【約束のネバーランド】七つの壁とはなんぞや?【漫画考察】

スポンサーリンク

最近、少年ジャンプで連載中の漫画『約束のネバーランド』が面白いと話題らしい。まだまだ連載が始まって一年二年ではあるものの、これから『約束のネバーランド』に関する考察記事を徐々に増やしていこうかなーとは考えています。

(約束のネバーランド6巻 出水ぽすか 白井カイウ 集英社)

そこで今回題材にしたいのが「七つの壁」というワード。ムジカという少女の姿をした鬼からコソッと伝えられた言葉ではあるものの、画像を見ても分かるように明らかに意味深。漫画的な表現を使うなら、七つの壁はいかにも「伏線」としか思えません。

ちなみに【約束のネバーランド】ソンジュとムジカまとめも興味がある方は後でご覧になって下さい。

残念ながら、現時点では「七つの壁」という言葉しか登場せず具体的な情報は皆無の状態。ただ私ドルジ露瓶尊が「七つの壁」に関して、テキトーな考察と妄想を展開していきたいと思います。細かいツッコミは不要です(笑)

七つの壁は人間世界に繋がる場所?

まず確認。

ムジカが「七つの壁」という言葉を発したタイミングは、主人公・エマが鬼が巣食う森を出る直前。エマたちは「人間世界を目指す」と豪語してる。それに対してムジカは「七つの壁を探しなさい。あなた達の目指す未来はその先にある」と耳打ちをした。

つまり「七つの壁」は「人間世界に繋がる重要な場所」であると考察されます。もっとシンプルに考えるなら、その7つの巨大な壁が人間と鬼の世界を隔てており、その壁を乗り越えた先に人間世界が存在してるはず。

ただ「普通の壁」であれば身体能力に優れた鬼であれば、簡単に乗り越えられそう。そのため純粋に壁を「壁」と認識していいかは微妙。原作者・白井カイウは幾度となく読者を良い意味で裏切ってきたため、ミスリード的な臭いもプンプンします。

だから壁の意味は「不可能・困難・ハードル」というニュアンスで使われている可能性も高く、例えばエマたちが育って農園のように巨大な堀があったり、鬼の弱点とも言われる太陽光が一日中降り注ぐ白夜地帯だったり幅広く解釈した方が良いのかも知れない。【約束のネバーランド】鬼の仮面の意味なども参照。

ちなみにムジカはエマに同じペンダントを渡してるんですが、もしかすると「鬼と人間の融和」という最終的なオチも意味しているのかも。少なくとも、エマの性格的に再び対立を激化させるような方向には向かわないはず。