ワンピース最新954話 ネタバレ感想!最新955話の展開予想まとめ

ワンピース最新954話のネタバレ感想をレビュー。

そういえば安倍政権が来月10月1日に消費税を10%に増税しますが、みなさん新車やマイホームなど大きい買い物はされたでしょうか。たかだか2%分とはいえ、数百万数千万円のお買い物だとそれなりの金額に膨らみます。

とはいえ、新車だと納車された時点での税額が適用されるので、いまから新車を買っても増税後の価格になりそうですが、例えばすぐに納車される「中古車の購入」は今からでもおすすめです。

car-geek.com

ワンピース最新954話までのあらすじまとめ

まずはワンピース最新954話までの展開をおさらい。

舞台はワノ国・鈴後。光月日和と久しぶりに再会した河松は「過去の鈴後」について語りだす。カイドウに支配される前、鈴後の大名は霜月牛マルだった。非常に屈強なサムライとして知られ、この牛マルの相棒がオニ丸というバケ狐。

そして、このオニ丸の「正体」こそが現在の牛鬼丸だったことが先週号のワンピースで発覚。オニ丸は牛マル死後も北の墓場を長年の間守り続け、13年ほど前に河松と遭遇。

それ以降、しばらく河松がオニ丸と共に「牛鬼丸」として北の墓場の刀を守っていた。

d-manga.net

○河松の意思を継いで牛鬼丸を名乗ったオニ丸

ただし、かなり展開がご都合主義的な側面も否めませんが、河松は油揚げ泥棒の罪で捕縛されて兎丼の囚人採掘場に収容されてしまう。

その後、オニ丸は河松の意思を継ぐカタチで「牛鬼丸」として現在まで北の墓場を守り、刀を大量に盗み続けてきた。河松はオニ丸が収集してきた刀を大量に発見し、これをカイドウ討伐のために活かすことを決意。

一方、光月日和はゾロに「カイドウを唯一傷をつけたとされる伝説の名刀・閻魔を譲る」ことを提案。果たして、光月おでんが所有していた名刀・閻魔の切れ味は?

ちなみに、名刀・閻魔はワンピース某回の扉絵に伏線として随分前に描写されておりました。いずれゾロ以外のキャラに関しても、ワンピース扉絵の伏線まとめで改めて追記しようと思います。

d-manga.net

光月おでんが所持していた閻魔と天羽々斬

今回のワンピース954話はとにかく情報量が多いためざっくりレビューしていきます。消費増税どころの騒ぎじゃない。

まず閻魔。実はもともと光月おでんの愛刀でした。アシュラ童子などが所有していた可能性も考えましたが、素直に光月おでんの所有刀でした。

しかも、おでんは大剣の二刀流の持ち主とめちゃくちゃ強そう。そして、もう一方の刀が「天羽々斬(あめのはばきり)」。モデルは日本神話に登場した同名の剣。天羽々斬剣とも呼ぶそう。

父おでんは閻魔を光月日和、天羽々斬を光月モモの助に手渡したそう。モモの助が鍛えてるのはこの剣を使用したいがためか。ただしタイミングを考えると、カイドウに処刑されるギリギリ直前の話なのか。

あとゾロの予想を聞く限り、リューマの死体や秋水を盗んだのはやはり現在黒ひげ海賊団ゲッコー・モリアだった可能性が高そうです。タイミング的にはカイドウにフルボッコされた直後か。

d-manga.net

アプーはもともと百獣海賊団だった!

一方、ワノ国・花の都。

ローがバジル・ホーキンスに捕縛されていましたが、タイマンでフルボッコ。どうやら自ら倒されることはホーキンスの狙いっぽい雰囲気も漂いますが、このホーキンスの口から衝撃の事実が発覚。

これまで最悪の世代で動向が不明だったアプーが、実はもともとカイドウの手先だったことが発覚。つまり、百獣海賊団の傘下メンバーだった。同盟を組んでカイドウと遭遇させたのも、アプーが導いた結果だったとか。

だから、ワノ国編でようやくアプーが登場します。かなり二人の仲は馴れ馴れしさすら感じるレベル。

d-manga.net

討ち入りまであと5日のスピード展開

続いては他のワノ国の動向。

兎丼の囚人採掘場ではルフィが新たな武装色の覇気(流桜)の修行。既に鋼鉄がコンニャクのように柔らかく凹むなど、一定の成果は上がっている様子。

久里の伊達港ではフランキーが討ち入りのための船を造船し、鈴後では刀を回収し、希美ではやくざ者の仲間を更に結集。

そして、霜月康イエ(トの康)が遺したメッセージの意味も判明。

ワノ国にはそれぞれの地域に港が一つ存在。刃武港に集まる予定でしたが、今後は兎丼の「常影港(とかげみなと)」に集まる模様。そして、編笠村に全員が結集し赤鞘九人男のリーダー・錦えもんが作戦会議を開く。

ただし、未だに傳ジローの詳細は不明。またモモの助と日和は対面してるはずですが、そういう感動的なシーンは何故か描写されてない不思議。一方、ドル漫の読み通り、牛鬼丸の姿はなし。寂しい気持ちも。

あっという間に討ち入りまで5日と展開が進んでます。もしかするとアニメ版ワンピースで丁寧に描写していく予定なのかも知れない。

d-manga.net

ビッグマムとカイドウがまさかの共闘!

一方、鬼ヶ島。討ち入りまであと5日になった場面で、果たして二人の対決はどうなったのか?

9c07a57fd8c1814bef3d0cafcda44554 500x406

(ワンピース954話 尾田栄一郎/集英社)

結論から書くと、百獣海賊団とビッグマム海賊団はまさかの手を結ぶというトンデモ展開にwww

お互い酒を酌み交わして、「火祭りの夜は最高の宴になる」とカイドウはウロロロ。一方、ビッグマムは「そうさ記念日さ」とママママと意気揚々。

どうやら二人はロックス海賊団の元メンバーと予想されていますが、記念日という表現を見ると「夫婦」の可能性も依然としてありそう。例えば、結婚記念日がちょうど火祭りの日に重なっていた?

「喧嘩するほど仲が良い」とも言いますから、少なくともカイドウとビッグマムはまさにそれを地で行く関係性だった模様。

だったら、ビッグマムはワノ国に入るための正規ルートも知っていて良さそうですが。ちなみに、このワノ国の入り方が解説されるシーンでアプーが久しぶりに登場。なかなか敵感が増してて楽しみです。

d-manga.net

○百獣海賊団に新たな謎のグループ「ナンバーズ」登場

そして今回の最新954話では、百獣海賊団にギフターズ、プレジャーズ、ウェイターズ以外にも新たな○○ーズが登場します。

その名も「ナンバーズ」。一見すると宝くじの一種かと勘違いしますが、ナンバーズの見た目が完全にオニ。めちゃくちゃ巨大。釘バット真っ青の棍棒も非常に巨大。キングクイーンよりも強そう。

カイドウの正体がオーズ族などと予想されるので、それに近いオニの種族なのかも知れない。ナンバー(数字)という表現からも分かるように、やはり「トランプの数字」を意味しているのか。

未だに飛び六胞のメンバーが全員判明してない段階(おそらく前述のアプーも飛び六胞の一人か)で、そいつらより遥かに強そうなキャラクターを出してさしあげるなよという気持ちも(笑)

いずれ百獣海賊団のメンバー考察記事も追記しようと思います。

d-manga.net

ワンピース最新955話の展開予想

以上、ドル漫によるワンピース最新954話のレビューでした。

今回の感想をまとめると、重要な情報を立て続けにあっさり描写しすぎぃぃwお庭番衆のメンバー詳細も判明してませんからね。急にストーリーが一足飛びに進んでしまった感。

でも、やはりビッグマムとカイドウの共闘が注目。当初は潰し合うことで少しでもカイドウにダメージが残れば…とも考えていましたが、二人は元々ロックス海賊団のメンバーである可能性が高い。

またビッグマムも当初からカイドウを倒しに行くためにワノ国に乗り込んだ雰囲気でもなかった。我ながらご都合主義的な解釈でした。ポーネグリフという両者の目的は共通し、ルフィを憎む動機でも共通してる。

もちろんビッグマムとカイドウが手を組む可能性を考えてなかったわけではないですが、どういう理由をつけて手を組むか分からなかった。そして、何より二人が力を合わせたらチートすぎる。

ビッグマムを一度強制的に記憶喪失にさせた狙いも、百獣海賊団とビッグマム海賊団を衝突させずに、円滑にカイドウと再会させるためだったのかも知れません。戦力を潰し合うどころか、むしろ真逆でした。

今後、『日本昔ばなし』のように龍化したカイドウの背中に乗ってビッグマムが大暴れ?おそらくワノ国に来訪するであろうカタクリも「カイドウとの過去の関係」も明らかにされる?

そして、ナンバーズの登場。やはりキング程度で終わるはずがなかった。改めて百獣海賊団の底知れなさが垣間見えたため、いずれワンピース最強ランキングも考察し直したいと思います。

d-manga.net

○ワンピース最新955話以降は更にワノ国の構図が固まっていく

ワノ国の構図はまだまだ見えづらい部分があるものの、いよいよ少し明確化されつつありそう。果たして黒ひげ海賊団はいつ襲来するのか。鈴後の北の墓場はモリア登場の布石?

聖地マリージョアに目を広げると、革命軍海軍大将・緑牛たちの衝突はどうなったのか。カイドウとビッグマムが手を組めば、また戦況も変わってくる。海軍の一部がルフィに加勢することはあるのか?さらには赤髪のシャンクスは味方なのか敵なのか。

ワンピースの最終回もかつて考察しましたが、ワノ国が消滅しそうなほど大戦争が勃発しそうな予感がプンプン。このまま何事もなくラフテルに到達することができるんでしょうか?

だから、ワンピース最新955話以降も更に「全体の構図」がハッキリと明確化していくに違いない。カイドウとビッグマムがタッグを組んだ以上、最新955話では海軍の動向や聖地マリージョアなどワノ国以外の別に舞台を移す可能性もありそう。

しかし重要な情報も多すぎて、もっと何話かに分けて描いてほしかった気もします。もう少し丁寧に考察したかった気はする。

d-manga.net