【最終回】ベルセルクは未完結のまま結局終わる?完結時期は20年後?休載多すぎ?【ラスト最終話】

ダークファンタジー漫画の金字塔が『ベルセルク』。狂戦士(バーサーカー)のガッツを主人公に、緻密な筆致で魔法や迫力あるモンスターが描かれる。作者・三浦建太郎が1992年頃からヤングアニマルで連載を開始し、既に約30年近くが経過してます。

それでも2021年現在、『ベルセルク』が未だに完結する兆しは見えません。

19e84cc6e02455a0d6b0582dc3ced366 299x430

(ベルセルク1巻 三浦建太郎/白泉社)

そこで今回ドル漫では「ベルセルクの最終回の時期」を徹底的にに予想してみたいと思います。果たしてベルセルクは本当に最終回を迎えるのか?ベルセルクが完結するのは2040年頃になる?

d-manga.net

ベルセルクが完結しない可能性は高い

さっそく結論から入ると、ベルセルクが完結しない可能性はやはり高そうです。

理由はシンプル。

『ベルセルク』のストーリーが今後どう収束していくか具体的に見えないから。せめて物語が佳境に入ってると分かるレベルであれば、あとコミックス何巻分で完結するのかという予想も立つ。でも、現状はそういった見立てすらできない。

どういった最終回を迎えるのか不透明ということは、『ベルセルク』のストーリーがそれだけまだまだ続くという裏返し。読者目線で考えると本来人気漫画がまだまだ続く状況は嬉しい話なんですが、『ベルセルク』の場合は真逆。

とりわけベルセルクの休載理由が「体調不良」という点も大きい。作者・三浦建太郎自身が巻末コメントでたびたび不安を口にしているように、いきなり死亡することはないにしても、いつまともに筆を執れない事態に陥るか分からない。

作者・三浦建太郎はここまで徹底して高クオリティを維持してきたわけですから、早めに完結させるためだけに今更クオリティを落とすとも考えにくい。読者としては嬉しい限りですが、それ故に最終回までの道筋を困難にもさせてる。

d-manga.net

ベルセルクのコミックス発売年一覧まとめ

じゃあ『ベルセルク』が本当に完結しないのかというと、一応まだ「期待の芽」はあります。

  • ベルセルク30巻…2006年発売
  • ベルセルク31巻…2006年発売
  • ベルセルク32巻…2007年発売
  • ベルセルク33巻…2008年発売
  • ベルセルク34巻…2009年発売
  • ベルセルク35巻…2010年発売
  • ベルセルク36巻…2011年発売
  • ベルセルク37巻…2013年発売
  • ベルセルク38巻…2016年発売
  • ベルセルク39巻…2017年発売
  • ベルセルク40巻…2018年発売

そこでベルセルクの「これまでのコミックス単行本の発売年」を見ておくと、こんな感じ。

コミックス30巻から40巻を発売するまでに「約12年」が経過してる。次の41巻の発売年は2021年以降になるため、30巻から41巻までに「15年以上」が経過する計算。一方、ベルセルク1巻から30巻まで発売するのに「14年」ほど経過してる。

だからこれまでの単行本の発売年から分かるように、現在の『ベルセルク』の連載ペースは初期と比べるとちょうど3分の1ぐらいに落ちてることになります。

d-manga.net

ベルセルクは着実に最終回に向かってる

こういったデータを見ると到底完結するようには思えませんが、一番重要なポイントは「着実に新刊コミックスが発売されてる」ということ。同じく休載が多い漫画『HUNTERxHUNTER』よりも、新刊コミックスが実は定期的に発売されてる。

つまり、未完作品の最右翼である『ベルセルク』は他の作品と比べると、そこまで休載期間がむやみに長いわけではなさそう。

あくまで休載理由は「描き込みが大変すぎて作者が物理的に描けない」だけ。これは逆に言うと、ベルセルクの「今後のストーリー終盤の展開は決まってる」という裏返し。展開の行き詰まりで苦労してるハンターなどと比べると、そこが大きな違い。

だから作者の体調の問題さえ除けば、『ベルセルク』のストーリーは着実に最終回には向かってるはず。そういう意味において、作者・三浦建太郎が死亡しない限りは、『ベルセルク』はいつかは完結すると考えていいと思います。

d-manga.net

ベルセルクの最終回は20年後?

じゃあ『ベルセルク』はいつ頃完結するのか?コミックス最終巻の発売日はいつ頃になりそうなのか?

例えばベルセルクがコミックス50巻で完結すると仮定すると、コミックス約10巻ぐらいで最終回を迎える計算になる。先程のコミックス発売年の一覧も参考にすると、この仮定だとベルセルク最終巻の発売時期は「おそらく15年先」になりそう。

ただ最近は連載ペースが落ち続けてることを踏まえると、少なくとも今以上に早くなることはない。余裕を持って考えると、『ベルセルク』が最終回を迎えるのは「20年ぐらい先」になる気がします。西暦でいうと「2040年以降」ぐらい。

だから『ベルセルク』は足掛け50年ぐらいで完結する計算。およそ半世紀続く漫画って考えるといろいろヤバいですよね。

d-manga.net

作者・三浦建太郎の年齢が70代で完結?

ちなみに、作者・三浦建太郎の生年月日は1966年7月生まれ。現在の年齢は54歳。2021年7月で55歳。つまりベルセルクが完結する頃には、作者・三浦建太郎は最低でも70歳を迎えてるはず。確かに完結させられるかギリギリの年齢。

ただ「あとコミックス10巻分で終わる」という先程の予想は、あくまで自分の希望的観測に過ぎません。もし『ベルセルク』のストーリーが60巻まで続く予定だとしたら、最終回を迎えるのはもっと時間がかかる計算ことになる。

その場合、『ベルセルク』が作者が存命中に完結するのはほぼ不可能でしょう。もちろん70代でも現役バリバリで活躍してる漫画家はいますが、三浦建太郎の現状が現状。10年後20年後は体力的に更に辛いのは火を見るより明らか。

そのため『ベルセルク』のストーリーがあと10巻分ぐらいに収まるのであれば、最終回をなんとか無事迎えることができると思います。逆に物語がそれ以上続くとしたら、『ベルセルク』が最終的に完結する可能性は期待薄と考えていいはず。

コメント

  1. マイク より:

    三浦氏は現在55歳じゃないの?

  2. ありがとうございます。修正しておきました。
    今年2021年7月で55歳になられる模様ですね。

ドル漫@YouTubeチャンネルも運営してるので是非チェックしてね◀

タイトルとURLをコピーしました