【ワンピ考察】サンジがタバコを吸い続ける意外な理由【喫煙】

スポンサーリンク

少年ジャンプで連載中の人気バトル漫画といえば、やはり『ONE PIECE』。「漫画ワンピースが面白いたった4つの理由」という考察記事もチェックしてみて下さい。

このワンピースの名物キャラクターと言えば、やはりサンジ。「黒足のサンジ」という異名にもあるように、とにかく蹴りを主体としたバトルを展開する強者。

(ONE PIECE51巻 集英社)

でもサンジの本職は料理人(コック)のくせに、常にタバコを吹かしてるのが特徴。アニメ版『ONE PIECE』はアメリカだと、タバコの部分はキャンディーか何かに変更されてるらしい。日本のPTAがどう主張してるか知りませんが、確かに教育上はタバコ描写はよろしくなさそう。

いや、そもそもタバコは味覚や嗅覚を損なうため、料理人・コックとしては致命的。設定的にどうなんだ?じゃあ何故サンジはわざわざ喫煙し続けるのか?そこには意外な理由が隠されていたというのが今回のONE PIECE考察記事になります。

喫煙することでゼフに「大人」と認められたいサンジ

結論から答えを書いちゃうと、サンジがタバコを吸い続ける理由は「ゼフ」にあります。

ゼフとは海上レストラン・バラティエの総料理長であり、サンジを幼少期から面倒を見ていた父親代わりの元海賊。元海賊だけあって割りと気性が荒く、サンジが大人になった後も「チビナス」と呼ぶこともしばしば。ただ様々な経緯もあってサンジはゼフを心の底からリスペクトしてる。

(ONE PIECE8巻 集英社)

このゼフに大人として認められたいがためにサンジは子供の頃からタバコを吸うようになった。それがサンジが喫煙を始めた理由。

でもサンジはある程度は大人に成長済み。ゼフとの感動的な別れ際にはチビナスではなく、「サンジ」と呼んでくれた経緯もある。既にタバコを吸う理由は、そこまでないはず。それでもサンジはまだまだ20代前半の若者に過ぎない。

だからサンジは今でもどこか大人になりきれていない未熟者、ゼフにはまだ認められない存在と自覚してるからこそ、無意識的にタバコを喫煙してるのかも知れない。

そう考察するのであれば、もしかすると『ONE PIECE』が完結してゼフとの再会した暁にはサンジはタバコを止める可能性もありそう。ここまで執拗なまでにサンジの喫煙描写を描き続ける理由は、そういった壮大な伏線として機能させる意図が隠されている可能性もありそうです。

(ONE PIECE79巻 集英社)

ちなみに『ワンピース』の中でタバコを吸うキャラクターには、海軍本部元帥・サカズキなどがいます。タバコではなく、もはや葉巻。つか怖すぎ。おそらくサカズキが喫煙する理由は特にないかと思われます。