃあ何故サンジはわざわざ喫煙し続けるのか?ってワンピース読者なら一度は疑問を抱いたはず。

そこで今回ドル漫ではサンジが今でもタバコを吸い続ける理由を徹底考察してみました。そこには意外な理由が隠されていたらしい。

喫煙することでゼフに「大人」と認められたいサンジ

結論から答えを書いちゃうと、サンジがタバコを吸い続ける理由は「ゼフ」にあります。

ゼフとは海上レストラン・バラティエの総料理長。サンジを幼少期から面倒を見ていた父親代わりの元海賊。ゼフは元海賊だけあって割りと気性が荒く、サンジが大人になった後も「チビナス」と別称で呼ぶこともしばしば。

(ONE PIECE8巻 集英社)

ただ様々な経緯もあってサンジはゼフを心の底からリスペクトしており、このゼフに大人として認められたいがためにサンジは子供の頃からタバコを吸うようになった。これがサンジが喫煙を始めた理由。

でもサンジは既に20歳を超えた大人に成長済み。ゼフとの感動的な別れ際にはチビナスではなく、「サンジ」としっかり名前で呼んでくれた経緯もある。もはやサンジがタバコを吸う理由は、既にないと言っても過言ではない。

それにも関わらず、何故サンジは今でも喫煙し続けるのか?

サンジが「タバコをやめる」のはワンピース完結時?

筆者ドルジ露瓶尊が考察する理由はシンプル。

サンジは少なくとも自分でまだ「未熟」だと思っているから。料理人としても海賊としても、サンジは今でもどこかで「ゼフは超えられていない」「まだ認められない存在」と自覚してる。だから無意識的にタバコを吸い続けてる。

もしドル漫の考察が正しいと仮定すると、それは壮大な伏線。つまり『ONE PIECE』が完結してゼフとの再会した暁にはサンジはタバコを止めるのかも知れない。ここまで執拗なまでにサンジの喫煙描写を描き続ける理由は、この壮大な伏線を機能させる意図が隠されている。

『ワンピース』の作者・尾田栄一郎ならやりかねない。

ちなみにゼフはおすすめジジイキャラランキングにも選んでるので、あとでチェックしてみてください。『ワンピース』以外の漫画からもクソジジイキャラを17名ほどピックアップしております。

サンジ以外に喫煙してるワンピースキャラクターは?

(ONE PIECE79巻 集英社)

ちなみに『ワンピース』の中でタバコを吸うキャラクターには、海軍本部元帥・サカズキなどがいます。厳密にはタバコではなく葉巻ですが、怖すぎ。海軍強さランキングでも言及しましたが、海軍ではほぼ最強。

おそらくサカズキが喫煙する理由は特にないとは思うんですが、自身の能力(マグマグの実)で葉巻が燃え尽きないんでしょうか?

他にも最近ワンピースで登場した革命軍メンバーのベロ・ベティも喫煙者。意外と探せば喫煙者のキャラクターは多いらしい。