【ワンピース考察】パンダマンの「正体」はシャンクスだった?悲しすぎる過去とは?【パンダウーマン美】【悪魔超人 年齢 声優】

『ONE PIECE』でちょくちょく話題になる存在が「パンダマン」と呼ばれるキャラクター。ワンピースマニアであれば誰でも知っていると思いますが、そこまでライトなワンピースファンだと知ってるようで知らない微妙な存在。

5ff81599a3941c9f6dbc4cb41f4fd1c1 335x370

(ONE PIECE7巻 尾田栄一郎/集英社)

そこで今回ドル漫はワンピースの名物キャラクター・パンダマンの正体について今更ながら考察してみた。

パンダマンとはワンピースの隠しキャラクター

まずは「パンダマンの正体」についておさらい。

パンダマンとはいわゆる「ワンピースの隠しキャラクター」。

隠しキャラクターはディズニー映画でもたまに話題として取り上げられますが、パンダマンもONE PIECE作中では堂々と登場しません。本当に隅の方にパンダマンがちょこっと描かれてるだけ。「ホンマにこれ誰気付くねん」というさながらウォーリー状態。

だからパンダマンを知らなくても致し方なしか。

3f4c2037efabacf7ed94499b5757b065

(ONE PIECE53巻 尾田栄一郎/集英社)

パンダマンにも物語が用意されており、意中の女性は「パンダウーマン美」とのこと。画像は女ヶ島でルフィとボア姉妹の戦いを観戦してる場面。他にも「トマトギャング」や「ユルスマジマスク」いったパンダマンの関連キャラもおります。

ちなみに、パンダマンはアニメ版ワンピースやゲーム版ワンピースにも何度か登場しており、パンダマンの声優は大場真人。またパンダマンの懸賞金も設定されており、333万ベリーとのこと。パンダの主食である「笹(ささ)」が由来のはず。

ワンピースの懸賞金ランキングには含めてませんが、興味があれば別記事もご参照下さい。

d-manga.net

パンダマンはキン肉マン向けに作られた悪魔超人

5ff81599a3941c9f6dbc4cb41f4fd1c1 335x370

(ONE PIECE7巻 集英社)

結論から書くと、ワンピースの作者・尾田栄一郎がゆでたまご作の『キン肉マン』向けに開発されたキャラクター。実際、1998年に発売された『キン肉マン 77の謎』にパンダマンが掲載されているそう。

残念ながら現在は絶版になっており、電子版も発売されていないため筆者は確認できず。つまり、パンダマンの正体は悪魔の実の能力者ならぬ「悪魔超人」だったというオチ。それなら懸賞金333万ベリーとそこそこの額も納得。

そのためパンダマンはレスラーという位置付け。画像では見切れていますがリングシューズを華麗に履きこなしています。パンダマンの必殺技は「SPD(笹の葉パンダドロップ)」と「ジャイアントパンダデスロック」とのこと。

d-manga.net

【年齢】パンダマンの過去が悲しすぎた件

だからパンダマンは割りと悲しい過去を持ってる。

例えば、パンダマンは赤ちゃんの頃に竹やぶに捨てられ、その後パンダに拾われて育てられた過去がある。そのため生まれも中国のチベット自治区。おそらく笹で育てられたはずですが、パンダマンの身長は200cm、体重122kgと発育抜群。

しかしながら、パンダマンは自分でも年齢を把握してないらしい。一応、パンダマンの誕生日は2月29日と判明してるようですが、この理由は「普段は隠れているから」とのこと。4年に1回しか誕生日が来ないって、どこの日暮熟睡男。

パンダマンの出生は更に悲しく、子供時代に「おれはかぐや姫を見たことがある」と周囲に言ったらイジメにあってしまい、そこから強くなろうと決心したとのこと。まさに明るい過去を一切持たないパンダマンに草不可避。根暗で話しかけられないから影にいつも隠れているのか。

d-manga.net

パンダマンの正体は赤髪のシャンクスだった?

そして、更にパンダマンの正体が一部ネットで話題になりました。

c0c5f9a04957482ad7e5ac99a01f5f67

(ONE PIECE95巻 尾田栄一郎/集英社)

結論から書くと、パンダマンの正体は赤髪のシャンクスだったとのこと。発売されたばかりのワンピース95巻の裏表紙を見ると、シャンクスが一度っていた場所に堂々とパンダマンの姿があった。これはパンダマンの正体がシャンクスだった何よりの証拠?

確かに麦わらの一味のルフィが旅する場所にパンダマンが常に現れていた。赤髪のシャンクスが正体だったとしたら、常に息子のように可愛がるルフィを見守っていたとしたら納得。シャンクスは自らの正体がバレないようにパンダに扮装していた?

つまり、ワンピース最終回にもパンダマンが大きく関わってくる?

ただし、もちろんネタ。

c0c5f9a04957482ad7e5ac99a01f5f67

(ONE PIECE77巻 尾田栄一郎/集英社)

何故なら、かつてはドフラミンゴが描かれていた場所にパンダマンの姿も描かれたことがあるから。つまり、シャンクスの位置にパンダマンが描かれていたことに特に深い意味はありません。

だからパンダマンは隠しキャラクターで本編中は探しづらいものの、ワンピースの単行本コミックのカバー裏にはほぼ毎回堂々と出演してる。もしワンピースの単行本コミックを持ってる方がいたら、是非カバーを外してパンダマンを確認してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました