【最終回】磯部磯兵衛物語がついに完結した件【ネタバレ感想レビュー】

スポンサーリンク

『磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~』の作者は仲間りょう。出版社は集英社。ジャンルは少年コミック。AmazonのKindleや楽天koboなどでも試し読み・立ち読みができます。

2013年ぐらいから連載が開始したギャグ漫画。最近の少年ジャンプ漫画の中では意外と長期連載。ましてやギャグ漫画で連載4年も続ければ立派。ただこの度、少年ジャンプ2017年46号をもって『磯部磯兵衛物語』がなんと完結を迎えました。

そこで今回は『磯部磯兵衛物語』の最終話のネタバレ感想をざっくりレビューしたいと思います。色んな意味でぶっ飛んでたギャグマンガでしたが、果たして最終回はどんな完結を迎えたんでしょうか?最後のラストはやっぱりぶっ飛んでいたのか?記事後半には「実は今回の最終回は最終回ではなかった?」という情報も掲載済みです。

磯部磯兵衛が透明人間になりそこねて…

まずは最終回に行くまでの展開をおさらい。発明家の平賀源内がとんでもないものを開発。なんでも透明化することができるというマシーン「スケッテル」を開発した。そこで実験台も兼ねて、磯部がスケッテルの中に入る。当然透明人間なったと思った磯部はそのままテンションマックスで街へ繰り出す。

ただよく見るとスケッテルの電源が入ってなかった。江戸時代にコンセントプラグがあるんかよというツッコミはさておき、まさに磯部は裸の王様状態。いや、裸のお侍状態。磯部はマッパの状態で様々なイタズラを試みるも、周囲からは丸見え。でも周囲は「いやいや…今日の磯部ぶっ飛びすぎやん…」とドン引き状態で無言で眺めてるだけ。そのことが磯部を更に勘違いさせる。

(磯部磯兵衛物語254話)

挙句の果てに、磯部は団子屋の看板娘に恋文をしたためて紙飛行機のようにして届ける。磯部の頭の中では紙飛行機が勝手に飛んできて、自分の手元に届いたと思ったらそこには愛の告白が書かれてる。キャッ、なんてロマンチックな出来事…と看板娘は思ってくれてると勘違い。

ただ磯部のやってることはもちろん全部丸見えなので「悲惨」という一言では片付けられない珍事が発生中。「届け、拙者の思い」…ってやかましいわ。そして江戸の街にいられなくなった磯部は、一人旅に出ようと決意。この時ばかりは立派な武士として育ったと感涙するクソバb…母上様。周囲のキャラも磯部を応援。

(磯部磯兵衛物語254話)

でも磯部の本音は「誰か俺を引き止めろやゴルァ」状態。ホンマはしたないねん、ホンマはしたないねん。カッコつけたがるヤツほど引くに引けないパティーン。娘さんも「立派な武士になってください。待ってます」とあんなことがあったのに応援。その理由が笑えるんですがネタバレは割愛。

磯部磯兵衛物語の最終話はそれから10年後?

ということで、ここから『磯部磯兵衛物語』の最終話・最終回のネタバレをレビューしたいと思います。