【完結】監獄学園の最終回がイミフすぎてワロタwww【プリズンスクール感想ネタバレ】

スポンサーリンク

『監獄学園(プリズンスクール)』といえばヤングマガジンが誇るお色気学園漫画でした。監獄学園の発行部数は1200万部を超えるなど大ヒット。ただこの度、ヤングマガジン2017年4・5合併号において完結しました。ただ何だかよく分からない終わり方だった。

そこで今回は『監獄学園 プリズンスクール』の最終回のネタバレ感想をレビューしたいと思います。

ちなみに旧漫画ブログで「監獄学園が面白い」という考察レビューを書いたんですが、つい先日アドセンスから大量の警告メールが来て鼻水出ました。だから今回最終回の記事を書くのもガクブルしてるのは内緒。みなさんも漫画ブログを作る場合は気をつけましょう。

監獄学園-プリズンスクール-の最終回まで流れをおさらい

まず簡単に『監獄学園(プリズンスクール)』の最終回までの流れを簡単におさらいしたいと思います。

壮絶な運動会での死闘が終わった後、会長・栗原万里は絵画留学するだかで学校を辞めるんですが、今回の最終回とはあまり関係ないので割愛。他にも「すれ違いコント」的な仕掛けはたくさんあるんですが、面倒なのでコチラの説明も割愛。

(監獄学園 プリズンスクール 最終回直前 平本アキラ 講談社)

とりあえず主人公・キヨシが会長の妹・栗原千代(千代ちゃん)に告白をし、それが見事に成功を収めた…というのが最終回までの大雑把な流れになります。「私もキヨシ君が好きなんです」と緑川花に宣言する姿が、あまりにピュアすぎて眩しすぎる光景。何故なら緑川花とは違って、千代ちゃんは何の汚れ(ケガレ)も知らないから。

ただ最終話ではキヨシの悪態がバレて大変な結末へ。

最終話でキヨシの悪行がバレて千代ちゃん発狂www

(監獄学園 プリズンスクール 最終回 平本アキラ 講談社)

まず最終話では緑川花がメンヘラよろしく発狂。どうやら緑川花はキヨシが告白する直前、千代ちゃんに自分もキヨシが好きだと告白済み(最終巻は読んでないので多分)。千代ちゃんを友達として好きなものの、緑川花は一方でキヨシへの愛が止められない。

そして、とんでもない暴挙に出る。

現在進行形で履いていたキヨシのパンツを脱ぎ捨て、「キヨシのパンツをはいたらスゲェしっくりきてさぁ…分かるだろ?千代ちゃん…つまりぃ…キヨシも一番しっくりくる私のパンツを履いてるハズ」と、キヨシを脱がしにかかる(笑)

(監獄学園 プリズンスクール 最終回 平本アキラ 講談社)

結果、千代ちゃんはとんでもないモノを目の当たりにする。詳しくは画像の千代ちゃんの瞳の中をじっくりご覧ください。敢えて詳しくは説明しませんが、まさかの緑川花の推理がドンピシャ大当たり。

(監獄学園 プリズンスクール 最終回 平本アキラ 講談社)

緑川花の「ほら…私の思った通りだ…」とほくそ笑む表情が色々とヤバい。

何故濡れているのか分かりづらいんですが、おそらく緑川花はここで「例の仕返し」をキヨシに果たしたと考えられます。既に運動会直前でもキヨシの顔面にぶっかけてたと記憶してますが、あまりに勢いがありすぎて自分の顔にもかかる緑川花。どんだけ膀胱デカいねん(笑)

再びキヨシは「俺はどこで間違えたんだろう…」と再び瞑想状態に入ってしまい、そのままフェードアウト。

(監獄学園 プリズンスクール 最終回 平本アキラ 講談社)

その後の展開を一切合切が何も説明されることもなく、そして気が付くと裏生徒会会長には千代ちゃんが就任していたというオチ。最初の女神のような顔と変わり過ぎやろwww

この千代ちゃんの極悪すぎる表情。そして「クズ(男)どもが悪さしてないか見回りに…」というセリフも笑っちゃいます。

監獄学園 最終話・最終回の結末まとめ

以上、今回完結したばかりの『監獄学園(プリズンスクール)』の最終回の内容でした。

ネット上の評判では打ち切り気味の最終回とも言われていますが、個人的には「匙を投げた」感じに近い終わり方だったと思います。「もう連載するの面倒くさいから終わっちゃおうぜぇ~」という作者の心の声が聞こえてきました。

確かに『監獄学園』の後半以降は新キャラクターをムダに登場させるなど、ネタ切れ感は否めませんでした。完結するまでの流れも正直イミフ。きっと漫画タイトル含めて設定を下手に限定しちゃってるが故に、これ以上の展開を描き続けるのは大変だったんだと思います。

ただ個人的には、今回の最終回で謎の覚醒も果たした千代ちゃんというキャラをしゃぶり尽くして欲しかった気がします。

千代ちゃんは唐突にシコを踏んでみたり、突拍子もない行動に廃する中身のヤバさに定評もあったはず。そこら辺の千代ちゃんのキャラの掘り下げが、裏生徒会キャラ並にできていたかを考えるともったいなかった気がします。

ちなみに今回唐突な結末を迎えてるものの、『監獄学園』最終28巻ではエピローグを大幅に加筆した上で販売するらしい。そのためコミックス版ではもうちょい納得が行く終わり方になっているはず。

また最終28巻が発売されたら、この記事も再編集できたらいいなと思います。ただ4ヶ月近く先の話だから忘れてると思うので、気になった方はテキトーにメールして教えてください。