【おすすめ漫画】大正処女御伽話がわりと面白い【感想レビューまとめ】

『大正処女御伽話』全5巻のネタバレ感想をレビュー。作者は桐丘さな。掲載誌はジャンプスクエア。出版社は集英社。ジャンルは少年コミックの恋愛歴史漫画。AmazonのKindleや楽天koboなどでも試し読み・立ち読みができます。「おすすめ歴史漫画ランキング」や「おすすめ恋愛漫画ランキング」などもいずれ執筆予定。

つい先日完結して最終5巻が発売されたばかりということで、今回は『大正処女御伽話』が面白いマンガなのかつまらない漫画なのか徹底的に考察してみたいと思います。もし購入を考えてる方はテキトーに参考にしてみてください。

大正処女御伽話のあらすじ内容・ストーリー登場人物

漫画タイトルからも分かるように、舞台は大正時代の日本。工業は発達し、町中に自動車が走り始める。徐々に洋風の建物が林立するなど、日本の近代化がまさに定着しつつある時代。大衆文化も発展し、初めてレコードが発売されるなど庶民に歌謡曲が届いた時代でもあった。

主人公は志磨珠彦(しま・たまひこ)。お金持ちの裕福な家庭に生まれた青年。順風満帆に人生を謳歌するかと思いきや、不慮の事故で右手の自由と大好きだった母の命を失う。そして父親から「静養」という名の下、片田舎の別荘に追いやられる。

結果、志磨珠彦は「見捨てられた」と落ち込んでしまい、そこから鬱屈した性格に変わってしまう。

(1巻 集英社)

そんな志磨珠彦の元にある日やって来たのが「夕月(通称ユヅ)」という少女。父親が計らうカタチで、二人はほぼ半強制的に結婚をさせられる。つまりユヅは志磨珠彦のお嫁さん。ただ実質的には「日常生活の介助」の意味合いも込められてる。

でもユヅは性格が明るく、どんなことにもめげない女の子だった。果たしてユヅと同棲することで氷のように冷え切った志磨珠彦の心は溶けるのか。本当に二人は結婚できるのか?今まさに大正ロマンチックな恋物語が始まろうとしていた…みたいな内容の恋愛漫画になります。