【約束のネバーランド】ソンジュとムジカの正体まとめ【マンガ考察】

スポンサーリンク

最近、面白いマンガと話題の『約束のネバーランド』は現在少年ジャンプ(集英社)で連載中。あまり巻数が発売されてないこともあって、テキトーに『約束のネバーランド』の考察記事を増やしていこうかと模索中。予定は未定。

(約束のネバーランド6巻 白石カイウ 出水ぽすか 集英社)

そこで今回取り上げるのはソンジュとムジカ。『約束のネバーランド』の主人公・エマたちは農園を脱獄した後、初めて出会った知性鬼。

普通なら鬼は人間を食うはずなんですが、何故かソンジュとムジカはむしろ逃走の手助けをしてくれる謎の存在。ということで私ドルジ露瓶尊が「ソンジュとムジカの正体」を簡単に考察していこうと思います。

ソンジュとムジカが人間を食べない理由

ソンジュとムジカの最大の特徴は「鬼でありながら人間を食べない」こと。

理由はシンプル。ソンジュとムジカは鬼であるにも関わらず、知性が高すぎるが故なのか特定の宗教を信仰しているから。人間社会でも特定の宗教では牛や豚などを、汚れた動物もしくは神聖な動物として食べません。それと同じような理屈。

食事の直前には神に祈りを捧げるなど、ソンジュもムジカも宗教に対する信仰度は深い模様。明らかに人肉農園を運営する鬼たちとは異質。ソンジュ曰く、「社会の異端者」と自らを称しています。

どういった宗教であるかというと、「原初信仰」。人工的に作られた命は食べてはいけないというもの。主人公のエマたちは人工的に生産された食用児であり、なおかつ鬼の世界に人間がいないため、あくまでソンジュは結果的に人間を食べないだけ。

ただソンジュの本性は残忍な鬼

(約束のネバーランド6巻 白石カイウ 出水ぽすか 集英社)

つまり実はソンジュの本性は、あくまで残忍な鬼に過ぎない。ソンジュは1000年前に人間社会と鬼社会が分断された過去を知ってるんですが、逆に言えば当時ソンジュは人間を食い漁っていた側。

だからソンジュは一見すると気さくな一面を見せるものの、エマたちを救出する理由はあくまで「自らの欲望」を満たすための打算。もしエマたちが子供を産み育てて人間社会を形成できれば、その人間は「神が作り出した命」ということでソンジュは食べることが可能。

しかもソンジュはめちゃくちゃ強い

主人公・エマたちを追ってきた農園グレイスフィールドの管理鬼たちを瞬殺するほど。だったらエマたちを直接支援すればいいものの、何故かしてない。知性が高すぎるが故の欠点というのか、宗教に強く縛られてる点など「鬼の弱点」が足を引っ張るのか。味方であれば心強いが敵ならば…という典型か。