【ルフィ考察】ギア0の驚愕の能力&正体まとめ【ギア零】【ONE PIECE】

ワンピースの主人公・ルフィの必殺技と言えば、やはり「ギア2」や「ギア3」などのギアシリーズ。ルフィが本来持っている「ゴムゴムの実の能力」を更に強化できるというもの。

このギアシリーズの最新バージョンが「ギア4」。ルフィが武装色の覇気を全身の肉体に組み混むことで、バウンドマンやスネイクマンなど様々なモードに変身するというもの。

そこで今回ドル漫ではルフィの新たなギアシリーズとなるであろう「ギア0(ギア零)」について徹底考察してみようと思います。ちなみに本来は読み方はカタカナ表記なんですが、現在ワンピースはワノ国編ということで漢数字にしてみた。

ギア0は「あらゆるもの」を零にできる?

これまでの『ワンピース』を振り返ってみると、ギアシリーズはあくまで「ルフィ自身」に作用する能力ばかりでした。でも、ギア0は悪魔の実の「覚醒」のように他人に作用する能力であればどうでしょう?

例えば、最近登場した悪魔の実の「トキトキの実」を参考にすると、ギア0が「時の流れ」もゼロに止める能力であれば、海軍大将の黄猿・ボルサリーノ神エネルの高速移動も捉えることができるはず。

また逆にギア0が「敵の防御力をゼロにできる」と仮定すれば、ルフィでも四皇最強クラスカイドウ相手にも十二分に勝てそう。さながら『HUNTERxHUNTER』の念の系統で例えるなら「強制絶」みたいなもん。

また既にドル漫では「七つの大罪最強ランキング」なども考察済みですが、例えばバンのように敵の防御力や運動能力を奪って0にするだけではなく、それを吸収して自身の戦闘力を強化できても面白そう。

ギア0がこういった能力であれば、他のギアシリーズとの相性も抜群で応用し放題。

ただ、ゴムゴムの実も所詮は超人パラミシア系悪魔の実。あくまでギアシリーズは「ゴムの力のみ」を活かしてきた慣例を見ると、やや飛躍し過ぎかつ神がかり的すぎる考察か。

実際、黒ひげ(マーシャル・D・ティーチ)の「ヤミヤミの実」の能力の本質が「敵の能力無効化」。これをたかだかゴムゴムの実が付加能力程度で上回ってしまったら、まさに黒ひげの立つ瀬がない。

【考察】ギア零は主に「防御」系か?【ギア0】

そこでドル漫の結論を書くと、おそらくギア0は「防御系」が主に中心の能力になるのではないかと見る。

何故なら、これまでのギアシリーズは攻撃が中心だったんですが、そろそろ応用するにしても限界に近い気がするから。覇気も既に取り込んでる現状、次は「覚醒」ぐらいしかギアシリーズに応用するものがない。

だから例えば、ギア0は自身の防御力を単純に高める能力とすればどうでしょう。ルフィの悪魔の実は「ゴムゴムの実」ですが、ゴムの弾力を限りなくゼロに近付けることで「肉体の硬度」を極限まで高めることが可能になるはず。

他にも、ギア0は相手の攻撃を限りなくゼロに近付けることも可能なのではないか。最近は日本企業の不正行為ばかりが目立ちますが、例えばビルの免震装置にゴムのダンパーなどが使用されてる。

このゴムの性質や能力を応用して、ギア0ではゴムの力で衝撃を限りなく吸収できれば、敵の攻撃やダメージを限りなくゼロに近付けることも可能になるはず。

強いて言えば、今回の考察はあくまで敵の攻撃を無効化する程度に過ぎない。ギア0で最終的に敵を倒そうと思うと、必殺技としての決め手に欠けるのが難点。

そこで「ギア1(ギアトップ)」の可能性もネット上では予想されていたりして、既にルフィ vs カイドウ戦で惨敗を喫している以上、今回のギア0も含めて『ワンピース』ではおいおい明らかになっていくと思います。

ちなみに【ワンピース考察】ギア5まとめ【ワンピース考察】ギア6まとめなども既にドル漫では予想済み。主に悪魔の実が「覚醒」した後の展開を中心に考察してるので、もしギア0などに興味がある方ならご参照ください。