【ワンピース考察】ベン・ベックマンの能力&強さまとめ【赤髪海賊団No.2】

少年ジャンプで連載中の『ワンピース』は既に連載開始から20年以上が経過。そのため多くのキャラクターが登場するものの、未だに重要そうなのに詳細が明らかになってないキャラも少なくありません。

(ONE PIECE59巻 尾田栄一郎/集英社)

そこで今回ドル漫では「ベン・ベックマンの能力や強さ」について徹底的に考察していこうと思います。ベン・ベックマンって誰やっけ?という方は、まさに今考察記事をチェックしてみてください。

【解説まとめ】ベン・ベックマンは赤髪海賊団の副船長

まずベン・ベックマンの正体について簡単に解説。

(ONE PIECE1巻 尾田栄一郎/集英社)

ベン・ベックマンとは赤髪海賊団の副船長。つまりベン・ベックマンはシャンクスに次ぐNo.2。

『ワンピース』の公式ガイドブックなどでは、ベン・ベックマンは赤髪海賊団の船長・シャンクスの右腕として活躍する冷静沈着な男などと開設されております。また、ずば抜けた知力を誇る切れ者らしい。

そのため赤髪海賊団の「頭脳」こそがベン・ベックマン。確かに船長・シャンクスはどこか楽天家で自由きまま。そのためベン・ベックマンが赤髪海賊団の行動指針として、また裏方として実務を取り仕切っているのかも知れない。

実際、8巻のSBSでは「ONE PIECEで一番IQが高いキャラ」としてベン・ベックマンの名前が挙がっております。そのため今後ベン・ベックマンが活躍する際は、非常に戦略家の一面を見せる可能性が高そう。

ただし割とワンピース初期の解説のため、必ずしも今後登場するベン・ベックマンにどこまで適用されるのかは不明ですが…。

○ベン・ベックマンの武器は「長銃」

(ONE PIECE1巻 尾田栄一郎/集英社)

ベン・ベックマンの武器は主にタバコ…ではなく、右手に持つ長銃。基本的に敵が弱ければそのまま肉弾戦でフルボッコするものの、ベン・ベックマンは強敵相手には長銃を使う戦闘スタイルっぽい。

ちなみに初期のベン・ベックマンは黒髪オールバックの髪型だったんですが、新世界編以降はシルバーヘアーのオールバックスタイルに変わってます。そのためベン・ベックマンの存在がうろ覚えのワンピース読者が多かったとしても仕方ないか。

この10年程度の間で、ベン・ベックマンに一体何があったのかは不明。ただ赤髪海賊団メンバーはヤソップ然り、中年オヤジになってから割と小洒落たキャラが多いので、そこらへんも「自由気まま」な海賊団らしさが現れているのか。

【強さまとめ】ベン・ベックマンの懸賞金は10億ベリー超え?

ということで本題。ベン・ベックマンはどこまで強いのか。また能力がなんなのかを考察していこうと思います。

でも結論から書くと、ベン・ベックマンの詳しい能力は不明です。何故なら、既に『ワンピース』は90巻近く単行本が発売されているもののベン・ベックマン然り、赤髪のシャンクスですらまともなバトル描写が描かれたことがないから。

ただベン・ベックマンの強さはある程度考察可能。何故なら、赤髪海賊団は四皇の一つだから。そこで同じく四皇のビッグマム海賊団を例に考察すれば、ベン・ベックマンの懸賞金は少なくともカタクリの10億ベリー以上が相当だと筆者は考えます。

逆に白ひげ海賊団の一番隊隊長・マルコは海軍大将にフルボッコされており、ベン・ベックマンがマルコ以上に強いことは確実。実際、マリンフォード頂上戦争を止めた赤髪海賊団の副船長であるベン・ベックマンが、マルコやエース(懸賞金5億)より弱い訳がない。

○ベン・ベックマンの強さは海軍大将・黄猿並か?

(ONE PIECE59巻 尾田栄一郎/集英社)

また数少ないベン・ベックマンのバトル描写をチェックしておくと、海軍大将・黄猿ボルサリーノ相手に銃口を突きつけて「何もするな」と脅すベン・ベックマン。それに対して、エネル以上に高速移動が可能なはずの黄猿は手を上げて降参のポーズを見せるだけ。

ドル漫では「海軍強さランキングまとめ」なども考察済みですが、言っても黄猿はめちゃんこ強い。少なくとも『ワンピース』の一二を争う高速キャラである以上、ベン・ベックマンの元から逃げ去ればいいだけ。画像を見れば、二人の距離はわりと離れてるので尚更。

でも、敢えて黄猿はベン・ベックマンから逃げなかった。いや、「逃げられなかった」と表現するのが正しいか。そのため黄猿と対峙した場面から、ベン・ベックマンの強さは海軍大将並であると考察可能。

【強さ】ベン・ベックマンの能力は「覇気弾」か?

そして、このベン・ベックマンの最大の能力は「覇気の弾丸」を使うのではないかと考察されます。覇気(武装色の覇気)は実体を捉える能力として、自然ロギア系の能力者でも普通に攻撃ができるという能力。

実際、武装色の覇気はゾロの刀やヴェルゴ中将の竹筒然り、武器にまとわせることが可能。そのためベン・ベックマンも同様に、銃弾に武装色の覇気をまとわせることができるはず。もし覇気の弾丸に当たれば黄猿のような自然ロギア系でもひとたまりがない。

既に色んなONE PIECE考察サイトでもされてる内容ですが、概ね筆者も同意します。

しかし、Youtubeの漫画チャンネルはパクリネタばっかですね。同じ内容の動画ばかり。当ブログからパクってるチャンネルを発見した方はアマゾンギフト券を差し上げるので、是非メールください。

またベン・ベックマンの射撃能力も最低でもヤソップ並のはず。弾丸が当たらなければ、黄猿がガクブルするはずがない。そのためヤソップは射撃の正確さや距離を得意とし、ベン・ベックマンは「早撃ち」を得意としていると考察すればいろいろ合点がいきます。

○覇気弾以外にも「海楼石の弾丸」説も考えられる

もし覇気弾ではない場合、ベン・ベックマンは海楼石で作られた弾丸を大量に所持している可能性。海楼石は悪魔の実の能力そのものを完全に無効化してしまう謎の石。覇気の威力を余裕で超える。

もし海楼石の弾丸が体内に残った場合、その悪魔の実の能力者は誰かに手術でもされない限り、「ほぼ死」を意味するはず。手で触れただけで力が抜ける海楼石が、もし体内に留まり続けたらどうなるか?もはや考察するまでもないでしょう。

ただこの場合、ベン・ベックマンは悪魔の実の能力者である可能性は限りなく低くなる上、海楼石製の弾丸は貴重そうなので数に限りがありそう。逆に弾切れした場合、ベン・ベックマンの強さが極端に弱くなる危険性も。

そのため普通に考察するんであれば、やはり銃弾を武装色の覇気で強化できる能力説が一番可能性が高いか。これならベン・ベックマンが悪魔の実の能力者としても成立する上、バトル面でも非常に使い勝手が良い。

そこで気になるのは、ベン・ベックマンの武器が果たして「長銃」のみなのか?という点。要するにベン・ベックマンは悪魔の実の能力者なのかどうか?もし長銃のみであれば、同じく赤髪海賊団のヤソップと能力的に大差ない。

ベン・ベックマンの悪魔の実の能力は何なのか?

ということで最後はベン・ベックマンがもし悪魔の実の能力者だったら、一体どんな能力を持っているのか考察してみた。やはり弾丸を覇気化させただけで、黄猿に対抗できるとは到底思えない。

例えば、「タゲタゲの実」。魚人島で登場したマトマトの実ははわざわざ触る必要がありましたが、タゲタゲの実は一度遠くからターゲットに標準設定させすれば、その相手に弾丸が当たるまで追いかけていく上位互換の能力。これならいくら高速移動しても無意味なので、黄猿がビビるのも頷ける。

他だと「ハヤハヤの実」。既にノロノロの実は登場済みなので、この悪魔の実の逆バージョンと考えてください。要するに、あらゆる物体の動きを高速化できる能力。もしただでさえ速い弾丸を更に高速化させることができれば、いくら光速並の速度を誇る黄猿も太刀打ちできないか。

あとは弾丸をシャワーのように細かく幅広く撒くor降り注がせるという意味で、「シャワシャワの実」。長銃の銃口からシャワーのように覇気弾を発射できれば、直線移動しかできない黄猿もきっと避けられないはず。

他にも光を反射する鏡の能力も考えたんですが、既にビッグマム海賊団のメンバーにミラミラの実を持ったキャラクターが登場してるので、おそらくベン・ベックマンが似たような悪魔の実である可能性は低そうです。

ということで、少なくともベン・ベックマンが黄猿のスピードと相性が悪い能力を持ってるとしたら、また長銃と組み合わせるとしたらこんな感じの悪魔の実になるのかな~とドル漫では考察してみる。