【2017】恐怖!マジでビビるおすすめホラー漫画14選【ランキング】

スポンサーリンク

管理人・ドルジ露瓶尊はこれまで何千冊以上の様々なジャンルの漫画のレビューしてきました。レビューの情報量はおそらく誰にも負けていない自信があります。もしドルジ露瓶尊を超える漫画ブログがあったら教えてほしいです。

そこで今回は絶対ビビってしまう閲覧注意の「おすすめの恐怖ホラー漫画」をピックアップしたいと思います。ホラーはマンガの中ではややマイナーなジャンルではありますが、だからこそどのホラーマンガがおすすめか分からない人も多いはず。是非購入するときの判断にしてください。

ちなみに若干ネタっぽいホラー漫画も含めてますが、思ってるより本気で怖いホラーマンガも多く紹介してるので嫌な方はスルー推奨。あとホラーだけだと数が限られるので、「サイコサスペンス」や「オカルト」などジャンルを幅広く解釈してるのは悪しからず。

地獄先生ぬ~べ~…おすすめホラー漫画

まずは1990年代を代表するホラー漫画と言えば『地獄先生ぬ~べ~』。鬼の手を持つ小学校教師・鵺野鳴介(ぬえのめいすけ)が主人公。通称ぬ~べ~。生徒たちに襲いかかる妖怪たちをバッタバッタと倒していくというストーリー。

ホラー+バトル描写という小気味良いコラボが受けたのか、『地獄先生ぬ~べ~』は少年ジャンプで人気を博しました。当時としては異例の全31巻も連載が続き、まさに長編ホラー漫画として歴史を刻んだと言っても過言ではありません。

地獄先生ぬ~べ~ 4巻

『地獄先生ぬ~べ~』自分が小学生時代にリアルタイムで読んでたホラー漫画なんですが、ちょうど年齢がキャラクターと同じ年齢だったので記憶が鮮明の残っています。特に作画・岡野剛が描く妖怪描写が気持ち悪い。「てけてけ」や「トイレの花子さん」といった妖怪にかなりビビった記憶があります。

ただ全体的に読むと、ホラー要素はちょうど良いレベルに収まってる。また一話完結のオムニバス形式は読みやすく、程よいギャグとお色気シーンやバトルシーンを程よく織り交ぜることで気付くと読まされてる。だからホラー漫画にありがちな読み味の悪さには乏しく、『地獄先生ぬ~べ~』は万人におすすめできると思います。お色気シーンは過度な期待は禁物ですが(笑)

地獄先生ぬ~べ~NEO8巻

ちなみに現在は『地獄先生ぬ~べ~NEO』としてグランドジャンプに続編が今でも連載が続いてます。

続編だけあってぬ~べ~の教え子・稲葉郷子が再登場。ぬ~べ~と一緒の学校で働く中で、再びお馴染みの展開に発展します。他にも立野広はセリエAのサッカー選手として活躍していたり、鵺野鳴介とゆきめの息子も登場したりスピンオフ要素も多めか。

他にも『霊媒師いずな』といったスピンオフ漫画も発売されるなど、おそらく自分と同じようにリアルタイムでハマった年代から今もなお購入されてる人気ホラー漫画だと分かります。良くも悪くも、現在の『地獄先生ぬ~べ~NEO』は当時の世界観のまま読めるので安心して購入できます。