【ワンピース考察】ナンバーズの「ヤバい正体」がついに判明?八茶などメンバー一覧まとめ!古代巨人族?ゴッドバレー島の生き残り?【百獣海賊団】

現在はワノ国編の真っ最中。このワノ国編のボスが黒炭オロチと百獣のカイドウ。

オロチには狂死郎といった武闘派の最側近の部下がいましたが、既に赤鞘九人男傳ジローと判明済み。もはやオロチを支える強い部下はお庭番衆ぐらいしかいない。それだけに敵勢力にとってカイドウの百獣海賊団の戦力が今後の鍵を握る。

dcff85ad96477a1734f86b7dc1fe3462 391x430

(ONE PIECE95巻 尾田栄一郎/集英社)

その百獣海賊団の中でも正体不明だったのが「ナンバーズ」。割と後出しジャンケン的に登場したこともあってか、未だに謎が多い。ワノ国は鬼ヶ島がモチーフのため、まさにシルエット姿からはナンバーズは「鬼」を彷彿とさせます。

でもナンバーズのメンバーがようやく判明しました。そこで今回ドル漫ではナンバーズのメンバー一覧や正体について迫っていこうと思います。果たしてナンバーズのヤバすぎる正体とはいかに?

d-manga.net

八茶…ナンバーズメンバー

まずは最近判明したメンバーを解説していこうと思います。

d7cda67d1b3d4671c77f7c398445c544 500x363

(ONE PIECE981話 尾田栄一郎/集英社)

最初のナンバーズのメンバーは「八茶」。読み方は「はっちゃ」。八茶は見た目的には完全に大木凡人かサモ・ハン・キンポーですが、注目は「巨人族よりも巨大」なこと。またグループ名が数字(Numbers)だけあって、名前には「数字の8」が入ってる。

150f7812d0f4c17fb89e2d1318bd9ae1 448x430

(ONE PIECE981話 尾田栄一郎/集英社)

このサモ・ハン・キンポーは巨大な混紡を振り回すなど、まさにカイドウの部下の名に恥じない凶暴さを兼ね備えてる様子。画像は酩酊してるだけあって敵側の麦わらの一味ではなく、仲間側の百獣海賊団相手に暴れてる場面。まさに手当り次第。

そら、クイーンキングですらもドン引きして酒の席に呼びたくないのも納得。

ナンバーズは「トランプの名前」とは関係しない?

ただし、これまで飛び六胞を筆頭に、百獣海賊団のメンバーは「トランプ(カードゲーム)」に関連するキャラ名が明らかに多かったですから、どうやらナンバーズのキャラ名はトランプとは関係ないことが伺えます。八茶というカードゲームは自分の知る限りはありません。

これまで執拗とも思えるほどトランプにこだわってきましたから、これはワンピースの大きな伏線と考えて良さそう。

b3c745c988c9bb63c0c6b37b52e2ab8f

(ONE PIECE79巻 尾田栄一郎/集英社)

そこで思い出されるのが「カイドウの海賊旗」。

そこには何故か「八」という数字が入っていたことから、当初ドル漫などでは「八変化するオロチの能力」を予期した伏線と考察してました。でも八茶が登場した現在、もしかすると八の数字は「ナンバーズを意味していた」と考察することも可能。

例えば、ナンバーズのメンバー数は合計8名ほどいるのかも知れない。巨大なキャラばかりですから、おそらく数は多くないはず。また全メンバーには「八」という数字が付いており、「八赤」や「八青」「八桃」といった8の後に色名が付いてくる可能性もありそう。

カイドウが八にこだわる意味はハッキリとは分かりませんが、数字の8は日本や中国でも縁起の良い数字として有名。自動車の希望ナンバーでも358ナンバーを取得するドライバーも少なくないですが、これも理由は縁起が良いから。ワノ国という舞台を考えると納得。

それだけに百獣海賊団の「懐刀」具合で考えたら、ナンバーズの強さはキングやクイーンを軽く上回る可能性もありそう。

d-manga.net

ナンバーズは古代巨人族の集まりか?

まだメンバー数が少ないのでコレ以上は紹介できないんですが、最後は「ナンバーズのヤバすぎる正体」を考察したいと思います。八茶を筆頭に、何故ナンバーズのキャラはここまで巨大なのか?

c9a1f4c9d2ac1fb1698f8df5aff9a9fe 500x426

(ONE PIECE57巻 尾田栄一郎/集英社)

結論から書くと、ナンバーズの正体は「古代巨人族」の可能性が真っ先に挙げられそう。マリンフォード頂上戦争で登場した白ひげ海賊団のオーズは「信じられん大きさだ!巨人族の倍はあるぞ」と海軍たちの度肝を抜かせました。

dcff85ad96477a1734f86b7dc1fe3462 391x430

(ONE PIECE95巻 尾田栄一郎/集英社)

ナンバーズの初登場シーンを改めて確認すると、あくまでシルエットに過ぎませんが、ナンバーズの面々の歯並びはどれも尖ってることが分かります。またオーズと同じように「頭に角」を生やしてることも確認できます。

白ひげ海賊団にはオーズが一体だけでしたが、もしナンバーズが古代巨人族だった場合、百獣海賊団は「オーズ✕複数」がいることになるわけですから、ワノ国編がマリンフォード頂上戦争超えというのも納得。

d-manga.net

ナンバーズはゴッドバレー島の巨大化人間?

一方、ナンバーズと古代巨人族の特徴が必ずしも合致するわけではありません。

例えば、頭の角にしてもナンバーズは直線的に伸びてる。オーズほど丸まってない。どちらかというと、カイドウの角のほうがオーズに近い。また八茶の歯並びも丸みを帯びててトゲトゲしさはなく、ナンバーズの身体サイズも「巨人族の倍」ほど大きいとまでは言えなさそう。

120f3809c403531a9b2c909464861aef 500x244

(ONE PIECE68巻 尾田栄一郎/集英社)

そこで新たに考えられる考察が、ナンバーズの正体は「世界政府が巨大化させた人間」説。画像はパンクハザード編で再会したローの言葉ですが、「人の巨大化は世界政府が何百年も前から推進してる研究」と語ってる。

パンクハザード島の謎の看板や画像のシルエットを考えると、カイドウの正体が「巨大化した人間」の可能性もありますが、カイドウ視点で考えると更に思い浮かぶ事件があります。それが40年近く前に勃発したロックス海賊団 vs ガープ・ロジャーの戦い。

かつてロックス海賊団は「ゴッドバレー島」でゴールド・ロジャー海軍中将ガープの手によって撃滅させられましたが、このゴッドバレー島では天竜人が極秘裏にとんでもない実験をしていたとされます。まだ詳細は判明してないものの、その実験こそが「人間の巨大化」だったのではないか?

だからナンバーズは「世界政府が開発した人間巨大兵器そのもの」なのではないか。

トランプのキャラクター名ではなかった理由も、ナンバーズは元天竜人の奴隷という意味で「純粋な百獣海賊団ではない」という意味が込められているからか。例えば、ナンバーズの頭の角も純粋に生えてるものではなく、プレジャーズなどと同じく飾り物の可能性もありそう。

もしゴッドバレー島が消滅した理由もロジャーやガープが大暴れしたからではなく、もしナンバーズが大暴れした結果だとしたら、まさに今後ワノ国編はヤバい予感しかしない。果たしてルフィたちで勝つることができるのか?

ナンバーズはビッグマムの秘密の鍵も握る?

ドル漫では何度も考察してますが、カイドウはパンクハザード島で人体実験されてる過去がありそう。そこからはベガパンクとの繋がりも見えてくる。またカイドウが人間巨大兵器を率いてて海軍で何故できてないのか?という理由もベガパンクが鍵を握りそう。

d-manga.net

「人間の巨大化」という視点で考えると、当然ビッグマムの存在も気になるところ。シーザークラウンがパンクハザード島で人間の巨大化を目論んでいた理由は、ビッグマムから「巨人族の代わり」を作れるように依頼されていたから。

でも何故カイドウと同じロックス海賊団にいたにも関わらず、ビッグマムは「人間の巨大化の方法」を知らなかったのかは疑問。単純にカイドウがこそっと幼き頃のナンバーズを連れ去っただけと考えると自然ですが、今後ビッグマムとナンバーズが出会った時の反応も気になるところ。

カイドウとビッグマムは既に四皇同盟を結んでおりますが、ナンバーズ(巨大化技術)を巡って亀裂ができる未来も見えてきそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました