【ハンタ考察】ドン=フリークスの正体まとめ【新大陸紀行】

現在、『ハンターハンター』はカキン継承戦の真っ最中ではありますが、残念ながら先日再び休載期間に突入しますた。興味があれば【守護霊獣】カキン王子メンバー一覧まとめなどもあとでご参照。

0b50ee82dfd41614de43cd670cbf0f53 344x370

(HUNTERxHUNTER33巻 冨樫義博/集英社)

ただこの機会に乗じて、今回ドル漫では「ドン=フリークスなる人物の正体」を徹底的に考察していこうと思います。現状のハンターハンターではまだ名前しか登場してない謎多きキャラですが、果たしてドン・フリークスの正体とは一体何者なのか?

【解説】ドン=フリークスの正体は「新大陸紀行」の作者?

まずドン・フリークスの正体を簡単におさらい。

b1448b2a0c876ad220b7d096e3fb41c4 392x370

(HUNTERxHUNTER33巻 冨樫義博/集英社)

結論からサクッと書くと、ドン・フリークスは『新大陸紀行』と呼ばれる本の作者と言われてる。でも、この『新大陸紀行』という本の内容がヤバすぎた。

何故なら、『新大陸紀行』は暗黒大陸を旅した探検記だったから。

具体的には、メビウス湖沿岸を300年前にくまなく探検した詳細が記された『新大陸紀行』の「東版」が発見されており、そこにはドン・フリークスがそれまで歩んできた足跡がまさに記されていた。

実は、これまでハンター協会などはドン・フリークスが執筆したとされる『新大陸紀行』の情報を元に、これまで何度も暗黒大陸に足を運んできた。ただし、大半の試みは失敗に終わってる。

ちなみに『新大陸紀行』の中身は五大厄災の情報などあまりに空想じみていたため、当初は「狂人の妄想」や「小説」の類いと認識されていたほど。ただ人類は既に念能力を使用できる時点でどうなんだって感じもしますが。

○ドン=フリークスは現在も「新大陸紀行」を執筆中?

この暗黒大陸はネテロですらおめおめと逃げ帰った土地ですから、そこをくまなく探検してたのが真実だとすれば、いかにドン=フリークスがヤバイキャラが分かります。でも300年前の話ですから既にドンは死亡している…かと思いきや、答えはNO。

実は『新大陸紀行』の「西版」が発見されていない(東西併せて1セットの可能性が高い)ことから、ジン曰く、「ドン=フリークスは現在も暗黒大陸を旅しながら新大陸紀行の西版を執筆している最中」と考察。

確かに暗黒大陸には「五大厄災」と呼ばれる人類絶滅クラスの脅威が存在するものの、究極の長寿食・ニトロ米や万病を治す香草などのそれらには同時に数多くのリターンがある。目下の所、ハンター協会などはこの五大厄災を目当てに暗黒大陸に向かっている。

つまり、ドン・フリークスが五大厄災のリターンを駆使しながら300年経った現在もなお、『新大陸紀行』を執筆している可能性が高い。

もちろん、冷静に考えるとネテロの年齢は何をせずとも120歳以上だったことを考えると、ドン=フリークスの300歳以上という年齢はそこまで驚くことか?と思ったりもしなくはないです。

ただ、新大陸紀行の東版はあくまで300年前に書き終わったに過ぎない。じゃあ東版を書き終えるまでに何百年もかかっていたとしたら?つまり、現在のドンの年齢はそこから更に数百年以上も遡って生きている可能性が高い。

そのためドル漫ではドン・フリークスの現在の年齢を800歳ぐらいと予想してみる。

【ハンタ考察】ドン・フリークスは「ゴンやジンの先祖」か?

以上が現状ドン=フリークスで判明してる情報となります。

ただ、気になるのは「フリークス」というキャラクター名。詳しく言うまでもありませんが、ハンターハンターの主人公であるゴン=フリークスや、その父親であるジン=フリークスと同じ名字。

つまり、ドン・フリークスはゴンやジンの身内…さらに言えば、ご先祖さまである可能性が高い。もし血が繋がっていないと仮定すれば、わざわざ「フリークス」という姓を使うはずがないですからね。

だから、ゴンやジンにとって暗黒大陸の旅は「先祖を振り返る旅」でもあるのかも知れない。少なくとも、結果的にはそうなりそう。考えてみると暗黒大陸を開拓してるドンは、さながら北海道を開拓した屯田兵あたりか。

更に言えば、実は暗黒大陸こそが人類が生まれた故郷であり、ドン・フリークスも五大厄災などのお宝を探す旅をしているのではなく、自らの過去や歴史を振り返る旅をしているだけの可能性もありそう。

実際、ネテロの息子・ビヨンドは「神話を読み解き遺跡を巡れば、太古の昔、我々の祖先が暗黒大陸から渡来したことは明白」などと演説しております。ビヨンドの性格を考えると、決して嘘は言ってないはず。

さながら『ONE PIECE』で言うところのラフテルのようなものか。

ちなみに、ドン・フリークスは「ドン=フリードマン(Don Friedman)」というジャズピアニストがモチーフかも。全く情報がないので考察を深めようがないんですが、もしかするとドン・フリークスも音楽を武器に使えたり?

【考察】ドン=フリークスは「ゴンと同一人物説」

続いてはネット上でまことしやかに流れる情報を考察。

結論から書くと、「ドンとゴンが同一人物説」。ドンは暗黒大陸を旅している最中、何かしらのキッカケで肉体が強制的に赤ちゃんまで小さくさせられた。この時にドンは記憶を無くし、ジンがたまたま拾ったのではないか?とする説。

bc0c923229689dd812bb7c46ceb0ab11 232x370

(HUNTERxHUNTER29巻 冨樫義博/集英社)

例えばゴンがネフェルピトーに勝利するために半強制的に年齢を老いさせましたが、いわゆるゴンさんの状態が「ドン=フリークスとしての本来の姿」と見ている人もいるらしい。五大厄災のリターンを使えばなくはないか。

ただ結論から書くと、「ドンとゴンが同一人物説」は微妙だと思います。

何故なら、ドン・フリークスは現在『新大陸紀行』を執筆しているという情報と大きく矛盾しているから。ドンは暗黒大陸で今も探検しているという触れ込みなのに、ゴンとして普通の日常生活を送っているとかありえないでしょう。

また、ゴンさんに戻った時点でドン時代の記憶だって戻ってもいいはず。そもそもネフェルピトーごときに捨て身で戦わないと勝てないようでは、ドンが数百年以上も暗黒大陸で旅することも不可能だったはず。

普通に考えればドンもゴンも別人物であり、おそらくハンターハンターの最終回にかけてゴンがドンに会いに行くような展開になるとドル漫では予想してみる。

ドン=フリークスが「ゴンの真の父親」説

ただゴンさんの状態で不可思議だったのは「大人に成長したゴンと父親であるはずのジンと全く似ていなかった」こと。

例えば、大人に成長したゴンは八頭身ばりにモデル体型にも関わらず、ジンはへちゃむくれ。もちろん漫画的な表現を考えると必ずしも似るとは限りませんが、それでもここまで似ないものなのか。

つまり、ここから考察できる点は「ドン=フリークスこそがゴンの本当の父親」という説。仮にドンとゴンが同一人物ではなかったとしても、ドンとゴンは血が引いている可能性は十分に考えられる

実際、ゴンの出生の秘密は不明。くじら島にジンが赤ちゃんのゴンを連れてきたこと以外は判明しておらず、例えばゴンの母親(ジンの奥さん)が一体どんな人物なのか、ジンと奥さんの二人の馴れ初めなど一切不明。

○ジンではなく、ドンが謎の箱やテープを残した張本人だった?

でももし前述のように、ジンはドンからゴンを預かっていたとしたら?ジンが置いていったオーラで封じられていた「謎の箱」も、ジンではなくドン自身から預かっていたとしたら?どないでしょう?

例えば、ジンが「ゴンの母親の正体」について語ろうとしないのも、自分の妻ではなくドンの奥さんの話になるから単に知らないだけなのではないか。

3329704c3e9fede579f45ba1f399da95 391x370

(HUNTERxHUNTER8巻 冨樫義博/集英社)

だからハンターハンター8巻でジンの御尊顔が初めて描写された場面も、実はドン=フリークスが描かれていた可能性もある。

実際、ジンと思しきキャラは普通の世界ではありえないほどめちゃんこデカい生物に乗っておりました。こんな巨大生物は未だかつてコイツ以外では登場してなおらず、明らかに暗黒大陸由来のものを彷彿とさせます。

また左に見える崖か山か木か分かりませんが、もし木であれば雲まで突き抜けるほどのサイズ感がある巨木と考察されます。これはまさにジンが発言していた「暗黒大陸の真の世界樹」そのものではないか。

ただ、謎の箱にはジンが制作したグリードアイランドへの切符(メモリーカード)が入っていた。仮にドンがジンに渡したとした箱であれば、その中にジンが作ったモノが入ってるはずがない。

だから我ながら無理がある考察だとは思いますが、もしかすると「テープで流れてる声はジンだけど、巨大生物に乗っている人物はドン」ってこと?

○【ドル漫考察】ドンこそが「フリークス家」の始まりか?

やはり、この説を突き詰めて考察すると、「少なくともジンとドンの二人は知り合いだった」ということになる。でも、これまでのジンの発言を聞いている限り、少なくともドンと面識がないことは確実。

ドル漫では「ジンの父親もドン説(ジンとゴンが兄弟説)」も考えたんですが、ジンの行方不明の父親は、ミトの父親の兄貴。つまり、ミトとジンの祖母は同じ。ミトの両親は既に事故で死亡済みですが、やはりドンとの直接的な接点はあまり考えにくい。

仮にドン=フリークスが暗黒大陸をずっと探索しているならば単独行動ではなく、常にドンと行動を共にしてる女性がいる可能性は低くない。暗黒大陸の難易度を考えたら、おそらくドンが色んな仲間を引き連れている可能性は高いでしょう。

そこでゴンが出産されたケースも考えられますが、じゃあドン=フリークスは自分の旅を犠牲にしてまでゴンを助けるのか?わざわざ暗黒大陸を脱出するのか?答えはNO。ドンというキャラクターを考えると、そのまま暗黒大陸で探索しながら育てそう。

おそらくドンは「フリークス家」の始まりの始祖。ゴンやジン以上に「冒険心や探究心」が純粋培養されたキャラである可能性が高く、わざわざ暗黒大陸を脱出するはずがない。ゴンの先祖である可能性が高いからこそ、今もなおドンは暗黒大陸を旅しているのでしょう。

そのためドン=フリークスが初めて登場するのは暗黒大陸編に突入した以降と素直に考える方が良さそうです。

ちなみに、【最強】ハンターハンター強さランキングまとめ【完全版】ハンターハンター伏線一覧まとめ【ハンタ考察】ジャイロの正体まとめなども併せてご参照ください。