【ワンピース考察】天狗山飛徹まとめ完全版!正体は光月スキヤキと判明?美少女こけしコレクターに隠された伏線とは?【顔悪魔の実まとめ】【てんぐやまひてつ】

『ワンピース』は現在ワノ国編の只中。

既にドル漫ではワノ国の登場人物一覧まとめも考察してますが、ワノ国編初期に登場した謎も多いキャラクターと言えば「天狗山飛徹(てんぐやまひてつ)」。

f5336c06fdbeeed92c6dcff027f6c90f 424x430

(ONE PIECE92巻 尾田栄一郎/集英社)

そこで今更感もありますが、天狗山飛徹の「ヤバい正体」をフルカラー画像付きで徹底的に考察してみました。

天狗山飛徹はワノ国の刀鍛冶

まずは天狗山飛徹の情報をおさらい。

4e10480259435f121a0765ceb5d65eaa 500x332

(ONE PIECE95巻 尾田栄一郎/集英社)

天狗山飛徹とはワノ国の刀鍛冶(かたなかじ)。名前の読み方は「てんぐやまひてつ」。いわゆる刀工とも呼ばれる刀を作る職人。年齢は不明ですが、「20年待っていた」という天狗山飛徹自身のセリフから考えると現在の年齢は概ね40~50代以上か。

アニメ版ワンピースの声優CVは「大友龍三郎」。どうやら声優が天狗山飛徹の正体を鍵を握る模様。この謎は後述します。

天狗山という名字からも分かるように、「天狗のお面」を常に被ってるのが特徴。ルフィからは「鼻ジジイ」と呼ばれてる。服装も含めて自ら天狗に寄せてる節があるので、どうやら天狗山飛徹という名前は「偽名」の可能性も。変装してると考えると納得。

○天狗山飛徹が登場しない理由は鱗滝左近次が原因?

そのため天狗山飛徹のご尊顔は不明ですが、「大きな白い翼」も特徴の一つ。直接背中から生えてるミンク族のような種族ではないはず。空島の住民の羽とも違うっぽい。トリトリの実の能力者などでもなさそう。あくまで普通の侍とは考えられます。

106c739676ba90835c7a6246217cbbab 440x430

(鬼滅の刃鬼殺隊見聞録2 吾峠呼世晴/集英社)

一方、天狗山飛徹の登場機会が少ない理由は、おそらく鬼滅の刃の「鱗滝左近次」が原因かも知れない。刀鍛冶と天狗のお面というキャラ設定が全く同じ。天狗山飛徹の方が2年ほど後出しジャンケンで登場してるため、鬼滅の刃のパクリと呼ばれても仕方ないか。

ただ設定が被ることはしばしばあるので、鬼滅が思った以上に流行ってしまったため天狗山飛徹を登場させにくかった事情はありそう。

三代鬼徹を作った職人が天狗山飛徹

bff43382f88e8faa1b64484235fb561c 436x430

(ONE PIECE95巻 尾田栄一郎/集英社)

ふざけた格好の天狗山飛徹ですが、刀鍛冶としての腕前は天下一品。

麦わらの一味ゾロの愛刀である「三代鬼徹(ローグタウンでいっぽんマツからもらった刀)」や光月おでんの愛刀だった「天羽々斬」を作った過去もある。事実、天狗山飛徹はかつて二代目鬼徹を作った古徹(こてつ)の子孫とされます。

そのためワノ国には石工の光月家と同じく、刀鍛冶の天狗山家なるものが存在するのかも知れない。偽名だと破綻する考察ですが、天狗山飛徹は光月おでんの愛刀を光月モモの助光月日和に渡すために長らく隠し持っておりました。

現在の天狗山飛徹はワノ国・九里の編笠村でお玉という少女と一緒にひっそり暮らしてる。お玉曰く、天狗山飛徹は師匠とのこと。お玉に刀鍛冶の修行を付けてるのかは不明ですが、何故こんな名工がワノ国の辺鄙な場所に暮らしているのか?

d-manga.net

天狗山飛徹の正体は黒炭家か?

続いては天狗山飛徹の正体を更に迫っていこうと思います。

天狗山飛徹の正体は「黒炭家」の可能性がありそう。既に赤鞘九人男の一人だったカン十郎の正体が黒炭家だったことが判明しており、それと同様に天狗山飛徹も黒炭家の可能性がありそう。

ba56a4196ea5bb0362f2b82b01a32d53

(ONE PIECE93巻 尾田栄一郎/集英社)

この理由は「オロチ城に潜入したブルックの発言」から読み取れます。

ヨミヨミの実で魂化したブルックはオロチ城の「とある地下室」に潜入するんですが、そこで普通のポーネグリフと共に「大量の木彫りの人形」も発見したことを告白してる。これを聞いたしのぶは間髪入れずに「こけし?」と尋ねる。

でも何故これが黒炭家の一員の根拠になるのか?

d-manga.net

○美少女こけしコレクターに隠された伏線とは?

109701bfa9e1d7f524dde203cd2357c2 414x430

(ONE PIECE91巻 尾田栄一郎/集英社)

実は天狗山飛徹は刀鍛冶以外にも「美少女こけしコレクター」という不気味な肩書を持ってる。これまで誰もこの天狗山飛徹の奇妙な肩書に触れことはありませんが、やはり異質と言わざるを得ません。お玉を匿ってるだけに犯罪の匂いもプンプン。

何故、黒炭オロチの城の地下に大量のこけしが隠されてるのか?何故、天狗山飛徹の肩書は美少女こけしコレクターなのか?二度あることは三度あるとも言いますし、天狗山飛徹はカン十郎に続いて黒炭家のスパイと裏付ける伏線と考察できます。

実際、黒炭家にはチンチクリンのキャラクターが多かった。先程のゾロとの会話シーンを見ると、天狗山飛徹はめちゃくちゃ高い高下駄を履いてる。パッと見はルフィの身長より大きいものの、実際の天狗山飛徹の身長はチンチクリンそのもの。

そのため「天狗山飛徹≒裏切り者説」を裏付ける伏線は多いように見えます。

d-manga.net

天狗山飛徹の正体は元光月家の家臣だった?

ただし、忘れてはいけないのはオロチ城は「もともと光月スキヤキの城だった」ということ。黒炭オロチは光月家の影に震えるほどビビってるくせに…とツッコミを入れたくなりますが、お庭番衆を筆頭にオロチ周辺では「光月家の名残」が未だに多く残ってる。

だから、実はブルックが発見した大量のこけしは「光月家のこけし」だった可能性が高そうです。ブルックは「強固な海の地下室」と語ってるように、黒炭オロチもワノ国支配後に実は地下には立ち入ってなかった可能性も考えられます。

a8cb5449ff02d1a5ae5d0eb8385f5123 500x263

(ONE PIECE95巻 尾田栄一郎/集英社)

つまり、天狗山飛徹の正体はむしろ「光月家の一員」だった可能性の方が高そう。当初は画像の光月スキヤキに仕えていた側近などとも言われてました。

石工職人として技術が継承され続ける光月家と、刀鍛冶職人として技術が継承されてる天狗山家には共通点も多いように思えます。天狗山飛徹が黒炭家の一員だったら、そもそも九里の辺鄙な場所では暮らさないでしょう。

天狗山飛徹は光月おでんと近しい人間だったからこそ愛刀も託されたはず。お互いに信頼関係がなきゃ無理。天狗山飛徹は光月家の中枢にいた人物と考えたら、黒炭家から発見されないように辺鄙な場所に暮らすのも納得。

ワノ国では無線型の電伝虫が登場しましたが、こけしは本当に「ただのこけし」だったのか?例えば、盗聴機能を持たせたこけしを大量に城の中に配置しておけば、黒炭家の内部情報を天狗山飛徹が知っていた可能性もありそう。

d-manga.net

天狗山飛徹の正体は光月スキヤキか?

だから天狗山飛徹の正体は「ワノ国過去編」に登場したキャラクターの中から絞れそう。

10ad95e25915661431aed90d03c2fdd0 500x419

(ONE PIECE95巻 尾田栄一郎/集英社)

そこで最近噂されているのが「天狗山飛徹の正体は光月スキヤキ説」。

光月スキヤキとは光月おでんの父親。やはり登場シーンは少ないですが、息子・おでんの奔放さに呆れて家から追い出すものの、赤鞘と共に破竹の功績を起こしたおでんを再び向かいれるなど度量は深そう。ただ最終的に黒炭オロチに毒殺される。

この根拠が「声優」。

実は光月スキヤキの声優も「大友龍三郎」だったことが最近アニメ版ワンピースで判明したそう。前述の通り、天狗山飛徹の声優は大友龍三郎。これぞ「天狗山飛徹と光月スキヤキは同一人物」という伏線に違いないとワンピース考察界隈では盛り上がってるとか。

○光月スキヤキがモモの助に古代文字を教える?

確かに石工職人と刀鍛冶は似たような職業。「モノづくり」という観点では共通してる。光月家の職人技を生かして海楼石の武具も作られてる。天狗山飛徹は天羽々斬を作ったことは確定してますが、光月スキヤキが刀を作れたとしても不思議ではない?

仮に光月スキヤキが天狗山飛徹として生き残っていた場合、光月モモの助が「文字の読み方を知らない問題」は解消される。おでんが知っててスキヤキが知らないはずがない。天狗山飛徹はまさに最終地点のラフテルに行くための鍵を握るキャラクターだった?

光月スキヤキ説の最も大きい点では、まさに古代文字。

天狗山飛徹と光月日和は花の都に残ったまま。もし正体が光月スキヤキだとしたら、二人は祖父と孫娘という関係性になる。この二人が花の都でカイドウ打倒のために協力し合ってる可能性も否定できない。

d-manga.net

天狗山飛徹の声優はクロコダイルとも同じ

ただし、結論から言うと「天狗山飛徹の正体=光月スキヤキ説」は微妙と言えそう。もちろん可能性はなくはないんですが、根拠と言えるほどの根拠でもなかったりします。

何故なら、大友龍三郎という声優さんはクロコダイル役も務めてるから。

実はワンピースは同じ声優が複数のキャラクターを務めてるパターンは意外と多い。

例えば同じ王下七武海ジンベエゲッコー・モリアも実は同じ声優(宝亀克寿)だったりします。同時に出演する可能性が高い距離感の近いキャラクターであっても声優が同じ。果たして声優が同じということが同一人物説を裏付ける根拠となるのか?

また石工職人と刀鍛冶は似たような職業と言っても、さすがに一緒くたに考えるのはやはり乱暴。球技だからといって、サッカーと野球を同じと言ってるようなもの。経歴も二代目鬼徹を作った子孫などとハッキリ解説されてるので、天狗山がスキヤキだと矛盾点が多い。

そもそも光月スキヤキが未だに生存していたとしたら、おでんやカイドウは何を見逃しててんって話にもなります。スキヤキが25年ほど前に死亡したからこそ、光月家の政権は実質的に終焉を迎えた。じゃあ、この間スキヤキも何しててんって話。

だから光月スキヤキ説の可能性も0%ではありませんが、のちのち問題が発生する設定ではありそう。

d-manga.net

天狗山飛徹の悪魔の実は「神隠し」か?

続いては「悪魔の実」を考察。

天狗山飛徹の能力は「神隠し」と予想してみます。神隠しとは「人間がこつぜんと消える現象」のこと。さしずめ人間を隠す能力と言っていいと思うんですが、神隠しは「天狗隠し」とも言われる。まさに天狗山飛徹のための能力。

ad98b825e0c2b42e2d4d2db80b4df61e 415x430

(ONE PIECE996話 尾田栄一郎/集英社)

一方、お玉がどうやら鬼ヶ島に乗り込んできたことが最近発覚してます。「てきのふねに乗せてもらって」と語るなど大胆不敵にも程がある。しかも巨大なひひ丸と狛ちよを連れて。果たしてバレずにお玉が鬼ヶ島に来れるのか?

そのためお玉の背後に保護者の天狗山飛徹がいる可能性は十分考えられます。赤鞘九人男たちが鬼ヶ島に乗り込む直前にチラッと姿を見せて以降現在の動向は不明ですが、この天狗山飛徹がお玉たちを神隠しの能力を使って連れてきたのではないか?

戦闘タイプのキャラかどうか判然としてません。天狗山飛徹のバトル描写はゼロなので、戦闘タイプのキャラクターかどうか判然としてないものの、刀鍛冶だけあってそれなりに戦闘力はあるはず。天狗山飛徹はお玉の保護者でしたから、強者でなければ弱者は守れない。

お玉ですら鬼ヶ島に参戦してる以上、天狗山飛徹も何かしらの能力を持っていたとしてもおかしくない。

コメント

  1. 匿名 より:

    はじめまして。ドルジさん。いつも楽しく記事を読ませていただいてます。

    突然ですが、ロックスの考察なのですが最初にバギーとルフィが戦った街は村長が一から作った街なのですが、その村長がその前に暮らしてた街が40年前に海賊にめちゃくちゃにされたそうです。

    これ、もしかしてと思いまして。

    ぜひ考察していただきたく思いコメントに書いた次第です。

    次の記事も楽しみにしてます。

  2. コメントありがとうございます。
    面白い着眼点ですね。ちょっといろいろ考えてました。
    確かにロックス海賊団の誰かのしわざという可能性はありそう。
    他にも別の可能性が思いついたのでいずれ披露する機会があれば。

ドル漫@YouTubeチャンネルも運営してるので是非チェックしてね◀

タイトルとURLをコピーしました