ワンピース最新990話ネタバレ感想!ドレークが仲間に?最新991話予想

ワンピース最新990話ネタバレ感想をレビュー。先週のONE PIECE最新989話のネタバレ感想は別途ご参照ください。

d-manga.net

ちなみに次の最新991話のネタバレ感想は既にレビュー済み。

ササキ逃亡

飛び六胞のササキは狂死郎こと傳ジローに裏をかかれて捕縛されていましたが、ビッグマムの必殺技・威国の衝撃波で縛られていた神木が倒されたことで、結果的に縄が解かれた模様。

ササキは「ワノ国の歴史に興味はないが、おれを裏切った罪は重い」と復讐を誓う。どうやらササキと傳ジローは親友の仲だった模様。だからこそササキはあっさり捕まったくさい。

ササキはワノ国出身ぽい名前なので、割と若い頃から見知った仲だったのかも知れない。でもワノ国の歴史には興味ない様子。

ちなみに傳ジローは現在赤鞘九人男としてカイドウと相対してるので、ササキに正体がバレたこと自体は今後の展開自体に特に影響はなさそうです。結果的にササキを捉えたこと自体に意味がなかったわけですが、ストーリーの行きあたりばったり感は否めない。

百獣海賊団 vs ミンク族

一方、ドクロドームの屋上ではカイドウ赤鞘九人男たちの戦い。

カイドウは微動だにせず、部下たちの戦いを眺めている様子。スーロン化したミンク族百獣海賊団たちの戦いは一進一退が続く。ジャックもダメージを負うなど、既に疲労困憊の様子。赤鞘九人男の錦えもんはカイドウ打倒のため体力温存。

それでもジャック一人相手にここまで苦戦してる状態は、忍者海賊ミンク侍同盟がフリと言わざるを得ない。倒れるミンク族たちを見て刀を握るが、イヌアラシとネコマムシが静止する。そして、ネコマムシたちもいよいよ本気を出す様子。

ドレークの正体がクイーンにバレてしまう

飛び六胞とキングとの会話。既に大混乱状態の鬼ヶ島の状況を考えて、大看板への挑戦権は中止と発表。カイドウはドクロドームの屋上にいるため、階下から上がってくる麦わらの一味たちを止めろと命令。今後、麦わらの一味 vs 飛び六胞の展開が描かれるのか。

一方、フーズ・フーは「クイーンを殺したいから付き合え」とドレークに要求する。ドレークは気が乗らないものの、百獣海賊団たちの戦力が減ればいいと思ってか付いていく。しかし、それはフーズ・フーの罠だった。

既にドレークの正体が裏切り者とバレていた。海軍のSWORDのリーダーとまでは判明してなかったものの、ドレークが「ローを逃した張本人である」ことがバレていたためクイーンから詰問される。だからフーズ・フーの殺したい相手はフェイクだった。

同じ動物ゾオン系古代種の能力ですが、何故ここまで差が生まれるかは不明。ビッグマムで雑魚っぷりを発揮させたクイーンの名誉挽回の意味合いもあるのか。

5180ca927432c488aa21a2924d4dd6b5 500x358

(ONE PIECE990話 尾田栄一郎/集英社)

「もう海軍へは戻れないか…」とあきらめモードのドレークでしたが、最後の希望を抱いてその場を逃亡。向かった先はナンバーズたちと戦うルフィ(ギア4バージョン)。「わけあって俺は孤軍。お前達と共に戦わせてくれ」と共闘を持ちかける。

果たしてドレークの運命は?

ワンピース最新991話予想

以上、ワンピース最新990話のネタバレ感想でした。

d-manga.net

ドレーク、ショボすぎてクソワロタ。いくら2対1とは言っても、クイーンとフーズ・フーにボロ負けというのはさすがに情けない。カイドウの海賊団に潜入するぐらいですから、もっと有能かと思ってました。しかも、すぐ海軍には戻れないと白旗を上げるのは情けない。何の保険も用意してなかったんかコイツ。

そら、ローを堂々と逃せば正体がバレるやろという。何故バレないと思ってたのかが不思議。隠蔽工作をちょっとはしとけよ。さすがに抜かりすぎ。どうせならローの仕業に見せかけて、バジル・ホーキンスを殺しておけば良かった。

そもそもホーキンスはローにボロ負けして逃亡されただけ。「ドレークが逃した」というクイーンたちの理屈もいまいちピンと来ない。ホーキンスも敵なのか味方なのかいまいち分からない。カイドウ側の可能性が高いものの、だったらローにいろいろ白状しすぎやろっていう。

また今週990話で言ったら、いつの間にか鬼ヶ島に到着してたホーキンスとの「裏切るなら今だぞ」という会話も意味不明。ドレークは暗に自分の正体をバラしてるの?バラそうとしてたの?何を裏切るのか裏切らないのかを聞いてるのか分からない。

CP0とのクダリでもっと活躍するかと思ってましたが、ドレークさん、うんこすぎました。最終的にルフィと共闘する流れになったとしても、もう少し何かあったんじゃないかという気はします。

○ドレークはシャボンディ諸島以前からSWORDだった?

ちなみに、ドレークの回想シーンに登場したコビーの見た目から、おそらくドレークはシャボンディ諸島に来た時点で、既にSWORDの隊長だったように思えます。つまりコビーも大佐ではなく、曹長時代からSWORDの隊員だったのかも知れない。

そのためルフィとシャボンディ諸島で初対面だったわけですが、それ以前からドレークは色んな情報は知っていたに違いない。ルフィについて熱く語るコビーの言葉を信頼してるぐらいですので、コビーについても思ってる以上にドレークは信頼しているに違いない。

一応、最新991話の展開を予想しておくと、ドレークとルフィの共闘が始まるようにも思えますが、わりと色んな場面に飛ぶはず。スーロンバージョンのネコマムシたちの姿も垣間見えるかも知れない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました