ワンピース最新942話 ネタバレ感想!最新943話の展開予想まとめ!

『ワンピース』最新942話のネタバレ感想をレビュー。

そういえば、最近「チャンネルがーどまん」とかいうYoutuberの動画に、ドル漫の海軍大佐・コビーの考察記事の画像が使われてて驚いたんですが、サイトのURLの部分だけご丁寧に切り抜いててワロタwww

ちゃんと俺のURLも載っけとけよ。ただの乞食(こじき)の分際で、他人様を宣伝したくないとかエグいてぇぇぇ!!!本当に厚かましい短小ポコチンヘッドやで。

d-manga.net

ワンピース最新942話までのあらすじまとめ

ということで、まずはワンピース最新942話までの展開をおさらい。

前回は花の都を騒がせていた丑三つ小僧の正体が発覚。その正体がえびす町にいた「トの康」だった。しかも、トの康はかつて白舞を支配していた大名・康イエ。

この事実を知って震えたのが、現在ワノ国を統治する黒炭オロチ。思わず「なぜ奴が生きている!?」と愕然とするものの、妙案を思いつく。それが小紫の葬儀と共に丑三つ小僧を処刑すること。

そして、丑三つ小僧の正体を知って愕然としたのがおトコ。何故なら、トの康の実の娘だったから。小紫こと光月日和、ゾロ、ブルックは花の都に向かう。

さらには根城を燃やされたアシュラ童子、それを焚き付けた錦えもんは、百獣海賊団のホールデムがいる博羅町に向かう。一方、丑三つ小僧の処刑を知ったホールデムは花の都に向かう。

d-manga.net

果たして、ワンピース最新942話では花の都に何が起きるのか?

d-manga.net

康イエ、死す!

ワンピース最新942話の感想ですが、さっそくクライマックス。

(ONE PIECE最新942話 尾田栄一郎/集英社)

結論から書くと、トの康こと康イエが処刑されます。また康イエの本名が「霜月」であることが判明。光月おでんとの過去エピソードが披露されるなど、どうやら立場的には「トの康>>おでん」だった模様。

d-manga.net

そのため康イエの年齢は現在50歳前後と予想されます。他にも4名の大名がワノ国にいたため、今後ワンピースで登場しそう。名字は「光月」「霜月」と来たため、パターン的には「月」が入った名字になりそう。

またトの康は丑三つ小僧と目されていましたが、どうやら間違っていた模様。本人曰く、「アレはウソ」と証言し、トの康の正体はねずみ小僧だった。ここにトの康がわざわざ捕縛された理由もあった。

百獣海賊団バジル・ホーキンスディエス・ドレークの発言を聞く限り、もしかするとトの康は光月日和が生存してる疑いを少しでも晴らそうとする狙いがあったのか。

ただし、トの康は光月日和の正体を知っていたかどうかは不明。

○今後はトの康の「計画」がベースで話が進む?

既に黒炭オロチにバレてしまった判じ絵を自ら作ったイタズラとうそぶき、トの康は「新たな集合場所」を用意。錦えもんの計画を一度白紙に戻し、今後はトの康の計画をベースに鬼ヶ島に乗り込む模様。

だからゴール自体は変わってない。

トの康は城から飛び出てきた黒炭オロチに対して、「お前の心の呪縛を詠んでやろう。器の小さき男には、一生食えぬおでんに候」と光月おでんに実質未だに敗北している状況を皮肉る。

怒り狂った黒炭オロチは銃口を向け、その他の配下も次々とトの康に向けて発砲。娘のトコも含めて、康イエを信奉していたかつてのワノ国の住民たちも泣き叫ぶ…かと思いきや大爆笑。

d-manga.net

光月日和曰く、「SMILEという果実のせいでワノ国・えびす町の住民たちは笑顔以外の表情が奪われた」とのこと。そして、次号に続く。

ワンピース最新943話の展開予想

ということで、続いてはワンピース最新943話を予想。ちなみに次号の少年ジャンプは休載されるため、厳密に次のワンピース最新話が掲載されるのは5月最後の月曜日になります。

今週号の最新942話をおさらいしておくと、トの康は計画に参加するわけではなく、自らの命と引き換えにトの康は「次世代の侍たち」に未来を託した。また黒炭オロチとの血縁関係は触れられてなかったので、どうやら間違いだった?

あとトの康の年齢。

光月おでんより年上で現在50歳前後と仮定すると、年齢10歳にも満たないト子が生まれたタイミングはかなり最近。約20年前からえびす町で隠れており、何をしっぽりやってんねんという。

もちろんトコが養子だった可能性も考えられますが、トの康の最期の「お前を残してゆく父を」という発言を聞く限り、おそらく血が繋がっているはず。そのため今後、トコの母親(トの康の奥さん)が登場する可能性もあるか。

ただ一方で、光月日和(小紫)が生存していた状況を考えると、最終的にトの康が生き返る可能性もゼロではないのか。まだ日和の謎が解明されてないままなので読めない部分も多い。

d-manga.net

またトの康の正体がねずみ小僧だと発覚したため、消去法的には赤鞘九人男の傅ジローの正体は「丑三つ小僧」の可能性が高くなった感じ。もう少し話が進めば再編集予定。

○SMILEの製造方法には「人間の表情(感情)」が必要だった?

d-manga.net

他にも、SMILEに関しても謎が新たに増えた。光月日和の発言を聞く限り、えびす町の人間が人造悪魔の実の能力者だった可能性もありますが、さすがにカイドウはそんなムダなことはしないはず。

だから、SMILEの製造方法に「人々の表情」という要素・素材が必要だったのかも知れない。百獣カイドウがワノ国を植民地支配したのも、そういった市民の犠牲を必要としたからか。

悪魔の実には「悪魔の魂」が宿っているとされておりますすが、もし人為的にSMILEを製造する場合、人間の感情を魂の代わりに憑依させなければいけなかったのか。

ただ、このままの流れで考えると、光月日和がSMILEの謎をゾロに暴露しそうですが、ワンピースは割と話がアチコチ飛ぶ。そのため再びビッグマム・クイーン・ルフィの兎丼に話が飛びそう。

そこで別視点からトの康の正体やワノ国の過去が明らかにされるか。他にも、ここまで花の都が大騒ぎになった以上、カイドウが黒炭オロチを問い詰めるシーンなども予想されます。

少なくとも、黒炭オロチのワノ国における立場は少し危うくなり、アシュラ童子など反目しあってた侍たちは結束する流れになりそう。

d-manga.net

コメント

  1. TKNM より:

    霜月康イエってことはシモツキ村との関係が濃厚ですね。シモツキ村はワノ国からの移住者たちが作ったとの考察がありますが、ワノ国全域なのか霜月家が治めていた白舞なのかわかりませんが、霜月家の誰かが先導して移住したのは確かでしょうね。ドル漫の考察通りならオロチも霜月オロチなのか?(モデルが北朝鮮ってのは笑いましたw)コウシロウもくいなも霜月家の血筋なんでしょうか?そうなるとゾロはワノ国(or霜月家)と東の海のハーフって可能性もありませんか?そうなると最新話でゾロがオロチを殺そうとしたのはすごい話だなって思えてきます。