【完結】銀魂の最終回がヒドすぎてワロタwww【ネタバレ感想】

2004年に少年ジャンプで連載が始まったのが『銀魂』。SF漫画なのかギャグ漫画なのかカテゴライズが非常に難しいものの、当初からぶっ飛んだギャグセンスでコミックス3巻目程度で既に発行部数は100万部を超えていた記憶。

まさにバケモノ人気漫画。

(少年ジャンプ42号 空知英秋/集英社)

ただこの度少年ジャンプ2018年42号で、『銀魂』の14年に渡る長期連載が遂に完結してしまいました。しかしながら、そこは『銀魂』。やはり「普通の最終回」では終わらせてくれませんでした。

刃牙道の最終回恋は雨上がりのようにの最終話アイアムアヒーローの最終回の比ではないほど、今回の銀魂の結末は軽く炎上気味。逆に、こんな最終回を少年ジャンプは掲載したと勇気を讃えなければいけないほど。

ということで、今回ドル漫では「銀魂の最終回・最終話」のネタバレ感想をレビューしていこうと思います。果たして、銀魂の結末はいかに!?坂田銀時の運命は!?

ちなみに最近は最新自動車ブログ「カーギーク」をメインに更新してるため、こっちのブログの更新頻度はやや落ちてます。

【銀魂】最終回・最終話までのあらすじ解説

まず『銀魂』が最終回を迎えるまでの簡単なあらすじ解説。

虚(うつろ)との壮大な戦いが勃発。かつて虚は吉田松陽として生きて死に、主人公・坂田銀時の師匠だった人間だった。しかし龍脈(アルタナ)の力で復活し、今まさに虚は江戸を…そして地球を破壊しようと目論む。

この虚の前に立ちはだかったのが坂田銀時。万事屋で働く志村新八や神楽。真選組。かつて敵だった者たちでさえ、今まさに地球と江戸を守るために虚に一致団結で立ち向かった。これぞ王道少年漫画的な最終盤。

この蜂起に大して、無限の時間を生きるはずの虚は愚な弱き人間たちに、かつて吉田松陽として生きた時代を思い出す。そして、かつて弟子として鍛えた幼き坂田銀時の姿を重ねる。本来人間の中に存在してはならない「希望の光」を垣間見た。

そして、定春がオルタナの暴走を食い止めたため、もう復活できない虚が最後に選んだ道は自死。

君は吉田松陽を救えなかった。君の死を救える私はもういない」と坂田銀時に最後の言葉を残して虚は自ら消滅。それから2年後。江戸は徐々に復興の道を辿るが、万事屋のメンバーはバラバラになっていた。

…みたいな場面から『銀魂』最終回のストーリーが始まります。

【最終話】2年後の江戸に再び虚が復活!

2年後の江戸は同じようで何かが変わっていた。

(銀魂74巻 空知英秋/集英社)

例えば長谷川泰三は、ただただチャラついていた。しょうもないアパレルブランドを立ち上げちゃってる雰囲気満載。しかし相変わらずマダオは無職。働いたら負けかな精神の中身は所詮マダオだった。

(銀魂74巻 空知英秋/集英社)

神楽は娘の神流(かんな)を出産していた。一方、ディフェンスに定評がある志村新八はホワイトバージンを頑なに守っていた。2年後の現在も、お通のお通はお通できていなかった。もうこれ完全にシコタクスゼイアンだよね。

(銀魂74巻 空知英秋/集英社)

そして、江戸の新しい総理大臣に桂小太郎が就任していた。近藤勲はゴリラと結婚し、それぞれの人生を歩み、それぞれが成長を遂げていた。しかし、そんな江戸に不穏な空気が流れていた。

何故なら墜落した天の鳥船から「天導衆」の肉片が消えていたから。天導衆には不死身の虚の血が流れていた。まさに「絶望」が江戸を再び襲おうとする中、かつての「万事屋」が立ち上がる。

二年前に取り戻せなかったものを今度こそ取り戻す戦いが始まる。再びあの日常を取り戻すため。みんなと一緒に前へ踏み出そう。かつてのキャラクターたちが集結し、今度は「万事屋の願いを叶える万事屋」になる。

(銀魂最終話 空知英秋/集英社)

そう!最終回なんぞに俺たちは止められない!ゆこう!最終回の向こう側へ!戦いはまだまだ終わらない!俺たちの戦いはジャンプGIGAからだ!…という場面で完結。つまり、『銀魂』の最終話であって最終話じゃなかったから炎上したというオチwww

いかにも「打ち切り漫画」にありがちな終わり方の最終回でしたが、『銀魂』のガチの最終話はジャンプGIGAに今後掲載される予定。まさかの「これからもまだまだ俺たちの冒険は続くぜぇ」って、マジでまだまだ続くパターンは『銀魂』の最終話がマンガ業界初(多分)。

他のジャンプ作家も少年ジャンプ巻末でどうコメントしようか迷ったことに違いない。

【銀魂】最終回はジャンプギガに持ち越した理由とは?

じゃあ、何故『銀魂』の最終話は少年ジャンプではない別雑誌(ジャンプギガ)に持ち越されたのか?この理由の考察をドル漫なりに展開していこうと思いますが、あくまで予想は予想なのであしからず。

『銀魂』は少年ジャンプの漫画の中でも、かなり遅筆の作品として知られております。『銀魂』は人気漫画であるにも関わらず、原稿が遅いせいで掲載順がかなり後半だったこともしばしば。

それだけ『銀魂』の作者・空知英秋は、漫画家として非常に真面目。キャラクターや背景の書き込み、最後まで緻密な展開や笑いの追求がされていたんだと考察されます。逆に言うと、作者的には色んな意味で週刊連載はしんどかったのでしょう。

だから、最後の最後の「最終回はゆっくりと書き上げて自分が納得がいく作品にしたい」と作者・空知英秋は考えたのかも知れません。

もちろんジャンプギガの売上貢献という「大人の配慮(集英社への恩返し)」もあったことは言うまでもないでしょう。ちなみにジャンプギガは少年ジャンプ+だと無料で読めます。そのため厳密には少年ジャンプ+の契約増を狙った最終回だった可能性が一番高いか。

あとは『銀魂』は徐々にシリアス展開が増えたものの、当初は「ギャグ的な要素」が受けてヒットした作品。SF漫画やストーリー漫画ではあるものの、あくまで『銀魂』の中身はギャグがベースであり命。

そのため「少年ジャンプのみでの最終回」はやはりギャグベースのまま完結させたかったとも考察されます。今回の仮最終話の編集者コメントも「空知先生の次回作には期待しないでください」とフザけ倒してることからも明白か。

だから「読者に対する恩返し」の意味合いもあった最終回だったのかも知れません。まさに、らしいっちゃらしい結末。

【予想】銀魂のガチ最終回はいつ頃か?

じゃあ、銀魂の「真の最終回」が来るのはいつ頃か?ラストは最終回の時期を予想して終わります。

そもそも確認しておくと、ジャンプGIGAとは月刊誌。しかも発売は不定期で、これまでのバックナンバーを見る限り、どうやら発売時期は夏と冬に限られる。夏冬に数号分だけ連続して発売してる状態。まさに不定期も不定期。

ただあくまで月刊誌扱いのため、『銀魂』も同様に一話のボリュームは1話50ページ前後で掲載されると考察されます。月刊コミックの場合、4話か5話分ぐらいでようやく単行本一冊分が出来上がる。

実際、『銀魂』最終シリーズが何話掲載されるのかは不明ですが、それでも今回の仮最終回から3話分程度で完全に完結するとは考えにくい。今冬と来夏にまたがると仮定すると、おそらく銀魂が完結するのは「2019年夏頃」になるとドル漫では予想。

もちろんジャンプギガ掲載時点での最終回に過ぎず、最終コミックスが発売されるのは更に先。そのため最終巻が発売されるのは「2019年後半ごろ」と、『銀魂』が完全に完結するのはちょうど今から一年後ぐらいになると予想してみる。

以上、『銀魂』のページ数の概念を超えてしまった(仮)最終話でした。いずれ『銀魂』最終巻が発売されれば追記再編集しようと思います。